取材レポート

あづり浜は海が綺麗な穴場ビーチ。隣接のカフェやキャンプ場、宿も紹介します

9,122ビュー

志摩市のあづり浜(阿津里浜)は透明度抜群の穴場ビーチ!カフェやキャンプ場、宿が隣接し、夕日や星空が綺麗な場所でもあるんです。そんなあづり浜の魅力を詳しく紹介します。

三重を撮る写真家「ふがまるちゃん」と相方の「ちゃむ」が三重をもっと好きになる情報をお届け。今回は「あづり浜(阿津里浜)」をテーマにした内容です。

▼目次

あづり浜とは?

あづり浜(阿津里浜)は志摩市志摩町越賀にある遠浅の白浜ビーチで夏は海水浴客で賑わいます。

ビーチの全長は約200mあり、波打ち際は海底が丸見えなほど透明度が高い海なんです。

ふがまる すぐ近くの御座白浜海水浴場が海水浴客でいっぱいでも、ここは比較的空いていることが多いのでまさに穴場!

あづり浜には「Cloud 1 Dining 縁 ~えにし~」というオシャレなカフェが隣接しているので、海を眺めながらランチも楽しめます。

ちゃむ 記事中盤でこのお店のランチメニューを紹介します♫

さらに、あづり浜から徒歩5分の距離には「志摩オートキャンプ場」があり、海辺でキャンプを楽しむことができますよ。

ここではバンガローにも泊まることができ、今流行りのグランピングも楽しめます。

まるでゴジラに見える無人島

浜の中央には雀島(すずめじま)という無人島があり、まるで怪獣ゴジラの横顔にも見えるシルエットなのが特徴です。

冬は雀島と夕日が重なる時期があり、ゴジラが夕日をパクっと咥えるような光景が見られることも!

この記事では、そんな「あづり浜」の魅力をたっぷりと解説します。

駐車場・アクセス方法

あづり浜の駐車場は海岸のすぐ近くにあり、公衆トイレが併設されています。

ここは無料で駐車できるのですが、停められる台数が約3台と少ないのでご注意を。

最寄りの有料駐車場については次で詳しく解説します。

海開きの時期・海の家について

あづり浜には海開きの日程はなく、自由に泳ぐことができます。

ただし、他の海水浴場と違って監視員がいなかったり、海の家がないのでご注意ください。

海水浴のあとにシャワーを利用したい方は最寄りの宿泊施設「志摩きらく荘」がオススメです。

ここはシーズン(7月〜8月)になると敷地内の駐車場を1日1台1,000円で利用でき、あづり浜まで徒歩1分とアクセス良好です。

駐車場内には更衣室や水シャワー設備があり、駐車場利用者は無料で利用できます。※温水シャワーは有料

志摩きらく荘にはバンガローに泊まることができ、ペットと泊まれるバンガローもあるんです。

BBQセットをレンタルできるので、キャンプさながらの楽しみ方もできますよ。

さらに、パラソルや浮き輪の貸し出しもあるので、海の家のような存在です。

あづり浜で海水浴を楽しみたい方は付近に路上駐車をせず、志摩きらく荘の駐車場を利用しましょう。

志摩きらく荘の宿泊料金は公式サイトをご覧ください。

Cloud 1 Dining 縁 ~えにし~(カフェ)

あづり浜には「Cloud 1 Dining 縁 ~えにし~」というカフェ(ダイニング)が隣接しており、ランチは11時〜15時(LO14時)に営業、定休日は水曜日となっています。

