• 観光三重トップ
  • 特集記事
  • 高田本山専修寺が国宝になりました!建築物としては三重県初。御朱印やアクセス情報も合わせ、魅力をたっぷりご紹介

取材レポート

高田本山専修寺が国宝になりました!建築物としては三重県初。御朱印やアクセス情報も合わせ、魅力をたっぷりご紹介

掲載日:2017.10.20
高田本山専修寺が国宝に!三重県内の建造物としては初!

このたび、三重県津市の高田本山専修寺(たかだほんざんせんじゅじ)の御影堂(みえいどう)と如来堂(にょらいどう)の2棟が国宝になりました!
(平成29年10月20日に開催された文化審議会にて、国宝に指定することを文部科学大臣に答申しました。その後、平成29年11月28日付、文部科学省告示第百七十六号により、国宝として指定されました。詳しくは、観光三重からのお知らせをご覧ください。)

文化庁の報道発表資料には、『高度な建築技術と卓越した装飾技術により壮麗な信仰の空間を創出しており、我が国を代表する近世寺院建築として極めて高い価値を有している。』と記されています。

建造物としては三重県初の国宝ということで、祝賀ムードいっぱいの高田本山専修寺の魅力をたっぷりと紹介します!

高田本山専修寺が国宝に!三重県内の建造物としては初!

高田本山 専修寺は、親鸞聖人の教えを受け継ぐ浄土真宗の十派のひとつ、全国に600以上ある真宗高田派の総本山です。正式には「真宗高田派本山 専修寺」といい、「高田本山」という愛称で親しまれています。

高田本山専修寺が国宝に!三重県内の建造物としては初!

場所は、三重県中部、津市一身田町の中心部に位置し、国の史跡となっている約3万坪の境内(東京ドームの約2倍!)に、国宝となる2棟の他にも国指定の重要文化財を11棟も擁する巨大寺院です。

高田本山専修寺が国宝に!三重県内の建造物としては初!

蓮寺としても有名で、見事な蓮池や、境内の各所にて様々な種類の蓮を楽しむことができます。
水面から凛としてそそり立ち、大輪の花を咲かせる高貴な姿は清らかさの象徴であり、心が洗われます。

高田本山専修寺が国宝に!三重県内の建造物としては初!

それでは、国宝となる木造建築物を詳しくご紹介します。

山門をくぐって正面にあるのが、国宝となる「御影堂(みえいどう)」。建立は寛文6年(1666年)です。
入母屋造・本瓦葺の落ち着いた純和様で高田本山専修寺の最大の建物であり、現存する江戸時代の寺院建築としては全国で5本の指に入る大きさ(桁行42.6m × 梁間36.6m)とのこと。
長野県の善光寺よりも大きいんですよ!

高田本山専修寺が国宝に!三重県内の建造物としては初!

「御影堂」の中へ入ると、780畳の畳敷きの空間が広がっており、金襴(きんらん)巻きの大きな柱や多彩な天井画などが荘厳な雰囲気を醸し出しています。

屋根を支える柱を効果的に配置し、大空間を確保すると同時に、多彩な装飾で壮麗な信仰空間をつくりだしています。

宗祖である親鸞聖人の木造が安置されているのは、金箔や極彩色の彫刻で飾られた華麗な意匠が特長の宮殿(くうでん)。その宮殿を中央に、歴代の上人の御影が両脇壇及び両余間に安置されています。
この宮殿と、建築当初に大棟(おおむね)に据えられていた「獅子口(ししぐち)」は、「附(つけたり)」として指定されます。

お堂の煌びやかさに圧倒! 時間の経つのを忘れるほどです。

高田本山専修寺が国宝に!三重県内の建造物としては初!

