取材レポート

日本遺産「祈る皇女斎王のみやこ 斎宮」を味わう明和町での日帰り女子旅!

掲載日:2017.07.25

9,792ビュー

天皇の代わりに伊勢神宮に奉仕した皇女「斎王」。そんな斎王の歴史や文化を体感するため、明和町を旅して来ました!優雅な平安の世界を味わえる女子旅のレポートをぜひご覧ください!

日本遺産「祈る皇女斎王のみやこ 斎宮」を味わう明和町の旅

「さいくう」とも「いつきのみや」とも呼ばれている斎宮。天皇に代わり、伊勢神宮に仕えた斎王の宮殿と役所をそなえていたといわれています。昭和40年代にたくさんの珍しい土器が出土して以降、大がかりな発掘調査が行われました。
平成27年には文化庁が創設した「日本遺産」に認定された、137.1ヘクタールもの広大な土地。町中に、歴史を学べる施設が点在しています。

日本遺産「祈る皇女斎王のみやこ 斎宮」を味わう明和町の旅

旅のはじまりは「斎宮駅」から。特急で一気にお伊勢参りに向かうのもいいけれど、ときには少し趣向を変えて、斎宮駅からゆるりとめぐる、歴史探訪の1日旅をしてみませんか?
木目が美しい、雰囲気のいい駅舎までは、伊勢市駅から約20分。

日本遺産「祈る皇女斎王のみやこ 斎宮」を味わう明和町の旅

最初に訪れたいのは「いつきのみや歴史体験館」。平安時代の貴族の屋敷である寝殿造をイメージした建物は、釘を使わない工法で作られています。
ここで当時の貴族の暮らしを体験してみましょう!

日本遺産「祈る皇女斎王のみやこ 斎宮」を味わう明和町の旅

天井の高いのびやかな空間には、木の香りが広がります。知識を増やせるだけでなく、色鮮やかで見応えのある展示物がたくさん。美しい資料と内装に、博物館好きも、美術館好きも、そして建築物好きも満足できそう。とにかく美しい。

日本遺産「祈る皇女斎王のみやこ 斎宮」を味わう明和町の旅

リーズナブルな料金で、十二単の着付けを体験することができます。
扇子を持ってポーズを決めれば、気分はすっかりお姫様!見ようによってはお雛様?手持ちのスマホ・デジカメでの撮影もお忘れなく。
はいチーズ!背筋がすっと伸びて、なんだか身のこなしまで変わります

日本遺産「祈る皇女斎王のみやこ 斎宮」を味わう明和町の旅

館内を奥に進むと、機織りを体験できる部屋があります。上手に織れるかな?
集中すると、ついつい無言になりますよね。あたりまえのように来ている洋服も、布製の鞄も、よく考えるとみんな糸や繊維からできています。昔の人は手で作っていたんですよね、時間をかけて丁寧に。

日本遺産「祈る皇女斎王のみやこ 斎宮」を味わう明和町の旅

草木染めの麻糸で、カラフルで可愛いコースターが出来上がります!
ランチョンマットを作ることもできます。それにしても、色鮮やか!今も昔も、綺麗なものや可愛いものを愛でる女心は変わらないのでしょうね。

いつきのみや歴史体験館

住所
多気郡明和町斎宮3046-25
電話番号
0596-52-3890(いつきのみや歴史体験館)
公式URL
http://www.itukinomiya.jp/
営業時間
9:30~17:00(入館は16:30まで)
休業日
月曜(祝日の場合は開館)、祝日の翌日、年末年始
料金
入館無料、講座体験および装束の試着は有料。
公共交通機関でのアクセス
近鉄斎宮駅下車すぐ
車でのアクセス
伊勢自動車道玉城ICより車20分
日本遺産「祈る皇女斎王のみやこ 斎宮」を味わう明和町の旅

