取材レポート

知る人ぞ知る「秘湯」を求めて、「湯ノ口温泉」へ! トロッコ電車に乗って、レトロな温泉旅

掲載日:2019.01.30

交通の便が決して良いとはいえない山奥や大自然の中にひっそりと佇む「秘湯」。有名な温泉地にはない「特別感」を味わえるのが魅力です。熊野市にある「湯ノ口温泉」は、「三重の秘湯」と呼ぶにふさわしいスポット。レトロなトロッコ電車に乗って行くその場所には、「日本の原風景」ともいえるような景観が広がっていました!

湯ノ口温泉

交通の便が決して良いとはいえない山奥や大自然の中にひっそりと佇む「秘湯」。有名な温泉地にはない「特別感」を味わえるのが魅力です。

熊野市にある「湯ノ口温泉」は、「三重の秘湯」と呼ぶにふさわしいスポット。
レトロなトロッコ電車に乗って行くその場所には、「日本の原風景」ともいえるような景観が広がっていました!詳しくご紹介します!

湯ノ口温泉

「湯ノ口温泉」に行くにあたってまずやって来たのがこちら「入鹿温泉(いるかおんせん) ホテル瀞流荘(せいりゅうそう)」です。

三重県の県庁所在地、津から車で約2時間程かけて最寄りのIC「熊野尾鷲道路「熊野大泊IC」に到着。
そこからさらに車を走らせること約40分、奥熊野の大自然に囲まれたロケーションの中に「入鹿温泉 ホテル瀞流荘」はありました。

これから行く「湯ノ口温泉」には食事施設がなく、宿泊施設もバンガロー・コテージ・ロッジのみなので、「ホテルでのんびり過ごして食事も楽しみたい!」という方は「入鹿温泉 ホテル瀞流荘」に宿泊しつつ「湯ノ口温泉」に足を運んでみるのがおすすめです!

湯ノ口温泉

「湯ノ口温泉」に行く前に、本日宿泊予定の「瀞流荘」のお部屋をご紹介します。
こちらは2016年にリニューアルされた新館の「和洋室」。

ほっと落ち着く「和の心遣い」と、洗練された「洋の機能美」。二つの異なる文化が、ステキな空間をつくり出しています。

湯ノ口温泉

「和洋室」のほかには、大きなベッドで寛げる「洋室」、和風旅館の趣が楽しめる「和室」があり、好みに合わせて選択可能です。

湯ノ口温泉

ホテル内にある「入鹿温泉」は、あとのお楽しみに取っておいて、まずは、「湯ノ口温泉」へGO!!

「瀞流荘」から歩いてすぐのところに、「トロッコ電車駅」があります。

【トロッコ電車時刻表】
〈瀞流荘発〉8:50、9:55、11:15、13:00、14:30、16:00
〈湯ノ口温泉発〉9:30、10:55、12:35、14:10、15:40、17:10

【トロッコ電車料金】
〈片道〉大人280円、小人150円〈往復〉大人550円、小人280円
〈湯ノ口温泉入浴券付き往復券〉大人880円、小人440円

湯ノ口温泉

タイミングの良いことに、ちょうど「トロッコ電車」が出発するところ!

ここ、熊野市紀和町は、かつては「鉱山の町」として有名で、1200年以上も前から銅が採掘されていたとのこと。
この「トロッコ」は、その鉱山で実際に使われていたもの。そのレトロさに、まちの歴史を感じます。

湯ノ口温泉

背をかがめて、中に入ります。出発するまで、ドキドキ!

先頭車両に乗ることができました!前方の眺めを見られるのもうれしい。

湯ノ口温泉

体が揺れるくらいの「ガタゴト」を体感!

遊園地やレジャー施設では味わえないリアル感が、楽しいです!
約1km続く「元鉱山のトンネル」を進みます。

湯ノ口温泉

「トロッコ電車」の乗車時間は約10分、冒険気分を味わえて楽しかった〜!

「湯ノ口温泉駅」に到着すると、目の前には、まさに秘境といえる大自然の風景が広がります。
息をのむほど、見事なロケーション!

湯ノ口温泉

駅から歩くこと約2分、「湯ノ口温泉」に到着!
待ちに待った温泉を楽しみたいと思います!

