取材レポート

滝ガールがキャニオニング体験!夏休みは飛雪の滝キャンプ場発の川遊びへ

掲載日:2019.07.16
飛雪の滝

皆さん滝はお好きですか?
滝をこよなく愛する「滝ガール」の坂崎絢子さんに、紀宝町にある「飛雪の滝キャンプ場」を紹介していただきました。

【ライタープロフィール】
坂崎絢子1982年東京生まれ。資産運用会社で働く傍ら、週末は「滝ガール」として活動中。ウェブサイトTakigirl.netを運営。ウェブや雑誌でのコラム連載のほか、滝鑑賞ガイドも行う。
**********************************
こんにちは。「滝ガール」の坂崎絢子です。
「滝が恋人です」とよく冗談で言うくらい、滝のことばっかり考えている滝オタクの女子でございます。

普段は東京で働く傍ら、週末の活動として日本全国にある滝をひたすらめぐっているのですが、最近では滝の楽しみ方をより多くの方に知っていただくためにガイド、コラム執筆、講演など「滝の魅力の啓蒙活動」にも力を入れています!

今回、観光三重さんでご紹介したいのが、三重県の最南端エリア紀宝町の滝遊び。夏休みにこそオススメしたい、秘密の滝ツアーをご紹介したいと思います。

飛雪の滝

とっておきの川遊びスポットへ!

今回ご紹介するツアーは、紀宝町の「飛雪の滝キャンプ場」のアクティビティメニューになっている、
滝壺ドボンや滝すべり「紀宝町の滝で川遊び」です。
※私が参加したのは2018年9月です。

アクテビティの詳細はこちら!

飛雪の滝キャンプ場は、滝愛好家としては大注目のキャンプ場です。何と言っても滝の目の前がキャンプサイトという絶好のロケーションですからね!

飛雪の滝キャンプ場の詳しい記事はこちら!

それだけではなく、このツアーのように滝の遊び方をいろいろと提案してくださっているんです。

飛雪の滝

飛雪の滝キャンプ場に集合して、ウェットスーツとライフジャケット、そして沢を歩けるフェルト底のシューズを装着したら、いざ、川遊びスポットの現場へ!

川沿いの林道を終点まで進んだら、眼下に滝の輝きが見えてきました。

飛雪の滝

飛雪の滝

こちらが、今回の舞台、那智郷(なちごう)の滝!
滝の合計落差は10mほど。二段のナメ滝(滑らかな岩盤に流れる滝)になって落ちて、最後はエメラルドグリーンの広い滝つぼに注いでいます。

こんなに美しいのに、地元の方にもそこまで知られていない穴場の滝だそうです。

飛雪の滝

エメラルドグリーンの滝つぼへドボン!参加者たちはもちろん全身濡れることを前提にした格好をしてきているのですが、最初に滝に入る時はやっぱりおそるおそる……という感じ。

でも、すぐに大人も子どもも、慣れてきますよ。

飛雪の滝

ここからは、ガイドの佐竹さんが、いろんな遊び方を提案してくださいます。

まずは、滝つぼジャンプ!1段目の滝つぼは深いので、岩から飛び込めます。滝と戯れるための儀式のようなものかもしれませんね。

飛雪の滝

見てください、この水の色を!ドボンした拍子に水を飲んでしまったとしても全く問題ないような透明度ですよね。

ちなみに滝ガールである私はこの時点で、ニヤニヤが止まらなくなっています。

飛雪の滝

子どもの頃の冒険心がよみがえる!

次のチャレンジは、滝スライダー!この滝は上の段も下の段も、滑り台のようになっています。このスライダーは難易度がちょうどいいかんじ。

ちょっとだけ勇気を出せば誰でも滑って降りてこられます。上の段の滝の方が斜度あります!↓

飛雪の滝

こちらは私ですね!子どもたちに見守られながらはしゃいでいます(笑)

飛雪の滝

このあたりから、もう各々が勝手に遊び出しています。子どもたちはもちろん、大人たちも子どもの頃の冒険心がよみがえってきているようです。

ここが故郷ではないのに、どこか「懐かしい」という感覚もありました。もし故郷にこんな遊び場があったなら、私も夏休み毎日通っていただろうなあ。

飛雪の滝

秘密のアイテム登場で、川遊びがバージョンアップ

さあ、ここで、秘密のアイテムが登場!こちら、「パックラフト」です。
折りたたんで小さくできるラフトボート。こちらが投入されると、さらに滝遊びの幅が広がります。全く難しいことはなくて、誰でもすぐに操れます。

飛雪の滝

先ほどは身一つで滑ったスライダーをパックラフトで降りるとまた楽しみが増すんですよ!

