伊賀サービスエリア(上り線)

(イガサービスエリア)
  • 本館
  • 本館スナックコーナー
  • いが百彩館
  • いが百彩館
  • トイレ
  • 本館
  • 本館スナックコーナー
  • いが百彩館
  • いが百彩館
  • トイレ

地元伊賀の特産品をはじめ、大阪・神戸・奈良・京都の関西のお土産をコーナー別に販売しており、また自家製パン、店内手作りの満腹おにぎりも販売いたしております。
シャワールーム、EV急速充電器24時間(課金制)も備えております。伊賀の特産品を集めたお土産コーナー、授乳室、ゆっくりおくつろぎいただける喫茶コーナーを備えた、いが百彩館もあります。

このスポットの関連記事

  • 伊賀SA(サービスエリア:上り線)に行ってきました!人気のお土産・グルメ・周辺情報など詳しくご紹介!

    ご当地バーガー「伊賀藩芭雅(いがハンバーガー)」。さらに「松阪牛入りバーガー」、「伊賀牛コロッケバーガー」も!自家製パンを使用した手作りの味です。具だくさんの大きなおにぎりもオススメ!

    #
住所
伊賀市柘植6427
電話番号
0595-45-3511(伊賀サービスエリア(上り))
公式URL
https://www.anzen-kameyama.jp/servicearea
営業時間
本館 売店 7:00~21:00
フードコート(セルフサービス)9:00~20:30 (LO : 20:00)
スナックコーナー 9:00~

いが百彩館 施設利用時間 10:00~18:00
シャワールーム(有料) 10:00~18:00(受付終了 17:30) 男性3室 女性1室

EV急速充電器24時間(課金制)
車でのアクセス
名阪国道上り線
駐車場
普通66台 大型56台
トイレ
あり

※料金等については変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

ここまでスクロールすると地図が表示されます。

周辺の宿の予約はこちら

PR

バナー広告について

観光三重ピックアップ!

  • 三重県内での宿泊・日帰り旅行割引「みえ得トラベルクーポン」

    三重県内での宿泊・日帰り旅行割引「みえ得トラベルクーポン」

    2022.05
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 三重県の花火大会特集【2022年版】スケジュール・開催場所など人気の花火大会を紹介

    三重県の花火大会特集【2022年版】スケジュール・開催場所など人気の花火大会を紹介

    2022.06
  • 蓮・睡蓮が見頃です!

    蓮・睡蓮が見頃です!

    2022.06
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

【観光三重】みえ旅グルメ部 部員募集中!!
【観光三重】みえ旅グルメ部 部員募集中!!
掲載日:2022.07.04
【観光三重】みえ旅グルメ部 部員募集中!!

フォトコンテスト

初夏
初夏
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

関連エリアおすすめ記事

  • 【観光三重】みえ旅グルメ部 部員募集中!!

    【観光三重】みえ旅グルメ部 部員募集中!!

    三重県の「食」の魅力を「観光三重」で発信しませんか? 三重が好き!食べることが好き!WEB記事を書くのが得意!という方を募集します。 ご希望の方は以下をご覧の上、応募ください。

    #
  • 第61回フォトコンテスト入賞作品をご紹介♪【春に包まれて】

    第61回フォトコンテスト入賞作品をご紹介♪【春に包まれて】

    観光三重 第61回フォトコンテスト結果発表!! 今回の応募総数はなんと263枚! このページでは、その中から選りすぐりの作品をご紹介していきます♪ 素敵な作品盛りだくさんなので、現地に行きたくなること間違いなし! ...

    #
  • 伊賀市にある老舗のお漬物屋さん「養肝漬宮崎屋」!慶応元年から続く伝統の味をご堪能ください!【あんしんみえリア優秀店】

    伊賀市にある老舗のお漬物屋さん「養肝漬宮崎屋」!慶応元年から続く伝統の味をご堪能ください!【あんしんみえリア優秀店】

    藤堂高虎が命名?!伊賀名物のひとつで、昔からこの地方で食べられてきた「養肝漬(ようかんづけ)」は、武士の士気を養う「肝っ玉を養う漬物」ということで、命名されたそうです。今回は、そんな養肝漬の伝統を今に継承、そして活用...

    #
ページトップ