あなたにおすすめコンテンツ

写真を撮るならここ!三重県写真旅コース その1

エリア

  • 北勢
  • 伊賀
  • 中南勢

シーズン

  • オールシーズン

日程

1泊2日

交通手段

一眼レフカメラやミラーレスカメラ、いいカメラを買ったけどどこで撮影しよう?そんな方に送る三重県写真旅コース。ここで撮ればお気に入りの一枚間違いなし!なスポットをご紹介。

START

赤目四十八滝

伊賀と大和の国境を流れる滝川の上流に連なる数々の瀑布が美しい大自然のアートを作り出す赤目四十八滝。室生赤目青山国定公園の中心に位置し、その長さは約4キロにも及びます。

赤目の神秘的な自然は、日本の滝百選、森林浴の森百選、そして遊歩百選にも選ばれ、その渓谷に織り成す樹木、渓流、滝などの奏でる優雅な色彩と音のハーモニーが自然をより楽しませてくれます。
詳細を見る
50分
2

伊賀上野城

伊賀上野城

藤堂高虎により築城され、現在は当時の内堀と石垣、昭和10年に建てられた天守閣が残っています。

3層からなる城内には武具・甲冑や藤堂家の遺品、横山大観をはじめ名士の色紙46点の天井絵があります。日本有数の高さを誇る内堀の石垣も必見です。

また、伊賀市の郷土資料を展示。現在の三層の天守は、昭和10年に川崎克氏により建てられたものです。伊賀文化産業城とも呼ばれ、市の指定文化財となっています。
詳細を見る
60分
3

御城番屋敷

御城番屋敷

槙垣と石畳をはさんで静かに息づく歴史空間、ここは江戸末期に紀州藩士が松坂城警護のため移り住んだ武家屋敷です。

このような組屋敷は全国でも大変珍しく、今も人々の暮しが営まれています。
西棟北端の一軒は内部を公開しています。
詳細を見る
GOAL

ホテル ザ・グランコート松阪

三重県下初のデザイナーズホテル。伊勢まで車で約30分、鈴鹿・ナガシマ・鳥羽エリアへも1時間以内でアクセスが可能!朝食はパンバイキングをご用意しております。ビジネスに、観光に、洗練された空間の中で上質なひとときをお過ごしください。
詳細を見る
START

ホテル ザ・グランコート松阪

45分

ビジネス・観光の拠点に!

45分
2

おはらい町

内宮宇治橋前から五十鈴川に沿って続く「おはらい町」は内宮の鳥居前町として発達してきました。伊勢特有の切妻・入母屋・妻入り様式の土産物店や銘菓の老舗、旅館が軒を連ね、神宮道場や祭主職舎などの歴史的建造物もあります。
詳細を見る
3

伊勢神宮 内宮(皇大神宮)

伊勢神宮 内宮(皇大神宮)

皇室の祖先神で日本人の総氏神である、天照大御神(あまてらすおおみかみ)を祭神とし、神体は三種の神器の一つ八咫鏡。

五十鈴川のほとり、神路山のふもと、うっそうと茂る樹林につつまれ、参道には玉砂利が敷きつめられています。20年に1度の式年遷宮は1300年間続いています。
詳細を見る
25分
4

伊勢志摩スカイライン

足湯からの眺望

山頂の15万㎡の広大な苑地には朝熊七草や神宮つつじなどの季節の草花を楽しむことができ、ハンモックやさんぽ道も整備されております。
展望台には展望足湯もあり、伊勢湾の雄大なパノラマや中部国際空港、快晴時には遠く日本アルプスや富士山を眺望することができます。

山頂近くには、昔から「お伊勢参らば朝熊をかけよ・・」と詠われた南禅寺派の名刹「金剛證寺」があります。このお寺は伊勢神宮の鬼門を守るお寺として神宮の奥の院とも言われています。本堂は重要文化財に指定されており、日本3大虚空蔵菩薩の1つがおまつりしてあります。
詳細を見る
60分
5

安乗埼灯台

安乗埼灯台

珍しい四角形の白亜の灯台で、映画「喜びも悲しみも幾歳月」の舞台になりました。灯台は昭和23年に建設。周辺の安乗岬園地は芝生広場となっています。天気がよいと富士山を見ることもできます。
詳細を見る
30分
GOAL

横山天空カフェテラス(横山展望台)・ミラドール志摩

横山展望台からの眺望①

鵜方の西方、標高203mで英虞湾が一望できます。遠く熊野方面から朝熊山も見える志摩地方の全方向展望台。尾根に沿って第一から第三展望台まであります。

南方に広がる英虞湾を一望する眺めは、伊勢志摩でもトップクラスの素晴らしさです。
詳細を見る

その他のおすすめコース

清流・宮川で山遊び&川遊び

中南勢

清流宮川と、その源流部で、日本の三大渓谷の一つで、手つかずの原生林が残り、日本の滝百選など見事な渓谷が美しい大杉谷で、山遊び、川遊びを満喫するコース。

【地元高校生おススメ】伊賀流忍者になりきろう!

伊賀

伊賀流忍者発祥の地で、実際忍者が使っていた忍者屋敷を見たり、手裏剣打ち体験をはじめとする様々な忍者修行体験をしたりと、伊賀流忍者になりきるコース。モクモク手づくりファームでの農業体験も。

地元高校生のオススメコメントも参考にして下さい♪

伊賀名張のおすすめ特集サイトはこちら https://www.kankomie.or.jp/special/iganabari/

Page Top