八鬼山越え(熊野古道伊勢路) ヤキヤマゴエ

八鬼山からの遠望
さくらの森広場
桜茶屋一里塚と石仏
八鬼山からの遠望
さくらの森広場
桜茶屋一里塚と石仏

巡礼者たちに「西国第一の難所」といわれ、かつては山賊や狼が出没した道。
八鬼山越えでは石畳道の傍らに町石をかねた地蔵や石仏、巡礼墓碑が数多く見られます。
三木里への下りは「江戸道」と「明治道」に分かれており、三木峠の先にある「さくらの森」からは熊野灘が一望でき、芝生の広場となっているのでランチ休憩にはオススメの場所です。
登り、下り共に険しい道ですが体力に自信のある方は、昔の巡礼者の気分を味わいながらトライしてみてはいかがでしょうか?

○コースのポイント:尾鷲節歌碑~駕籠立場~十五町石~巡礼碑~桜茶屋一里塚~蓮華石~三宝荒神堂(日輪寺)~名柄一里塚 ほか
○歩行時間:約5時間
○距離:約10km(三重県立熊野古道センター~JR三木里駅)
○休憩スポット:三重県立熊野古道センター、さくらの森広場 ほか

URL:八鬼山峠(東紀州観光手帖)
URL:三重県立熊野古道センター【八鬼山越え】
URL:世界遺産 熊野古道伊勢路(三重県庁HP)

選択したスポットを周遊する観光ルート(マイプラン)を表示・編集できます。

現在選択中のスポット数:...

詳細情報

住所
尾鷲市
電話番号
0597-89-6172 (東紀州地域振興公社)
公共交通機関でのアクセス

【スタート地点の三重県立熊野古道センターまで】
・JR紀勢本線「大曽根浦駅」から徒歩で約15分
・JR紀勢本線「三木里駅」から電車と徒歩で約35分

車でのアクセス

・紀勢自動車道「紀勢大内山IC」から車で南へ約65分

駐車場

三重県立熊野古道センターの駐車場をご利用ください

※料金等については変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

このスポットを案内できる観光ボランティアガイド

Page Top