• 観光三重トップ
  • 特集記事
  • 「スマホでみえ得キャンペーン」大人気施設はどこ!?Part② 三重が誇る絶景!天空に浮かぶカフェで非日常なティータイム 大海原に帰りゆく夕陽につつまれ、茜色に染まるホテルでのひとときを

取材レポート

「スマホでみえ得キャンペーン」大人気施設はどこ!?Part② 三重が誇る絶景!天空に浮かぶカフェで非日常なティータイム 大海原に帰りゆく夕陽につつまれ、茜色に染まるホテルでのひとときを

掲載日:2021.03.01

500ビュー

「答えてラッキー!スマホでみえ得キャンペーン」は県内の「みえ旅案内所」「みえ旅おもてなし施設」(約400施設)に設置されているQRコードをスマホで読み込み、デジタルスタンプを押すとスクラッチくじが引けます。スクラッチの後に簡単なアンケートに答えると、プレゼントや割引などのおもてなしとポイントがその場で受けられるとってもお得なキャンペーン!
では、スマホでみえ得キャンペーンの施設の中で一番人気のある施設は一体どこでしょう? 今回は「おもてなしグランプリ」としてみえ旅おもてなし施設の中の「飲食施設」と「宿泊施設」の中で最も利用者が多かった2施設の魅力をご紹介。どちらも志摩地域の美しい景観が魅力!


みえ旅おもてなし施設の中の「飲食施設」で一番人気は「横山天空カフェテラス ミラドール志摩」。地元の食材を活かしたメニューと、“天空”からの眺望が自慢。

志摩地域の美しい海と、リアス海岸の造形が一望できる「横山展望台」は、ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで☆(一つ星)を獲得しています。2018年にリニューアルされ、その一角にオープンしたのが「横山天空カフェテラス ミラドール志摩」。三重県産のヒノキ材を敷き詰めたウッドデッキからは、眼下に英虞湾の絶景が広がり、まるで宙に浮いたような感覚。自然との一体感に浸りつつ、ここだけのブレイクタイムを味わえます。

訪れた方々からは「大パノラマの絶景が素晴らしかった!」などのコメントが寄せられています。


ウッドデッキに面した窓ガラスには、メニューと並んで「スマホでみえ得キャンペーン」の「おもてなしグランプリ」入賞のシールが貼られています。

「ほとんどのお客様は、ガラスに張り出したメニューを外で見てから中へいらっしゃいますので、いちばん目につきやすい所ですね」とミラドール志摩サブリーダーの森﨑さん。

森﨑さんによると、「みえ得キャンペーンをご存知の方は結構いらっしゃるようで、シールを見て中へ入られて、QRコードを探されたり、『どこですか?』と尋ねるお客様をご案内するケースもあります」。

「おもてなしグランプリの受賞が嬉しいのはもちろんですけど、うちで良かったのかなと意外な感じがしました」。

とのこと。みなさん!後半の記事を読んでください!人気の理由がわかりますよ!

カウンター横に設置されている「スマホでみえ得キャンペーン」のQRコードを読み込んでログイン。スタンプを押してスクラッチすると! 大吉で5ポイントをゲット! そして、アンケートに回答し、スタッフの方に見せるとドリンク50円割引が適用されます。

 

