取材レポート

三重ブランド「あのりふぐ」に舌鼓♪「浜の雅亭一井」で冬の味覚を堪能しよう!

掲載日:2021.12.23

伊勢えびや的矢かきとも並ぶ伊勢志摩の冬の味覚「あのりふぐ」。特に優れた産品として「三重ブランド」にも選ばれる高級魚で、そのお味はもちろん絶品!そんなあのりふぐを最高に楽しむなら、鳥羽市相差(おうさつ)の旅館「浜の雅亭一井」がおすすめ!至高のあのりふぐフルコースに、この冬大幅にリニューアルした館内もお披露目♪♪

白く透き通るような身としっかりとした歯応え、噛むほどに出るうまみ♪
「あのりふぐ」とは、三重県の志摩半島から伊勢湾、そして静岡県まで伸びる遠州(えんしゅう)灘にかけての沿岸地域で漁獲される、体重700g以上の天然トラフグのことを指します。

栄養豊富な伊勢湾の安乗岬で春に生まれ、秋になると潮の早い外洋に出ることで身が引き締まった「あのりふぐ」は、三重の優れた産品のみが認められる「三重ブランド」にも認定されています。

「三重ブランド」とは、豊かな自然や伝統など、三重の地域特性をいかした生産品・加工品の中から、特に優れた県産品とその生産者をセットで認定する制度。

認定委員会にて、「コンセプト」や「独自性・主体性」「信頼性」「市場性」「将来性」の5つの観点の審査をくぐりぬけたものだけが認定される、まさに三重県が誇る産品なんです!

では、「あのりふぐ」はどうして「三重ブランド」に選ばれたのでしょうか?

その秘密を探りにやってきたのはここ、志摩市阿児町安乗(あのり)にある「三重外湾漁業協同組合(当時は志摩の国漁業協同組合)」。
大きな「あのりふぐ」の看板が目を惹くこちらの安乗漁港で、「あのりふぐ」は水揚げされています!

元々トラフグは、漁獲量の変動が極端に大きい魚種。そのため、安乗地区の漁業者は長年に渡り、愛知県や静岡県の漁業者とも協力して資源管理を行ってきました。

他にも認定の理由として、漁獲から販売まで鮮度を保つため、魚体を傷つけないよう細心の注意を払っていることや、地域の飲食店や旅館と協働してブランド化に取り組んでいることなど、貴重な天然トラフグをより良く提供するための取り組みと、それらが地域振興にも大きな効果をもたらしていることが高く評価されています。

また、阿児町安乗の「あのりふぐ」のブランド管理を行う「あのりふぐ協議会」が定める取扱認定店制度を設け、さらなるブランドの強化を計っています。

ここで、生簀の中の「あのりふぐ」を見せてもらいました!
あのりふぐの定義として体重700g以上とはありますが、想像していたのより遥かに大きい!
中には、体長70〜80cm、重さ7kgほどのものが揚がることもあるのだそう!!大人が両手で抱えるのもやっとです!

大きな「あのりふぐ」の身は引き締まり、程よい歯応えと、淡白ながら噛むほどにコクが出る深い味わいです。

「3kg超えのあのりふぐを一度食べたら、もう養殖のふぐじゃ物足りなくなりますよ」と話すのは、2021年11月より「浜の雅亭一井」の新料理長に就任した三浦さん。

三浦さんはそれまで、他県の老舗料理旅館(ミシュランガイド掲載の宿)で料理長をしていました。
長年にわたる和食の世界での経験の中で天然トラフグの魅力に魅了され、「浜の雅亭一井」の新料理長として就任して早速「自分がこれまで培ってきたふぐ料理の経験・技術と、地元の魅力的な食材、あのりふぐを活かした料理を提供したい!」と提案!!

こうして「浜の雅亭一井」で、伊勢志摩の冬の味覚「あのりふぐ」を堪能できる「あのりふぐフルコース」が12月25日(土)よりメニューに追加されました。

てっぴ(湯引き皮)やてっさ(ふぐ刺し)、てっちり(ふぐ鍋)といった定番のふぐ料理はもちろん、ふぐ寿司や白子の源平焼き、焼きふぐ、ふぐの唐揚げといった、ふぐを余すことなく楽しみ尽くせる料理の数々!

