取材レポート

日本遺産「祈る皇女斎王のみやこ 斎宮」を味わう明和町の旅!

掲載日:2017.07.25

「さいくう」とも「いつきのみや」とも呼ばれている斎宮。天皇に代わり、伊勢神宮に仕えた斎王の宮殿と役所をそなえていたといわれています。昭和40年代にたくさんの珍しい土器が出土して以降、大がかりな発掘調査が行われました。平成27年には文化庁が創設した「日本遺産」に認定された、137.1ヘクタールもの広大な土地。町中に、歴史を学べる施設が点在しています。

旅のはじまりは「斎宮駅」から。特急で一気にお伊勢参りに向かうのもいいけれど、ときには少し趣向を変えて、斎宮駅からゆるりとめぐる、歴史探訪の1日旅をしてみませんか?木目が美しい、雰囲気のいい駅舎までは、伊勢市駅から約20分。

最初に訪れたいのは「いつきのみや歴史体験館」。平安時代の貴族の屋敷である寝殿造をイメージした建物は、釘を使わない工法で作られています。ここで当時の貴族の暮らしを体験してみましょう!

天井の高いのびやかな空間には、木の香りが広がります。知識を増やせるだけでなく、色鮮やかで見応えのある展示物がたくさん。美しい資料と内装に、博物館好きも、美術館好きも、そして建築物好きも満足できそう。とにかく美しい。

リーズナブルな料金で、十二単の着付けを体験することができます。扇子を持ってポーズを決めれば、気分はすっかりお姫様!見ようによってはお雛様?手持ちのスマホ・デジカメでの撮影もお忘れなく。はいチーズ!背筋がすっと伸びて、なんだか身のこなしまで変わります

館内を奥に進むと、機織りを体験できる部屋があります。上手に織れるかな?集中すると、ついつい無言になりますよね。あたりまえのように来ている洋服も、布製の鞄も、よく考えるとみんな糸や繊維からできています。昔の人は手で作っていたんですよね、時間をかけて丁寧に。

草木染めの麻糸で、カラフルで可愛いコースターが出来上がります!ランチョンマットを作ることもできます。それにしても、色鮮やか!今も昔も、綺麗なものや可愛いものを愛でる女心は変わらないのでしょうね。

【いつきのみや歴史体験館】施設情報・詳細はこちら

体験館の外に出ると、明るい黄緑色の田んぼの向こうに、小さな建物が立ち並びます。この小さな町、当時の町並みを再現した10分の1縮尺のミニチュアなんです。人が通れるようになっている小道の10倍の幅が本当の大きさということですね。巨人の気分で平安時代の斎宮を眺めてみよう!色付きの建物は実際に発掘されたもの、白い建物は想像から再現されたものだそう。あぜ道の横の水辺には、おたまじゃくしや水棲の生き物もいて、自然の豊かさも感じられます。

ちょっと歩き疲れたら、「いつき茶屋」で休憩しましょう。無料の休憩所として使えるほか、お土産を買えるコーナーもあります。食事スペースでは、特産品を使った美味しい食事も楽しめます。せっかくこの町を訪れたなら、ここで味わえるランチを楽しみましょう!

オススメは、なんといってもこの「斎王の宝箱」(要予約)。地域の食材をふんだんに使って当時の献立を再現したもので、舌に美味しく、目に嬉しいご馳走ですよ!コースのような内容のメニューです。肉、野菜、ご飯もの、そして果物などのデザートで、お腹いっぱいになります。ヘルシーな食材が多いので、安心していっぱい食べられますよ。

「いただきまーす!」

古代米のおこわはもっちもちの食感!このお米は、いつき茶屋の前に広がる田んぼで栽培されています。当時の人々にとっては、この美味しい古代米のほうが高価なものだったのか、白米こそが貴重なものとされていたのか、詳細は不明とのこと。なにはともあれ、このもちもち感、ハマりますよ〜。

はんぺん…じゃないんです。これは「サメのたれ」といって、サメの干物なのです。人々の怖れる海の猛者がこんなに美味しい一品になるなんて驚きです。見た目よりもやわらかく、味はわりとシンプルで、塩味が効いています。ご飯も進むし、おつまみにもぴったり。ちなみにこのサメのたれ、スーパーなどでも普通に売られているということです。この地方の名物なんですね。珍しい!

【国史跡斎宮跡休憩所 いつき茶屋】施設情報・詳細はこちら

発掘されたままの位置に復元して建てられた正殿・西脇殿・東脇殿の3つからなる「さいくう平安の杜」。その奥には、緑がこんもりと繁った「竹神社」があります。天皇が代わるごと、およそ660年もの間、都から派遣されて伊勢神宮に仕えた60人あまりの斎王。彼女たちが暮らしていた場所が、竹神社の境内にあったと考えられているのです。

さいくうの杜では、タブレットを使ったVR(バーチャルリアリティ)体験ができます。歴史を学ぶのにも、文明の利器タッチパネルは便利!5言語に対応。海外から観光を楽しみに来た人はもちろん、外国語を学んでいる人にも嬉しい機能かも。勉強中の言語で聴くのに挑戦してみてはいかが?