【みえ旅おもてなし施設 おもてなしサービス】

サービス内容 ドリンク50円割引

サービス提供条件 但し2名様まで有効。他のサービス券との併用不可。お一人様1回限り有効




さて、このカフェの特徴は、自然との一体化が徹底されていること。

客席はオープンが基本。現在は感染症対策を徹底するため、席数を減らしていることもありますが、自然のままの風が吹き抜けます。冷暖房は一切なし。

BGMは流さず、聞こえるのは風の音と鳥の声。照明も最小限で、内と外が一体に感じられるよう配慮されています。


木の肌合いがやさしいカウンターで注文し、出来上がりを受け取るセルフスタイル。客席に着いてくつろいだり、テラスに出て景色を楽しんだり、お好みで。

ちなみに、カウンター上の木製のパネルは、カフェを運営する志摩地中海村スタッフの手づくりだそうです。

メニューは、伊勢志摩の食材を活かすほか、志摩高校調理クラブが考案したレシピを使用するなど、地元の味にこだわったものがいろいろ。

フードメニューの一番人気は、「横山天空サンド」(500円・税込)。志摩ブランド認定の志摩あおさ豚を使用し、伊勢市の醸造元の味噌と、志摩の海で採れたあおさで仕上げたバゲットサンドです。クセがなく甘みの強いあおさ豚が、濃厚な味噌と良く合います。

「志摩産あおさの焼きドーナツ」(250円・税込)は、昨年秋に登場。あおさのゆたかな磯の香りが、ドーナツに違和感なくマッチする不思議。今や、すっかり定着した新スイーツです。

このほか、寒い冬にも安定した人気を誇るのが「志摩ソフトクリーム」(400円・税込)。取材に訪れた時期は、バニラと志摩産いちごミルクの2種類を販売。着色料を使わないので、色は淡いのに、いちごの味が濃いと大好評!


できる限り環境にやさしい素材を使うようにしているのも、このカフェの特徴。

ストローの素材は、紙やサトウキビに切り替えました。ドリンクのカップもバクテリアで分解される植物由来プラスチックを採用し、カップのふたは付けていません。

“自然と一体化”のコンセプトは、こういうところにも生きているんですね。

「横山展望台は、景色が良かっただけでなく、景色を見ながら食べた○○○○○が美味しかった、そういっていただけるように、これからもおもてなしを充実させて、新メニューも考えたいですね」と森﨑さん。

志摩方面を訪れたときは、ぜひ立ち寄りたいスポットです。

天候の条件が揃えば、富士山が見えるかも!

横山天空カフェテラス(横山展望台)・ミラドール志摩

住所
志摩市阿児町鵜方875-20
電話番号
0599-46-0570(志摩市観光協会)
公式URL
http://www.kanko-shima.com/html/search_det.php?no=20150327032317
公共交通機関でのアクセス
近鉄鵜方駅からタクシー10分、または近鉄志摩横山駅下車徒歩40分
車でのアクセス
伊勢西ICから約40分
※山上駐車場(展望台に最も近い駐車場)までの道が狭いため、対向車には十分ご注意いただき、徐行運転にご協力ください。
※山上駐車場へのマイクロバスの進入は可能ですが、乗降車のみで駐車はできません。
※山上駐車場への中型・大型バスの進入はできません。創造の森駐車場のバス駐車場へ駐車のうえ、歩道(徒歩約15分)にて展望台へおあがりください。

天空から地上に降りて、訪れたのは、みえ旅おもてなし施設の中の「宿泊施設」で一番人気、同じく志摩市の新浜島温泉にある「プレミアリゾート 夕雅 伊勢志摩」。伊勢志摩国立公園のほぼ南端にあたり、太平洋がすぐ目の前に迫ります。「日本の夕陽百選」にも選ばれた新浜島温泉の浜辺に佇み、海面を染める夕陽を眺めながら温泉や食事が楽しめる、まさに地上の楽園。このエリアでも由諸あるホテルで、伝統とモダンが融合したフロントの雰囲気に、グレード感が漂います。



フロントのカウンターには、「スマホでみえ得キャンペーン」のQRコードと、「おもてなしグランプリ」入賞のシールが!

送迎バスの案内の前に設置されています。 これは目に留まります!