今回は特別に、それぞれの料理について、料理長・三浦さんのこだわりとともにご紹介します♪

まずは前菜。「あのりふぐ寿司」に「あのりふぐ皮湯引き(てっぴ)」、「河豚の子糠(ぬか)漬け」と、前菜からふぐづくし!
そこに季節の前菜が少しずつ一緒になっています。
てっぴには、表面から順に、コリコリとした食感の「鮫皮」、ゼラチン質の多い「とおとうみ」、もっとも薄い「身皮」という3種類の皮が使われています。

見た目にも美しい「あのりふぐてっさ」は、紅おろしや酢橘とともにポン酢でさっぱりと!ふぐの身そのものがもつ弾力をダイレクトに感じられます。
養殖のふぐと比べ、天然のトラフグは身にしっかりとした弾力があります。養殖のやわらかいふぐももちろん美味しいのですが、荒波にもまれて育った天然トラフグだからこその弾力と美味しさが伝わります!
身皮を刻んだものが少し添えられていて、身とはまた違う食感を楽しめますよ♪

「焼きあのりふぐ」は、香ばしい焼きたてを味わうことができます!
ふぐの切り身には、骨がついた状態。
これは料理長のこだわりで、骨がついた状態で焼くことで身が縮まるのを防ぎ、さらに焼き過ぎを防ぐ効果があるんだそう!
骨にくっついた身まで美味しく食べられます♪

こちらは「あのりふぐ白子源平焼き」。
ふぐの白子を、塩焼きと醤油焼きの2種で楽しむことができます。
ふわっととろける白子が絶品で、お酒との相性も最高です♪

「あのりふぐちり鍋」いわゆる「てっちり」は、白菜やねぎ、椎茸や豆腐などの具材と一緒に。
野菜から出る出汁も大切だという料理長、野菜の切り方にもこだわりが光ります!白菜はちょうどよい水分が残り、甘みが出るよう、1.5cm幅で繊維に沿って縦に切っているそうです。
細部への工夫がこのあとの料理にも活きてくるとか…!?

「あのりふぐ唐揚げ」は、焼きとも鍋ともまた違った、「じゅわっ」と溢れ出るふぐの旨みがたまらない一品!あつあつの揚げたてを楽しめます。

鍋の後の〆は、料理長自らが仕上げる「あのりふぐ雑炊」。
「鍋の具材の切り方にもこだわるのは、すべて最後の雑炊を美味しく食べてもらうためです。だから雑炊だけは必ず自分の手で仕上げを!」と、強いこだわりを語ってくれました。
ふぐと野菜から出た出汁を吸った雑炊は、伊勢志摩の特産物「あおさのり」の香りと合わさり、絶妙な味わいに感動します。

最後に香の物とデザートを。葛餅には伊勢茶きな粉をふりかけて、お茶の産地でもある三重らしさを感じます。
あのりふぐ料理は客室でゆっくりと、プライベートな空間で楽しめるのもうれしいですね。

あのりふぐが楽しめるのは、12月〜3月までの期間限定です!冬ならではの味覚をぜひご堪能ください!

【三重ブランド「あのりふぐ」フルコース料理】
期間/2021年12月25日(土)〜2022年3月31日(木)
料金/1泊2食付(朝・夕)26,500円〜40,300円(税込)
※写真のてっさ(ふぐ刺し)、てっちり(ふぐ鍋)は2人前です
※写真はイメージです

「浜の雅亭一井」のニュースは、あのりふぐ料理だけではありません!
今年から数年間かけた大規模な館内リニューアルを計画中とのこと。
まずは第一弾の改装工事を終え、ついに12月25日(土)、リニューアルお披露目とともに営業再開!

今回のリニューアルで最も大きく変わったのが、こちらのロビーラウンジ!
広々とした空間に生まれ変わり、奥にはコーヒーを飲んでゆっくり過ごせるライブラリーも併設しています。

ライブラリーには三重に縁のある作家さんの書籍や、「浜の雅亭一井」の魅力でもある海にまつわる本がずらりと並んでいます。

フロントの壁面には、海をイメージしたデザインが施され、海と過ごす宿「浜の雅亭一井」にもマッチ♪

大宴会場や、一部客室の露天風呂もリニューアルしました!

客室は全室オーシャンフロントで、目の前に広がる海を眺めながらくつろげます♪
今回の改装工事で、お客さんから要望が多かったという客室内でのWi-Fi
も利用可能になりました。休日の旅行はもちろん、海を眺めながらのワーケーションにもいいですね。
また、客室の内装は第二弾の改装にて計画中とのこと!こちらも改装後どうなるのか、楽しみですね!


志摩市の冬の味覚「三重ブランド」の「あのりふぐ料理」と、
リニューアルしたお宿で、贅沢なひとときを過ごしてみませんか?

