特集

めはり寿司特集!三重県南部の伝統郷土料理を味わえる地元4店舗をご紹介

10,075ビュー

めはり寿司特集!三重県南部の伝統郷土料理を味わえる地元4店舗をご紹介
紀州・熊野地方に伝わる「めはりずし」は、握り飯を浅漬けの高菜の葉で包んだだけというシンプルな伝統郷土料理。「めはりずし」の名の由来は、「目を見張るほど大きな口を開けて食べる」、「目を見張るほどおいしい」ということから名付けられたといわれています。「きこり」や「筏師」の弁当として、当時は、作業の合間に素早くたべられるようにと大きく作られていたそうですが、今では食べやすいように小さいサイズで作られています。

素朴で優しい味の「めはりずし」。地元の人々が愛し続けている厳選4店舗をご紹介いたします。

※掲載されている情報は2019年4月時点のものです。
料金・営業時間等の店舗情報は、変更されている可能性がありますので、最新の情報につきましては、公式サイトでご確認ください。

大衆割烹 鬼瓦
さんき茶屋
喜楽
道の駅 紀宝町ウミガメ公園

大衆割烹 鬼瓦(尾鷲市) 「めはり寿司」

  • 大衆割烹 鬼瓦(尾鷲市) 「めはり寿司」
  • 大衆割烹 鬼瓦(尾鷲市) 「めはり寿司」
  • 大衆割烹 鬼瓦(尾鷲市) 「めはり寿司」
  • 大衆割烹 鬼瓦(尾鷲市) 「めはり寿司」

特製めはり寿司や底引き網漁で揚がった珍しい魚介が楽しめる

尾鷲駅からほど近い一角にあるお店。熱々のご飯を塩と唐辛子で5日間ほどよくつけ込んだ高菜の葉で包んだ郷土料理めはり寿司が楽しめます。
大きな口をあけて、目を張らないと食べられない大きさから「めはり寿司」と名前がついたと言ういわれの通りの大きさのめはり寿司2個と小鉢2品・お味噌汁がついた『めはり定食』が600円というお手頃価格。
白ご飯だけを包むめはり寿司も有りますが、鬼瓦のめはり寿司は、包むときに取り除く高菜の葉の芯の部分を刻んでかつお節を混ぜたものを具材として使用しています。
めはり寿司だけを皆でシェアして楽しみたいと言う方には2個入り500円も。4人で分けても十分なボリュームです。
また、日本国内ではあまり獲れない『くもえびのお刺身(600円)』など尾鷲の底引き網漁で揚がった珍しい魚介が楽しめます。どんな魚介が揚がるかはその日の漁次第。ワクワク・ドキドキしながらお店に着くまでの時間を楽しむのも良い旅の想いでになるのでは。

【基本情報】
住所 尾鷲市野地町12-31
営業時間 11:00~14:00(LO13:30) 16:30~21:00
定休日  不定休 電話にてご確認ください。
電話番号 0597-22-8055
駐車場 あり(乗用車6台)
公共交通機関でのアクセス 「JR尾鷲駅」より徒歩2分
車でのアクセス 「尾鷲北IC」から3・4分
クレジットカード 不可
電子マネー 不可

さんき茶屋(尾鷲市) 「めはり寿司」

  • さんき茶屋(尾鷲市) 「めはり寿司」
  • さんき茶屋(尾鷲市) 「めはり寿司」
  • さんき茶屋(尾鷲市) 「めはり寿司」
  • さんき茶屋(尾鷲市) 「めはり寿司」
  • さんき茶屋(尾鷲市) 「めはり寿司」

漁師町の郷土料理を尾鷲の名物料理に

地元の郷土料理を全国に発信する目的で、昭和50年「さんま寿司」の製造販売を始めた三紀産業が手がけるお店「さんき茶屋」。尾鷲市国道42号線沿いにあり、カツ丼などのどんぶり系から巻き寿司まで色々なタイプの料理が楽しめます。和風ファミリーレストランのような、お年寄りからお子様まで安心して気軽に立ち寄れるお店です。
そんな店内で楽しめるのが、昔ながらの味を守り続ける本格的な郷土料理『めはり寿司(1個150円)』。
最近では生産農家が減り手に入れにくくなっている高菜の葉を安定して供給できるよう契約農家様から仕入れています。食材を無駄にしないように、くるむときに残った高菜を刻み、かつお節とまぶしたものを具材として使用。
『めはり寿司 お持ち帰り用(6個入り600円)』は白飯・酢飯と2種類の味が楽しめるのも「さんき茶屋」ならでは。
三紀産業一番の売りである那智の滝の伏流水で作ったお酢を使って作った『さんま寿司』は店内飲食で1切から注文可能です。めはり寿司とさんま寿司、尾鷲の郷土料理を一度に楽しめるのもまたうれしい。