もう一つ、国宝となる「如来堂」は御影堂の西側にあり、阿弥陀如来像を祀るお堂です。建立は寛延元年(1748年)。

外観は、唐様の建物で桐紋の入った破風を持ち、美しい組物や、象・竜・獏など、中国の故事にもとづく多くの彫刻が見られる華麗な造りとなっています。
如来堂の大きさは、桁行25.7m × 梁間26.6m。御影堂よりも小さいのですが、高さを揃えることで、大きさの違いを感じさせないようになっています。

高田本山専修寺が国宝に!三重県内の建造物としては初!

注目していただきたいのはココ。軒裏の華麗な彫刻にはびっくり!ぜひ間近でご覧ください。

高田本山専修寺が国宝に!三重県内の建造物としては初!

「如来堂」のお堂の中は、精緻な彫刻が施された組物や欄間、金箔で華やかに装飾された荘厳な空間で、彫刻や金箔で装飾された黄金の「宮殿(くうでん)」が象徴的です。
御影堂とはまた異なった落ち着いた品格が、とても心地よく感じられました。

なお、如来堂を立てるために末寺や門信徒が資金を集めた当時の記録である「如来堂御建立録」と、上棟儀式時の供物の記録である「御本山阿弥陀堂御上棟儀式御餝物」という2つの古文書が、宮殿とともに附として指定されます。

ちなみに「御影堂」「如来堂」ともに拝観料は無料で、開門される6時00分から閉門される15時30分まではお堂の中にあがることができます。

高田本山専修寺が国宝に!三重県内の建造物としては初!

御影堂と如来堂は、高床の板張りで柱間が吹き抜けになっている「通天橋(つうてんきょう)」という廊下で結ばれています。
こちらは写真撮影スポットとしても人気で、特に夜の灯りがともされた光景はとても幻想的です。(お七夜期間のみ)

高田本山専修寺が国宝に!三重県内の建造物としては初!

なお、高田本山専修寺には建造物以外にも国宝に指定されている三帖和讃、西方指南抄の他、重要文化財が数多く所蔵されていますが、普段は一般公開されていないものも多くあります。

ただ年に数回、国指定重要文化財の一つ「御対面所(おたいめんしょ)」にて会席料理をいただき、他の非公開の重要文化財を特別拝観できるチャンスがあります。詳細については次のレポート記事をご覧ください。特別なひとときが堪能できることでしょう。

特別拝観のチャンス!非公開の重要文化財の広間で会席を味わえるプランが誕生。年に数回しか開催されないのでお見逃しなく!

高田本山専修寺が国宝に!三重県内の建造物としては初!

また、境内の四季折々の風情は趣深く魅力的。

春は桜や藤をはじめとした色彩鮮やかな花々を、夏は高田本山専修寺の象徴ともいえる蓮の花を、秋は銀杏やもみじの紅葉を、冬は雪景色を楽しめます。

高田本山専修寺が国宝に!三重県内の建造物としては初!

こちらの写真は、有名な女性カメラマン星野佑佳さんの作品。

御廟拝堂近くの小さな門から撮影された紅葉で、とても風情があります。

このようなインスタ映えするスポットが境内にたくさんあることも、高田本山専修寺の魅力の一つです。

高田本山専修寺が国宝に!三重県内の建造物としては初!

冬には、高田本山 専修寺の一大法要、親鸞聖人の報恩講を七昼夜に渡って営まれる「お七夜報恩講」が1月9日~16日までの期間行われ、冬の風物詩となっています。

「お七夜さん」と親しまれ、門前に広がる寺内町(じないちょう)には、露店が並び、毎年多くの人々が訪れます。

高田本山専修寺が国宝に!三重県内の建造物としては初!

「お七夜さん」の時期のみ、提灯に灯りがともされた境内を見ることができます。昼間とはまた違った奥ゆかしい雰囲気が楽しめますよ。

高田本山専修寺が国宝に!三重県内の建造物としては初!

そして忘れてはならないのが、御朱印。
参拝した印として、お寺の名前が記された御朱印を授かるのも楽しみのひとつ。山門から入って右側にある進納所にていただけるので、ぜひ立ち寄りましょう。

高田本山専修寺が国宝に!三重県内の建造物としては初!

