あなたにおすすめコンテンツ

楠路脇のヤマトタチバナ【県指定天然記念物】 クスジガワキノヤマトタチバナ

楠路脇のヤマトタチバナ①
楠路脇のヤマトタチバナ②
答志島
楠路脇のヤマトタチバナ①
楠路脇のヤマトタチバナ②
答志島

ヤマトタチバナは、海岸近くの山中に生える常緑の小喬木で、みかん科みかん属に属し、日本固有種と推定されています。
5~6月頃に白い花が咲き、秋から冬にかけて直径2.5cmほどの、ゆずに似た黄金色の実をつけます。
かんきつ類特有のさわやか香りが持ち味ですが、果実は種が多く、すっぱく、そのままでは食用に向きませんが、当地ではヤマトタチバナを使った、香り袋やアイスクリームなどいろいろの製品が開発されています。
大半は野生橘ではなく境界木として植裁されたと考えられているが、大きなものは全国的にも珍しいものとされています。
昭和30(1955)年4月7日に県の天然記念物に指定されました。

選択したスポットを周遊する観光ルート(マイページのマイプラン)を表示・編集できます。

現在選択中のスポット数:...

詳細情報

住所
〒517-0003 鳥羽市桃取町
電話番号
0599-25-1157 (鳥羽市観光課)
公共交通機関でのアクセス

鳥羽マリンターミナルから市営定期船にて約12分桃取下船

※料金等については変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

Page Top