• 観光三重トップ
  • 特集記事
  • 石神さん(神明神社)が女子旅に大人気!鳥羽で海女さんと過ごす石神さん体験プラン「海女結びドーマンセーマン」の体験を取材してきました。

取材レポート

石神さん(神明神社)が女子旅に大人気!鳥羽で海女さんと過ごす石神さん体験プラン「海女結びドーマンセーマン」の体験を取材してきました。

掲載日:2017.06.14
石神さんで女子旅!鳥羽市神明神社

海女の町、鳥羽市相差(おうさつ)の人気スポット「石神さん」は、相差地区の氏神である神明神社(しんめいじんじゃ)の参道にある小さな社。女性の願いを必ずひとつは叶えてくれるといわれています。
「海女さんと過ごす石神さん」体験プランでは、海女さんたちと一緒にお参りするだけでなく、そのあとには女子会も待っています。和のスイーツを味わいながらお喋りに花を咲かせましょう!
リラックスとリフレッシュのいっぱい詰まったプランで、とっておきの休日を体験してみませんか。海女さんと話すのが初めての人でも、会うのが初めての人でも大丈夫。海女さんたちはどの方も気さくで話しやすく、お話もとってもおもしろいんです。
始めはちょっとどきどきするかもしれませんが、気がつけば自然と笑顔になれるはず。あれ?前から知り合いだったのかなと思えるような、穏やかな気持ちで過ごせるでしょう。

石神さんで女子旅!鳥羽市神明神社

海女さんとの待ち合わせ場所に向かう前に目に入るのが、神明神社第一駐車場の隣にある「相差海女文化資料館」(駐車場はほかに、第二駐車場、第三駐車場があります)。
ここでは、伝統的な海女の文化について知ることができます。海女の文化は、平成29年3月に国の重要無形民俗文化財に指定されました。特殊な潜水技術を持つ自立した女性の海女たち。普段は見ることができない彼女たちの海中での作業を再現した人形や、パネルなど、興味深い展示が盛りだくさん。

石神さんで女子旅!鳥羽市神明神社

石神さんに置かれている、格子状の印「ドーマン」が刻まれた石。海に潜る海女たちが、竜宮に引き込まれてしまうのを防ぐ、魔除けのおまじないなのだそう。相差の町では、看板やお店などいたるところでこのシンボルに出会います。

石神さんで女子旅!鳥羽市神明神社

海女さんたちと待ち合わせるのは、海女の家「五左屋(ござや)」。スタッフの方に予約名をつたえて先に精算します。
まずは、石神さんへのお参りから。ピンク色の願い用紙に願い事を書きます。海女さんたちは、待っていてくれるので、慌てずに、じっくり考えて。どんな願い事を書こうかな。混んでいるときには、このコーナーでも少し待ち時間があります。少し奥に進むと、左手にもう一部屋、願い事を書くスペースが用意されています。

石神さんで女子旅!鳥羽市神明神社

石神さんには、毎日たくさんの女性が参拝するために訪れます。わたしたちは、願い事を文字にして書くとき、自分がなにを求めているのか、どうなりたいのかを自分に問います。とても大切なことですね。海に生きた海女たちは日々の潜水作業での身の安全と、無事に帰還することを祈りました。現代もストレスや不安はつきもの。安全と安心と幸せを願うのはいつの時代も同じですね。

石神さんで女子旅!鳥羽市神明神社

数か所に、参拝方法を示したパネルがあります。お参りの前にはかならず手水舎で手を清めましょう。手水舎には、お手水のやり方もきちんと書かれています。願い事はひとつだけ。たくさんの女性が参拝し、願い事を捧げるのですから、神様もそれを叶えるのにきっと大忙しです。

石神さんで女子旅!鳥羽市神明神社

この日も、順番待ちの列ができていました。待っている間も、楽しいお喋りタイムです。海女さんたちの話は尽きません。知らないことを知るのは楽しいですよね。海女さんたちは相差の町のこと、海女の歴史のこと、百科事典のような知識を披露してくれます。

石神さんで女子旅!鳥羽市神明神社

自分の番が来たら、いよいよお参りです。神様、どうか願いを叶えてください。真剣な思いが届きますように。二礼、二拍手、一礼…。

石神さんで女子旅!鳥羽市神明神社

お参りできたら、次はお守りコーナーに行ってみましょう。どれにしようかな。自分のお守りはもちろん、一緒に来られなかったお友達や、夢を追いかけるあの子、片思いのあの子、お母さんやおばあちゃんへのお土産にもぴったりの、小さくてかわいいお守りです。

石神さんで女子旅!鳥羽市神明神社

きれいな紫色の文字で「石神さん」と書かれています。小さくてかわいいですね。叶い結びといわれる結び方がしてあり、結び目のところには、アコヤ貝の本真珠がついています。真珠は恋愛運を向上させたり、持つ人を事故や災難から護ったりしてくれるといわれているそうです。また、真珠の石言葉は、健康長寿、富などです。強さや豊かさが連想されます。なかなかに最強の護り石といえそうです。
海に潜る海女たちは危険から身を守るため、星状のセーマンと、格子状のドーマンを磯着に描きました。自然のなかに生きた海女たちの、祈りの形のひとつです。