3つの建物にかざしてみると、こんなふうに見えます。当時の暮らしが偲ばれますね。豊作を願う祈年祭のシーン。すごい数の神主さんたちが祭事に参加している様子が見えますね!

竹神社は、木漏れ日がやさしく降り注ぎ、美しく静かなたたずまい。森を吹き抜ける風は涼しくて気持ちがいいですね。都から派遣されてきた姫君たちは、どんな思いでこの土地に暮らしたのでしょうか。

二礼、二拍手、一礼。どんなお願いごとをしようかな。

【竹神社】施設情報・詳細はこちら

旅の締めくくりに訪れたいのが、ここ「いつきのみや地域交流センター」。とても新しい建物で、さいくう平安の杜と竹神社、そして明和町一帯を見渡すことのできる展望デッキに加え、お土産コーナーや、お祭りの山車を飾った休憩スペースもあります。

空調が効いていて、暑い日でも快適。さらに、「大吟醸アイス」でよく動いた身体をクールダウンしてみてはいかがでしょう。最近は、変わり種のアイスも珍しくなくなってきましたね。でもこのデザートは「よくある感じでしょ?」と思ったら大間違い!ちゃんとお酒の味がするんです。アルコール含有、ということで明和町を訪れるときには、冒頭の風情溢れる斎宮駅まで電車で来ることをオススメします。

【いつきのみや地域交流センター】施設情報・詳細はこちら

カテゴリー
グルメ・おみやげ 体験
エリア
中南勢

PR

バナー広告について

観光三重ピックアップ!

  • カキの美味しい季節到来!焼き牡蠣食べ放題の鳥羽市浦村のお店を地図付きで紹介します!

    カキの美味しい季節到来!焼き牡蠣食べ放題の鳥羽市浦村のお店を地図付きで紹介します!

    2017.10
  • 摘みたてをその場で!三重県のおすすめイチゴ狩りスポット

    摘みたてをその場で!三重県のおすすめイチゴ狩りスポット

    2017.01
  • 三重県には「恋のパワースポット」がいっぱい!恋愛祈願に出かけましょう♡

    三重県には「恋のパワースポット」がいっぱい!恋愛祈願に出かけましょう♡

    2017.04
  • 伊勢神宮や多度大社、椿大神社など、福を呼ぶ神社・お寺特集!21か所をご紹介します。

    伊勢神宮や多度大社、椿大神社など、福を呼ぶ神社・お寺特集!21か所をご紹介します。

    2016.12
  • 日ごろの疲れを癒しに温泉へ行こう!リラックスできる三重県の人気日帰り温泉や天然温泉旅館を紹介

    日ごろの疲れを癒しに温泉へ行こう!リラックスできる三重県の人気日帰り温泉や天然温泉旅館を紹介

    2016.11

オフィシャルSNS

PR

取材レポート

牡蠣食べ放題なら鳥羽市浦村!冬の味覚「牡蠣」をお腹いっぱい食べに行きましょう!
牡蠣食べ放題なら鳥羽市浦村!冬の味覚「牡蠣」をお腹いっぱい食べに行きましょう!
掲載日:2018.01.17
牡蠣食べ放題なら鳥羽市浦村!冬の味覚「牡蠣」をお腹いっぱい食べに行きましょう!

フォトコンテスト

赤絨毯の上をはしる
赤絨毯の上をはしる
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • 伊賀牛をランチに!「伊賀牛炙り丼」のお店を地図付きでご紹介!

    伊賀牛をランチに!「伊賀牛炙り丼」のお店を地図付きでご紹介!

    伊賀のご当地グルメをご賞味ください♪

    せっかく伊賀に遊びに来たなら、伊賀牛を使った「伊賀牛炙り丼」をランチで食べて行ってはどうでしょう!?ブランド牛の伊賀牛を気軽に味わう事ができますよ!伊賀市内のお店のおススメを地図付きでご紹介します。

    #
  • 牡蠣食べ放題なら鳥羽市浦村!冬の味覚「牡蠣」をお腹いっぱい食べに行きましょう!

    牡蠣食べ放題なら鳥羽市浦村!冬の味覚「牡蠣」をお腹いっぱい食べに行きましょう!

    鳥羽市浦村の牡蠣食べ放題を満喫!アクセス・牡蠣の食べ方など詳しくご紹介。

    鳥羽市浦村で大人気の牡蠣の食べ放題を満喫してきました!今回お邪魔したのは高台にあってお店からの眺めも抜群の「与吉屋」さん。アクセスはもちろん、牡蠣の食べ方、食べ放題の様子を詳しくご紹介します!

    #
  • 赤福で毎月1日にしか買えない「朔日餅(ついたちもち)」とは!?朝粥や朝市など1日のおかげ横丁の魅力をご紹介!

    赤福で毎月1日にしか買えない「朔日餅(ついたちもち)」とは!?朝粥や朝市など1日のおかげ横丁の魅力をご紹介!

    毎月1日はお伊勢さんへ。1日のおかげ横丁の魅力をご紹介。

    三重県定番のお土産といえば「赤福」。そんな「赤福」で毎月1日しか買えない「朔日餅」があるのを知っていますか?毎月長蛇の列ができるほど人気の「朔日餅」や、1日限定の朝市や朝粥など、1日のおかげ横丁を取材してきました!

    #
ページトップ