• 観光三重トップ
  • 特集記事
  • 絶景プロデューサー詩歩さんが熊野古道伊勢路や便石山象の背、グランピング施設など東紀州の絶景に出会う旅!【前編】
取材レポート

絶景プロデューサー詩歩さんが熊野古道伊勢路や便石山象の背、グランピング施設など東紀州の絶景に出会う旅!【前編】

7,710ビュー

熊野古道伊勢路をはじめとする世界遺産、海山川の豊かな自然、熊野灘がもたらす海の幸など、魅力盛りだくさんな東紀州地域。今回は、絶景プロデューサー詩歩さんが1泊2日で東紀州を旅します!前編となる1日目は、世界遺産熊野古道伊勢路 馬越峠や標高約600メートルの巨大な岩がせり出す絶景スポット「象の背」から、オーシャンビューの「シーサイドテラス・グランピングドーム熊野灘」まで、様々な絶景スポットを巡ります。詩歩さんと東紀州を堪能しましょう♪

東紀州の絶景!「象の背」

「詩歩」さんは、世界の絶景を紹介するFacebookページ「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」の運営をきっかけに、昨今の”絶景”ブームの火付け役となった方。現在SNSの総フォロワー数は100万人以上、書籍はアジアなどの海外でも出版され、発行部数は累計63万部を突破。日本のみならず世界でも多くの方に知られています。

詩歩さんのYouTubeチャンネル・詩歩の絶景vlogでも、今回の旅の様子が公開されています!YouTube映像は記事の下部にありますので、併せてお楽しみください♪

(参考)後編の記事【ツエノ峰の雲海、世界遺産鬼ヶ城、熊野の青の洞窟(ガマの口)などなど、絶景スポットを巡る記事はこちら】

■目次

1.「おわせお魚いちばおとと」で海鮮丼を堪能

東紀州の絶景!「象の背」

「おわせお魚いちばおとと」は、地元の尾鷲漁港で水揚げされたお魚や地物野菜を使用したメニューが売りの尾鷲グルメを堪能できる食堂です。名物の海鮮丼のほか、お刺身や煮魚、炊き込みご飯にカレーまで、メニューの種類が大変豊富。どれを食べようか?と、迷ってしまいます。お盆を持ってカウンターに並び、好みのお惣菜をとって、どんぶりはレジで注文します。

東紀州の絶景!「象の背」

詩歩さんが注文したのは「地魚どんDX」(税込1230円)。その日おすすめの地魚と、本マグロが入った贅沢などんぶりです。今回のおすすめ地魚は、ビンチョウマグロ、太刀魚、赤カマス、ヤイトカツオ。新鮮なお魚を一度で何種類も味わえるのが良いですね。
さらに、ホタテとエビが入った「茶碗蒸し」(税込250円)と「地ものあおさのみそ汁」(税込60円)も、どんぶりと一緒にチョイスしました。まさに海鮮づくし!

東紀州の絶景!「象の背」

詩歩さん「美味しそう~!いただきます!」

地魚どんDXを食べた詩歩さん。「新鮮で美味しい!それに、お刺身1枚1枚の厚みが凄い。ボリューム感があって良いですね!」とのこと。さらに「茶碗蒸しは出汁が利いてて美味しいです。みそ汁に入っているあおさの香りも抜群!」と、大満足のご様子でした。

東紀州の絶景!「象の背」

「牛乳が大好きで、旅先ではご当地牛乳を買って飲んでいます!」という詩歩さん。おわせお魚いちばおとと内の地場産品コーナーにて販売されている「大内山牛乳」をゲット!

詩歩さん「コクもありつつ、後味は爽やか。美味しいです!」

地魚どんDXと大内山牛乳でエネルギーチャージして、次の目的地へと向かいます!

おわせお魚いちば おとと

住所
尾鷲市古戸野町2-10
電話番号
0597-23-2100(おわせお魚いちば おとと)
公式URL
http://e-ototo.jp/
営業時間
10:00~18:00(店舗)
11:00~14:00(食堂)
休業日
無休
公共交通機関でのアクセス
紀勢本線『尾鷲駅』下車、徒歩10分
南紀特急バス『尾鷲総合病院前』停留所下車、徒歩0分
車でのアクセス
紀勢道『尾鷲北IC』より車で5分

2.世界遺産熊野古道伊勢路 馬越峠を歩く


熊野古道伊勢路 馬越峠登り口に到着しました!2004年に「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として世界遺産に登録された熊野古道は、伊勢神宮と熊野三山と呼ばれる「熊野本宮大社」「熊野速玉大社」「熊野那智大社」とを結ぶ道で、今回詩歩さんが歩く馬越峠は、美しい石畳と尾鷲ヒノキの林が続く、絶景スポットです。

東紀州の絶景!「象の背」

重厚な自然石が折り重なるように敷き詰められた石畳は、日本でもトップクラスの雨量を誇る尾鷲の雨から道が崩れないよう守ってきました。

東紀州の絶景!「象の背」

木漏れ日がキラキラと石畳に降り注いでいます。「綺麗~!」と詩歩さん。美しい景色を写真に収めていました。

馬越峠(熊野古道伊勢路)

