パールロード大特集!おすすめの展望台やランチ、観光スポットを紹介します。

パールロードは鳥羽〜志摩を結ぶ23.8kmのドライブウェイで、道中には展望台やランチを楽しめるスポットが盛りだくさん!この記事ではパールロードの楽しみ方を徹底解説します。

記事制作 / みえ旅カメラ部 ふがまるちゃん

📄 目次

パールロードとは?

パールロードは鳥羽〜志摩を結ぶ23.8kmのドライブウェイで、道中には展望台やランチを楽しめるスポットがいっぱい!

ドライブしながら海を眺められるポイントがあるので、近畿(関西)、東海のドライブスポットとしても大人気!

視界の開けた場所が多いので、目の前に広がる大海原にきっと感動するはず。

この記事ではそんなパールロードの魅力を徹底解説します。

パールロードの基本情報

ここでは、パールロードへ行くのが初めて・久しぶりの方に知ってもらいたい最新情報を紹介します。

どこからどこまでがパールロード?

パールロードは鳥羽市浦村町から志摩市阿児町を結ぶ県道128号で、入口は鳥羽市側、出口は志摩市側にあります。

地域住民の生活道路でもあり、石鏡(いじか)町・国崎(くざき)町・相差(おうさつ)町・畔蛸(あだこ)町への交通経路にもなっています。

上記地図の青い線がパールロード(県道128号)で、海岸線沿いの道路なのが分かると思います。

パールロードの入り口はどこ?

パールロードの入口はアーチ型の真っ白な「麻生(おう)の浦大橋」で、海を間近に感じる絶景ポイント!橋からの眺めがこちら↓

青々とした海と島々に見惚れるかもしれませんが、走行中は脇見運転をしないように気を付けましょう。

パールロードを走行すると、このようなビューポイントがいくつもあります。

重量制限について

麻生の浦大橋は老朽化による復旧工事を行っているため、橋を含む一部区間では16t以上の大型車は通行できない重量制限を行っています。

また、2023年6月5日(月)~7月14日(金)は吊材交換に伴う平日連続通行止が告知されています。

夜間通行止の期間もあるので、詳細はこちらのPDFをご覧ください。

名称

麻生の浦大橋

住所
〒517-0025 鳥羽市浦村町
電話番号

0599-25-1157

公共交通機関でのアクセス

鳥羽バスセンターからかもめバスにて約30分今浦下車
バス停から徒歩約3分

車でのアクセス

伊勢ICから二見鳥羽ライン経由で約30分

通行料金はいくら?

パールロードは2006年までは有料道路でしたが、現在は無料で通行できます。

営業時間はなく、24時間出入り可能です。

以前の料金について

2006年6月30日まではパールロードの一部区間が有料で、普通車の通行料は520円でした。現在は無料なので、十数年ぶりに訪れる方は嬉しい情報だと思います♪

大型車は通れる?

パールロードは片側1車線の道路で、バスやトラックなどの大型車も通行できる道幅です。

ヘアピンカーブのような急カーブはありませんが、小さなカーブが連続する箇所があるのでスピードの出しすぎには要注意!

通行止め区間に注意!

台風や豪雨の影響によりパールロード内で土砂崩れが発生することがあります。

2022年9月23日に発生した土砂崩れでは、パールロード内の一部区間が2週間ほど通行止めになりました。

通行止め区間がある場合は鳥羽市観光協会の公式サイトで告知されるので、事前にチェックしておくと安心です。

おすすめの展望台4選

ここではパールロードからアクセスできるオススメの展望台を4つ紹介します。

どれも海を一望できる絶景のロケーションです♪

鳥羽展望台

鳥羽展望台はパールロード内にある展望台で、標高163mから海を一望できる絶景スポット!

敷地内には展望スポットがいくつもあり、2022年12月29日にはカフェ&ショップの「海女のテラス」がリニューアルオープンしました。

駐車場は約250台を完備し、男女別のトイレもあるので、ちょっと休憩したい時にピッタリの場所なんです。

そんな鳥羽展望台の魅力や最新情報を次で解説します♪

カフェ&ショップ「海女のテラス」

鳥羽展望台にあった軽食店「はねやすめ」を改装し、「海女のテラス」として2022年12月29日にリニューアルオープン!