【アクセス】
自家用車でお越しの場合
伊勢方面からお越しの場合は無料の展望道路パールロードを通っての来館がおすすめ!海を眺めながらのドライブを楽しめます♩
他のルートでは、「伊勢西IC」から伊勢二見鳥羽ライン、国道167号線を経由して「浜の雅亭一井」まで約45分。
公共交通機関でお越し場合
JR・近鉄「鳥羽駅」からバスでの無料送迎可(要事前予約)

「浜の雅亭一井」の近隣の観光スポットはこちら!
フィッシングパークトリトン【取材レポートへリンク
石神さん【取材レポートへリンク】 
海女小屋 相差かまど【取材レポートへリンク
伊勢シーパラダイス 【取材レポートへリンク
鳥羽水族館【取材レポートへリンク
伊勢湾フェリー【取材レポートへリンク


【施設情報】
浜の雅亭一井
住所 鳥羽市相差町1522-27
電話番号  0599-33-7555(浜の雅亭 一井)
公式URL  http://www.toba-ichii.jp
公共交通機関でのアクセス
JR・近鉄鳥羽駅から国崎行バス37分 千鳥ヶ浜下車徒歩3分
近鉄鳥羽駅からの無料送迎あり(要事前予約)
車でのアクセス  伊勢二見鳥羽ライン鳥羽終点から車45分
駐車場  50台

カテゴリー
食&グルメ 宿泊
季節
冬(12~2月)
エリア
伊勢志摩

PR

バナー広告について

観光三重ピックアップ!

  • 三重県内での宿泊・日帰り旅行割引「みえ得トラベルクーポン」

    三重県内での宿泊・日帰り旅行割引「みえ得トラベルクーポン」

    2022.05
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 三重県のあじさい鑑賞スポット特集!5月から6月頃楽しめるあじさいの名所をご紹介します

    三重県のあじさい鑑賞スポット特集!5月から6月頃楽しめるあじさいの名所をご紹介します

    2022.05
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05
  • 松阪牛特集!人気老舗店などオススメ9店舗をご紹介。「肉の芸術品」を本場で堪能しよう!

    松阪牛特集!人気老舗店などオススメ9店舗をご紹介。「肉の芸術品」を本場で堪能しよう!

    2020.08

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

夕日に映える伊勢の花畑「花開道」
夕日に映える伊勢の花畑「花開道」
掲載日:2022.05.20
夕日に映える伊勢の花畑「花開道」

フォトコンテスト

ある日の夕景
ある日の夕景
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • 「浜の雅亭 一井」は全室絶景オーシャンビュー。初夏の味覚「鱧のフルコース」をたっぷり堪能しよう!

    「浜の雅亭 一井」は全室絶景オーシャンビュー。初夏の味覚「鱧のフルコース」をたっぷり堪能しよう!

    PR

    浜の雅亭 一井(はまのみやびてい いちい)は、海の目の前に佇む絶景宿。窓いっぱいにひろがる海は刻一刻と表情を変え、様々な景色を見せてくれます。今回は浜の雅亭 一井で楽しめる「鱧料理」のこだわりと魅力をご紹介します。

    #
  • あづり浜は海が綺麗な穴場ビーチ。隣接のカフェやキャンプ場、宿も紹介します

    あづり浜は海が綺麗な穴場ビーチ。隣接のカフェやキャンプ場、宿も紹介します

    志摩市のあづり浜(阿津里浜)は透明度抜群の穴場ビーチ!カフェやキャンプ場、宿が隣接し、夕日や星空が綺麗な場所でもあるんです。そんなあづり浜の魅力を詳しく紹介します。

    #
  • 志摩スペイン村大特集!料金やアクセス、アトラクションなど、お役立ち情報が満載!

    志摩スペイン村大特集!料金やアクセス、アトラクションなど、お役立ち情報が満載!

    PR

    志摩スペイン村は子供から大人まで楽しめる複合リゾート施設。テーマパーク「パルケエスパーニャ」のアトラクション紹介やチケット料金、宿泊ホテル、お得な割引、アクセス情報など、徹底解説します。

    #

季節おすすめ記事

  • 三重県の河津桜の名所をご紹介!

    三重県の河津桜の名所をご紹介!

    三重県内で河津桜が楽しめるスポットをご紹介!
    河津桜は、2月から3月にかけて咲く早咲きの桜。ソメイヨシノよりひと足早く春の訪れを告げる愛らしいピンク色の桜です。花が大きく濃いピンク色で開花期間が長いのが特徴です。ぜひ一...

    #
  • 春を先取り!早春の陽ざしに映えるてんれい桜が美しい「大慈寺」

    春を先取り!早春の陽ざしに映えるてんれい桜が美しい「大慈寺」

    ひとあし早い春を満喫するなら志摩市大王町の「大慈寺」がおすすめ!
    今回は、春の足音感じる河津桜の名所をご紹介します!

    #
  • 【おおだいスタンプラリー参加店一覧】三重県大台町を巡って特産品をゲットしよう!

    【おおだいスタンプラリー参加店一覧】三重県大台町を巡って特産品をゲットしよう!

    \巡って、体験して、味わって/
    三重県大台町のスタンプ設置場所で条件をクリアしスタンプを集めて、選べるご当地プレゼントをもらおう。大台町には、まだまだ世間に知られていない楽しい場所、美味しいお店がたくさんあります。気...

    #
ページトップ