【基本情報】
住所 尾鷲市矢浜岡崎町261-1
営業時間 8:00~20:30
定休日  年中無休
電話番号 0597-22-6111
駐車場 あり(乗用車50台、バス可)
車でのアクセス 「尾鷲北IC」から車で約7分 尾鷲市国道42号線を熊野市方向に進む
クレジットカード 不可
電子マネー 不可
さんき茶屋の公式サイトはコチラ

喜楽(熊野市) 「めはり寿司」

  • 喜楽(熊野市) 「めはり寿司」
  • 喜楽(熊野市) 「めはり寿司」
  • 喜楽(熊野市) 「めはり寿司」
  • 喜楽(熊野市) 「めはり寿司」

先代から70年以上続く 地元の方に愛される食堂

JR熊野市駅。目の前にぽつんと佇む昔ながらの食堂、地元の方の憩いの場でもある「喜楽」。喫茶店のような雰囲気の店内はいつも地元の常連様で賑わっています。
大衆食堂として地元の方のお腹を満たすため、メニューも様々。そんな中でも人気なのが、『めはり寿司』。塩抜きしてから合わせ汁に付けた高菜の葉であたたかいご飯を巻く本場の味。高菜のピリ辛さが食を進めます。食べやすい大きさのめはりが5つで490円とお財布にも優しいお店。1個単位でも注文出来ます。

【基本情報】
住所 熊野市井戸町653-14
営業時間 11:00~20:00
定休日  7、17、27定休(日曜、祝日振替)
電話番号 0597-85-2336
駐車場 あり(乗用車3台)
公共交通機関でのアクセス 「JR 熊野市駅」から徒歩約2分、三重交通 南紀特急バス「熊野市役所前」下車徒歩約3分
車でのアクセス 熊野尾鷲道路 「熊野大泊IC」より 約5分
クレジットカード 不可
電子マネー 不可

道の駅 紀宝町ウミガメ公園(紀宝町) 「バリバリめはり」「バリバリめはりジャンボ」

  • 道の駅 紀宝町ウミガメ公園(紀宝町) 「バリバリめはり」「バリバリめはりジャンボ」
  • 道の駅 紀宝町ウミガメ公園(紀宝町) 「バリバリめはり」「バリバリめはりジャンボ」
  • 道の駅 紀宝町ウミガメ公園(紀宝町) 「バリバリめはり」「バリバリめはりジャンボ」
  • 道の駅 紀宝町ウミガメ公園(紀宝町) 「バリバリめはり」「バリバリめはりジャンボ」
  • 道の駅 紀宝町ウミガメ公園(紀宝町) 「バリバリめはり」「バリバリめはりジャンボ」

地元の主婦がつくる「バリバリめはり」は昔ながらの伝統

刻みたくあんをまぶしたホカホカごはんを自家製たれで味付けした地元紀宝町産の高菜で包んだ『バリバリめはり(2個320円税込)』は、道の駅紀宝町ウミガメ公園レストランのオリジナルメニュー。バリバリめはりの名前の由来は、食べたときの刻みタクアンの食感と音から。
紀宝町のおかあさんが、ひとつひとつ丁寧に昔ながらの伝統製法で真心こめてつくっています。

【基本情報】
住所 南牟婁郡紀宝町井田568-7
営業時間 8:30~17:00(レストラン営業時間)
定休日  年中無休
電話番号  0735-33-0300
駐車場 あり(乗用車:44台・大型バス:5台)
公共交通機関でのアクセス 「JR井田駅」より徒歩約13分
車でのアクセス 熊野尾鷲道路「大泊IC」より車で約30分
クレジットカード 不可
電子マネー 不可
道の駅 紀宝町ウミガメ公園の公式サイトはコチラ

PR

バナー広告について

観光三重ピックアップ!