体験館の外に出ると、明るい黄緑色の田んぼの向こうに、小さな建物が立ち並びます。
この小さな町、当時の町並みを再現した10分の1縮尺のミニチュアなんです。人が通れるようになっている小道の10倍の幅が本当の大きさということですね。
巨人の気分で平安時代の斎宮を眺めてみよう!色付きの建物は実際に発掘されたもの、白い建物は想像から再現されたものだそう。あぜ道の横の水辺には、おたまじゃくしや水棲の生き物もいて、自然の豊かさも感じられます。

日本遺産「祈る皇女斎王のみやこ 斎宮」を味わう明和町の旅

ちょっと歩き疲れたら、「いつき茶屋」で休憩しましょう。
無料の休憩所として使えるほか、お土産を買えるコーナーもあります。食事スペースでは、特産品を使った美味しい食事も楽しめます。
せっかくこの町を訪れたなら、ここで味わえるランチを楽しみましょう!

日本遺産「祈る皇女斎王のみやこ 斎宮」を味わう明和町の旅

オススメは、なんといってもこの「斎王の宝箱」(要予約)。
地域の食材をふんだんに使って当時の献立を再現したもので、舌に美味しく、目に嬉しいご馳走ですよ!コースのような内容のメニューです。
肉、野菜、ご飯もの、そして果物などのデザートで、お腹いっぱいになります。ヘルシーな食材が多いので、安心していっぱい食べられますよ。

日本遺産「祈る皇女斎王のみやこ 斎宮」を味わう明和町の旅

「いただきまーす!」

日本遺産「祈る皇女斎王のみやこ 斎宮」を味わう明和町の旅

古代米のおこわはもっちもちの食感!このお米は、いつき茶屋の前に広がる田んぼで栽培されています。
当時の人々にとっては、この美味しい古代米のほうが高価なものだったのか、白米こそが貴重なものとされていたのか、詳細は不明とのこと。
なにはともあれ、このもちもち感、ハマりますよ〜。

日本遺産「祈る皇女斎王のみやこ 斎宮」を味わう明和町の旅

はんぺん…じゃないんです。これは「サメのたれ」といって、サメの干物なのです。
人々の怖れる海の猛者がこんなに美味しい一品になるなんて驚きです。見た目よりもやわらかく、味はわりとシンプルで、塩味が効いています。ご飯も進むし、おつまみにもぴったり。
ちなみにこのサメのたれ、スーパーなどでも普通に売られているということです。この地方の名物なんですね。珍しい!

国史跡斎宮跡休憩所 いつき茶屋

住所
多気郡明和町斎宮2969-4
電話番号
0596-52-7805
公式URL
http://www.itukinomiya.jp/chaya.html
営業時間
9:30~17:00(飲食コーナーは9:30~16:30)
休業日
月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12/29~1/3)
日本遺産「祈る皇女斎王のみやこ 斎宮」を味わう明和町の旅

発掘されたままの位置に復元して建てられた正殿・西脇殿・東脇殿の3つからなる「さいくう平安の杜」。
その奥には、緑がこんもりと繁った「竹神社」があります。
天皇が代わるごと、およそ660年もの間、都から派遣されて伊勢神宮に仕えた60人あまりの斎王。彼女たちが暮らしていた場所が、竹神社の境内にあったと考えられているのです。

日本遺産「祈る皇女斎王のみやこ 斎宮」を味わう明和町の旅

さいくうの杜では、タブレットを使ったVR(バーチャルリアリティ)体験ができます。
歴史を学ぶのにも、文明の利器タッチパネルは便利!
5言語に対応。海外から観光を楽しみに来た人はもちろん、外国語を学んでいる人にも嬉しい機能かも。勉強中の言語で聴くのに挑戦してみてはいかが?

日本遺産「祈る皇女斎王のみやこ 斎宮」を味わう明和町の旅

3つの建物にかざしてみると、こんなふうに見えます。当時の暮らしが偲ばれますね。
豊作を願う祈年祭のシーン。すごい数の神主さんたちが祭事に参加している様子が見えますね!

