正法寺山荘跡 しょうぼうじさんそうあと

正法寺山荘跡
正法寺山荘跡
正法寺山荘跡
正法寺山荘跡

中世の時代(鎌倉~戦国時代)鈴鹿亀山地域一円を治めた武族関氏の砦をかねた山荘跡です。
有名な連歌師宗長などもここを訪れ、歌会を開いていたようです。昭和52年からの発掘調査により明かになったもので、戦国武士の生活を解明する上で貴重であり、昭和56年国の史跡指定を受けています。
今は約200本の桜の名所であり、多くの花見客で賑わいます。

選択したスポットを周遊する観光ルート(マイプラン)を表示・編集できます。

現在選択中のスポット数:...

詳細情報

住所
〒519-1105 亀山市関町鷲山
電話番号
0595-96-1218 (亀山市まちなみ文化財室)
公共交通機関でのアクセス

・JR関西本線「関駅」から北へ徒歩で約35分

車でのアクセス

・名阪国道「関IC」から車で約15分

※料金等については変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

このページを見ている人はこのページも見ています

AIによるあなたへのおすすめページ