取材レポート

辰水神社(津市)の「ジャンボ干支」をご紹介!歴代ジャンボ干支マップも!

4,074ビュー

三重県津市辰水神社のジャンボ干支は毎年お正月に地元有志より奉納され、役目を終えた後は津市内外各所に”嫁入り”していきます。辰水神社への行き方や駐車場、歴代ジャンボ干支マップなど徹底解説します。

三重県のジャンボ干支とは?

三重県の「ジャンボ干支」は、昭和61年(1986)から制作され奉納されており、その年々の干支を潜り抜けることにより「家族円満、万民和楽、五穀豊穣」を願います。

材料は金属や木で骨組みを作り、発泡スチロールを張り巡らせ、それを削って形を整えた後、塗装をして完成です。作り上げるのに毎年数か月を要する地域住民の知恵が詰まった大作です。

その年の世相に合ったジャンボ干支(十二支)作りを農業後継者達「城山十二人衆」からボランティアグループ「ふるさと愛好会」に受け継がれた今も、毎年12月29日から2月11日まで辰水神社の「干支潜門」として奉納されています。山村の文化振興と地域活性のため、地域のシンボルであるジャンボ干支は年初の大きなトピックの一つとして県内外から注目されています!

ジャンボ干支が奉納される辰水神社の基本情報

辰水神社は三重県津市美里町家所(いえどこ)にある神社です。主なご祭神は 大日霎貴命・麻桑枝太命・応神天皇でこのほかにも多くのご祭神が祀られています。

住所
津市美里町家所1941
電話番号
059-279-2782(辰水神社)
公共交通機関でのアクセス
JR・近鉄津駅から三交バス穴倉行き30分辰水農協前下車
車でのアクセス
伊勢自動車道「津IC」から車で約15分

ジャンボ干支が奉納される毎年12月29日~2月11日ごろは津市美里高齢者生活福祉センター付近に臨時駐車場が開設されます。

ジャンボ干支のその後

津市内には役目を終えたジャンボ干支たちが各所に”嫁入り”していきます。お店にちなんだ干支の動物がいる場所もあれば、「なぜここに?」と言いたくなるような驚きの場所もあります。歴代ジャンボ干支巡りの旅に出かけてみては…!今回は干支を最新のものからさかのぼる方式でご紹介します。

具体的にどこにあるかは後ほど「ジャンボ干支マップ」でまとめて解説します!


【注意!】ジャンボ干支は「ふるさと愛好会」の方が手間暇かけて作り上げ、お店や個人の方が大切に守ってきた宝です。撮影の際は周りの人や車の迷惑とならないよう気を付けましょう。

①2022年 寅(餃子研究所ちゃぶちゃぶ)

2022年の虎のジャンボ干支は津市安濃町の「餃子研究所ちゃぶちゃぶ」の入り口にいます。最新のものだけあって、鮮やかな黄色が良く目立ちますね。引き取り先を決める16件の応募の中から抽選に当たったそうです!

ちなみに、ジャンボ干支がある「餃子研究所ちゃぷちゃぷ」さんは”ボタンを押すと餃子がベルトコンベアで運ばれてくる”という特殊な体験ができる飲食店です。ジャンボ干支巡りのスタミナチャージにいかが?

②2021年 丑(ステーキなかお)

2021年の牛のジャンボ干支は津市大里陸合町の「ステーキなかお」の入り口にいます。「松阪牛」の中でも最高クラスの品質といわれている「松阪ブランドなかお牛」を提供する予約制のステーキハウスです。

黄金に輝く牛の存在感がすごいですね。最高級の松阪牛が食べられるお店にぴったりです。

③2020年 子(東川機械土木)

2020年のねずみのジャンボ干支は四日市市采女の「東川機械土木」にいます。なんと津市外に嫁入りしました。ジャンボ干支巡りの際は要注意です。

黄金のねずみがとても目立ちますね!「ちゅうたろう」と名付けて冬は毛布であたためてあげるそう。親心が感じられます。

④2019年 亥(大森清掃社)

2019年の猪のジャンボ干支は津市安濃町の「大森清掃社」にいます。

毛並みまで忠実に再現されていて、今にも走り出しそうですね。

⑤2018年 戌(美里ヒルズ)

2018年の犬のジャンボ干支は津市美里町「特別養護老人ホーム 美里ヒルズ」にあります。柴犬の立ち姿が堂々としていますね!

優しい瞳で空を見つめる様子はなんだか癒されますね。

2017年 酉

2017年の鶏のジャンボ干支は津市大里小野田町にあります。

立派なトサカです。経年の風化で塗装がはがれかけているところがかえって鶏の毛並みをほうふつとさせます。

⑥2016年 申(奥伊勢本街道奥津宿かわせみ庵)

2016年の猿のジャンボ干支は美杉町奥津「奥伊勢本街道奥津宿かわせみ庵」にあります。袴を着て踊っているのでしょうか、他のジャンボ干支とは違ってユーモラスでかわいらしいですね♪

かわせみ庵は古民家を活用した”ミニ道の駅”で、地元特産品の販売や休憩所として土日限定でオープンしています。ノスタルジックな気分に浸ってみませんか?

⑦2015年 未(福山木材)

2015年の羊のジャンボ干支は津市美里町「福山木材」にあります。道の分かれ目にどんと構えているのでとても存在感がありますね。

⑧2014年 午(福山木材)

2014年の馬のジャンボ干支は同じく津市美里町「福山木材」にあります。羊のジャンボ干支を通り過ぎてすぐ南西に馬の親子が!