御朱印は、力強くとても達筆で、身が引き締まりました。

なお進納所ではオリジナルの御朱印帳も豊富に用意されているので、お気に入りのものがきっと見つかることでしよう。

御朱印 1枚:300円 ※御朱印帳を購入された方は商品代に含まれます。

受付時間:9時00分~16時00分

高田本山専修寺が国宝に!三重県内の建造物としては初!

国宝とは、「重要文化財のうち世界文化の見地から価値の高いもので、たぐいない国民の宝たるもの」です。実際に拝観すると「たぐいない国民の宝」を五感で感じることができるので、ぜひ高田本山専修寺にお越しください。

また、記念のパネル展示が次のとおり行われるので、こちらにも足を運んでみてくださいね。

〇日時:平成29年10月21日(土)~11月26日(日)

〇場所:三重県総合博物館(MieMu)3階 学習交流スペース


【モデルコースのご案内】

○日帰りコース:国宝!高田本山専修寺を日帰りで巡る旅

○1泊2日コース(車):国宝!高田本山専修寺と、城跡を巡る1泊2日の歴史散策!

○1泊2日コース(公共交通機関):国宝!高田本山専修寺と伊勢神宮を公共交通機関で巡る1泊2日の旅


【お問い合わせ】

高田本山 専修寺

〒514-0114
三重県津市一身田町2819番地
電話:059-232-4171
FAX:059-232-1414
HP:公式サイト「高田本山専修寺」       

【交通アクセス】
・公共交通機関の場合
 JR「一身田駅」から徒歩5分
 近鉄「高田本山」駅から徒歩20分
 JR・近鉄津駅から「一身田」「三重病院」行きバス15分「本山前」下車すぐ

・車でのアクセス
 伊勢自動車道津ICから約15分
 伊勢自動車道芸濃ICから約15分
 駐車場 JR一身田駅近くに大駐車場(無料、バス可)有

 【拝観料】 無料

【周辺観光情報】

津市の観光スポット特集 三重県の県庁所在地で旅行を楽しもう!

三重県中南勢エリアの人気観光スポット特集!

カテゴリー
季節イベント 体験 花・自然・絶景
季節
春(3~5月) 夏(6~8月) 秋(9~11月) 冬(12~2月)
エリア
中南勢

PR

バナー広告について

観光三重ピックアップ!

  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピング、海水浴を一緒に楽しめる場所な...

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピング、海水浴を一緒に楽しめる場所な...

    2017.07
  • ホタルを観賞できる時期は今だけ!ホタル観賞スポットやホタルイベントをまとめて紹介します。<br />
<br />

    ホタルを観賞できる時期は今だけ!ホタル観賞スポットやホタルイベントをまとめて紹介します。

    2017.05
  • 子どもと一緒にお出かけ!ファミリーで遊んで楽しめる旅行スポットをまとめて紹介しちゃいます!

    子どもと一緒にお出かけ!ファミリーで遊んで楽しめる旅行スポットをまとめて紹介しちゃいます!

    2017.05
  • 日ごろの疲れを癒しに温泉へ行こう!リラックスできる三重県の人気日帰り温泉や天然温泉旅館を紹介

    日ごろの疲れを癒しに温泉へ行こう!リラックスできる三重県の人気日帰り温泉や天然温泉旅館を紹介

    2016.11
  • 三重県には「恋のパワースポット」がいっぱい!恋愛祈願に出かけましょう♡

    三重県には「恋のパワースポット」がいっぱい!恋愛祈願に出かけましょう♡

    2017.04

オフィシャルSNS

PR

取材レポート

海と山の大自然に囲まれた「南伊勢町」への旅!「おいないさキャンペーン2018夏」で、おいしい!楽しい!おトクな1泊2日!
海と山の大自然に囲まれた「南伊勢町」への旅!「おいないさキャンペーン2018夏」で、おいしい!楽しい!おトクな1泊2日!
掲載日:2018.06.14
海と山の大自然に囲まれた「南伊勢町」への旅!「おいないさキャンペーン2018夏」で、おいしい!楽しい!おトクな1泊2日!