  • 三重県内での宿泊・日帰り旅行割引「みえ得トラベルクーポン」

    三重県内での宿泊・日帰り旅行割引「みえ得トラベルクーポン」

    2022.05
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 三重県内のバラ園・ローズガーデン特集!5月から6月にかけて楽しめるバラの名所を紹介!

    三重県内のバラ園・ローズガーデン特集!5月から6月にかけて楽しめるバラの名所を紹介!

    2022.05
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05
  • 松阪牛特集!人気老舗店などオススメ9店舗をご紹介。「肉の芸術品」を本場で堪能しよう!

    松阪牛特集!人気老舗店などオススメ9店舗をご紹介。「肉の芸術品」を本場で堪能しよう!

    2020.08

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

あづり浜は海が綺麗な穴場ビーチ。隣接のカフェやキャンプ場、宿も紹介します
あづり浜は海が綺麗な穴場ビーチ。隣接のカフェやキャンプ場、宿も紹介します
掲載日:2022.05.13
あづり浜は海が綺麗な穴場ビーチ。隣接のカフェやキャンプ場、宿も紹介します

フォトコンテスト

夏をめざして
夏をめざして
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • あづり浜は海が綺麗な穴場ビーチ。隣接のカフェやキャンプ場、宿も紹介します

    あづり浜は海が綺麗な穴場ビーチ。隣接のカフェやキャンプ場、宿も紹介します

    志摩市のあづり浜(阿津里浜)は透明度抜群の穴場ビーチ!カフェやキャンプ場、宿が隣接し、夕日や星空が綺麗な場所でもあるんです。そんなあづり浜の魅力を詳しく紹介します。

    #
  • ロケ地の98%が伊勢志摩!!映画『ニワトリ☆フェニックス』ロケ地巡りの旅

    ロケ地の98%が伊勢志摩!!映画『ニワトリ☆フェニックス』ロケ地巡りの旅

    井浦新(いうらあらた)、成田凌(なりたりょう)を主演とし、かなた狼監督が新たにお送りする映画『ニワトリ☆フェニックス』の98%が、三重の伊勢志摩で撮影されました。そのロケ地の中から、気になったポイントをASOBISIAがチョイス...

    #
  • 伊勢の名物といえば赤福餅!赤福本店の感染症対策を取材してきました【あんしんみえリア優秀店】

    伊勢の名物といえば赤福餅!赤福本店の感染症対策を取材してきました【あんしんみえリア優秀店】

    伊勢の名物といえば、やっぱり赤福餅ははずせませんよね。
    特に、おかげ横丁にある「赤福本店」はとても人気のお店なので、今のご時世には「密」にならないかを心配されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
    そのような中...

    #

季節おすすめ記事

  • ともやま公園(桐垣展望台)は夕日が望める絶景スポット。見所を紹介します

    ともやま公園(桐垣展望台)は夕日が望める絶景スポット。見所を紹介します

    志摩市の「ともやま公園」は英虞湾と夕日を望める絶景スポット!園内の桐垣展望台は夕日の名所でもあるんです。夕日の時間帯やアクセス方法、見所を詳しく紹介します。

    #
  • 1日20組限定のお宿「汀渚ばさら邸」で悠々自適に過ごしてみませんか?【あんしんみえリア優秀店】

    1日20組限定のお宿「汀渚ばさら邸」で悠々自適に過ごしてみませんか?【あんしんみえリア優秀店】

    伊勢志摩の英虞湾に面した高台に立つ日本旅館「汀渚ばさら邸」。空間の立体的な広がりを意識してデザインされた客室はすべてしつらえが異なり、全室客室露天風呂付き。
    館内は他の宿泊者となるべく接触がないように設計されており、...

    #
  • お伊勢さんの「湯ごり」の地にある「湯元榊原館」を取材してきました!【あんしんみえリア優秀店】

    お伊勢さんの「湯ごり」の地にある「湯元榊原館」を取材してきました!【あんしんみえリア優秀店】

    お伊勢さんの湯ごりの地として知られる「湯本榊原館」。でも魅力は温泉だけじゃありません。湯、食、歴史、美、時と五感で味うことができる癒しの温泉旅館!
    徹底した感染対策により安心した温泉旅行を楽しむことができます。

    #
ページトップ