住所
北牟婁郡紀北町~尾鷲市
電話番号
0597-89-6172(東紀州地域振興公社)
公共交通機関でのアクセス
【スタート地点の道の駅 海山まで】
・JR紀勢本線「相賀駅」から徒歩で約30分
・JR紀勢本線「尾鷲駅」からバスで「鷲毛」下車・徒歩で約10分
車でのアクセス
・紀勢自動車道「海山IC」から国道42号経由車で約5分
東紀州の絶景!「象の背」

馬越峠頂上からひたすら登り道を歩き、便石山へ向かいます。澄んだ空気や美しい景色を楽しむ詩歩さん。「歩いていて気持ちいいですね!」とのこと。


便石山の目印を発見!頂上まであと5分ほどです。

東紀州の絶景!「象の背」

馬越峠登り口から合計3時間ほど歩き続けて、ついに便石山頂上に到着!

詩歩さん「急な上り坂もあってなかなか大変でしたが、登ると達成感があります!」

3.絶景スポット!便石山象の背

東紀州の絶景!「象の背」

便石山頂上から象の背はすぐそこ。いよいよ、絶景スポット目前です!

詩歩さん「ワクワクします!」

東紀州の絶景!「象の背」

象の背に到着!巨大な岩が山からせり出て、まさに象の背のように見えます。約600mの高さから足元の景色を見下ろすと…

東紀州の絶景!「象の背」

すばらしい絶景!目の前にあるのは天狗倉山(てんぐらさん)、奥には熊野灘が広がっています。眼下の景色や澄み渡った空を見ていると、清々しい気持ちになれますよね。

便石山

住所
北牟婁郡紀北町 
電話番号
0597-46-3555((一社)紀北町観光協会)
公式URL
http://www.kihoku-kanko.com/

4.シーサイドテラス・グランピングドーム熊野灘で贅沢グランピング♪

東紀州の絶景!「象の背」

本日宿泊する「シーサイドテラス・グランピングドーム熊野灘」に到着。こちらは孫太郎オートキャンプ場内にある、2棟限定のグランピングドームで、2021年10月にオープン!ドーム型テントには純国産の部材が使用されていて、大雨や突風にもしっかり耐えられる造りになっているそうです。安心ですね!

すぐそばには熊野灘が広がっており、まさに絶景グランピング!

東紀州の絶景!「象の背」

波音に耳を澄ませながら、テントサイトからの海の景色を写真に収める詩歩さん。「波音や、近くの木々が揺れる音が気持ちいいです。自然を感じられて癒されますね。」とのこと。

東紀州の絶景!「象の背」

ドーム型テントは4名まで宿泊可能(3名以上の場合はソファーベッドを使用)。エアコン完備で季節問わず快適に過ごすことができます!そのほか、フリーサイズのパジャマや電源コンセント、冷蔵庫、電子レンジ、電気ケトル、コーヒーメーカーもあり、至れり尽くせり。そのテント専用のトイレ・シャワールームも併設されており、クレンジングオイル、化粧水、乳液、ドライヤー、歯ブラシ、シャンプー類、タオル類が備え付けられています。手ぶらで来ることができるので良いですね!

東紀州の絶景!「象の背」

夕食は、地元の食材にこだわったBBQ。国産熊野牛モモのステーキや、伊勢の国健康豚ロースステーキ、伊勢鶏モモ、さざえ、赤えび、大あさり、伊勢海老のスープなど、厳選された地元食材をいただくことができます!とっても贅沢ですね~!

東紀州の絶景!「象の背」

BBQグリルを使用できるので、火おこしの手間がかからず、簡単に調理することができます。

東紀州の絶景!「象の背」

詩歩さん「今日はたくさん歩いたのでお腹ぺこぺこです!」

お肉料理に目がないという詩歩さん、国産熊野牛モモのステーキを食べた感想は…

「………っおいしい!!!ジューシーです!」

東紀州の絶景!「象の背」

お米は三重の伊賀米を使用。釜で炊き上げ!「お米が立っている!甘みがあって美味しいです。」と詩歩さん、お米の味にも感動!

東紀州の絶景!「象の背」

詩歩さん「BBQ美味しかった~。明日も楽しみです!」

孫太郎オートキャンプ場

住所
北牟婁郡紀北町東長島
電話番号
0597-47-5371(MAC孫太郎オートキャンプ場)
公式URL
http://magotarou.com
休業日
無休
料金
ホームページの「ご利用料金について」でご確認ください。
※IN予約になっています。
公共交通機関でのアクセス
JR紀伊長島駅から車で10分
車でのアクセス
紀勢自動車道・紀伊長島ICから車で10分

旅の2日目となる後編は、ツエノ峰の雲海や、鬼ヶ城、海上遊覧での絶景スポット巡りなど、盛りだくさんな内容となっています。こちらをご覧ください♪

詩歩さんのYouTubeチャンネルでも、東紀州旅の様子が公開されています!



