取材レポート

伝統ある伊賀組紐作りと伊賀焼陶芸を体験してきました!

掲載日:2016.12.07

9,696ビュー

伊賀市の体験メニューで有名な「伊賀組紐(いがくみひも)作り」と伊賀焼陶芸体験をしてきました!今回はその2つをレポートします。明治35年創業の老舗、伊賀上野の街中にある「廣澤徳三郎工房」で伊賀組紐作り体験しキーホルダー・ストラップづくりをしてきました。伊賀組紐は現在、帯締めやネクタイなど日常の生活用品にも使用されています。伊賀焼伝統産業会館で伊賀焼陶芸体験に挑戦してきました。ここではなんと陶芸家の方に直接指導していただけます。

伝統ある伊賀組紐作りと伊賀焼陶芸を体験してきました!

伊賀市の体験メニューで有名な「伊賀組紐(いがくみひも)作り」でキーホルダー・ストラップ作り体験と、伊賀焼陶芸体験をしてきました!今回はその2つをレポートします。2016年津クイーン 角谷 奈津実さんに挑戦していただきました。

伝統ある伊賀組紐作りと伊賀焼陶芸を体験してきました!

まずは明治35年創業の老舗、伊賀上野の街中にある「廣澤徳三郎工房」へ伺いました。ここでは伊賀組紐作り体験ができるんです!伊賀上野城や伊賀流忍者博物館の忍者を目的に来る方に加え、最近は映画「君の名は。」の影響でお店に来客される方も増えているそう。外国人の方も来ていました。お店の外観も雰囲気がありますね。

伝統ある伊賀組紐作りと伊賀焼陶芸を体験してきました!

ではくみひも体験にチャレンジしてみましょう!最初にお店の方からレクチャーをしていただけますので、初めての方でも気軽に体験できます。組紐を作成する際には丸台、角台、綾竹台などありますがお店では丸台で体験が可能です。

伝統ある伊賀組紐作りと伊賀焼陶芸を体験してきました!

伊賀組紐で使用される糸は絹糸や金銀糸などを使用しており、見た目も綺麗。作り方は丸台の上で順番に回すように交差に組んでいきます。ちなみに伊賀組紐は昔、仏具や神具、武士の甲冑や刀の紐などに使用するため作られていました。現在では帯締めやネクタイなど日常の生活用品にも使用されています。

伝統ある伊賀組紐作りと伊賀焼陶芸を体験してきました!

角谷さんはコツを覚えるのが早くどんどん組紐作りを進めます。体験時間は通常約20分ほど。組紐作りの動画はこちら

伝統ある伊賀組紐作りと伊賀焼陶芸を体験してきました!

だんだん出来上がってきて…

伝統ある伊賀組紐作りと伊賀焼陶芸を体験してきました!

キーホルダーが完成!伊賀に来た記念のおみやげにぴったりですね。店内にはたくさんの伊賀組紐商品が並んでいますので、体験ではなくお買い物目的で来店されてもOKです。
体験は事前予約が必要となりますので、ご希望の方は必ずお店に連絡してくださいね。

体験料金:1名につき1,000円(税込)
住所:〒518-0878 伊賀市上野西大手町3635-1
電話:0595-21-1127(廣澤徳三郎工房)
公式URL:http://www.ict.ne.jp/~toku-3/
営業時間:10時00分~17時00分
休業日:不定休

伝統ある伊賀組紐作りと伊賀焼陶芸を体験してきました!

続いて伊賀焼伝統産業会館で伊賀焼陶芸体験に挑戦してきました。ここではなんと陶芸家の方に直接指導していただけます。

伝統ある伊賀組紐作りと伊賀焼陶芸を体験してきました!

伊賀焼伝統産業会館では、「たたら成形」、「ろくろ成形」(電動ろくろ、手廻しろくろ)、「手ひねり成形」、「絵付」などが楽しめます。
今回は電動ろくろ体験です。所要時間は約1時間程度となります。

伝統ある伊賀組紐作りと伊賀焼陶芸を体験してきました!

おおよその形を陶芸家の方に作成していただき、作りたい湯呑みやお茶碗、うつわなどの陶器を形作っていきます。
手の細かい動きが必要となりますが、失敗しても作り直すことができますのでご心配なく。

伝統ある伊賀組紐作りと伊賀焼陶芸を体験してきました!

こちらでも角谷さんは飲み込みが早く、作業がどんどんと進みます。体験中の動画はこちら

伝統ある伊賀組紐作りと伊賀焼陶芸を体験してきました!

そして完成!体験で作ったとは思えないほど上手く仕上がりました。これを陶芸家の方に焼いていただき、後日宅配便で送っていただけますよ。完成品を見るのが楽しみですね。

伝統ある伊賀組紐作りと伊賀焼陶芸を体験してきました!