飛雪の滝

広い滝つぼをゆったり漕いでいくのも本当に気持ちいい……。水面をスイースイーと滑るように進みます。
パックラフトは2艇あったんですけど、子どもたちが譲ってくれて、けっこう乗らせてもらいました(笑)。

飛雪の滝

平和な時間

どこかの目的地を目指すツアーではないけれど、この楽園のような場所で自由に過ごす、そのことがいかに贅沢なのかと感じます。

飛雪の滝

時にはまったり空を見上げたり、水中のお魚たちをのぞいてみたり(写真には撮影できませんでしたが、お魚はたくさんいるんです)。

飛雪の滝

BGMにはシュワシュワという蝉の声と、サラサラ流れる滝の音。
そこにはしゃぐみんなの声が重なって……。なんとも言えないヒーリング効果がありました。

平和ってこういうことだなあ、としみじみしてしまいます。そんなこんなで、あっという間の2時間。すっかり遊び尽くしました。

飛雪の滝

滝を滑ったり、滝つぼに飛び込んだり。こんなに身体をいっぱい使って自然と戯れるアクティビティって、他にあんまりありません。
ガイドさんがついてくださるので、安全面でも安心ですよね。

夏場のアウトドアというとやっぱり暑さにバテてしまうこともありますが、このツアーは水と戯れながらの活動なので暑さとは無縁です。気温が高ければ高いほど、楽しむことができてしまいます。

いつもよりはたくさん身体を動かしているはずなので疲れるかと思いきや、まったくそんなことはありません。子どもや若者向けと思われるかもしれませんが、むしろ自然が足りていない働く大人たちにこそ、ぜひおススメです。
自然のパワーをチャージして、確実に元気になれます!

今年の夏休みはお友達や家族と、ちょっとアクティブに滝と触れ合ってみてはいかがでしょうか?詳しくはこちら!
飛雪の滝キャンプ場
滝壺ドボンや滝すべり「紀宝町の滝で川遊び」


(ライタープロフィール)坂崎絢子
1982年東京生まれ。資産運用会社で働く傍ら、週末は「滝ガール」として活動中。ウェブサイトTakigirl.netを運営。ウェブや雑誌でのコラム連載のほか、滝鑑賞ガイドも行う。
Takigirl.net

関連スポット

カテゴリー
体験 花・自然・絶景 アウトドア
エリア
東紀州

観光三重ピックアップ!

  • 夏の楽しみといえばやっぱり水遊び!プール、川遊び、ラフティングなど、三重県で人気の水遊びスポット...

    夏の楽しみといえばやっぱり水遊び!プール、川遊び、ラフティングなど、三重県で人気の水遊びスポット...

    2017.07
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピング、海水浴を一緒に楽しめる場所な...

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピング、海水浴を一緒に楽しめる場所な...

    2017.07
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2016.12
  • 三重県には「恋のパワースポット」がいっぱい!恋愛祈願に出かけましょう♡

    三重県には「恋のパワースポット」がいっぱい!恋愛祈願に出かけましょう♡

    2017.04
  • 世界遺産を歩こう!「初めての熊野古道 伊勢路を歩く」 東紀州のおすすめスポットも

    世界遺産を歩こう!「初めての熊野古道 伊勢路を歩く」 東紀州のおすすめスポットも

    2016.11

オフィシャルSNS

PR

取材レポート

川ともプールとも違う!?「多度峡(たどきょう)天然プール」は自然の川から流れる冷たい水が気持ちいい!コスパ抜群で楽しく水遊びができるスポット!
川ともプールとも違う!?「多度峡(たどきょう)天然プール」は自然の川から流れる冷たい水が気持ちいい!コスパ抜群で楽しく水遊びができるスポット!
掲載日:2019.08.06
川ともプールとも違う!?「多度峡(たどきょう)天然プール」は自然の川から流れる冷たい水が気持ちいい!コスパ抜群で楽しく水遊びができるスポット!

フォトコンテスト

陰で感じる世界
陰で感じる世界
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • 川ともプールとも違う!?「多度峡(たどきょう)天然プール」は自然の川から流れる冷たい水が気持ちいい!コスパ抜群で楽しく水遊びができるスポット!

    川ともプールとも違う!?「多度峡(たどきょう)天然プール」は自然の川から流れる冷たい水が気持ちいい!コスパ抜群で楽しく水遊びができるスポット!

    夏に出かけたいところといえば、水遊びスポットですよね!桑名市多度町にある「多度峡天然プール」は、自然の川の水をせき止めて作られたプールです。川の水は冷たくて気持ちがよく、暑い日にぴったり!しかも入場無料で楽しめて、施...

    #
  • 「新鹿海水浴場」は海が綺麗で混雑が少ない穴場の海水浴場!大自然に囲まれた非日常空間をご紹介。

    「新鹿海水浴場」は海が綺麗で混雑が少ない穴場の海水浴場!大自然に囲まれた非日常空間をご紹介。

    遠浅でエメラルドグリーンの海・広々と続く白い砂浜。沢山の世界遺産があることで知られる熊野市の一角「新鹿町」にある穴場海水浴場、地域の人々の温かさと大自然に囲まれ非日常の時間を楽しめる「新鹿海水浴場」をご紹介いたします。

    #
  • 大人も子供も楽しめるキャンプ場「大淀(おおよど)西海岸ムーンビーチ キャンプ場」をご紹介します!

    大人も子供も楽しめるキャンプ場「大淀(おおよど)西海岸ムーンビーチ キャンプ場」をご紹介します!

    松阪市と伊勢市のちょうど真ん中、伊勢志摩国立公園の玄関口にあたる多気郡明和町にあるムーンビーチキャンプ場。手入れの行き届いた芝生と松林に囲まれた広々とした敷地、近隣には住宅など一切ない静かな空間は、まるで高級リゾート...

    #
ページトップ