特集

赤福の朔日餅(ついたちもち)を特集しました♪ ~食べられるのは年1度だけ!~

赤福の朔日餅(ついたちもち)を特集しました♪ ~食べられるのは年1度だけ!~

伊勢には、毎月一日に普段より早く起きて、神宮へお参りする「朔日(ついたち)参り」というならわしが今も残っています。

「朔日参り」では、無事に過ごせた一ヶ月を感謝し、また新しい月の無事を願ってお祈りをします。 
赤福本店では、お正月を除く毎月一日に「朔日餅」が用意されているので、皆様も「朔日参り」と「朔日餅」を楽しんでみてはいかがでしょうか。


赤福(朔日餅)の公式ページはこちら
実は、一部の直営店で予約購入することも可能なんですよ!


※本店での朔日餅の購入は、新型コロナウィルス対策のため、整理券を配布し、販売時間を区切ることで混雑の防止を行っております。

【2021年3月12日追記】
一時休止をしていた朔日餅販売再開への取組を取材しました!
「コロナ禍でも朔日餅をみなさまにお届けしたい!」 強い想いから始まった、老舗『赤福』のデジタルツール活用



三重県から移動自粛のお願い
・緊急事態宣言が発出されている都府県及び飲食店等への営業時間短縮等の要請がなされているエリアにお住まいの方については、生活の維持に必要な場合を除く三重県への移動の自粛についてご協力をお願いします。

・来県される場合は、「新しい旅のエチケット」を十分に御理解いただき、体調管理をしっかりした上で、手洗いやマスクの着用、人と人との距離の確保など基本的な感染防止対策を徹底していただくようお願いします。

如月:立春大吉餅
弥生:よもぎ餅
卯月:さくら餅
皐月:かしわ餅
水無月:麦手餅
文月:竹流し
葉月:八朔粟餅
長月:萩の餅
神無月:栗餅
霜月:ゑびす餅
師走:雪餅

如月:立春大吉餅

  • 如月:立春大吉餅

一年の邪気を打ちはらう豆大福

「立春」(二月四日)は、二十四節気の“元日”。
前日の“大晦日”には、豆をまいて一年の邪気を打ちはらい、また新しい年を健康に過ごせるよう黒豆をたべるのが風習でした。これが「節分」です。

二月の朔日餅は、「立春大吉餅」。
黒大豆と大豆を使った二種類の豆大福です。
一つは、大粒の黒大豆とつぶ餡を餅生地で包み、もう一つは、こし餡と大豆を包んだ餅生地にきな粉をまぶしたもの。お餅と豆の食感をお楽しみください。

「鬼は外、福は内」、皆様がまめに過ごされ、ますますご繁栄なさいますよう、心から祈念いたします。

弥生:よもぎ餅

  • 弥生:よもぎ餅

よもぎの色と香りを楽しむ上巳の節句

古来、よもぎは「魔除草」と呼ばれ、久しく食されてきました。
昔、三月三日に蓬(よもぎ)餅をお雛様にお供えしたのは、香り高く繁殖力の強いよもぎを餅にして子孫繁栄・無病息災を祈るためです。

三月の朔日餅は「よもぎ餅」。
よもぎの持つ色と香りをそのまま練り込んだ餅生地で、つぶ餡を包んでいます。
女児のすこやかな成長を祈る上巳(じょうし)の節句(桃の節句)にちなんだ餅菓子です。

卯月:さくら餅

  • 卯月:さくら餅

春の気ただよう ほのかな桜色

四月、百花の女王、桜の季節です。
桜にちなんだお菓子の中で最も素朴で親しまれているのは、なんと言ってもさくら餅。

四月の朔日餅は、「さくら餅」。
ほのかな桜色に染めたもち米で、こし餡を包んでいます。選び抜かれた桜の葉で包んでいますので、桜葉とともにお召し上がりください。
春の気を味わっていただけることと存じます。

皐月:かしわ餅

  • 皐月:かしわ餅

子々孫々の繁栄を祈るかしわ餅

新緑の五月。子供の成長を祝う端午の節句にかかせないのは「かしわ餅」。

柏の葉は新葉が育つまで枯れ落ちず、代ゆずりをします。
また、葉の形が、神参りのときに打つ柏手に似ていることから、子々孫々の繁栄を祈るという縁起があります。

五月の朔日餅は、こし餡の入った餅を柏葉で包んだ「かしわ餅」です。

水無月:麦手餅

  • 水無月:麦手餅

麦秋の豊作感謝の麦手餅

六月は「麦秋」とも呼ばれています。
麦刈りの季節だからです。

農家にとっては風水害のシーズン前に収穫できる麦はありがたい穀物でした。
田植え、麦刈りと繁忙期を終えた人々が、豊作感謝のお祝いにつくったのが「麦手餅」です。

六月の朔日餅は、季節菓子としてながい歴史をもつ「麦手餅」です。
もち麦粉が入った餅生地で黒糖味の餡を包み、上から香ばしい麦粉をまぶした素朴なお餅です。麦の香ばしさをお楽しみください。