フォトコンテスト

初日に舞う
初日に舞う
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • 三重県の道の駅を地図付きで掲載!お土産物や名物、温泉も 

    三重県の道の駅を地図付きで掲載!お土産物や名物、温泉も 

    三重県の特産品やおすすめのおみやげもの、名物メニューなどがある県内の道の駅をまとめてご紹介します。日帰り温泉が人気の「道の駅『飯高駅』」や、本物のウミガメが泳ぐ姿を見られる「紀宝町ウミガメ公園」など特色のある道の駅が...

    #
  • 三重県の花火大会特集 2018 スケジュール・開催場所など人気の花火大会を紹介

    三重県の花火大会特集 2018 スケジュール・開催場所など人気の花火大会を紹介

    大阪や愛知県・名古屋市からも一足伸ばして三重県の花火大会へぜひ!

    夏のおすすめ人気イベントと言えば花火!三重県の夏の夜空に咲き誇る花火大会の開催スケジュール、開催場所の2018年(平成30年)版をご紹介します。日本三大競技花火大会である伊勢神宮奉納全国花火大会や、広大な熊野灘に広がる三尺...

    #
  • 諸戸氏庭園と九華公園を散策して花菖蒲・青もみじを満喫。江戸・明治の賓客になった気分で、初夏の風情を楽しんできました!

    諸戸氏庭園と九華公園を散策して花菖蒲・青もみじを満喫。江戸・明治の賓客になった気分で、初夏の風情を楽しんできました!

    諸戸氏庭園の一般公開は6月10日まで!

    6月は花菖蒲(はなしょうぶ)の季節。三重県の城下町・桑名市にある「諸戸氏庭園」では、花菖蒲の季節に合わせて庭園を一般公開しています。歴史の賓客達も訪れた茶室や、青もみじも楽しめますよ。桑名城跡の「九華公園」に咲く花菖蒲...

    #

季節おすすめ記事

  • 海と山の大自然に囲まれた「南伊勢町」への旅!「おいないさキャンペーン2018夏」で、おいしい!楽しい!おトクな1泊2日!

    海と山の大自然に囲まれた「南伊勢町」への旅!「おいないさキャンペーン2018夏」で、おいしい!楽しい!おトクな1泊2日!

    PR新鮮な海の幸も!アクティビティも!甘~いスイーツも!魅力満載!

    伊勢神宮がある「伊勢市」の南隣に位置する「南伊勢町」。このまちの魅力は、なんといっても海と山の豊かな自然。抜群のロケーションで絶景を楽しむことができるこのまちを、おいしくおトクに楽しめる「おいないさキャンペーン」が、...

    #
  • 三重県のホタル観賞スポット&ホタルイベント特集2018 人気の場所や穴場スポット情報

    三重県のホタル観賞スポット&ホタルイベント特集2018 人気の場所や穴場スポット情報

    夜空に舞う幻想的なホタルを観賞できる時期は今だけ!
    オススメの三重県ホタル観賞スポットやホタルイベントをまとめて紹介します。
    自然豊かな三重ならではの人気スポットや穴場スポットで、蛍を楽しんでください!

    #
  • 飛雪の滝キャンプ場がリニューアルオープン!綺麗で清潔な新築コテージでの宿泊体験をレポートします(三重県紀宝町)

    飛雪の滝キャンプ場がリニューアルオープン!綺麗で清潔な新築コテージでの宿泊体験をレポートします(三重県紀宝町)

    東紀州の観光や熊野三山への参拝にも便利な、南牟婁郡紀宝町にある三重県最南端のキャンプ場「飛雪の滝キャンプ場」が4月にリニューアルオープン。早速、バリアフリーな新築コテージに宿泊してきました!緑の中の遊歩道で川遊びをした...

    #
ページトップ