展望台からは海女漁の様子を眺めることができ、この風景がいつまでも続く願いを込めて「海女のテラス」と命名されました。

店内は和モダンな内装で、窓際の席からは海を望める絶好のロケーション!

木製のテーブル席が落ち着いた雰囲気を演出しています。

カフェメニューには伊勢志摩の食材を使ったサンドイッチやフラッペ、パフェなどがあり、松阪牛を使ったフランクフルトもあるなど、ランチやデザートにぴったりのメニューが勢揃い!

今回の取材では「浦村牡蠣アヒージョサラダサンド」と「あおさフラッペ」を注文しました。

※サンドイッチはランチタイムの11時〜14時半に注文可能です。

浦村牡蠣アヒージョサラダサンド ¥1280

サラダと鳥羽の名産品「浦村牡蠣」がはみ出るような見た目はインパクト抜群!

パンの外側はカリッとした食感なのですが、中はもっちりなのがおいしい。

酸味の効いた人参ラペが牡蠣のアヒージョとの相性抜群でした。

あおさフラッペ ¥680

伊勢志摩の食材「あおさのり」を使用したフラッペなのですが、大内山牛乳を使用している点にも注目!

大内山牛乳は三重県内で生産されている牛乳なのですが、県民からは熱愛されるほどのご当地牛乳なんです。

気になるお味は・・・「海苔の味ってスイーツにも合うんだ」と驚きです。

甘いチョコソースがアクセントになり、大内山牛乳の濃厚なミルク味も感じられて大満足でした。

お土産ショップの様子

カフェを楽しんだ後はお土産物選びはいかが?

海女のテラスには伊勢志摩のお土産がズラリと並ぶショップがあり、伊勢志摩産アコヤパールを使ったアクセサリーや地酒など、種類豊富です♪

ツーリングで来られた方は旅の記念にオリジナルステッカーはいかが?

旅の安全を願って作られたドーマンセーマンマーク付きの「鳥羽展望台」ステッカーは大人気で、取材時は売れ切れていました。

※ドーマンセーマン・・・・伊勢志摩の海女さんが身につける魔除けのマーク

名称

鳥羽展望台 海女のテラス

住所
〒517-0031 鳥羽市国崎町大岳3-3
電話番号

0599-33-6201

営業時間

9:30~16:30(繁忙期は延長することもあります)
※ランチタイム 11:00〜14:30
※カフェタイム 9:30〜11:00、14:30〜16:00(繁忙期)
※カフェスペースは閉店の30分前にclose

休日

水曜日(繁忙期は営業。振替休の場合あり)

駐車場

250台無料

公共交通機関でのアクセス

JR・近鉄鳥羽駅よりタクシーにて25分

車でのアクセス

伊勢自動車道伊勢ICより伊勢二見鳥羽ラインを通り、パールロード経由で40分

箱田山園地

カフェとお土産物選びを楽しんだ後は、箱田山園地で海を眺めませんか?

海女のテラスから徒歩数分ほどの距離にあり、広大な芝生広場から海を望めるロケーションなんです♪

2階建てのウッドデッキからはより高い視点で海を一望できますよ。

気象条件が揃えば遠くに富士山が見えることも!

この写真は2020年2月9日 12時17分に鳥羽展望台から撮影した富士山です。

晴天の冬場なら富士山が見られるチャンスかもしれません。

箱田山園地の地図はこちら(Google Mapsが開きます)