店内は木目調のインテリアで、オシャレで落ち着いた雰囲気です。※写真は2019年2月に撮影したもの

ここの特徴としては、地域の漁師さんや農家さんなどの生産者の顔が見える素材を使ったランチを楽しめることです。

「本日のランチ」と書かれた黒板には、生産者の素材を使ったメニューがズラリとあり、パスタやドリア、カレー、プレート料理などがありました。

ちゃむ 店名の「縁」には、「生産者とお客さんとの繋がり」という意味が込められているそうです♫

Cloud 1プレートランチ

私のオススメは本日のランチメニューの中にある「Cloud 1プレートランチ(1,400円)」です。

このメニューは地物の旬な食材を使った料理を堪能できるプレートなんです♫

※Cloud 1プレートランチは季節によって内容が変わります。写真は2019年2月に訪れた時のものです

どんな料理がプレートに乗っているかは「本日のCloud 1プレートランチ」の黒板を見ることで確認できます。

この日は鳥羽の名産「浦村牡蠣」を使った料理がラインナップにズラリとありました♫

訪れたのが2月上旬だったので、ちょうど牡蠣が旬のシーズンでした!

こちらがそのときに注文した本日の「Cloud 1プレートランチ」です。

丸いプレートに惣菜とご飯、味噌汁が盛られており、これで1,400円はお値段以上のボリューム感!

鳥羽産の浦村牡蠣を使ったキッシュやからあげ、牡蠣のオリーブオイル漬けがあるなど、牡蠣料理を心ゆくまで堪能できる内容でした♫

牡蠣のキッシュって初めて食べたのですが、牡蠣の旨味をたっぷりと感じられて美味しかったです。

店内からはあづり浜を一望できるので、ロケーションも素晴らしいものでした。

「Cloud 1 Dining 縁 ~えにし~」の最新の営業情報は公式Instagram公式Facebookで確認できます。

駐車場はお店の前にあり、20台駐車できますよ。

ご家族や友人、大切な人と一緒に、海を眺めながら美味しいランチをぜひ堪能してください♫

志摩オートキャンプ場

あづり浜から徒歩5分の距離には志摩オートキャンプ場があり、あづり浜を望める高台の立地でキャンプを楽しむことができます。

オートキャンプを楽しめるだけでなく、バンガローにも泊まることもできるので、気軽にアウトドア気分を満喫できます。

オートキャンプサイトの設備

志摩オートキャンプ場のオートキャンプサイトはA・B・Pの3サイトあり、それぞれの特徴は以下のとおりです。

・Aサイト(15区画):AC電源あり・ペットの同伴OK
・Bサイト(21区画):AC電源あり・ペットの同伴不可
・Pサイト(10区画):AC電源なし・ペットの同伴OK

ペット同伴OKなサイトがあるので、ワンちゃんとキャンプを楽しむことができますよ。

トラブル防止の為、ワンちゃんはリード着用が厳守となっています。

営業期間・予約方法

志摩オートキャンプ場は通年営業しており、ご予約は公式サイト、もしくはお電話(0599-85-6500)が窓口となっています。

臨時休業する場合があるそうなので、最新の営業情報は公式サイトをご覧ください。

※お電話は10時~17時の時間帯におかけください。

雀島に夕日が落ちる時期

雀島に夕日が落ちる時期は1月〜2月の冬シーズンとなります。

上記写真を撮影したのは2021年1月31日で、17時3分に夕日をパックンチョしてくれました。

撮影場所は「Cloud 1 Dining 縁 ~えにし~」のテラス付近です。

遠目で観察すると、ゴジラが火を噴いているような光景にも見えて面白いですよ。

ちゃむ 近くにいたお子さんが「あそこに怪獣がいるよ!」と驚いている様子が微笑ましかったです

周辺の観光スポット

ここからはあづり浜の周辺にある観光スポットをご紹介します。伊勢志摩旅行の計画にお役立てください。

御座白浜海水浴場

冒頭で少し紹介した御座白浜海水浴場は抜群の透明度を誇る志摩市のビーチです。

ここはあづり浜から車で約5分の距離にあり、海水浴シーズンは多くの人で賑わいます。

エメラルドグリーンに輝く透き通った海は息を飲む美しさ....三重県にこんな綺麗な海があるってご存知でしたか?