支配人の井上さんにうかがうと、「実際、QRコードを探す方が結構いらっしゃったり、スクラッチくじで『また大吉!』と喜ぶ声が聞こえたりしていましたね」。

フロントの横にもキャンペーンのパネル発見。インフォメーションデスクの前でした。

「いつも持ち歩くスマホで参加できるというシステムは評判良いです。旅行の時、別に何か持って行くのは面倒ですから。それにスクラッチくじのゲーム性も面白いですね」と井上さん。

ただ、現在、感染症対策で日帰り入浴を中止し、カフェラウンジもクローズしているため、当初予定していたサービスを、アイスクリームプレゼントに切り替えています。

 

フロントに設置されている「スマホでみえ得キャンペーン」のQRコードを読み込んでログイン。アンケートに回答し、スタッフの方に見せると、「大内山アイス」1個プレゼント。 


【みえ旅おもてなし施設 おもてなしサービス】

サービス内容 「大内山アイス」1個プレゼント

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、サービス内容を変更しています。





ホテルの名前に「夕」の文字が含まれているように、ここから望む雄大な太平洋と夕陽の眺めは格別です。

日本の夕陽百選に認定された浜島というロケーション、さらに全室オーシャンビュー。期待は高まるばかり。

太平洋を朱色に染め、海へ還る夕陽を部屋からゆったりと眺める絶景には、思わず言葉を失ってしまいます。リピーターが多く、また『記念日』需要がたくさんあるということに、誰もが納得できるのではないでしょうか。

※季節によって日の沈む位置は変わります。

訪れた方々からは「ロケーションとお風呂、お部屋がとてもいい」などのコメントが寄せられています。




まずは「カフェラウンジ」からの眺めに圧倒されます。海ってこんなに雄大で、きれいだったんだ!

さらに、客室階のエレベーターを降りた所には、展望ラウンジを設置されており、客室からの眺めだけでなく、太平洋の海の景色を楽しんでもらおうと配慮されています。ここで、心行くまで海が眺めていられるというわけ。

眺望の魅力を推しにしている宿だからこその心遣いです。


全てオーシャンビューの客室は、全部で15種類。

なかでも注目が、ビューバス付きの和洋室。海に囲まれた絶景ロケーションのビューバスは、開放感たっぷり。窓を開けて潮風を招き入れることもできます。モダンで落ち着いた和のリビング、ゆったりとしたベッドルームも魅力です。

※客室の風呂は温泉ではありません。


温泉もまた絶景!露天風呂で波の音を聞きながら、夜には満天の星を見上げてくつろげます。

温泉の源泉は、地元で湧き出す「新浜島温泉」。泉質は、ナトリウム塩化物泉で、神経痛や筋肉痛、疲労回復などに効果があるといわれています。

現在日帰り入浴は中止していますが、ランチの利用で温泉に入浴できる(17時まで)のは、耳寄り情報、ねらい目です。


食事は、伊勢志摩で採れる海の幸をはじめ、松阪牛や、地物の魚介をふんだんに。料理長のセンスが光る会席スタイルの創作料理。グレードに関わらず、料理を一品ずつ供されるのは、このホテルの伝統です。熱いものも冷たいものも、いちばん食べごろをいただけるのが嬉しい。

また、伊勢えびやあわびなど伊勢志摩を代表する高級食材を使った別注料理の種類も豊富です。

海、夕陽、星空の絶景に囲まれた部屋や温泉でくつろぎ、三重の“食”を堪能する、そんなリゾート体験をリーズナブルな予算で満喫することができるホテルです。

プレミアリゾート 夕雅 伊勢志摩

住所
志摩市浜島町浜島1645
電話番号
0599-53-1551(プレミアリゾート 夕雅 伊勢志摩)
公式URL
http://yu-ga.in/
公共交通機関でのアクセス
近鉄特急鵜方駅より無料送迎バス運行(要予約/約15分)※鵜方駅(南口)14:45発、15:45発、16:45発
車でのアクセス
名古屋・大阪~(伊勢自動車道)~玉城IC~県道169号(サニーロード)~県道17号~ホテル

みえ旅おもてなし施設の中の「飲食施設」も「宿泊施設」も一番の人気施設は志摩エリアの絶景スポットでした。伊勢志摩サミットも開催された、世界に誇る志摩地域、落ち着いたら是非訪れてみてください。



カテゴリー
食&グルメ 花&自然&公園 絶景&秘境 宿泊
季節
オールシーズン
エリア
伊勢志摩

PR

バナー広告について

観光三重ピックアップ!

