伊勢神宮の文化に触れる旅

エリア

  • 中南勢
  • 伊勢志摩

シーズン

  • オールシーズン

日程

1泊2日

交通手段

伊勢の地に鎮座して2000年以上の歴史を誇る、日本人の心のふるさと伊勢神宮。伊勢志摩には、伊勢神宮にまつわるスポットがたくさんあります。このコースを回れば、伊勢神宮の文化にたっぷり触れることができます。

START

夫婦岩

10:00-10:45

夫婦岩

夫婦岩は古来より日の出遙拝所として知られてきました。沖合約700m先には猿田彦大神縁りの興玉神石(霊石)が鎮まり、そこは降臨する神の依り代であり、常世の国から神が寄りつく聖なる処と言われてきました。

夫婦岩はこの興玉神石と日の出を遙拝する鳥居とみなされています。男岩は高さ9m、女岩は高さ4mで、夫婦岩を結ぶ大注連縄(おおしめなわ)は1本の長さ35mで男岩に16m、女岩に10m張られていて、その間は9mあります。

毎年、5月5日・9月5日・12月中旬土日曜日に大注連縄張神事が行われ多くの人で賑わいます。

・5~7月、夫婦岩の間から日の出を見ることが出来ます。
特に夏至の前後の天気のいい日には遠く富士山の背から差し昇る日の出を見ることができ、多くのカメラマン、参拝者で賑わいます。
・秋~冬には夫婦岩の間から満月を見ることが出来ます。
詳細を見る
5分
2

伊勢夫婦岩めおと横丁

ちょうちん参道

伊勢・二見の夫婦円満や良縁のパワースポットとして注目を集める「夫婦岩」に隣接する屋内型お土産ショッピング施設。美味し国伊勢を気軽に楽しめる飲食店や伊勢ならではの体験ができる「めおと岩アクティビティ」が人気の屋内施設です。
全国の動物園・水族館が参加した人気投票イベントで1位に選ばれた人気者とふれあえる水族館「伊勢シーパラダイス」が併設されています。

・めおと横丁のコンセプトは「伊勢ならではの体験」
めおと横丁でしか体験出来ない、伊勢ならではの特別な時間を、旅の思い出作りに人気の「伊勢木綿御朱印帳作り体験」「伊勢苔玉作り体験」等のアクテビティや、地元の食材を利用した飲食店で「美味し国 伊勢」を体験する伊勢食巡り等、“伊勢ならではの体験”をコンセプトにしています。

※2018年4月1日に「伊勢夫婦岩ショッピングプラザ」は「伊勢夫婦岩めおと横丁」に名称変更致しました。
詳細を見る
約20分
3

伊勢神宮 外宮(豊受大神宮)

伊勢市の中心部、高倉山を背にして鎮まります豊受大神宮は、豊受大御神をお祀りしています。豊受大御神は内宮の天照大御神のお食事を司る御饌都神であり、衣食住、産業の守り神としても崇敬されています。
鳥居をくぐり、玉砂利を踏みしめてやさしい木漏れ日のさす参道を歩くと清々しい気持ちに満ちあふれます。




お伊勢参りの特集HPはこちら
詳細を見る
4

せんぐう館 【伊勢神宮の博物館】

せんぐう館①

伊勢神宮外宮(げくう)の勾玉(まがたま)池のほとりにあり、2013年の第62回式年遷宮を記念して建設されました。
「神宮式年遷宮を伝える」ことを基本理念としており、20年に一度繰り返してきた式年遷宮の工事に使われた道具、神事や装束、神宝などの一部を展示する施設です。
詳細を見る
約30分
GOAL

戸田家

鳥羽駅より徒歩3分。鳥羽湾を一望する絶好のロケーション

鳥羽駅から徒歩3分と交通至便な立地にありながら、敷地内には豊かな緑が溢れ、眼前には鳥羽湾が広がるという絶好の眺望を誇っています。客室は南館、嬉春亭を会わせて169室あり、各部屋からの景観の美しさも格別。伊勢湾で揚がった海の幸を使った会席料理も自慢です。

 旅の疲れを癒すには、男女あわせて13湯と足湯2湯の湯巡りは最高です。野趣溢れる野天風呂、ゆったりとつくろげる大浴場、家族で楽しめる貸切風呂など充実の湯処が広がります。 中でも「戸田家温泉村」には、自然の緑を生かした風流野天風呂「湯亭」がある。男湯「緑の賀」は岩風呂・舟形風呂があり、女湯「花の賀」は瓶風呂・岩風呂・桶風呂と趣向を凝らした湯船をのんびり楽しめます。 その他、しゃこ貝風呂、浮世風呂、など個性豊かな5つの無料貸切風呂がある。温泉村以外にも更に海を一望できる「万景の足湯」と木々の緑に囲まれた「せせらぎ」の足湯処と館内には、風水パワーを生かしたバリアフリー設計の貸切家族風呂も2箇所あり、温泉と大浴場が充実している。また、日本でも数少ない鉱石を使用した岩盤浴(18床)には個室も2箇所あります。さらにエステやゲルマニウム温浴などのリラクゼーションの設備もあり、ドクターフィッシュは大人から子供まで幅広く楽しめます。
詳細を見る
START

戸田家

伊勢志摩観光に好立地!鳥羽駅徒歩3分。鳥羽湾一望の老舗温泉旅館。

伊勢二見鳥羽ライン等で約30分
2

伊勢神宮 内宮(皇大神宮)

伊勢神宮 内宮(皇大神宮)

皇室の祖先神で日本人の総氏神である、天照大御神(あまてらすおおみかみ)を祭神とし、神体は三種の神器の一つ八咫鏡。
五十鈴川のほとり、神路山のふもと、うっそうと茂る樹林につつまれ、参道には玉砂利が敷きつめられている。
20年に1度の式年遷宮は1,300年間続いている。
詳細を見る
伊勢二見鳥羽ライン・第二伊勢道路等で約40分
3

伊雑宮

伊雑宮

その昔、倭姫命(やまとひめのみこと)が志摩の国を巡られたとき、伊佐波登美命(いざわとみのみこと)に命じて造営されたといわれています。

古くから「志摩一の宮」と称えられ、伊勢神宮内宮の別宮中、特別に高い格式を誇っています。また、「伊雑宮御田植祭」(いざわのみやおたうえまつり)は、毎年6月24日に行なわれる日本三大御田植祭りのひとつ。重要無形民俗文化財にも指定されています。
詳細を見る
県道32号等で約15分
GOAL

天の岩戸(恵利原の水穴)

天の岩戸

天の岩戸は天照大神が隠れ住まわれたと伝えられています。木立に囲まれ水穴から湧き出る岩清水は名水百選に選ばれ、禊滝と呼ばれる滝は修行者を迎えています。

伊勢志摩の観光特集ページはこちら
詳細を見る