石神さんで女子旅!鳥羽市神明神社

少し奥まで歩くと、荘厳な大木の根が祀られています。長寿を祈るといいそうです。これだけの根を張り、長く生きたクスノキです、ご利益がありそうですね。ここにもお参りしにいきましょう。

石神さんで女子旅!鳥羽市神明神社

お参りの帰り道には、相差の海産物を売っているお店がいくつもあります。このあたりの海で獲れる魚介類や海藻のことなら、海女さんはなんでも知っています。せっかくの機会ですから、身体にいいもの、きれいになれるもの、とにかく美味しいもの、あれこれ聞いてみましょう。肌ツヤのいい海女さんたちの美容の秘訣はなんでしょう?

石神さんで女子旅!鳥羽市神明神社

少し歩くと、喉が渇きますね。ここからはお待ちかねの海女さんと一緒に楽しめる女子会です。きんと冷えた珈琲や紅茶が待っています。ガラスの器に盛られたなめらかなところてんもいただけます。
きなこの甘みがよく合うこのところてん、海女さんたちが獲った海藻天草100パーセント!海藻は身体にもいいんですよ。ヘルシーなおやつですね。

石神さんで女子旅!鳥羽市神明神社

海女さんがお餅を焼いてくれます。炭火で焼かれる色鮮やかなお餅。
築80年のこの古民家、もともとは海女さんたちが暮らしていたもの。改装オープンした現在は、昭和の雰囲気を残した、海女の家「五左屋」として一息つける空間となっています。光を取り入れる天井の小窓や、部屋の隅に置かれた木箱など、当時の暮らしを思い起こさせるようなものもたくさんあります。海女さんたちがひとつひとつ説明してくれます。

石神さんで女子旅!鳥羽市神明神社

落ち着いた和の空間で、海女さんたちともすっかり打ち解けて、リラックスの笑顔。

石神さんで女子旅!鳥羽市神明神社

古民家でいただく甘味、たまらないですね。ところてんといえば、押し出して細くなっているイメージですが、ここで食べるところてんは、気前よくかたまりで出てくるので食べごたえ十分!いくらでも食べられそう。

石神さんで女子旅!鳥羽市神明神社

気づけば4人ともこの笑顔。話も弾み、途中からは大笑い。海女さんたちも、お客さんとお話するのが楽しいのだそう。ときには厳しい自然を相手にたくましく漁をしている海女さんたちの力強いエネルギーをわけてもらえたようです。海の女は強く、優しく、美しいですね。

石神さんで女子旅!鳥羽市神明神社

プランの終わりには、お土産があります。相差で獲れた「あらめ」という海藻。お肌がきれいになるとのこと。栄養満点で、ダイエット中でも問題なし。女子会のお土産にはぴったりの一品です。

石神さんで女子旅!鳥羽市神明神社

以上、「海女さんと過ごす石神さん」プランでした。
願い事から始まって、おまじない、和のスイーツ、古民家での女子会、お喋り、女の子の大好きをめいっぱい詰め込んだ楽しい時間。そして帰りには、お土産までもらえます。その他の海産物や乾物など、健康に効きそうなものをお買い物することもできます。気さくで明るい海女さんたちと、心躍るひとときを過ごしてみませんか?

【基本情報(石神さん)】
交通:伊勢二見鳥羽ライン→国道167号線経由でおよそ20km
公共交通期間:鳥羽バスセンターから、かもめバス(鳥羽~国崎線)にて約40分、相差下車 バス停から徒歩約7分
※かもめバスの時刻表・路線図はコチラ
http://www.city.toba.mie.jp/teikisen-kanri/basu/rosen/toba-kuzaki.html
駐車場:無料

【海女結びドーマンセーマン「海女さんと過ごす石神さん」プラン】
内容:①海女2人と一緒に石神詣で(ドリンク・ところてん・お土産付き)
   ②海女さんとおしゃべり(ところてん付き)
料金:1人 4,000円(定員2~6名)
時間:約60分(15:00~15:30~) 予約制
申込み:前日17:00までに海女文化資料館に電話連絡
    0599-33-7453

*********************
★ SNSプロモーションキャンペーン実施中!(Instagram, Facebook,Twitter

 お客様のSNSで「海女結びドーマンセーマン~海女さんと過ごす石神さん~」体験について発信すると、体験料が1,000円引きに!!

●お客様のSNSで公式webページまたは観光三重体験レポートページ(このページ)をシェア or ツイート

または

●体験後すぐにお客様のSNSに「#三重あそび」を付けて投稿

  期間:平成29年12月末まで

  *********************

関連情報

カテゴリー
グルメ・おみやげ 体験 花・自然・絶景
季節
春(3~5月) 夏(6~8月) 秋(9~11月) 冬(12~2月)
エリア
伊勢志摩

PR

バナー広告について

観光三重ピックアップ!