さいくう平安の杜

住所
多気郡明和町斎宮2800
電話番号
0596-52-3890(いつきのみや歴史体験館)
営業時間
3月~10月は、9時30分~17時00分(入園は16時30分まで)
11月~2月は、9時30分~16時00分(入園は15時30分まで)
休業日
月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
料金
見学無料
公共交通機関でのアクセス
近鉄斎宮駅史跡公園口より徒歩約5分
車でのアクセス
伊勢自動車 玉城ICより車で約20分
日本遺産「祈る皇女斎王のみやこ 斎宮」を味わう明和町の旅

竹神社は、木漏れ日がやさしく降り注ぎ、美しく静かなたたずまい。
森を吹き抜ける風は涼しくて気持ちがいいですね。都から派遣されてきた姫君たちは、どんな思いでこの土地に暮らしたのでしょうか。

日本遺産「祈る皇女斎王のみやこ 斎宮」を味わう明和町の旅

二礼、二拍手、一礼。どんなお願いごとをしようかな。

竹神社

住所
多気郡明和町斎宮2757-2
電話番号
0596-52-7138(日本遺産活用推進協議会)
公式URL
http://www.town.meiwa.mie.jp/
営業時間
毎週土曜日・日曜日
10:00~15:00
公共交通機関でのアクセス
近鉄斎宮駅下車徒歩8分
車でのアクセス
伊勢自動車道・玉城ICより車20分
日本遺産「祈る皇女斎王のみやこ 斎宮」を味わう明和町の旅

旅の締めくくりに訪れたいのが、ここ「いつきのみや地域交流センター」。
とても新しい建物で、さいくう平安の杜と竹神社、そして明和町一帯を見渡すことのできる展望デッキに加え、お土産コーナーや、お祭りの山車を飾った休憩スペースもあります。

日本遺産「祈る皇女斎王のみやこ 斎宮」を味わう明和町の旅

空調が効いていて、暑い日でも快適。
さらに、「大吟醸アイス」でよく動いた身体をクールダウンしてみてはいかがでしょう。
最近は、変わり種のアイスも珍しくなくなってきましたね。でもこのデザートは「よくある感じでしょ?」と思ったら大間違い!ちゃんとお酒の味がするんです。
アルコール含有、ということで明和町を訪れるときには、冒頭の風情溢れる斎宮駅まで電車で来ることをオススメします。

いつきのみや地域交流センター

住所
多気郡明和町斎宮2811
電話番号
0596-63-5315
営業時間
9:30~17:00(入館は16:30まで)
休業日
毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)
年末年始(12月29日~翌1月3日)
料金
入館無料
日本遺産「祈る皇女斎王のみやこ 斎宮」を味わう明和町の旅

穏やかで空の高い、空気の澄んだ心地よい町。
お姫様になりきって十二単を着こなしたら、お土産にもぴったりのコースターを機織り体験で作り、名産品を使った食べ応えのあるランチを堪能、お散歩しながらVR体験、竹神社へお参り、たくさん歩いた後は、とっておきの大人向けデザートで締めくくりましょう。
徒歩圏内にぎゅっと詰まった見どころを巡れば、一日が過ぎるのもあっという間です。暮らす人も、訪れる人も、どちらの心も惹きつける歴史ロマン溢れる土地、明和町はそんな魅惑の町でした。

明和町をもっと知りたい方はこちら!
「初めてのお伊勢まいり 伊勢志摩を歩く」明和町特集

カテゴリー
文化&寺社仏閣 モデルコース 雨の日でもOK
季節
オールシーズン
エリア
中南勢

PR

バナー広告について

観光三重ピックアップ!

  • 写真家 浅田政志氏がみえ旅カメラ部部長に就任!

    写真家 浅田政志氏がみえ旅カメラ部部長に就任!