湯ノ口温泉

高級な木材として生産される「熊野材」を使用した、こだわりの内装。

ゆったりとしたスペースのラウンジは、観光客だけでなく、地元民にも人気の「憩いの場」になっています。

湯ノ口温泉

念願の「湯ノ口温泉」の露天風呂に!

加水・加温一切なしの「源泉かけ流し」の温泉で、体はポカポカに!

ここに、日本人が大切にしてきた「温泉の本来の姿」がある気がします。
「寝湯」や「立湯」、「半身浴」といったさまざまな入浴方法で、温泉を楽しめます!

楽な姿勢でリラックスできる「寝湯」は、特におすすめ。体の芯から温まり、日頃の疲れが吹き飛びました!

湯ノ口温泉

温泉を楽しんだ後は、トロッコ電車の出発時間まで周辺散策。

「湯ノ口温泉」自体には宿泊できませんが、周辺には、バンガローやコテージがあり、1泊から利用することができます。

湯元山荘 湯ノ口温泉

住所
熊野市紀和町湯ノ口10
電話番号
0597-97-1126(湯元山荘 湯ノ口温泉)
公式URL
http://yunokuchi.com
営業時間
9:00~21:00(最終入場20:15まで)
休業日
不定休
料金
大人550円、小人280円
公共交通機関でのアクセス
JR「熊野市駅」から紀和町方面行きバス70分、小川口下車後トロッコ電車10分
車でのアクセス
熊野市から国道311号経由で約45分
湯ノ口温泉

「瀞流荘」から「湯ノ口温泉」へは、「レールマウンテンバイク」でも行くことができるんです!トロッコと同じルートで、トンネルの中を走り抜けるので、スリル満点!!

【レールマウンテンバイク時刻表】
〈瀞流荘発〉8:35、9:40、11:00、12:45、14:15、15:45
〈湯ノ口温泉発〉9:20、10:45、12:25、14:00、15:30、17:00

【レールマウンテンバイク料金】1組2,650円、ベンチシート(牽引車)1台650円(予約制。2名からの申し込み。原則として往復運行。)

レールマウンテンバイク

住所
熊野市紀和町小川口158
電話番号
05979-7-1180(入鹿温泉 ホテル瀞流荘)
公式URL
http://seiryusou.com
休業日
不定休
料金
ハイブリット車 1台 2名1組 2,650円
ベンチシート(牽引車)1台 650円
※予約制。2名様からの申込み
※原則として往復運行です
車でのアクセス
熊野大泊ICから車で約40分
湯ノ口温泉

「瀞流荘」に戻ると、夕食の時間。

レストラン「瀞蘭(せいらん)」では、地元の食材を生かした料理を味わえます。
もうお腹ペコペコ!

湯ノ口温泉

地元色が強いネーミングに惹かれ、「紀和味噌山海ラーメン」(800円/税込)を注文。

国産の米、大豆、塩だけを原料として、じっくり熟成した「紀和味噌」を使ったスープは、深みのある味わい。
魚介類や野菜もたっぷり入っていて、贅沢なラーメン!

湯ノ口温泉

「瀞流荘」に戻って、ホテル内にある「入鹿温泉」へ。
昔から良質な温泉として知られ、柔らかい肌触りのお湯がゆっくり心と体を癒してくれます。

湯ノ口温泉

山や川から吹き込む風が心地よい「露天風呂」。

「湯ノ口温泉」とは異なる視点で熊野の自然を感じることができ、これもまた至福の時間!

※2019年1月現在、「入鹿温泉」は、源泉ポンプの改良工事のため、「湯ノ口温泉」を利用しています。

湯ノ口温泉

清流「北山川」を展望できる「露天風呂からの眺め」も最高!
東紀州の自然の雄大さを改めて実感します。

また、北山川の河川敷では、毎年8月に「紀和の火祭り」という伝統行事が行われ、その様子を宿から眺めることができます。
火のついたたいまつを夜空に放ち、山々に花火の轟音が響き渡る大迫力のお祭りです!


紀和の火祭りの詳細はこちら!

湯ノ口温泉

「瀞流荘」の支配人、川村洋大さんは、この自然に魅了され、県外からの移住を決意されたとのこと。川村さんをはじめとして、すべてのスタッフさんが心の込もった応対をしてくださるホテルでした。ありがとうございました!