【動画を見て東紀州に行きたくなったら!】
行きたい場所を選んでブレンドするだけ!あなただけの旅の計画が立てられます。
https://visit.jorudan.co.jp/trip/tripblender/kumanokodoiseji/

【熊野古道の自然や文化をもっと楽しもう!】
熊野古道を行き交う旅人の安全を祈り新たな出逢いを求めて、熊野古道伊勢路や東紀州地域にゆかりのある伝説の8キャラクターがARで甦りました。東紀州八英傑との素敵な旅をお楽しみください。
https://ar8eiketsu.higashikishu.org/

【三重県東紀州の情報はこちらから!】
https://kumanokodo-iseji.jp/

記事制作:MSLP

カテゴリー
花&自然&公園 絶景&秘境 宿泊
季節
オールシーズン
エリア
東紀州

PR

バナー広告について

観光三重ピックアップ!

  • 自然豊かな三重県で楽しい想い出をつくろう!

    自然豊かな三重県で楽しい想い出をつくろう!

    2022.07
  • おかげ横丁グルメ・お土産44選!人気のものから穴場まで詳しく紹介します【2022年】<br />

    おかげ横丁グルメ・お土産44選!人気のものから穴場まで詳しく紹介します【2022年】

    2022.09
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 「秋の桜」コスモス特集♪<br />
9月から10月にかけて楽しめるコスモスの名所をご紹介します♪<br />

    「秋の桜」コスモス特集♪
    9月から10月にかけて楽しめるコスモスの名所をご紹介します♪

    2020.09
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

1日1組限定!NEMU RESORT(ネムリゾート) 親子で伊勢志摩に泊まっておしごとを体験しよう!
1日1組限定!NEMU RESORT(ネムリゾート) 親子で伊勢志摩に泊まっておしごとを体験しよう!
掲載日:2022.10.05
1日1組限定!NEMU RESORT(ネムリゾート) 親子で伊勢志摩に泊まっておしごとを体験しよう!

フォトコンテスト

夏をめざして
夏をめざして
  • 三重県のおすすめグランピング特集
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • 1日1組限定!NEMU RESORT(ネムリゾート) 親子で伊勢志摩に泊まっておしごとを体験しよう!

    1日1組限定!NEMU RESORT(ネムリゾート) 親子で伊勢志摩に泊まっておしごとを体験しよう!

    2022年10月1日からNEMU RESORTでお子様におすすめの宿泊プランが販売中!
    三重県「みえ食の”人財”育成プラットフォーム」の事業の一環として、NEMU RESORTと三重大学教育学部がコラボして誕生しました!
    今回は、プラン内容を考え...

    #
  • みんなで応援!みえで使って、もらってキャンペーン!第2弾スタート!

    みんなで応援!みえで使って、もらってキャンペーン!第2弾スタート!

    PR

    三重県内の本キャンペーン参画店舗で3,000円以上購入された方を対象に、抽選で旅行券・みえ自慢の特産品が当たる「みんなで応援!みえで使って、もらってキャンペーン!第2弾」を実施中です!この機会に三重でのお買い物をお楽しみく...

    #
  • 天空のポストとは?見所や料金、アクセス方法を紹介します

    天空のポストとは?見所や料金、アクセス方法を紹介します

    天空のポストは伊勢志摩スカイラインの山頂広場にあるポストで、インスタ映えスポットとして大人気!話題の「ほうき」の貸し出し場所や料金、アクセス方法を紹介します。

    #

季節おすすめ記事

  • 熊野市の『ポケふた』はどこにある?設置場所や駐車場、アクセス情報、周辺のおすすめスポットを紹介します!

    熊野市の『ポケふた』はどこにある?設置場所や駐車場、アクセス情報、周辺のおすすめスポットを紹介します!

    この記事では、三重県四日市市に設置されている『ポケふた』の設置場所や駐車場、アクセス情報、周辺のおすすめスポットなどを紹介します!

    #
  • 東海道関宿を散策。江戸の宿場町をたどる観光コースを紹介します

    東海道関宿を散策。江戸の宿場町をたどる観光コースを紹介します

    歴史的建物の並ぶ江戸時代の宿場町を散策してみませんか?

    江戸時代の宿場町「関宿」。東海道五十三次で江戸から数えて47番目にあたり、お伊勢参りの人々等で賑わったこの宿場町は、今も歴史的な建物が立ち並んでいます。アクセス・人気スポットやボランティアの街歩きガイドなど、詳しくご紹...

    #
  • 赤福の限定餅「朔日餅」とは?購入・予約方法や月ごとのお餅を紹介します。

    赤福の限定餅「朔日餅」とは?購入・予約方法や月ごとのお餅を紹介します。

    三重県の定番土産「赤福」で毎月1日しか販売されていない「朔日餅」の購入・予約方法、朔日餅の種類、人気の朔日餅などを紹介します。

    #
ページトップ