取材レポート

絶景!パールロードを通って、鳥羽駅から鳥羽展望台までヒルクライム!

掲載日:2022.03.07

パールロードとは、日本の道50選にも選ばれている、鳥羽市と志摩市を結ぶ全長23.8kmのドライブウェイ。
今回はそのパールロードを通って、鳥羽駅から鳥羽展望台までロードバイクで登ってきました。鳥羽展望台はもちろん、途中のパールロードからも絶景が楽しめます!
そして三重県鳥羽市と言ったら、牡蠣。誘惑の多いドライブウェイでした!

◆記事作成:なちゃぽ #みえ旅カメラ部

三重県公式PRアンバサダーのなちゃぽです。本職である看護師の傍ら、趣味のロードバイクで三重県の色んな場所へ行き、Instagram紹介しています。


▼目次

  1. 今回紹介するコースの概要〜はじめに〜
  2. 出発・終着地
  3. ザ・貝屋でぷりぷりの牡蠣を堪能♪
  4. インスタ映え!ハートTOBAモニュメント
  5. 見どころたくさん!国道42号沿いをサイクリング♪
  6. パールロードの入り口〜麻生の浦大橋〜
  7. 空と海の大パノラマ〜鳥羽展望台〜
  8. おわりに

今回紹介するコースの概要~はじめに~

皆さん、初めまして。三重県PRアンバサダーのなちゃぽです。今回は「みえ旅カメラ部」の特派員として私の大好きな鳥羽エリアを紹介したいと思います!

絶景ドライブウェイ「パールロード」を通って、ロードバイクで鳥羽駅から鳥羽展望台まで走ってきました。


【走行概要】

走行距離:35.2km
獲得標高:750m
最高勾配:14.6%
立ち寄ったお店:ザ・貝屋、海鮮カフェ はねやすめ
始発・終着地:鳥羽駅
走行時間:2時間20分

出発・終着地


今回は鳥羽駅から出発ということで、鳥羽駅のすぐ目の前にある立体駐車場を利用しました。


【鳥羽駅西駐車場】

住所:鳥羽市鳥羽1丁目308−1
駐車料金:全日     100円/30分
最大料金:月〜金 入庫後24時間 500円
     土日祝 入庫後24時間 600円
     特定日(大型連休、花火大会、盆、年末年始等)入庫後24時間 2000円
営業時間:24時間営業
定休日:無休
収容台数:151台


ザ・貝屋でぷりぷりの牡蠣を堪能♪

さっそくサイクリングスタート!と行きたい所ですが、出発する前に、ひとつやることがあります。
鳥羽と言ったら、やっぱり牡蠣!せっかく鳥羽に来たのなら食べずにはいられません。

私がいつも利用しているのがこちらの「ザ・貝屋」さん。
その場で焼いてくれる、鳥羽でとれたばかりの新鮮な牡蠣は大きくてとっても美味しい!
いつも気持ち良く迎えてくれるお店の方の人柄も大好きです。


今日は、レモンをかけていただきました。

やっぱりいつ食べても美味しい!身もプリプリで、最高です!


出発する時には、お店の方が店の外まで見送ってくれました。
「今日は天気がいいから、展望台から富士山が見えるかもしれないわよ」と、嬉しい情報もGET!

お腹も心も満たされたところで、出発したいと思います!


【ザ・貝屋】

営業時間:10:00〜17:00
定休日:不定休
住所:〒517−0011 三重県鳥羽市鳥羽1丁目8−7
電話番号:0599−25−5188
営業時間に変更がある場合があります。
最新の情報は公式サイトにて、ご確認をお願いします。


インスタ映え!ハートTOBAモニュメント

まずは出発を記念して、写真撮影。鳥羽水族館のすぐ目の前にある高台、鳥羽城跡「城山公園」にやってきました。標高40mに位置しているため鳥羽湾が一望できるだけでなく、こちらのハートTOBAモニュメントもフォトスポットとして人気です。

ぜひ訪れてみてください!