私は海開きシーズンになったら、御座白浜海水浴場とあづり浜へ行くのが定番コースです。

夏場は海に沈む夕日を眺められるので、とってもロマンチック♫

海の家や宿泊施設が充実しているので、1泊2日の日程ならゆっくりと海水浴を楽しめますよ。

御座白浜海水浴場の駐車場やキャンプ場を解説した記事はこちら↓

大王埼灯台

大王埼灯台は志摩市大王町にある白亜の灯台で、あづり浜から車で約20分の距離にあります。

この灯台は「日本の灯台50選」に認定された灯台で、中に入って見学することが出来るんです。

※上記写真は灯台周辺にある八幡さん公園から撮影

灯台内を見学できるだけでなく、最上部まで登ることができ、展望エリアは絶景のオーシャンビュースポット!

展望エリアから町方面を見渡すと、漁師町ならではの風情が広がっています。

灯台内部はミュージアムとなっており、大王埼灯台の歴史や構造を学べる資料が展示されていました。

灯台にある窓口にて参観寄付金300円を納めると、灯台内部を見学できますよ。見学時間は9時〜16時となっています。

灯台付近にある有料駐車場(300〜500円)を利用しましょう。

駐車場の場所はこちら(Googleマップが開きます)

ともやま公園

ともやま公園はリアス海岸の英虞湾を一望できる志摩市の公園で、あづり浜から車で約20分の距離にあります。

ここは三方が英虞湾に囲まれた立地なので、敷地内にある桐垣展望台からは英虞湾を間近で観賞することができます。

桐垣展望台は年間を通して夕日が見られる場所なので、あづり浜とその周辺スポットで観光を満喫したあとは、ここで夕日を眺めて帰路につくコースもオススメ。

駐車場は展望台のすぐ近くにあるので、肌寒いときは車内からでも観賞を楽しめますよ♫

ともやま公園のことがより詳しく分かる記事はこちら↓

いかがでしたでしょうか

あづり浜と周辺スポットの魅力をたっぷりとお届けしました。

私はまだ見たことがないのですが、ここから眺める星空はものすごく綺麗なんだそうです。

夏は天の川の撮影スポットとして、多くのカメラマンが訪れるのだとか。

星空観賞をする際は、最寄りの志摩きらく荘か志摩オートキャンプ場に泊まって、ゆっくりと楽しみたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ふがまるちゃん&ちゃむについて

ふがまるちゃん(左側)
三重を撮る写真家としてTwitterInstagramで活動中。2017年から地元三重の撮影を始め、2018年に著書「三重のええとこ写真集」を自費出版。三重県の写真を無料配布する三重フォトギャラリーを運営。三重の飲食店を中心に取材を行うサイト三重のええとこ巡りも運営中。所持カメラはEOS 6D・EOS RP。

ちゃむ(右側)
ふがまるちゃんの相方。ローアングル撮影を得意とし、独特の世界観で風景を切り撮る。ふがまるちゃんの撮影アシスタントとして2020年から共に行動し、風景写真のモデル役。TwitterInstagramで三重のええとこを発信中。所持カメラはα7iii。

リアン(犬)
2021年5月に家族入りしたパピヨン。猫じゃらしが大好きで、猫みたいな遊び方をする不思議な犬。三重県で犬と楽しめるスポットを満喫中。

これまでの記事
① 三重県の綺麗な海10選!海水浴やドライブ、観光などそれぞれにピッタリな海をご紹介します♪
② 三重県の展望台13選!デートやドライブにもピッタリです♪
③ 尾鷲の絶景!九鬼町を巡る旅。秘境「オハイ」や写真映えスポット、ゲストハウスを紹介します
④ かざはやの里の紫陽花(あじさい)を綺麗に撮るコツをご紹介!見頃や撮影ポイントも
⑤ 津市の美味しいケーキ・スイーツ店28選!人気メニューをお店ごとにご紹介!
⑥ 津ぎょうざの美味しいお店4選!津ぎょうざの定義や歴史も紹介します
⑦ 宮川堤の桜は圧巻の桜並木!駐車場やライトアップ、開花の時期を紹介

カテゴリー
食&グルメ 絶景&秘境 宿泊
季節
夏(6~8月)
エリア
伊勢志摩

PR

バナー広告について

観光三重ピックアップ!