    2021.07
  • ココロとカラダを健やかに!三重の自然体験を楽しもう♪

    ココロとカラダを健やかに!三重の自然体験を楽しもう♪

    2021.07
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 「秋の桜」コスモス!<br />
暑さやわらぐ9月下旬頃から見頃を迎えますよ♪<br />

    「秋の桜」コスモス!
    暑さやわらぐ9月下旬頃から見頃を迎えますよ♪

    2020.09
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

菰野町の秋の楽園「田光と小島のコスモス畑」
菰野町の秋の楽園「田光と小島のコスモス畑」
掲載日:2021.10.19
菰野町の秋の楽園「田光と小島のコスモス畑」

フォトコンテスト

燃える夕陽に走る列車
燃える夕陽に走る列車
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • 歴史と秋風感じる絶景!斎宮のコスモス畑をご紹介!

    歴史と秋風感じる絶景!斎宮のコスモス畑をご紹介!

    三重県多気郡明和町に所在する日本遺産「斎宮」
    夏の残暑が落ち着くと、歴史ある斎宮が秋風に揺れるコスモスで彩られます。
    今回はコスモスが咲く斎宮跡の魅力をご紹介します!

    #
  • まるでもののけ姫の世界!苔と光の渓谷「赤目四十八滝」

    まるでもののけ姫の世界!苔と光の渓谷「赤目四十八滝」

    まるでもののけ姫にでてくる苔の森のような雰囲気を持つ「赤目四十八滝」を美しく撮影する方法をご紹介。これを見ればあなたもすぐに最高の写真が撮れる⁈
    三重の若手風景写真家が教える、赤目四十八滝へ撮影に行く際に知っておくべき...

    #
  • 「よしお兄さん」が御城番屋敷で家族写真に挑戦!写真家の浅田政志さんから撮影方法を学びます【後編】

    「よしお兄さん」が御城番屋敷で家族写真に挑戦!写真家の浅田政志さんから撮影方法を学びます【後編】

    元体操のお兄さんの「よしお兄さん」が御城番屋敷で家族写真に挑戦!写真家「浅田政志」さんから人物撮影や家族写真のレクチャーを受ける様子をお届けします。

    #

季節おすすめ記事

  • 東紀州へいらっしゃい!熊野尾鷲道路開通記念キャンペーン♪

    東紀州へいらっしゃい!熊野尾鷲道路開通記念キャンペーン♪

    PR

     2021年8月29日に三重県の尾鷲北ICから尾鷲南ICまでをつなぐ国道42号「熊野尾鷲道路(Ⅱ期)が全線開通!開通を記念して、近隣の5市町で3,000円以上のご利用で、それぞれの地域ならではの景品がもらえるプレゼントキャンペーンを実...

    #
  • 【あんしんみえリア優秀店レポート】「三重の食彩酒場 みえやに」は郷土愛に満ち溢れた居酒屋。三重県産の食材と料理でおもてなし。

    【あんしんみえリア優秀店レポート】「三重の食彩酒場 みえやに」は郷土愛に満ち溢れた居酒屋。三重県産の食材と料理でおもてなし。

    全メニューに三重県産の食材を使うことを目指す居酒屋「みえやに」。食材の仕入先は8割が三重県であり、醤油・味噌・塩などの調味料も三重県産を使うなど、地産地消へのこだわりが強いお店です。三重の食材たっぷりなランチメニュー...

    #
  • "自衛隊体操"で話題!三重県出身の元自衛官「かざり」さんが【みえ旅YouTube隊】特別派遣隊員に!

    "自衛隊体操"で話題!三重県出身の元自衛官「かざり」さんが【みえ旅YouTube隊】特別派遣隊員に!

    “恐ろしく美しい”元自衛官タレントとして、多方面で活躍するかざりさんに、現在の活動や三重県の魅力、みえ旅YouTube隊への意気込みについてお伺いしました。

    #
ページトップ