面白展望台

面白展望台はパールロードにある展望台で、その名の通り「おもしろ展望台」と呼びます。

自ら「おもしろ」と名乗る三重県の珍スポットなのですが、敷地内には展望台と木のぬくもりを感じる綺麗なトイレがあります。

Google Mapsでは240件以上の口コミを集めており、「面白」という名称が気になって訪れる方が多いようです。

こちらが展望台からの眺めで、鳥羽市の畔蛸町〜相差町、太平洋などを一望できます。

海と島々が広がるリアス海岸の地形を間近に感じられるので、一見の価値がありますよ。

名称

面白展望台

住所
〒517-0033 鳥羽市畔蛸町454-32
電話番号

0599-25-1157

駐車場

車でのアクセス

伊勢二見鳥羽ライン鳥羽ICから車で約30分

無名の展望台

パールロードには名前のない展望台がいくつもあり、どれも駐車スペースが数台ほどあるので、ふらっと立ち寄れますよ。

中でも温泉リゾートホテル「TAOYA志摩」付近の展望台はGoogle Mapsで70件以上の口コミを集める注目の場所。

鳥羽展望台よりも標高が低いので、海との距離感が近く、心地よい海風を浴びてリフレッシュできました♪

この展望台の地図はこちら(Google Maps)が開きます

春雨展望台

春雨(はるさめ)展望台は鳥羽市相差(おうさつ)町の菅崎(すがさき)園地にある展望台。

牡蠣の養殖が盛んな的矢湾(まとやわん)を一望できる立地で、パールロードを経由してアクセスできます。

展望台には「常永久(とこわか)の鐘」があり、この鐘を鳴らしたカップルは永遠に愛が続くと言われています。

鐘を鳴らしながら海を一望できるので、デートにぴったりのロケーションだと思います。

日没に訪れてみたら夕焼け色に染まる海が幻想的でした!

注意点としては、菅崎園地には道幅が狭い箇所があるので慎重に走行しましょう。

名称

菅崎園地

住所
〒517-0032 鳥羽市相差町
電話番号

0599-25-1157

駐車場

あり

公共交通機関でのアクセス

鳥羽バスセンターからかもめバスにて約40分相差下車
相差バス停から徒歩約30分

車でのアクセス

伊勢ICから伊勢二見鳥羽ライン経由で約40分

絶品の海鮮・牡蠣ランチ

ここでは、パールロード周辺の美味しい飲食店をピックアップしてご紹介!

どれも実際に訪れたお店なので、美味しさの保証付き♪

かき処 かきいち(牡蠣食べ放題)

「かき処 かきいち」は焼き牡蠣・蒸し牡蠣の食べ放題を楽しめるお店で、麻生の浦大橋から車で約5分の場所にあります。

ここは漁師自らが運営しており、提供する牡蠣は18時間以上の減菌浄化洗浄をするので、安心して食べられます♪

さらに、焼き牡蠣は溶岩石による遠赤外線効果で身がふっくら&ジューシーな味わいなんです。

料金は大人¥3,300、小人¥1,650(小学生)、幼児 ¥550(3歳~)で、1名につき牡蠣飯・牡蠣佃煮・牡蠣味噌汁・カキフライ3個が付きます。

※幼児は焼き・蒸しの牡蠣食べ放題のみ
※3歳未満は無料です
※大人2名からの受付になります

120席ある店内は広々としており、小上がりの座敷もあるのでお子様連れのファミリーでも過ごしやすい環境です。

取材時は大雨でしたが、暖房の効いた屋内でしたので牡蠣食べ放題を快適に楽しめました♪

ご来店の際は事前予約が必須なので、以下の電話番号からお問い合わせください。

名称
かき処 かきいち
住所
〒517-0025 三重県鳥羽市浦村町1560
営業時間
11:00 〜 15:00
定休日
公式サイトのご予約状況カレンダーをご覧ください
電話番号
0599-32-5216
車でのアクセス
麻生の浦大橋から車で約5分
駐車場
あり(無料)

西村食堂(お造り定食)

西村食堂は鳥羽市石鏡(いじか)町にある磯料理店で、パールロードから石鏡方面の道路を通ってアクセスできます。

お店は石鏡漁港の近くにあり、外観は昔ながらの懐かしい佇まい。

夕暮れ時でお腹が空いていたので、ふらっと入店してみたら・・・・

ものすごいボリュームのお造り定食に出会いました!!!!

カツオ・イカ・ブリのお刺身、サザエのお造り、煮魚、お味噌汁、ご飯は一杯までおかわり無料という大ボリュームに衝撃!

店主さんはとっても気さくな方で、カウンター越しに2時間ほど会話が弾みました♪

この美味しさと店主さんの温かい人柄は文字では伝えられない感動がありました。

西村食堂を後にして、帰り道にふと夜空を見上げたら・・・満天の星!

