取材レポート

尾鷲の絶景!九鬼町を巡る旅。秘境「オハイ」や写真映えスポット、ゲストハウスを紹介します

掲載日:2021.05.11

尾鷲市九鬼町(おわせしくきちょう)は絶景の宝庫!なかでも九鬼町の山奥にある「オハイ」はNHKでも紹介された今注目の秘境です。そんな九鬼町をカメラ片手に巡ります!

記事作成:ふがまるちゃん&ちゃむ #みえ旅カメラ部
三重を撮る写真家「ふがまるちゃん」と相方の「ちゃむ」が三重をもっと好きになる情報をお届け。

ふがまるちゃん
尾鷲市九鬼町は、秘められた絶景と昔懐かしい雰囲気(ノスタルジー)が溢れる町。写真映えするポイントがたくさんあるんです。
ちゃむ
この記事では、尾鷲市九鬼町をカメラ片手に撮り歩きながらフォトスポットを詳しく解説!にゃんこがいるゲストハウスも紹介しますので、最後までぜひご覧ください。
九鬼町とは?

戦国最強の水軍とも呼ばれた九鬼水軍発祥の地。人口500人以下の港町であり、リアス海岸の地形に昔懐かしい漁村が広がる。

ふがまるちゃん
尾鷲市には、風情ある漁村の町並みが今でも多数残っています。中でも、九鬼町は海の美しさがピカイチなんです。
ちゃむ
絶景穴場スポットとして東海じゃらん6月号(2021年5月1日発売号)で九鬼町が紹介されました。今、東海地方で大注目の場所かもしれませんね。
おすすめの撮影場所

九鬼町内で写真映えする場所を厳選してご紹介。現地へ行かれる際は、下記の撮影の心得に必ず目を通してくださいね。

撮影の心得

九鬼町は、観光地ではなく人々が暮らす町です。そこをしっかりと意識した上で、モラルに欠けた行動を取らないように心がけましょう。

朝は、漁師さんや搬入の車が堤防沿いを行き交いします。大人数で行動して道を塞いだり、通行の妨げになるような路上駐車や行動は絶対にやめましょう。

①九鬼コミュニティーセンター周辺

九鬼コミュニティーセンターを少し越えた先の堤防沿いには、多数の船が停泊しています。船×海を撮る場合はここがオススメです。

堤防の各所には、船へ降りる階段があります。ここからカメラを水面ギリギリのローアングルで撮影してみると....

船を見上げるような写真を撮れました。こういう写真を撮れるのは九鬼町ならでは。

ちゃむ
この写真は、波が迫ってきた瞬間を撮影しました。海から顔を出した魚って、こんな光景を見ているのかな〜って考えると、何だか楽しくなりませんか?

ふがまるちゃん
この写真は、石段からしゃがんで撮影しました。相方は、身体が柔らかいので水面ギリギリのローアングル写真を撮れるのですが、私は身体が硬いので無理でした笑
②網干場-ABABA-

九鬼町で唯一のカフェである網干場(あばば)。2021年4月からはカフェになりました。

ふがまるちゃん
まるで潜水艦のような小窓のお店。店前を歩くと、一昔前にタイムスリップしたような光景が撮れます。

飲食メニューにはカレーやパスタ、コーヒーなどがあります。詳しい営業情報は公式Facebookページをご覧ください。

③路地

九鬼町の町中は迷路のような路地があちこちにあります。

車が通れない道幅なので自転車が玄関口に置いてある光景が見られます。

ちゃむ
可愛いにゃんこに遭遇。玄関先で日向ぼっこの光景をパシャリ。
ふがまるちゃん
九鬼町の路地を歩くと、住宅の窓の隙間からテレビやラジオの音が聞こえてきます。昭和の風情あふれる光景に心癒されました。
④若宮八幡神社(わかみやはちまんじんじゃ)

高台にある神社。参道には赤い鳥居があり、樹齢300年以上と言われる大楠が立ちます。

ふがまるちゃん
境内からは九鬼町の町並みと海を見渡すことが出来るんです。迷路のような路地で迷子にならないように、神社への行き方を下記で解説します。
若宮八幡神社への行き方