  • ホタルを観賞できる時期は今だけ!ホタル観賞スポットやホタルイベントをまとめて紹介します。<br />
<br />

    ホタルを観賞できる時期は今だけ!ホタル観賞スポットやホタルイベントをまとめて紹介します。

    2017.05
  • 夏と言えば花火!三重県の花火大会の開催スケジュール、開催場所の2017年版をご紹介します!!

    夏と言えば花火!三重県の花火大会の開催スケジュール、開催場所の2017年版をご紹介します!!

    2017.06
  • 三重県には「恋のパワースポット」がいっぱい!恋愛祈願に出かけましょう♡

    三重県には「恋のパワースポット」がいっぱい!恋愛祈願に出かけましょう♡

    2017.04
  • 雨でも楽しいおでかけスポット特集!天気が悪くても思いっきり楽しめる施設や体験メニューをご紹介

    雨でも楽しいおでかけスポット特集!天気が悪くても思いっきり楽しめる施設や体験メニューをご紹介

    2017.03
  • 日ごろの疲れを癒しに温泉へ行こう!リラックスできる三重県の人気日帰り温泉や天然温泉旅館を紹介

    日ごろの疲れを癒しに温泉へ行こう!リラックスできる三重県の人気日帰り温泉や天然温泉旅館を紹介

    2016.11

オフィシャルSNS

PR

取材レポート

ミキモト真珠島は、島がまるごと博物館!鳥羽湾を望む気持ちのよい島で真珠のことを学びに行こう!
ミキモト真珠島は、島がまるごと博物館!鳥羽湾を望む気持ちのよい島で真珠のことを学びに行こう!
掲載日:2017.06.14
ミキモト真珠島は、島がまるごと博物館!鳥羽湾を望む気持ちのよい島で真珠のことを学びに行こう!

フォトコンテスト

カモメ襲来
カモメ襲来

カテゴリーおすすめ記事

  • 伊勢志摩・鳥羽・東紀州など三重県おすすめ海水浴場ビーチ特集 人気の御座から東紀州の穴場まで

    伊勢志摩・鳥羽・東紀州など三重県おすすめ海水浴場ビーチ特集 人気の御座から東紀州の穴場まで

    夏といえば海水浴!南北に長い三重県には魅力的できれいな海水浴場が多数あります。多くの人で賑わう人気の志摩市・御座白浜海水浴場や津市の御殿場海水浴場、少し穴場な三重県南部のビーチなど行きたくなる海水浴場がたくさんです。
    ...

    #
  • ミキモト真珠島は、島がまるごと博物館!鳥羽湾を望む気持ちのよい島で真珠のことを学びに行こう!

    ミキモト真珠島は、島がまるごと博物館!鳥羽湾を望む気持ちのよい島で真珠のことを学びに行こう!

    鳥羽にあるミキモト真珠島は、パールの全てがわかる博物館!学べるだけでなく、パールなどの宝飾品の買い物も楽しめるうえに、海女漁の実演も見れるという、楽しさ満開の島なんです。パワースポットもあるということで、詳しく取材し...

    #
  • 現地取材!なばなの里のホタルまつりに行ってきました 蛍の見頃や鑑賞時間も紹介

    現地取材!なばなの里のホタルまつりに行ってきました 蛍の見頃や鑑賞時間も紹介

    夏に近づくこの季節、梅雨の夜に楽しめる風景があります。今では数が少なくなり都会ではまず見られなくなったホタルです!なばなの里では舗装された通路から安心してホタル観賞を楽しむことができますよ。

    #

季節おすすめ記事

  • シーズン到来!プール&川遊び 水遊びできるスポット特集 2017

    シーズン到来!プール&川遊び 水遊びできるスポット特集 2017

    夏の楽しみといえばプール&川遊びです!屋内で楽しめたり、スライダー付きのプールや、川遊び・ラフティングまで三重県でも人気のスポットをご紹介します。

    海水浴場特集はこちらのページから https://www.kankomie.or.jp/season...

    #
  • 七夕まつり・イベント特集 2017

    七夕まつり・イベント特集 2017

    7月7日は七夕の日!!短冊なんて子供の時以来書いていないかも・・という方も、今年は七夕まつりに足を運んで、夏の風物詩を満喫しましょう!三重県で人気の七夕まつりや七夕イベントをご紹介します!

    #
  • 三重県の花火大会特集 2017 人気の伊勢神宮や桑名・津など 日程も掲載

    三重県の花火大会特集 2017 人気の伊勢神宮や桑名・津など 日程も掲載

    夏のおすすめ人気イベントと言えば花火!三重県の夏の夜空に咲き誇る花火大会の開催スケジュール、開催場所の2017年(平成29年)版をご紹介します。大阪や愛知県・名古屋市からなら一足伸ばして三重県の花火を見られますのでぜひお越...

    #
ページトップ