石鏡町は街明かりの少ない環境なので、星空が綺麗に見えるんです。

この星空をゆっくり鑑賞したい方は、石鏡町のホテルに宿泊するのがオススメ!

中でも「石鏡第一ホテル 神倶良」には屋外ラウンジがあるので、ソファーに座りながら星空を鑑賞できますよ♪

石鏡第一ホテル 神倶良の取材レポートはこちら

立ち寄りたい観光スポット

ここでは、パールロード周辺のおすすめ観光スポットをピックアップして紹介します。

石神さん(パワースポット)

「石神さん」は鳥羽市相差町の神明神社に祀られている石の神様。

古くから信仰を集めており、「女性の願いなら1つは叶えてくれる」と言われています。

このご利益を求めて全国から年間20万人もの人訪れる人気のパワースポットなんです。

石神さんは神明神社の境内にある「石神社」に祀られており、「祈願用紙」にお願いごとを記入して、「願い箱」に入れることで祈願できます。

「祈願用紙」は石神社近くの記帳台で無料配布されており、備え付けの鉛筆で記入します。

その御利益のほどは・・・Google Mapsやトリップアドバイザーの口コミを見ると一目瞭然です。

神明神社までの通路には、飲食店や民宿が建ち並び、今風のおしゃれなカフェもあります。

海女さんが運営するお土産物屋さんもあり、この地域で採れた「あおさのり」や「ひじき」などの海産物を大特価で販売しています。

無料駐車場は神明神社の周辺に4ヶ所あり、神社から最も近いのは「相差海女文化資料館」併設の駐車場です。

名称

石神さん(神明神社)

住所
〒517-0032 鳥羽市相差町
電話番号

0599-33-7453

駐車場

あり

公共交通機関でのアクセス

鳥羽バスセンターからかもめバス(鳥羽~国崎線)にて約40分、相差下車
バス停から徒歩約7分
かもめバスの時刻表・路線図はこちら
https://www.city.toba.mie.jp/soshiki/t_kanri/gyomu/doro_kotsu/kokyo_kotsu/1642.html

車でのアクセス

伊勢ICから伊勢二見鳥羽ライン経由で約40分

千鳥ヶ浜海水浴場

千鳥ヶ浜海水浴場は鳥羽市相差町にある全長500mの白浜ビーチで、透き通るような海水が特徴です。

パールロードから相差方面の道路に入るとアクセスできるので、ドライブでふらっと立ち寄れる絶景ビーチです。

ここは鳥羽十景に数えられる景勝地で、夏シーズンは海水浴で賑わいます。

夏休み期間中は監視員がいるのと、水が浅い海岸なので、ファミリーでの海水浴にぴったりなビーチです。

ビーチ手前には全室オーシャンビューのお宿「浜の雅亭一井」があるので、ここに泊まってパールロードを1泊2日で巡る旅もおすすめです。

浜の雅亭一井では「あのりふぐ」や「伊勢海老」をはじめとした伊勢志摩の食材料理を堪能できますよ♪

浜の雅亭一井の取材レポートはこちら

名称

千鳥ケ浜海水浴場

住所
〒517-0032 鳥羽市相差町
電話番号

0599-33-6411

営業時間

2023年の海開き 7月1日
7月15日~8月20日 海の家、駐車場開設

駐車場

あり(有料)

公共交通機関でのアクセス

鳥羽バスセンターからかもめバスにて約40分千鳥ヶ浜下車
千鳥ヶ浜バス停から徒歩約2分

車でのアクセス

伊勢ICから伊勢二見鳥羽ライン経由で約40分

海の博物館

鳥羽市浦村町の「海の博物館」はパールロードの道中にある博物館。

海女や漁、木造船など海にかかわる民俗資料を所蔵し、その展示数はなんと6万点!

そのうち6879点が国指定重要有形文化財と、見所が満載なんです。

中でも全国各地から集められた80隻以上の木造船がずらーーりと並ぶ光景は圧巻です。

現代の漁船はエンジンなどを備えたプラスチック船ですが、つい50年前までは木造船が主流でした。

その当時、全国に1万人以上いた船大工さんは、現在ではわずかしかいないそうです。

漁具類の展示コーナーも見所の1つで、漁師や海女が実際に利用したものがズラリと並びます。

各道具には説明付きなので、実物を見ながら分かりやすく学べますよ。

海の歴史を学んだあとは、体験もオススメ!