  • 自然豊かな三重県で楽しい想い出をつくろう!

    自然豊かな三重県で楽しい想い出をつくろう!

    2022.07
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 三重県の花火大会特集【2022年版】スケジュール・開催場所など人気の花火大会を紹介

    三重県の花火大会特集【2022年版】スケジュール・開催場所など人気の花火大会を紹介

    2022.06
  • ひまわりが見頃です♪

    ひまわりが見頃です♪

    2022.07
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

現地レポあり!チームラボ「学ぶ!未来の遊園地」が三重県津市で開催中!展示の種類、チケットの購入方法やアクセス情報などを紹介します!
現地レポあり!チームラボ「学ぶ!未来の遊園地」が三重県津市で開催中!展示の種類、チケットの購入方法やアクセス情報などを紹介します!
掲載日:2022.08.03
現地レポあり!チームラボ「学ぶ!未来の遊園地」が三重県津市で開催中!展示の種類、チケットの購入方法やアクセス情報などを紹介します!

フォトコンテスト

いのち舞う
いのち舞う
  • 三重県のおすすめグランピング特集
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • 絶景を求めて鈴鹿セブンマウンテン「鎌ヶ岳」へ!よしお兄さんと共に登る!!

    絶景を求めて鈴鹿セブンマウンテン「鎌ヶ岳」へ!よしお兄さんと共に登る!!

    今回は鈴鹿セブンマウンテンの一つである「鎌ヶ岳」をよしお兄さんと一緒に登りながら、登山の魅力を紹介してきました!ASOBISIA初テレビ出演!!緊張しながらも、わきあいあいと楽しみながら登っている様子をご覧ください!

    #
  • 今年のテーマは日本の夏!「なばなの里サマーイルミネーション2022」の見どころや入場料を紹介します♪

    今年のテーマは日本の夏!「なばなの里サマーイルミネーション2022」の見どころや入場料を紹介します♪

    なばなの里にサマーイルミネーションがあることをご存じですか?

    3年目となる2022年のテーマは「天の川~日本の夏~」です。この記事ではなばなの里サマーイルミネーションならではの見どころや入場料、アクセス情報などをご紹介します♪

    #
  • 熊野灘一望!海と山、両方の景色を楽しめる東紀州の大烏帽子山を紹介

    熊野灘一望!海と山、両方の景色を楽しめる東紀州の大烏帽子山を紹介

    三重県南部 “東紀州” と呼ばれる地域は、一年を通して温暖な気候ということもあり冬場でも登山を楽しめる山が多くあります。

    また、海から近い山もあることから、海と山の景色 両方を味わうことができるのも この地域の特徴の一つ...

    #

季節おすすめ記事

  • 【2022年】ナガシマジャンボ海水プールの料金やスライダーを紹介します

    【2022年】ナガシマジャンボ海水プールの料金やスライダーを紹介します

    ナガシマジャンボ海水プールは世界最大級のウォーターパーク!多彩なスライダーとアトラクションプールでたっぷりと楽しめます♫この記事では人気のスライダーや料金を紹介します。

    #
  • 三重県でハマボウの花が観賞できるスポットをご紹介!

    三重県でハマボウの花が観賞できるスポットをご紹介!

    夏を彩るハマボウの花。レモンイエローの花はまるでハイビスカスのようであり、三重県の比較的温暖な海岸エリアに見られ、夏の到来を感じさせる花として愛されています。

    三重県のハマボウの名所をご紹介します!

    #
  • みんなで応援!みえで泊まって、もらってキャンペーン!スタート!

    みんなで応援!みえで泊まって、もらってキャンペーン!スタート!

    PR

    三重県内の対象施設で宿泊された方を対象に、抽選で旅行券が当たる「みんなで応援!みえで泊まって、もらってキャンペーン!」を実施中です!この機会に三重に泊まって、次回の旅行もお得に楽しみませんか?

    #
ページトップ