  • 三重のええとこご紹介!!<br />
みえ旅カメラ部始動しました!

    三重のええとこご紹介!!
    みえ旅カメラ部始動しました!

    2021.03
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05
  • 観光三重の人気記事BEST25♪

    観光三重の人気記事BEST25♪

    2021.01
  • 観光三重の定番特集BEST25♪

    観光三重の定番特集BEST25♪

    2021.01

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

忍者とは?成り立ちや役割、忍者の種類を解説|三重県の忍者体験イベントも紹介!
忍者とは?成り立ちや役割、忍者の種類を解説|三重県の忍者体験イベントも紹介!
掲載日:2021.04.16
忍者とは?成り立ちや役割、忍者の種類を解説|三重県の忍者体験イベントも紹介!

フォトコンテスト

あなたと
あなたと
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • 宮川堤の桜〜伊勢河崎町を「FM三重アナウンサー」宮原えりかさんと一緒に撮り歩いてきた!

    宮川堤の桜〜伊勢河崎町を「FM三重アナウンサー」宮原えりかさんと一緒に撮り歩いてきた!

    こんにちは、写真家のYuto Nakaseです。

    今回は、なんとFM三重のパーソナリティをされている"宮原えりか"さんと伊勢市の宮川堤〜河崎町を撮り歩いてきたので、スポットと撮影テクニックを交えてご紹介していきます。

    #
  • 【一生忘れられない三重の景色!】第58回フォトコンテスト入賞作品をご紹介♪

    【一生忘れられない三重の景色!】第58回フォトコンテスト入賞作品をご紹介♪

    観光三重 第58回フォトコンテスト結果発表!!
    今回の応募総数はなんと497枚!
    前回よりも多く、過去最大級の応募数でした。
    このページでは、その中から選りすぐりの作品をご紹介していきます♪
    素敵な作品盛りだくさんなので...

    #
  • 三重県の展望台13選!デートやドライブにもピッタリです♪

    三重県の展望台13選!デートやドライブにもピッタリです♪

    鳥羽展望台や横山展望台などの海が見える展望台、工場夜景が見える垂坂公園の展望台など、三重県には展望台の名所がいっぱい!三重を4年間撮り続けてきた私がオススメする「三重の展望台」を20箇所、お教えします。

    #

季節おすすめ記事

  • 忍者とは?成り立ちや役割、忍者の種類を解説|三重県の忍者体験イベントも紹介!

    忍者とは?成り立ちや役割、忍者の種類を解説|三重県の忍者体験イベントも紹介!

    忍者といえば黒装束に身を包み、刀や手裏剣などを使って主君を守るために戦うというイメージが強いかもしれませんが、実際には極力戦うことを避けていました。では忍者とは一体どういう存在だったのでしょうか?今回は忍者とはどうい...

    #
  • 初心者からベテランまで楽しめる山遊び「鈴鹿セブンマウンテン」

    初心者からベテランまで楽しめる山遊び「鈴鹿セブンマウンテン」

    三重県の北勢地区にそびえる地元のシンボル「鈴鹿セブンマウンテン」!
    初心者でも気軽に挑戦出来る山から、ベテランこそやみつきになるリピーターが絶えない登山スポットです!
    春は花、夏は新緑、秋は紅葉、冬は樹氷、四季折々の...

    #
  • 新人職員はじめての取材 ~なばなの里イルミネーション編~(みえ旅カメラ部:第0話)

    新人職員はじめての取材 ~なばなの里イルミネーション編~(みえ旅カメラ部:第0話)

    はじめまして!カメラ部顧問の井上です。
    今回は、第0話ということで、カメラ部発足のきっかけとなった私の初めての取材を、前日譚として振り返りたいと思います。
    新人職員である私の目線から、笑いあり、涙あり(?)で楽しくお...

    #
ページトップ