津城跡

(ツジョウアト)
  • 津城跡
  • 藤堂高虎像
  • 春の津城跡
  • 津城跡
  • 藤堂高虎像
  • 春の津城跡

織田信包(信長の弟)が天正8年(1580)に津城を創築。
以後、 津は城下町として発展してきました。本丸を中心に出丸を置き、幾筋かの河流を城の外堀に取り入れたもので、 低湿地ながら防御には堅固な城でした。
その後、藤堂高虎が四国伊予の今治(愛媛県)から移封、 慶長16年(1611)に大規模な改修を行い、北側の石塁を高く積み直し、その東北と西北の両すみに三重の櫓をつくりました。
また、城の周囲に武家屋敷をつくる一方で、伊予から連れてきた町人たちを岩田川の南に住まわせて、 伊予町をつくりました。
さらに高虎は、参宮街道を城下に引き入れたり、城の東に堀川を切り開いたりして津の基礎づくりを行いました。 2代藩主高次はそれをもとに城下を整備、明治維新まで津は32万石の城下町として栄えてきました。
明治になっても町はほとんど旧城下町のままでしたが、明治の終わり頃になって外堀が埋められ、 新しい道や町が作られるようになってきました。
現在では、本丸・西の丸・内堀の一部を残すのみとなりましたが、 復興された角櫓の三層の白壁に老松がはえ、苔むす石垣とともに昔を偲ぶことができます。

※藤堂高虎像もあります。

このスポットの関連記事

  • 高田本山専修寺にて、一般には公開されていない国指定重要文化財で会席料理をいただく特別拝観ができることになりました!特別拝観を通じて、心と体が生まれ変わる美味なる叡智をいただきましょう。

    PR

    #
住所
津市丸之内
電話番号
059-229-3251(津市教育委員会生涯学習課)
公式URL
http://www.tsukanko.jp/
公共交通機関でのアクセス
・JR・近鉄「津駅」からバス約8分「三重会館」から徒歩で約3分
車でのアクセス
・伊勢自動車道「津IC」から車で約10分

※料金等については変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

PR

バナー広告について

観光三重ピックアップ!

  • ホタルを観賞できる時期は今だけ!ホタル観賞スポットやホタルイベントをまとめて紹介します。<br />
<br />

    ホタルを観賞できる時期は今だけ!ホタル観賞スポットやホタルイベントをまとめて紹介します。

    2017.05
  • 夏と言えば花火!三重県の花火大会の開催スケジュール、開催場所の2017年版をご紹介します!!

    夏と言えば花火!三重県の花火大会の開催スケジュール、開催場所の2017年版をご紹介します!!

    2017.06
  • 三重県には「恋のパワースポット」がいっぱい!恋愛祈願に出かけましょう♡

    三重県には「恋のパワースポット」がいっぱい!恋愛祈願に出かけましょう♡

    2017.04
  • 雨でも楽しいおでかけスポット特集!天気が悪くても思いっきり楽しめる施設や体験メニューをご紹介

    雨でも楽しいおでかけスポット特集!天気が悪くても思いっきり楽しめる施設や体験メニューをご紹介

    2017.03
  • 日ごろの疲れを癒しに温泉へ行こう!リラックスできる三重県の人気日帰り温泉や天然温泉旅館を紹介

    日ごろの疲れを癒しに温泉へ行こう!リラックスできる三重県の人気日帰り温泉や天然温泉旅館を紹介

    2016.11

オフィシャルSNS

PR

取材レポート

石神さん(神明神社)が女子旅に大人気!鳥羽で海女さんと過ごす石神さん体験プラン「海女結びドーマンセーマン」の体験を取材してきました。
石神さん(神明神社)が女子旅に大人気!鳥羽で海女さんと過ごす石神さん体験プラン「海女結びドーマンセーマン」の体験を取材してきました。
掲載日:2017.06.14
石神さん(神明神社)が女子旅に大人気!鳥羽で海女さんと過ごす石神さん体験プラン「海女結びドーマンセーマン」の体験を取材してきました。

フォトコンテスト

雪の町
雪の町

関連エリアおすすめ記事

  • 七夕まつり・イベント特集 2017

    七夕まつり・イベント特集 2017

    短冊に願い事を書いて、笹の葉にかけてお願いをする。7月7日は七夕の日です。短冊なんて子供の時以来書いていないかも・・という方も、今年は七夕まつりに足を運んで、夏の風物詩を満喫しましょう!三重県で人気の七夕まつりや七夕...

    #
  • 三重県の花火大会特集 2017 人気の伊勢神宮や桑名・津など 日程も掲載

    三重県の花火大会特集 2017 人気の伊勢神宮や桑名・津など 日程も掲載

    夏のおすすめ人気イベントと言えば花火!三重県の夏の夜空に咲き誇る花火大会の開催スケジュール、開催場所の2017年(平成29年)版をご紹介します。大阪や愛知県・名古屋市からなら一足伸ばして三重県の花火を見られますのでぜひお越...

    #
  • 特別拝観のチャンス!非公開の重要文化財の広間で会席を味わえるプランが誕生。年に数回しか開催されないのでお見逃しなく!

    特別拝観のチャンス!非公開の重要文化財の広間で会席を味わえるプランが誕生。年に数回しか開催されないのでお見逃しなく!

    普段は見れない国指定重要文化財を、特別に拝観! 津市の高田本山専修寺で、会席料理+特別拝観+呈茶+お琴の演奏+ありがたい法話、という贅沢な時間を過ごすプランが誕生。特別拝観を通じて、心と体が生まれ変わる、美味なる叡智を...

    #

このスポットの特集記事

  • 津市の観光スポット特集 三重県の県庁所在地で旅行を楽しもう!

    津市の観光スポット特集 三重県の県庁所在地で旅行を楽しもう!

    三重県の県庁所在地 津市にあるおすすめの観光地をまとめてご紹介します。津市は広大な面積があるためスポットにより全く異なる顔があります。2016年にオープンしたレッドヒル ヒーサーの森から歴史ある高田本山専修寺、さらに洞窟...

    #
  • 三重県のお城・城址めぐり特集

    三重県のお城・城址めぐり特集

    三重県内にあるお城や城址の特集です。歴史好きでお城めぐりを楽しむ方が増加しており、お城や石垣が注目を浴びています。三重県内には築城の名手・藤堂高虎が作った赤木城跡や三層の天守閣がある伊賀上野城など、見所多数です。

    #
  • 三重県にゆかりのある郷土の偉人・歴史人物たち

    三重県にゆかりのある郷土の偉人・歴史人物たち

    三重県にゆかりのある郷土の偉人・歴史人物たちをご紹介します。養殖真珠に初めて成功した御木本幸吉や国学界で広く知られる本居宣長など三重県には歴史に名を残す偉人たちがいました。そんな中から9人と、ゆかりのある観光スポットを...

    #

このスポットを含むモデルコース

  • 三重の県庁所在地「津」を回ってみよう

    三重の県庁所在地「津」を回ってみよう

    #
  • このスポットを見た人はこんなスポットも見ています
  • このスポットの近くにはこんなスポットがあります
  • 松坂城跡(松阪公園)

    松坂城跡(松阪公園)

    #
  • 津偕楽公園

    津偕楽公園

    #
  • 亀山城跡

    亀山城跡

    #
  • 三重県総合博物館「MieMu(みえむ)」

    三重県総合博物館「MieMu(みえむ)」

    #
  • 磨洞温泉涼風荘

    磨洞温泉涼風荘

    #
  • 結城神社

    結城神社

    #
ページトップ