タイルで覆われた建物「九鬼漁港共同組合」の先にある角を左へ曲がります

少し進むと二手に分かれる道があり、左側へ進みます。

今度は二手に分かれる階段が見えてきます。

左側が真巌寺(しんがんじ)の階段、右側が若宮八幡神社へ続く階段になります。

赤い鳥居に到着。中央奥に見える木が樹齢300年以上と言われる大楠です。

神社に到着。建物が海を囲むように広がる光景を一望できます。

ふがまるちゃん
海×瓦屋根の町並み。まるで広島の尾道を想像させるような風情です。
⑤真巌寺

真巌寺(しんがんじ)は九鬼町で唯一のお寺。前述した若宮八幡神社の隣にあります。

ふがまるちゃん
境内の門がお気に入りのビューポイント。門×階段×町並みの構図がとても絵になります。
⑥九木神社

九木神社(くきじんじゃ)は、菅原道真を祀る神社。境内にはクスノキ、ホルトノキ、タブノキ、スダジイ、オガタマノキなどの緑豊かな樹叢(じゅそう)が広がり、天然記念物に指定されています。

ふがまるちゃん
天然記念物の木々が密集する境内は生命力が漲るパワースポットでした。

九鬼神社は、集落からほんの少し離れた場所にあり、九鬼漁港を越えてすぐのところに参道の鳥居があります。

参道の階段を登って、振り返ったときの景色が最高に綺麗なんです!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【公式】観光三重(三重県観光連盟)(@kankomie)がシェアした投稿

※私はまだ撮影出来ていないので、観光三重instagramのリポスト写真をご紹介させて頂きました。

⑦九鬼漁港の周辺

ふがまるちゃん
九鬼漁港を背景に、停泊する船を撮影しました。九木神社の鳥居周辺からこの光景を眺めることが出来ます。

ふがまるちゃん
九鬼漁港の入口周辺で撮影。ここは、船が停泊していないことが多く、透き通った海を大きく写すことが出来ます。

※九鬼漁港は関係者しか立ち入り出来ないので漁港内には入らないようにしましょう

⑧オハイ

オハイは、断崖絶壁の秘境。九鬼町の山奥にあり、エメラルドブルーに輝く海を眺めることが出来ます。

ふがまるちゃん
オハイは片道1時間〜1時間半の登山で行ける秘境。登山道が整備されているので登山初心者でもハイキング間隔で楽しめます♫ オハイ登山の心得を下記にまとめました。
オハイ登山の心得

  • 道中はトイレがなく、往復で約3時間の登山になります。トイレは事前に済ますのがベスト
  • 案内標識や木の枝についた赤いテープが行き先の目印になりますので、見落とさないように
  • 日が暮れるまでに下山しましょう。目安は8時〜10時スタート、15時までに下山です
  • 真夏は虫よけスプレーを必ず持参。アブに付きまとわれることがあります※経験談
  • 整備された登山道なので、スニーカーなどの歩きやすい靴がオススメ
  • 水分は往復分を考慮して持っていきましょう。坂道が多いので汗っかきの方は2リットル分がオススメ
オハイへの行き方

私が参考にした尾鷲市のサイトをご紹介します。

TEKUTEKU OWASE旅 -オハイ編-

撮影スポットの地図

これまで紹介した①〜⑧のスポットの場所をGoogle Mapsで公開しました。赤色のカメラマークのピンをクリックすると、その場所の名前と写真が吹き出しで出現します。

ゲストハウス 縁場 せいじら に泊まってまったり九鬼散策

九鬼町には、尾鷲市のなかでも特にお安く泊まれる宿泊施設「縁場 せいじら」があります。

1人の宿泊料金は平日3000円、休日3500円と破格の安さ!

縁場せいじらを取材しましたので、次のページで解説します。

揉みほぐしとゲストハウス「縁場 せいじら」

「田舎にある宿×居心地の良さ」を追求したゲストハウス。平日は1泊3000円、土日祝前日は1泊3500円と破格の値段で宿泊できます。※素泊まりプランのみなので食事は提供されません。

ふがまるちゃん
Twitterで以前から交流があった縁場せいじらのオーナーさん@nonhoi_buchoから取材許可を頂いて、建物内を撮影しました。ノスタルジーあふれる素敵なゲストハウスです。
看板猫がお出迎え

ちゃむ
中に入ってすぐ、2匹のにゃんこにお出迎え頂きました。黒い猫がジジ、キジトラの猫がキキ。名前の由来は某ジブリ作品からきているようです。
ふがまるちゃん
とても人懐っこく、出会ってすぐに寄ってきたのが可愛かったです。
1階 共有スペース