文月:竹流し

  • 文月:竹流し

青竹に入った自然の涼味

夏至も過ぎ、猛暑の七月。
よく冷えた水ようかんの口あたりはまた格別です。

むかしは、夏祭や縁日でよくみかけたものです。
青竹を口にしたなつかしい思い出がある方もおみえと存じます。

七月の朔日餅は、赤福の餡で特製した水ようかんを青竹に流し込み、笹の葉でふたをした「竹流し」。
よく冷やしてお召し上がりください。自然の涼味をお楽しみいただけます。

葉月:八朔粟餅

  • 葉月:八朔粟餅

豊穣の祈り 八朔参宮の風習を味わう

「八朔」(はっさく)とは、旧暦八月朔日(ついたち)のこと。
そして古来、新穀を贈答して祝う習わしです。
稲(田の実)を祝い、頼みごとをしたので、「たのもの節句」とも呼ばれました。
今日のお中元のはじまりとも言われております。

古く伊勢では五穀のうち、米や粟のお初穂を神前にお供えし豊穣を祈りました。
また、「朔日参り」の中でも八月一日は特に「八朔参宮」と呼び、参拝者も多く、あわ餅を食べる習わしです。

このような風習を受け継ぎ、毎年八朔のあわ餅はつくられています。
粒を残して作ったあわ餅に、昔ながらの黒糖味の餡をのせたものです。
粟の粒感と黒糖の風味をお楽しみください。

長月:萩の餅

  • 長月:萩の餅

収穫のよろこびを祝う 馴染みの深いおはぎ

みのりの秋。収穫のよろこびを、古人はおはぎをつくって祝いました。

秋の七草の一つである萩は、草かんむりに秋と書きます。
古代から親しまれる草花です。
小豆のつぶつぶとしたつぶ餡の色や形を、咲きほこる萩の花に見たてたのがおはぎの由来です。

九月の朔日餅は「萩の餅」。
季節菓子としてなじみ深いおはぎです。
ほんのり塩味をきかせた「萩の餅」はあたたかいお茶がよく合います。

神無月:栗餅

  • 神無月:栗餅

重陽の節句

今の十月、旧暦の九月九日は、五節句の中でも最も大切な「重陽の節句」。
この日、人々は菊花を浮かべた酒をくみ、栗飯や栗菓子を食べ節句を祝い、不老長寿を祈りました。

このような風習にならい、十月の朔日餅は「栗餅」。
もち米の食感を程よく残した生地で、風味豊かな栗餡(あん)を包み、栗の甘露煮を載せたもの。
選び抜かれた栗の味と薫りに、秋を味わいください。

霜月:ゑびす餅

  • 霜月:ゑびす餅

商売繁盛を願う打ち出の小槌

十一月は、商売繁盛を祝うまつり「ゑびす講」のある月。
商人(あきんど)にとって大切な“ゑびす月”です。

そこで十一月の朔日餅は、商いの神ゑびす様にちなみ「ゑびす餅」です。
打ち出の小槌に見立てた餅は、餡も生地も黒糖の味わい。
黄金色の小判に見立てた餅は、さっぱりとした柚子風味。

みなさまの商売繁盛と開運招福を祈願いたします。

師走:雪餅

  • 師走:雪餅

大雪の雪化粧

十二月は、暦の上では「大雪」。
暖かな伊勢路にも冬将軍が到来し、寒さ厳しくなる季節です。

十二月の朔日餅は、この季節にちなみ、「雪餅」。
もろこし粉入りの餅生地でこし餡を包み、もち粉をまぶしたもの。
うっすらと雪化粧した大地に見立てたお餅です。

年の瀬も近づき慌しくなると今年も一年が終わります。


お願い
お出かけの際は感染防止対策を徹底し、「新しい旅のエチケット」を守っていただき、新型コロナウイルス等の感染リスクを避ける行動を心がけてください。
新しい旅のエチケット
カテゴリー
食&グルメ 文化&寺社仏閣
季節
冬(12~2月) オールシーズン
エリア
伊勢志摩

PR

バナー広告について

観光三重ピックアップ!