土日祝日には、海の博物館ならではの体験を開催しています。

こちらは、海のマグネットづくり(2個500円)。

本物の貝殻を組み合わせてマグネットを作るのですが、目玉をつければ魚や亀のマグネットが完成します♪

お帰りの前には、お土産ショップにもぜひお立ち寄りください。

ここでしか買えないオリジナルグッズが勢揃いなんです。

中でも「うなぎのぬいぐるみ」は大人気で、Twitterでバズったことがあるほど。

愛嬌ある表情と人形の持ちやすさが人気の秘訣なんだとか。

お腹が空いたら、施設内にあるミュージアムカフェ「あらみ」はいかが?

海の幸牡蠣カレーや鳥羽市にある離島・答志島産シラスのカルボナーラなど、地元の海産物をつかったメニューが揃っています。

こちらは、スタッフさんおすすめの「自家製 トコロテン」。

鳥羽産の天草から煮出して作ったもので、黒蜜きな粉の味わいがとっても美味しい!

鳥羽の魅力や海の歴史を見て触って楽しめる海の博物館に、ぜひ行ってみてくださいね。

名称

鳥羽市立海の博物館

住所
〒517-0025 鳥羽市浦村町大吉1731-68
電話番号

0599-32-6006

料金

大人(18歳以上) 800円
大学生以下     400円

営業時間

3月1日~11月30日 9:00〜17:00
12月1日~2月末日 9:00~16:30
(最終入館は閉館の30分前まで)
船の収蔵庫見学 16:00まで

休日

6月26日~6月30日、12月26日~12月30日

駐車場

あり

公共交通機関でのアクセス

鳥羽バスセンターからかもめバスで約35分海の博物館前下車徒歩すぐ

車でのアクセス

伊勢ICから伊勢二見鳥羽ライン経由で約35分

鎧埼灯台

鎧埼(よろいざき)灯台は鳥羽市国崎町にある白亜の灯台で、志摩半島の最東端に位置します。

古代皇族の倭姫命(やまとひめのみこと)が訪れた場所として知られ、パールロードから国崎方面の道路に入ることでアクセスできます。

灯台内には入れませんが、周辺は太平洋を一望でき、「バシャーン」と荒波が岩にぶつかる様子は圧巻です。

鎧崎の名称は倭姫命が天照大神鎮座の地を探して国崎町に立ち寄った際に、岬で鎧をはずしたことから「鎧埼」と命名されたと言われています。

ここから眺める美しい海の光景に、思わずウットリしたのかもしれませんね♪

灯台までの道中はどこか懐かしさを感じられる雰囲気で、カモメの鳴き声や波音が鳴り響く空間でした。

ここでのんびりと海を眺めながら散歩すると、心身ともにリフレッシュできると思います♪

駐車場は60分無料で利用でき、灯台まで徒歩10分ほどの距離です。

パールロードから駐車場までには細い道があるので、対向車に気をつけて進みましょう。

名称

鎧埼灯台

住所
〒517-0031 鳥羽市国崎町
電話番号

0599-25-1157

公共交通機関でのアクセス

鳥羽バスセンターからかもめバスにて約45分国崎下車
国崎バス停から徒歩約10分

車でのアクセス

伊勢ICから伊勢二見鳥羽ライン経由で約50分

いかがでしたでしょうか

パールロードの魅力をたっぷりとお届けしました。

グルメ・絶景・歴史を楽しめる魅力的な観光道路なので、ぜひ一度行ってみてくださいね。

ご遠方から来られる方はパールロード周辺の宿泊施設に泊まって、1泊2日の旅がおすすめです。

ふがまるちゃん(撮影・記事制作)

観光三重のみえ旅カメラ部に所属し、三重を撮る写真家としてTwitterInstagramを中心に活動中。三重の風景を無料配布する三重フォトギャラリーと三重の旬な情報を発信する三重のええとこ巡りを運営。

Page Top