歩き方を教わっているのでしょうか、筋肉の立体感なども忠実に表現されていて今にも走り出してしまいそう。

⑨2013年 巳(辰水自動車)

2013年のヘビのジャンボ干支は津市産品の「辰水自動車」にあります。

看板のところについているのかな…と思いきやまさかの洗車機の上に金の大きなヘビがどっしりとたたずんでいました。よく見ると…白い子ヘビもおる!まさかの親子ヘビでした!

2012年 辰

2012年の龍のジャンボ干支は津市野田にあります。

干支の中では唯一の想像上の動物である龍。この龍は全身金色で待ち受け画面にすると金運が上がりそうですね!(根拠はありません)

⑩2011年 卯(中西水道)

2011年のウサギのジャンボ干支は津市美杉町「中西水道」にあります。親子ウサギです。耳がピンと立ってかわいらしいですね。

置かれている場所も芝生なので、とてもなじんでいますね!


ジャンボ干支マップ

今回の記事で紹介したジャンボ干支の場所(嫁ぎ先)をまとめてみました。ジャンボ干支巡りの際はぜひご活用くださいね♪

「ロンブー淳のスマホ旅」で紹介されました!

「東海のイイとこみんな教えて!ロンブー淳のスマホ旅」はロンドンブーツ1号2号の田村淳さんがスマホに寄せられた情報だけを頼りに、街を散策する台本なしのスマホ旅です。
今回は三重県津市を訪れ、ジャンボ干支のコンプリートを目指したり津市在住の「津さん」探しの旅に出かけます。

三重県津市でのスマホ旅の模様は東海テレビで9月4日(日)16時30分から放送されました。これを見れば、ジャンボ干支巡りがもっと楽しくなるはず!

PR

バナー広告について

観光三重ピックアップ!

  • 自然豊かな三重県で楽しい想い出をつくろう!

    自然豊かな三重県で楽しい想い出をつくろう!

    2022.07
  • おかげ横丁グルメ・お土産44選!人気のものから穴場まで詳しく紹介します【2022年】<br />

    おかげ横丁グルメ・お土産44選!人気のものから穴場まで詳しく紹介します【2022年】

    2022.09
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 「秋の桜」コスモス特集♪<br />
9月から10月にかけて楽しめるコスモスの名所をご紹介します♪<br />

    「秋の桜」コスモス特集♪
    9月から10月にかけて楽しめるコスモスの名所をご紹介します♪

    2020.09
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

赤福の限定餅「朔日餅」とは?購入・予約方法や月ごとのお餅を紹介します。
赤福の限定餅「朔日餅」とは?購入・予約方法や月ごとのお餅を紹介します。
掲載日:2022.09.22
赤福の限定餅「朔日餅」とは?購入・予約方法や月ごとのお餅を紹介します。

フォトコンテスト

医療従事者へエール贈るジャズカサ
医療従事者へエール贈るジャズカサ
  • 三重県のおすすめグランピング特集
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • 「みえのイマココ旅」モニター体験募集中!

    「みえのイマココ旅」モニター体験募集中!

    PR

    三重県では、旅行者が宿泊施設等を拠点に滞在を楽しむ「拠点滞在型観光」の先進地として新たなブランドを確立するため、「三重ならでは」の体験コンテンツの造成・磨き上げに取り組んでいます。現在、造成・磨き上げ中の体験コンテン...

    #
  • 【2022年】鈴鹿サーキットでF1日本グランプリが3年ぶりに開催! チケット情報やイベントについてご紹介します

    【2022年】鈴鹿サーキットでF1日本グランプリが3年ぶりに開催! チケット情報やイベントについてご紹介します

    F1グランプリが3年ぶりに鈴鹿サーキットで開催!

    日程やチケット情報、気になる当日のイベントについてご紹介します。さらに、あわせて巡りたいスポットやグルメもご紹介!せっかく三重に来たんやから、たっぷり三重を楽しみませんか?

    #
  • 天狗倉山に登るなら知っておきたい三つの魅力を解説!おすすめスポットも紹介します

    天狗倉山に登るなら知っておきたい三つの魅力を解説!おすすめスポットも紹介します

    おそらく三重南部で1、2を争うくらい知られている山、それがこの天狗倉山(てんぐらさん)かもしれません。頂上の眺望、紫幹翠葉(しかんすいよう)を感じる登山道など、いま一度この山の魅力を再確認してみませんか?

    #

季節おすすめ記事

  • 赤福の限定餅「朔日餅」とは?購入・予約方法や月ごとのお餅を紹介します。

    赤福の限定餅「朔日餅」とは?購入・予約方法や月ごとのお餅を紹介します。

    三重県の定番土産「赤福」で毎月1日しか販売されていない「朔日餅」の購入・予約方法、朔日餅の種類、人気の朔日餅などを紹介します。

    #
  • 伊勢観光・河崎まち歩きに便利なデジタルクーポン「 河崎蔵まちへの招待状」アプリでお得に楽しくまち歩き

    伊勢観光・河崎まち歩きに便利なデジタルクーポン「 河崎蔵まちへの招待状」アプリでお得に楽しくまち歩き

    伊勢は「一生に一度はお伊勢参り」と古くから多くの参宮客を魅了してきました。
    中でも「河崎」というまちは、伊勢神宮の門前町として栄えた山田・宇治へ物資を運ぶため、川の港として賑わいをみせ、江戸時代には参宮客へ物資を運ぶ...

    #
  • 伊勢名物 赤福とは?300年以上続く歴史、赤福餅の種類を紹介します

    伊勢名物 赤福とは?300年以上続く歴史、赤福餅の種類を紹介します

    やわらかいお餅に3筋入ったなめらかなこしあんの「赤福」。赤福餅なしで伊勢は語れないと言っても過言ではないほどの、三重県を代表する名物です。赤福が長きにわたってお伊勢さんの参詣客に愛されている理由を、伊勢神宮 内宮のお膝...

    #
ページトップ