見どころたくさん!国道42号沿いをサイクリング♪

国道42号に入ると、海側に「ミキモト真珠島」が見えてきました。

こちらの施設では、真珠のジュエリーを購入できるだけでなく、真珠養殖や海女の歴史も知ることができます。

ちょうど先日、三重県PRアンバサダーとして「ミキモト真珠島」へ撮影に行かせていただいたので、その時の様子は、Instagramを是非ご覧ください♪

美しいジュエリーが出来上がるまでに、こんなにたくさんの人の手を介しているんだなと驚き、感動しました!

ミキモト真珠島を後にして更に進んでいくと、左手に公園が見えてきました。

鳥羽市民の森公園通称「ガリバー公園」。実はこの公園には、絵本「ガリバー旅行記」で有名な、主人公のガリバーがいるんです。少しユニークなフォトスポット!?で、ぜひユニークな写真を撮ってみてください!

※写真は別日のものです。

パールロードの入り口〜麻生の浦大橋〜


鳥羽市民の森公園を過ぎてしばらくすると、山道に入ります。

アップダウンは激しいのですが、左手には常にオーシャンビューが広がっていて、思わず立ち止まって写真を撮りたくなります。

そして更に道なりに進んでいくと、アーチ型の真っ白な「麻生の浦大橋」が見えてきます。ここからいよいよパールロード(県道128号)の始まり!

パールロード沿いには、牡蠣小屋がたくさん建ち並んでいて、シーズンには車やバイクで大賑わい。
先ほど食べたばかりなのに美味しそうな香りに、ついつい誘われてしまいます。


※牡蠣小屋に関しては、こちらの記事からもチェックしていただけます↓
鳥羽市浦村 美味しい牡蠣食べ放題のお店(小屋)2021-2022版!地図付きで紹介します!


実は、パールロードは2006年まで有料道路でしたが、現在は全線が無料になっています
自動車やバイクでのドライブにはもちろん、ロードバイクにも人気のコースになり、私たち以外にもロードバイクで走っている方を見かけました。

※パールロードに入ってしまうと、コンビニなどのお店がありません。補給食や水分は事前に準備することをお勧めします。また交通量が多いので、走行には十分な注意が必要です。


空と海の大パノラマ〜鳥羽展望台〜


麻生の浦大橋から7.5km程、山道を登ると、ついに鳥羽展望台に到着!

目の前に広がる青空と、どこまでも伸びる水平線、日本の代表的なリアス海岸の一つである、志摩半島の様子を一望することができます。

空、海、山、全てが楽しめる絶景でした!

登りも多い道でしたが、この景色を見た時の達成感!!登ってきて良かったです。気がつくと獲得標高は750mありました。

鳥羽展望台にある軽食レストランで、伊勢海老コロッケ入りの「とばーがー」をいただきました!

ひと口食べると、口の中いっぱいに海老の旨味が広がって美味しかったです。


【パールロード鳥羽展望台 食国蔵王】

営業時間:CUBE BOX、はねやすめ 9:00〜17:00
定休日:不定休
住所:〒517−0031 三重県鳥羽市国崎町字大岳3−3
電話番号:0599−33−6201
営業時間に変更がある場合があります。
最新の情報については公式サイトにて、ご確認をお願いします。



休憩できたところで、帰路につきたいと思います。

このままパールロードを通って志摩方面へ向かうこともできるのですが、今回は行きと同じ道を戻りたいと思います。行きと同じ道ではありますが、夕日を受けた鳥羽の空と海は、来た時とはまた違った表情をしていて綺麗でした。

今回は行けませんでしたが、志摩方面にも絶景が広がっているはず!次回は鳥羽展望台から志摩方面へ行くコースにチャレンジしてみたいと思います!

おわりに

パールロードを通って、鳥羽駅から鳥羽展望台までヒルクライムを楽しむ記事は、これで以上になります。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

私の「みえカメラ部」デビュー記事はいかがでしたでしょうか?

パールロードは車でも、バイクでも、自転車でも楽しめる絶景ドライブウェイです。皆さまもぜひ、素敵な景色を見に行ってみてください!

Instagramには、今回の記事では紹介できていない写真も載せているので、良かったら覗いてみてください!

この投稿をInstagramで見る

なちゃぽ

このページを見ている人はこのページも見ています

AIによるあなたへのおすすめページ