1度に2種類の温泉を楽しむことができた今回の旅。レトロな「トロッコ電車」に乗って行った「湯ノ口温泉」では、特別感のある癒しを味わい、「入鹿温泉」では、露天風呂から見える絶景にびっくり。この旅をきっかけに、まだまだ三重県民も知らない「東紀州エリア」の魅力を自分の足で見つけていきたいです!

入鹿温泉 ホテル瀞流荘

住所
熊野市紀和町小川口158
電話番号
0597-97-1180(入鹿温泉 ホテル瀞流荘)
公式URL
http://seiryusou.com
営業時間
(日帰り入浴)12:00~21:00(最終受付20:30)
(レストラン)昼11:00~14:30(LO14:00)、夜18:00~20:30(LO20:00)
(売店) 8:00~21:00
休業日
無休
料金
日帰り入浴:大人630円、65歳以上・障がい者520円、小人320円
公共交通機関でのアクセス
JR熊野市駅よりバス47分 JR新宮駅より車40分
車でのアクセス
国道42号に沿い、阿田和から風伝トンネルを経て板屋に至る。
カテゴリー
温泉 花・自然・絶景 宿・宿泊
エリア
東紀州

観光三重ピックアップ!

  • 最大半額!お得な「みえ旅プレミアム旅行券」スタート!詳細は記事へ!

    最大半額!お得な「みえ旅プレミアム旅行券」スタート!詳細は記事へ!

    2020.07
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 夏の花といえば…?やっぱりひまわり!

    夏の花といえば…?やっぱりひまわり!

    2020.06
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05
  • 夏といえば海水浴!7月から海開きも少しずつ始まっていますよ♪

    夏といえば海水浴!7月から海開きも少しずつ始まっていますよ♪

    2020.06

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

「みえ旅プレミアム旅行券」スタート!三重県民はもちろん、愛知・岐阜・大阪・奈良・和歌山在住者も対象です!
「みえ旅プレミアム旅行券」スタート!三重県民はもちろん、愛知・岐阜・大阪・奈良・和歌山在住者も対象です!
掲載日:2020.07.07
「みえ旅プレミアム旅行券」スタート!三重県民はもちろん、愛知・岐阜・大阪・奈良・和歌山在住者も対象です!

フォトコンテスト

雪解けて目を覚ましだす風景
雪解けて目を覚ましだす風景
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • 玉城町の「玄甲舎」は、 わびさびを感じる歴史的空間で注目の新スポット!2020年6月公開開始です!

    玉城町の「玄甲舎」は、 わびさびを感じる歴史的空間で注目の新スポット!2020年6月公開開始です!

    玉城町の指定文化財「玄甲舎(げんこうしゃ)」が、令和2年6月より一般公開を開始しました!
    江戸時代後期に田丸城主久野家の家老を務めた金森得水の茶室兼別邸で、風格を漂わす日本家屋の空間に、しみじみと心を落ち着けることがで...

    #
  • 植物×和歌!「万葉の里公園」へ日本の風情を感じる旅に出かけました!

    植物×和歌!「万葉の里公園」へ日本の風情を感じる旅に出かけました!

    いなべ市北勢町にある「万葉の里公園」は、現存する日本最古の和歌集「万葉集」にちなんだ約140種類もの植物が和歌とともに楽しめる公園。6月には、約3,000株のあじさいが見頃を迎え、色とりどりの花に癒されます!梅雨の時期にぴった...

    #
  • 多気町の里山に静かにたたずむ茅葺屋根の日本料理店。伊勢宮川の里 鄙茅(ひなかや)を訪ねてみました。【三重のお持ち帰りグルメ紹介レポート】

    多気町の里山に静かにたたずむ茅葺屋根の日本料理店。伊勢宮川の里 鄙茅(ひなかや)を訪ねてみました。【三重のお持ち帰りグルメ紹介レポート】

    三重県多気町の静かな里山にたたずむ茅葺屋根の日本料理店、伊勢宮川の里 鄙茅(ひなかや)。ミシュランガイド愛知・岐阜・三重2019特別版で1つ星獲得。今回は、伊勢宮川の里 鄙茅(ひなかや)のすり流しをご紹介いたします。

    #
ページトップ