伊勢と二見を満喫!話題の外宮参道も歩こう

エリア

  • 伊勢志摩

シーズン

  • オールシーズン

日程

1泊2日

交通手段

遷宮を終えた伊勢神宮(外宮・内宮)を参拝し、二見などを満喫するコース。

平成25年の遷宮に合わせて、外宮から伊勢市駅にかけての外宮参道にも新たなお店が多数開店していますので、散策するのも楽しいです。
伊勢志摩の特集ページはこちら https://www.kankomie.or.jp/special/iseshima/

START

伊勢神宮 外宮(豊受大神宮)

衣食住、産業を守護する豊受大御神を祭神とする。高倉山麓の広大な神苑に鎮座している。
勾玉池では5・6月に花菖蒲が美しい。
詳細を見る
2

せんぐう館 【伊勢神宮の博物館】

せんぐう館①

伊勢神宮外宮(げくう)の勾玉(まがたま)池のほとりにあり、2013年の第62回式年遷宮を記念して建設されました。
「神宮式年遷宮を伝える」ことを基本理念としており、20年に一度繰り返してきた式年遷宮の工事に使われた道具、神事や装束、神宝などの一部を展示する施設です。
詳細を見る
約15分
3

月夜見宮 (豊受大神宮 別宮)

外宮の別宮。月夜見尊(つきよみのみこと)とその荒御魂(あらみたま)を祀る。
詳細を見る
約15分 (外宮参道を歩いて駐車場へ移動)
4

伊勢神宮 内宮(皇大神宮)

伊勢神宮 内宮(皇大神宮)

皇室の祖先神で日本人の総氏神である、天照大御神(あまてらすおおみかみ)を祭神とし、神体は三種の神器の一つ八咫鏡。
五十鈴川のほとり、神路山のふもと、うっそうと茂る樹林につつまれ、参道には玉砂利が敷きつめられている。
20年に1度の式年遷宮は1,300年間続いている。
詳細を見る
5

おはらい町

内宮宇治橋前から五十鈴川に沿って続く「おはらい町」は内宮の鳥居前町として発達してきた。伊勢特有の切妻・入母屋・妻入り様式の土産物店や銘菓の老舗、旅館が軒を連ね、神宮道場や祭主職舎などの歴史的建造物もある。
詳細を見る
6

おかげ横丁

伊勢神宮内宮の門前町の中程に、伊勢路の代表的な建築物が移築・再現されています。この地方の魅力が凝縮されているので、三重の老舗の味、名産、歴史、風習、人情まで、一度に体感できる。毎日がお祭のような賑やかさ中に、どこか懐かしいゆったりとした時間が流れる癒しの場。
詳細を見る
約20分 国道23号・42号線
GOAL

旅荘 海の蝶

旅荘 海の蝶

ひとクラス上を求めて設計された華やかな空間や鳥羽随一の景観など、海の蝶ならではのゆとりの休日をお過ごし下さいませ
詳細を見る
START

旅荘 海の蝶

約5分 (駐車してから 徒歩約5分)
2

二見興玉神社

御祭神に猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)を祀り、縁結び・夫婦円満・交通安全などにご利益のある神社。

正面に見える夫婦岩は、沖合約700m先に鎮まる猿田彦大神縁りの霊石「興玉神石」と、日の大神を遙拝するための鳥居とみなされています。
古くより神宮参拝の前に二見浦の海水で心身を清める禊をする「浜参宮」という習わしがあり、現在でもまず神社に参拝し、お祓いを受けてから神宮へ向かう参拝者も多い。

また、境内には、猿田彦大神のお使いとされる二見蛙(無事にかえる、貸したものがかえる)が多数奉納されています。
詳細を見る
3

夫婦岩

夫婦岩

夫婦岩は古来より日の出遙拝所として知られてきました。

沖合約700m先には猿田彦大神縁りの興玉神石(霊石)が鎮まり、そこは降臨する神の依り代であり、常世の国から神が寄りつく聖なる処と言われてきました。
夫婦岩はこの興玉神石と日の出を遙拝する鳥居とみなされています。
男岩は高さ9m、女岩は高さ4mで、夫婦岩を結ぶ大注連縄(おおしめなわ)は1本の長さ35mで男岩に16m、女岩に10m張られていて、その間は9mあります。
毎年、5月5日・9月5日・12月中旬土日曜日に大注連縄張神事が行われます。