1階は共有スペースになっており、宿泊者が自由に出入り出来ます。

キッチンスペースがあり、ガスコンロは2台完備。最寄りのスーパー・コンビニで食材を買いだして、ここで調理することが出来ます。

※最寄りのスーパーは主婦の店 セントラルマーケット、コンビニはおわせ南インター店ですので、九鬼町へ入る前に買い物を済ませておきましょう。

大広間でゆったりと足を伸ばして寛げます。

ふがまるちゃん
ゲストハウスは、共有スペースで色んな人と交流できるのが楽しいポイント。私は、ゲストハウスを利用しての宿泊を何度も経験しているのですが、1階の共有スペースがここまで広々としてゆったりと寛げる場所は初めてでした。
リラクゼーション

縁場せいじらはゲストハウス営業だけでなく、揉みほぐし(リラクゼーション)も行っております。

施術料金は全身揉みほぐし60分コースで3000円。

ちゃむ
60分3000円はものすごく安くてビックリ!にゃんこと触れ合い、ゲストハウスで宿泊しながらマッサージも受けられるのは最高の癒やしです…
2階 宿泊部屋

2階には2人部屋が3つ、4人部屋が1つあり、全て和室になります。※写真は2人部屋。

ちゃむ
畳がある部屋ってすごく落ち着きます。まるでおばあちゃんの家に遊びに来たみたいです。

ふがまるちゃん
2階の廊下は1人が通れるほどのスペースしかありませんが、それがまたいい味を出しています。
お風呂場

お風呂・トイレは1階の共有スペースにあり、宿泊者同士での共同利用となります。

ふがまるちゃん
天然温泉に浸かりたい方は尾鷲市向井にある夢古道おわせもオススメです。
縁場 せいじら の営業情報

  • 宿泊料金:1人1泊3000円、土日祝前日3500円
  • 幼児の宿泊料金:500円(布団なし)※0〜3歳未満
  • 子供の宿泊料金:布団なし1500円、布団あり2000円※3歳〜小学生
  • 日中お風呂キッチン利用:1000円※宿泊なしで10時〜15時の間、共有スペース利用される場合の料金
  • チェックイン:15時~22時
  • チェックアウト:10時(客室の退室)※チェックアウト後も1階共有スペースの利用可能
  • 住所:〒519-3701 三重県尾鷲市九鬼町36
宿泊のご予約は直接お電話(080-2080-3080)がオススメです。公式ホームページはこちら

九鬼町の駐車場・アクセス方法

JR紀勢本線「九鬼駅」の駅ホームの裏手に観光客用の臨時駐車場があり、10台ほど停めることができます。

オハイまで登山される方や九鬼町内を観光される方はこの駐車場を利用しましょう。

駐車場の地図はこちら ※Google Mapsが開きます

ゲストハウス 縁場せいじらへ宿泊される場合、駐車場の場所はゲストハウス  縁場せいじら(080-2080-3080)へ直接お問い合わせください。

公衆トイレは九鬼駅を出てすぐのところにあります。それ以外ですと、駅からは少し離れますが、九鬼コミュニティセンターでも声をかければ貸していただけます。

最後までお読み頂きありがとうございました
ふがまるちゃん
漁師町の懐かしい風情があり、海の絶景も見られる町「九鬼町」。忙しい日常から離れたいとき、まったりした時間が流れる九鬼町を散策して癒やされてみませんか?
ちゃむ
九鬼町の海の青さと透明度の高さに感動しました。ゲストハウスでにゃんこと触れ合えたのも楽しいひとときでした。
ふがまるちゃん&ちゃむについて

ふがまるちゃん(左側)
三重を撮る写真家としてTwitterInstagramで活動中。2017年から地元三重の撮影を始め、2018年に著書「三重のええとこ写真集」を自費出版。三重県の写真を無料配布する三重フォトギャラリーを運営。三重の飲食店を中心に取材を行うサイト三重のええとこ巡りも運営中。所持カメラはEOS 6D・EOS RP。

ちゃむ(右側)
ふがまるちゃんの相方。ローアングル撮影を得意とし、独特の世界観で風景を切り撮る。ふがまるちゃんの撮影アシスタントとして2020年から共に行動し、風景写真のモデル役。Twitterinstagramで三重のええとこを発信中。所持カメラはα7iii。

前回の記事
三重県の展望台13選!デートやドライブにもピッタリです♪

このページを見ている人はこのページも見ています

AIによるあなたへのおすすめページ