伊賀焼伝統産業会館では中で陶芸品も販売していますので、興味ある方はお買い求めくださいね。
私は小さい目玉焼きの陶器が気になりました。

体験料金
作陶コース 1,296円(粘土500g焼成代込み)
作陶コース 2,160円(粘土1キロ焼成代込み)
作陶(電動ロクロ)コース 3,240円(粘土1キロ焼成代込み)
絵付コース 1,080円(カップor皿焼成代込み)
※2018年7月1日時点の価格です

住所:〒518-1325 伊賀市丸柱169-2
入館料:大人200円 中高生100円
電話:0595-44-1701(伊賀焼伝統産業会館)
公式URL:http://www.igayaki.or.jp/
営業時間:9:00~17:00
休業日:月曜日・祝日(月曜が祝日の場合は翌日休館)・12月29~1月4日
車でのアクセス:・名阪国道「壬生野IC」から北西へ車15分
駐車場:無料(普通車20台、マイクロバス・大型バス2台)

伊賀市には伝統ある産業がありますので、観光だけでなく体験メニューにも楽しんでみてはいかがでしょうか。大阪からも近いですのでぜひ足を運んでみてくださいね。

※記事の内容は2016年11月現在の情報となりますのでご了承ください

カテゴリー
ものづくり&自然体験 文化&寺社仏閣 雨の日でもOK
季節
オールシーズン
エリア
伊賀

PR

バナー広告について

観光三重ピックアップ!

  • ココロとカラダを健やかに!三重の自然体験を楽しもう♪

    ココロとカラダを健やかに!三重の自然体験を楽しもう♪

    2021.07
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 梅の名所スポット&梅まつり特集

    梅の名所スポット&梅まつり特集

    2021.12
  • カキの美味しい季節到来!焼き牡蠣食べ放題の鳥羽市浦村のお店を地図付きで紹介します!

    カキの美味しい季節到来!焼き牡蠣食べ放題の鳥羽市浦村のお店を地図付きで紹介します!

    2020.10
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

国立公園、国定公園とは?三重県内のおすすめスポットと共に紹介します♪
国立公園、国定公園とは?三重県内のおすすめスポットと共に紹介します♪
掲載日:2022.01.24
国立公園、国定公園とは?三重県内のおすすめスポットと共に紹介します♪

フォトコンテスト

雨のち。。。絶景
雨のち。。。絶景
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • 東海道関宿(亀山市)でグルメ・お土産・町歩きを満喫!駐車場や撮影スポットも紹介します

    東海道関宿(亀山市)でグルメ・お土産・町歩きを満喫!駐車場や撮影スポットも紹介します

    東海道関宿は江戸の古い町並みが今も残る場所。そんな歴史を感じる町でグルメ・お土産・町歩きを楽しむ観光モデルコースを紹介!駐車場や撮影スポットも解説!【所要時間:3〜4時間】

    #
  • 北勢地区にまたがる七つのパワースポット!?伊勢七福神を巡ろう!【後編】

    北勢地区にまたがる七つのパワースポット!?伊勢七福神を巡ろう!【後編】

    前編に引き続き、三重県内でも七つある七福神霊場(しちふくじんれいじょう)の内の一つ、「伊勢七福神」を巡ります。伊勢七福神とは桑名市、四日市市、鈴鹿市、亀山市にある七つの寺院で構成された昭和五十八年に開創された霊場です...

    #
  • 映え写真が撮影できちゃう!世界遺産「鬼ヶ城」をよしお兄さんがてくてく歩きます!

    映え写真が撮影できちゃう!世界遺産「鬼ヶ城」をよしお兄さんがてくてく歩きます!

    三重県熊野市にある絶景スポット、世界遺産「鬼ヶ城」で、元体操のお兄さん「よしお兄さん」が、映え写真の撮影に挑戦しました!

    #

季節おすすめ記事

  • 国立公園、国定公園とは?三重県内のおすすめスポットと共に紹介します♪

    国立公園、国定公園とは?三重県内のおすすめスポットと共に紹介します♪

    「国立公園」「国定公園」という言葉を聞くと、漠然と“自然に恵まれた場所”というイメージを抱く方が多いはず。しかし、具体的にはどのような場所のことを指すのか分からない方も多いのではないでしょうか?
    今回は、国立公園と国定...

    #
  • 「三重県×ミジュマル」WEBサイトがオープン!

    「三重県×ミジュマル」WEBサイトがオープン!

    PR

    今後こちらのWEBサイトを通じて、さまざまな情報を随時発信していきますので、ご期待ください!

    #
  • 三重の山がもっと好きになる!「亀山7座トレイル」!!

    三重の山がもっと好きになる!「亀山7座トレイル」!!

    今回はASOBISIAが「亀山7座」を制覇してきましたので紹介します!
    「亀山7座」とは鈴鹿山脈で石水渓付近の700メートル前後の山を7座として選定したものです。「亀山7座」には「鈴鹿セブンマウンテン」の山々とはまた違った魅力の山が...

    #
ページトップ