取材レポート

赤目四十八滝キャンプ場は、山々に囲まれた「小さな」キャンプ場。おしゃれなバンガローやテントのレンタルなどもあり初心者でも本格キャンプを満喫できます!

掲載日:2020.12.16

「赤目四十八滝キャンプ場」は四季折々の美しい大自然の景色を魅せてくれる赤目四十八滝の近くにあります。ゆっくりとした時間が流れるこの小さなキャンプ場では、家族でのんびり、友人と楽しく、ひとりでゆったり…ニーズにあわせて思い思いの時間を過ごすことができます。「小さなキャンプ場」だからこそできる温かなおもてなしと想いを感じてきました。

国道165号線から赤目四十八滝へ向かう道を進むと右手に見えてくる「赤目四十八滝キャンプ場」。車を降りた瞬間から澄んだ空気とマイナスイオンを感じます。

迎えてくれたのは施設長の堀内さん。穏やかな口調と柔らかな笑顔で迎えてくれました!今日は、この地域が大好きな堀内さんが案内してくれます。

場内に入ると、まずは開放的な空間がお出迎え!
子どもたちも思わず走りたくなっちゃいました。

管理棟内には様々なレンタル用品があり、キャンプ初心者の人にも安心。オシャレなキャンプ用品は選ぶだけでも気分が上がりますね!

キャンプ場の裏山は名張で林業を営む人たちの協力によって、手入れがされています。そして、その時に出た間伐材はキャンプ場で使う薪に再利用!

薪ストーブのレンタルもあります。雰囲気が出ますね。

2019年に新築されたエアコン完備のバンガローは全部で4棟。
中はシンプルなのにお洒落!しかも、階段の上はロフトになっています♪

川沿いにあるテラスではお洒落にバーベキューを楽しむこともできます。

時間を気にせず家族や友人とゆっくりおしゃべりをしたり、くつろいで過ごす・・・贅沢なひと時ですね。

こちらは、人気のピザ窯「KABUTO」、“かぶたん”の愛称で利用者からも親しまれています。
ピザだけでなく、焼き芋を作れたり、アイデア次第でさまざまな調理に利用できます。
もちろんこちらもレンタルOK!

赤目四十八滝キャンプ場は、季節ごとのロケーションも自慢。
春は桜、秋には美しい紅葉も楽しめるので、大自然をたっぷりと満喫♪
有名な赤目四十八滝を見に行くのもいいですね。

「静寂の中で家族や自分だけの時間を過ごしてほしい」という思いから、テントサイトの間隔を広くとってあるのも「赤目四十八滝キャンプ場」のこだわり。
隣を気にせずのんびり過ごすことができますね。

おしゃれなレンタルテントがあるのもうれしいところ!

夜になると星空の下でキャンプファイヤーもできますよ♪

広々とした研修棟もあるので、地元園児のお泊り保育体験や部活の合宿、企業の講習会など幅広い目的で利用OK。天気の都合でキャンプファイヤーができなかった時は、こちらでキャンドルナイトを楽しんだこともあったそうです。

他にも、このキャンプ場の特色として、地域の人たちと野菜の栽培や収穫体験が楽しめます!

稲刈りの時期にはなんと稲刈り体験も!稲刈りをした後、飯盒(はんごう)で炊いたご飯をお漬物と一緒に食べる。…最高です!

今後はさらに農園を開墾して、野菜づくり体験も行えるようにしていきたいとのこと。
「赤目四十八滝キャンプ場」のお楽しみはまだまだ増えそうですね!

現在、感染症への取組の一環として「平日限定テレワーク応援プラン」も行っています。
一日利用(9:00~17:00)3,000円でありながら、なんとお弁当・お茶付き!
もちろん空調やWi-Fiも完備です。
※時間単位での利用は1時間500円になります。


このプランができたのは、自粛期間中の友人から「テレワークをしているが、家には子どもも居るし仕事ができない…」と相談されたのがきっかけで、「どうせ空いているから使ってもらおう」と始めた思いやりにあふれた企画。
お弁当付きでこの価格はすごくありがたいですね!

テレワークプランのお弁当は地元の「西川商店」の手作り弁当。
おかずの種類も多くボリュームがあって、本当に美味しいんです!とスタッフさんもイチオシ♪

実はこの「赤目四十八滝キャンプ場」、元々は名張市が運営しているキャンプ場でしたが、閉鎖の危機に陥っていました。しかし、この危機を知った街の人たちがキャンプ場の運営に手をあげ、2019年に「一般社団法人滝川YORIAI」を設立し、地域で協力しあって乗り越えました。

現在では名張市、赤目まちづくり委員会と三者で手を取り合って運営されています。

自然や歴史、美味しい農産物など資源の宝庫であるこの地域の魅力を結びつけ、名張市内での周遊に繋げるべく、日々楽しい企画が準備されています♪

「地域のグルメを知ってもらいたい!」という思いから作成されたグルメ案内のPOPも地域への愛を感じます。

地域と協力して街を盛り上げたい!という想いからマルシェの会場にもなりました!
ハンドメイドアクセサリーなどが並ぶステキなショップや、市内のお店が出店する飲食ブースには美味しいグルメが勢揃いです。

「小さなキャンプ場だからできること。お客さん次第でお客さんのカラーにしてもらえるキャンプ場でありたい」と語るのは「赤目四十八滝キャンプ場」を運営する「滝川YORIAI」の重森さん。
その理念に違わず、「友人の誕生日にサプライズをしたい!」という要望があった時はバンガロー内をパーティー会場に彩るサポートをしたり、「結婚祝いをしたい」と言われた時にキャンドルロードを作ったりと、お客様ひとりひとりに対して真心のこもった対応をされています。
「このキャンプ場が好きだ!」と言うリピーターが非常に多く、クチコミで訪れる人がたくさんいるのも納得ですね。

あなたも、この小さく、そしてあたたかな「赤目四十八滝キャンプ場」に、遊びにきてみてはいかがでしょうか。きっと、ハマってしまいますよ!




なお、現在は感染症対策として、入場時に検温と消毒のお願い、受付にはパーテーションを設置し、1組ずつの受付を実施しています。
また、共用スペースでは、マスクの着用をお願いしています。
住所/名張市長坂941-1
電話番号/0595-63-9666
公式URL/https://www.akame-camp-ground.com
営業時間/宿泊IN14:00~16:00 OUT12:00 日帰り10:00~16:00
料金/【入場料】 大人 500円 小中学生 300円 小学生未満 無料
   【施設利用】テントサイト(宿泊/1泊)平日 2,500円 休前日 3,000円 特定期 4,000円 (日帰り)2,000円
バンガロー(空調有)(宿泊/1泊)平日 12,000円 休前日 15,000円 特定期 20,000円 (日帰り)5,000円 など
車でのアクセス/名阪国道「針」ICより12km、車で約30分
定休日/HPにて確認
駐車場/30台

このページを見ている人はこのページも見ています

AIによるあなたへのおすすめページ