・5~7月、夫婦岩の間から日の出を見ることが出来ます。
特に夏至の前後の天気のいい日には遠く富士山の背から差し昇る日の出を見ることが出来、多くのカメラマン、参拝者で賑わいます。
・11月~1月には夫婦岩の間から満月を見ることが出来ます。
詳細を見る
約5分
4

伊勢夫婦岩ふれあい水族館 (伊勢シーパラダイス)

【距離感ゼロの衝撃が笑顔に】日本で一番近くでトドが見れる「夫婦トドタイム」はいつも大人気

動物たちを間近で見て、触れて、体温を感じることができる水族館。

入り口でまずは大きなトドがお出迎え。
館内では、豪快な投げキッスが得意なセイウチ、かわいいアシカのパフォーマンスなど多彩なアトラクションが盛りだくさん。全員子供になって楽しめます。
・トドタイム 
・アシカのコミックショー等多数のショーあり。
詳細を見る
約10分
5

賓日館

賓日館外観

明治20年に伊勢神宮に参拝する賓客の休憩・宿泊施設として建てられました。

旅館・二見館の別館として平成11年まで営業。
二見館休業後、平成15年11月二見町の史料館として、また平成22年6月には国指定重要文化財に指定され、建物だけでなく庭も含め当時の一流建築家による品格のあるデザイン、選び抜かれた材料やそれに応える職人たちの技など、日本の伝統建築をみていただけます。
詳細を見る
約30分 (有料道路:山頂まで)
6

伊勢志摩 e-POWER ROAD(伊勢志摩スカイライン)

足湯からの眺望

山頂の15万㎡の広大な苑地には朝熊七草や神宮つつじなどの季節の草花を楽しむことができ、ハンモックやさんぽ道も整備されております。
展望台には展望足湯もあり、伊勢湾の雄大なパノラマや中部国際空港、快晴時には遠く日本アルプスや富士山を眺望することができます。
山頂近くには、昔から「お伊勢参らば朝熊をかけよ・・」と詠われた南禅寺派の名刹「金剛證寺」があります。このお寺は伊勢神宮の鬼門を守るお寺として神宮の奥の院とも言われています。本堂は重要文化財に指定されており、日本3大虚空蔵菩薩の1つがおまつりしてあります。
詳細を見る
GOAL

金剛證寺

金剛證寺①

朝熊山の山頂にある空海ゆかりの古刹。伊勢神宮の鬼門を守る寺としても有名。

金剛證寺の創建は欽明時代の御代(6世紀後半)、暁台上人によって開かれたと伝えられています。
天長二年(825)弘法大師空海が真言密教の根本道場を建て本尊に福威知満虚空蔵菩薩を祀り勝峰山兜率院金剛證寺と称しました。
弘法大師空海は当山において虚空蔵求聞持法を修したと伝えられています。その後、無住の時代が続き、明徳二年(1392)鎌倉建長寺五世仏地禅師が入山し寺の再興に努めました。
仏地禅師は中興の祖と仰がれ、真言宗から臨済宗に改宗され、臨済宗南禅寺派のお寺となりました。
慶長二年(1597)と慶長十三年(1609)にわたり火災にあいましたが、徳川家康は慶長十四年(1610)姫路城主池田輝政に命じ本堂摩尼殿を再興させました。
その後もまた文化元年(1804)と明治二十年(1887)とに火災にあい、多くの堂宇を失いました。現存する建物は、江戸時代の摩尼殿、法務寮、求聞持堂、雨宝堂、望海院、与楽院、呑海院、孝源院等であります。
創建年代:539~571
詳細を見る