  • 三重のええとこご紹介!!<br />
みえ旅カメラ部始動しました!

    三重のええとこご紹介!!
    みえ旅カメラ部始動しました!

    2021.03
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05
  • 観光三重の人気記事BEST25♪

    観光三重の人気記事BEST25♪

    2021.01
  • 観光三重の定番特集BEST25♪

    観光三重の定番特集BEST25♪

    2021.01

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

おはらい町通りの老舗 二光堂は、「松阪牛ステーキ丼」が名物!大正時代から変わらぬおもてなしの心で観光客を迎え続けています。
おはらい町通りの老舗 二光堂は、「松阪牛ステーキ丼」が名物!大正時代から変わらぬおもてなしの心で観光客を迎え続けています。
掲載日:2021.03.31
おはらい町通りの老舗 二光堂は、「松阪牛ステーキ丼」が名物!大正時代から変わらぬおもてなしの心で観光客を迎え続けています。

フォトコンテスト

海女さん
海女さん
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • 二千百年の歴史!稲生(いのう)に鎮座する伊奈冨(いのう)神社。紫躑躅(ムラサキツツジ)や獅子舞など見所がいっぱい!意外と知らない参拝作法やマナーも一緒にご紹介します。

    二千百年の歴史!稲生(いのう)に鎮座する伊奈冨(いのう)神社。紫躑躅(ムラサキツツジ)や獅子舞など見所がいっぱい!意外と知らない参拝作法やマナーも一緒にご紹介します。

    西暦より古い歴史を持つという、紀元前より現代に続く鈴鹿市の稲生町に鎮座する伊奈冨(いのう)神社の魅力や、忘れがちな神社での参拝の作法やマナーも含めてご紹介します!稲生山の数千本と言われる紫躑躅(ムラサキツツジ)や、北勢・...

    #
  • 三重県屈指の桜の名所『三多気の桜』撮影ガイド!

    三重県屈指の桜の名所『三多気の桜』撮影ガイド!

    三重県が誇る桜の名所である三多気の桜を最高に美しく撮影する方法をご紹介!
    これを見ればあなたもすぐに最高の写真が撮れる!?
    三多気の桜の写真でフォトコンテスト入賞を果たした写真家が教える、三多気の桜を撮影するために知...

    #
  • おはらい町通りの老舗 二光堂は、「松阪牛ステーキ丼」が名物!大正時代から変わらぬおもてなしの心で観光客を迎え続けています。

    おはらい町通りの老舗 二光堂は、「松阪牛ステーキ丼」が名物!大正時代から変わらぬおもてなしの心で観光客を迎え続けています。

    伊勢神宮 内宮の宇治橋から徒歩1分、観光客が行き交うおはらい町で大正時代から参拝客をもてなしてきた老舗店「二光堂(にこうどう)」。店内には観光客に人気のお土産が種類豊富に揃っているのはもちろん、店内にある食事処「寶来亭...

    #

季節おすすめ記事

  • 【一生忘れられない三重の景色!】第58回フォトコンテスト入賞作品をご紹介♪

    【一生忘れられない三重の景色!】第58回フォトコンテスト入賞作品をご紹介♪

    観光三重 第58回フォトコンテスト結果発表!!
    今回の応募総数はなんと497枚!
    前回よりも多く、過去最大級の応募数でした。
    このページでは、その中から選りすぐりの作品をご紹介していきます♪
    素敵な作品盛りだくさんなので...

    #
  • 三重県の展望台13選!デートやドライブにもピッタリです♪

    三重県の展望台13選!デートやドライブにもピッタリです♪

    鳥羽展望台や横山展望台などの海が見える展望台、工場夜景が見える垂坂公園の展望台など、三重県には展望台の名所がいっぱい!三重を4年間撮り続けてきた私がオススメする「三重の展望台」を20箇所、お教えします。

    #
  • 初心者からベテランまで楽しめる山遊び「鈴鹿セブンマウンテン」

    初心者からベテランまで楽しめる山遊び「鈴鹿セブンマウンテン」

    三重県の北勢地区にそびえる地元のシンボル「鈴鹿セブンマウンテン」!
    初心者でも気軽に挑戦出来る山から、ベテランこそやみつきになるリピーターが絶えない登山スポットです!
    春は花、夏は新緑、秋は紅葉、冬は樹氷、四季折々の...

    #
ページトップ