五ヶ所湾 SUN!3!サンデー!ふれあい市  (6月)

(ゴカショワンサンサンサンデーフレアイイチ)
  • ふれあい市の様子
  • ふれあい市の様子

南伊勢町の新鮮で安心・安全な農林水産物や地場産品を販売する青空市で、毎月第3日曜日に開催しています。
人気商品はお昼までになくなってしまうことも!
地元のかたともふれあえる、ふれあい市へご家族そろってお越しください。

このイベントの関連記事

  • 「南伊勢町おいないさ!キャンペーン夏」で、美味しいお宿へおトクに泊まろう!土日、祝日でも大人1名 7,500円。驚きの宿泊プラン内容を詳しく紹介します!

    #
開催期間
2017年6月18日()
会場
南伊勢町町民文化会館駐車場
住所
〒516-0101 度会郡南伊勢町五ケ所浦3917
電話番号
0599-66-1717(南伊勢町観光協会)
公共交通機関でのアクセス
三交バス 楓江橋下車スグ、五ヶ所バス停より徒歩5分
車でのアクセス
伊勢自動車道玉城ICから サニーロード経由20分
駐車場
60台

※ 2017年8月時点の情報です。日程、料金等が変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

観光三重ピックアップ!

  • カキの美味しい季節到来!焼き牡蠣食べ放題の鳥羽市浦村のお店を地図付きで紹介します!

    カキの美味しい季節到来!焼き牡蠣食べ放題の鳥羽市浦村のお店を地図付きで紹介します!

    2017.10
  • 三重県には「恋のパワースポット」がいっぱい!恋愛祈願に出かけましょう♡

    三重県には「恋のパワースポット」がいっぱい!恋愛祈願に出かけましょう♡

    2017.04
  • 日ごろの疲れを癒しに温泉へ行こう!リラックスできる三重県の人気日帰り温泉や天然温泉旅館を紹介

    日ごろの疲れを癒しに温泉へ行こう!リラックスできる三重県の人気日帰り温泉や天然温泉旅館を紹介

    2016.11
  • 世界にも数少ない「川の世界遺産」があるのは三重県の最南端「紀宝町」。川舟に乗る体験がオススメ!

    世界にも数少ない「川の世界遺産」があるのは三重県の最南端「紀宝町」。川舟に乗る体験がオススメ!

    2017.11
  • 三重の体験特集!ものづくり、自然体験、動物とのふれあいなど、いろんな体験にチャレンジしよう!

    三重の体験特集!ものづくり、自然体験、動物とのふれあいなど、いろんな体験にチャレンジしよう!

    2017.05

オフィシャルSNS

PR

取材レポート

赤福で毎月1日にしか買えない「朔日餅(ついたちもち)」とは!?朝粥や朝市など1日のおかげ横丁の魅力をご紹介!
赤福で毎月1日にしか買えない「朔日餅(ついたちもち)」とは!?朝粥や朝市など1日のおかげ横丁の魅力をご紹介!
掲載日:2017.12.12
赤福で毎月1日にしか買えない「朔日餅(ついたちもち)」とは!?朝粥や朝市など1日のおかげ横丁の魅力をご紹介!

フォトコンテスト

夏の山神
夏の山神
  • 宿の予約

関連エリアおすすめ記事

  • リニューアルオープンした「伊勢安土桃山城下街」で戦国時代にタイムスリップ!

    リニューアルオープンした「伊勢安土桃山城下街」で戦国時代にタイムスリップ!

    安土桃山時代の街並みが再現された人気テーマパーク安土桃山城下街♪新たに美食街やお風呂が加わりリニューアルオープン!グルメやお土産、人気のショーなど詳しくご紹介します!

    #
  • ふくろうカフェ「Fuku×Fuku(ふくふく:三重県鈴鹿市)」で、フクロウ達に癒されてきました!料金やアクセス、駐車場情報も紹介します。

    ふくろうカフェ「Fuku×Fuku(ふくふく:三重県鈴鹿市)」で、フクロウ達に癒されてきました!料金やアクセス、駐車場情報も紹介します。

    ふくろうに触れるふくろうカフェが三重県にあるの、知ってました?鈴鹿市にあるFuku×Fuku(ふくふく)で、可愛いふくろう達を取材してきましたよ。

    #
  • カップル・カメラ女子におススメ!幸せの鐘特集

    カップル・カメラ女子におススメ!幸せの鐘特集

    鳴らすと幸せになれる!?幸せの鐘スポット特集。デートスポットとして人気があるのはもちろんのこと、写真映えすることからカメラ女子たちにもおススメ。SNSでも大人気のフォトジェニックなスポットです!

    #
  • このイベントの近くにはこんなスポットがあります
  • 伊勢現代美術館

    伊勢現代美術館

    #
  • 獅子島の樹叢【県指定天然記念物】

    獅子島の樹叢【県指定天然記念物】

    #
  • 国道260号の景観

    国道260号の景観

    #
ページトップ