取材レポート

干支登山にチャレンジ!ねずみ年にオススメの「子ノ泊山」をご紹介します

一年にひとつ、干支の名がつく山を登る、縁起を担いだ山登りのスタイル「干支登山」。ねずみ年の2020年は、三重県紀宝町の「子ノ泊(ねのとまり)山」が手軽な歩行タイムでオススメ!前後泊に便利で「滝ダッキー」「テントサウナ」などユニークな体験ができる「飛雪の里キャンプ場」とともに、豊富な写真つきでご紹介します。滝と山を楽しみ、アクティブで縁起のよい思い出をつくりましょう!

干支登山で三重県紀宝町の子ノ泊山へ

「干支登山」をご存じですか?
一年にひとつ、干支(厳密には十二支)の名がつく山に登る。そんな縁起を担いだ山登りのスタイルです。
2020年はねずみ年!「子」または「鼠」が付く山は少なく、埼玉県の子ノ権現、福井県の鼠尾山、岐阜県の大鼠山などがありますが、関西では三重県紀宝町に位置する「子ノ泊山(ねのとまりやま)」が手軽な歩行タイムでオススメ。
2020年1月5日、新年初登山として子ノ泊山を歩いた模様をお伝えします!

干支登山で三重県紀宝町の子ノ泊山へ

子ノ泊山へはいくつかの登山道がありますが、ここでは道標などが整備されており比較的登山者の多い「桐原登山口」から「桐原尾根登山口」への周回コースをご紹介します。
スタート地点となる桐原登山口へは、マイカー利用が便利。紀宝町より県道紀宝川瀬線で桐原地区へ。そこから林道を約6キロの距離です。
林道は落石などがある場合もあるので、運転は慎重に。登山口は6台ほどが駐車できるスペースがあります。

干支登山で三重県紀宝町の子ノ泊山へ

登山の前に、登山口で登山届を提出しましょう!
登山口には登山届の用紙と提出ボックスが設置されています。登山届の様式は、紀宝町のホームページでダウンロードすることもできますので、事前に準備しておくのもよいでしょう。当日、時間の節約にもなりおすすめです。
また取材時点では登山地図も設置されていました。こちらも登山届同様、紀宝町のホームページよりダウンロードすることができます。

干支登山で三重県紀宝町の子ノ泊山へ

山登りを楽しくするユニークな仕組みがこちら、子ノ泊山スタンプラリー!
登山口と山頂にそれぞれスタンプが設置されています。登山口で用紙を入手してスタンプを押し、山頂のスタンプを重ねることで、干支にちなんだとある絵が浮かび上がってきます。
どんな絵かは、登った人だけのお楽しみ!

干支登山で三重県紀宝町の子ノ泊山へ

鉄ハシゴを登って、いよいよ登山の始まりです。
山頂まではペースにもよりますが、1時間30分~2時間ほどの道のり。ハシゴからすぐに急な坂を登っていきますが、やがて尾根に出ると傾斜は比較的ゆるやかになります。目印となるテープなどを確認しながら登ってきましょう。

干支登山で三重県紀宝町の子ノ泊山へ

なかにはロープが設置されている急な区間もあります。落石などを起こさないよう、気を付けて足を運びましょう。

干支登山で三重県紀宝町の子ノ泊山へ

道が川を横断している箇所までくると、頂上までの登りは後半戦です。
登山口の看板によると、登山口から七合目くらいに「さかさま川」があり、「この辺の山では珍しく北向きに流れる谷」だとされています。

干支登山で三重県紀宝町の子ノ泊山へ

標高を上げると周囲はシャクナゲの尾根道となり、5月頃にはきれいなお花が期待できることでしょう。

やがて視界がひらけ、展望のよい子ノ泊山の山頂に到着!
頂上からは東側に太平洋の大海原が、北側には雄大な山並みを望むことができます。

干支登山で三重県紀宝町の子ノ泊山へ

取材日は1月の真冬ということもあって雪の心配がありましたが、雪は頂上でほんのわずかに見られただけでした。
紀伊半島の南部という温暖な気候のため、一年を通して登山できるというのも子ノ泊山の魅力です。ただし、夏は熱中症に注意が必要です。

干支登山で三重県紀宝町の子ノ泊山へ

頂上について景色を堪能したら、下山前にはスタンプをお忘れなく!
山頂標識のすぐ右手にスタンプ台が設置されています。完成したスタンプシートは、きっといい思い出になりますよ。

干支登山で三重県紀宝町の子ノ泊山へ

下山は往路を戻ることもできますが、時間に余裕があれば反対側の桐原尾根登山口の方へ向かってみましょう。1時間30分~2時間ほどで下山できます。
山頂から急な下りをおりると、石がごろごろした林道に出ます。道標にしたがい山道に再び入り、小さな上り下りを繰り返しながら、だんだんと標高を下げていきます。
すると、「七十五人塚」と呼ばれる塚を発見!これは、子ノ泊山へ家臣とともに逃れたといわれる平家の落武者・赤井蔵光の家臣を葬ったものと伝わっています。

干支登山で三重県紀宝町の子ノ泊山へ

七十五人塚を通過してしばらくすると、再び右手に看板が見えてきます。麓の浅里地区へ下山する山彦新道の分岐です。
新道とはいえ、既にこの道は廃道となっており、利用することはできません。しかしこの分岐に入って5分ほどで展望のよいヤケ嵓と呼ばれる岩場があり、そこまでは歩けるため、天候がよければ往復してみるのもよいでしょう。

干支登山で三重県紀宝町の子ノ泊山へ

ヤケ嵓の「嵓」とは岩場という意味で、その名の通り両側の切れ落ちた断崖絶壁となっています。熊野川を見下ろす大展望を楽しむことができますが、足元にはくれぐれもご注意を。
ヤケ嵓に看板などは建っていませんので、適当なところで引き返します。

干支登山で三重県紀宝町の子ノ泊山へ

分岐に戻り、尾根を下っていくと、道標に従い右に折れ、谷の中をじぐざぐに下っていくことになります。
水が流れる谷を何度かわたると、やがて舗装された林道に飛び出て、桐原尾根登山口に到着です。もし車が2台あれば、先にこちらへ車を1台まわしておくのもよいでしょう。

干支登山で三重県紀宝町の子ノ泊山へ

車がなくとも、30分ほど林道を歩くとスタート地点の桐原登山口に戻ることができます。美しい山並みを見ながら林道をてくてく歩くと、日常とは違うのんびりとした時間を楽しむことができます。
やがて朝出発した登山口が見えてきたら、山登りは無事終了。お疲れさまでした!

干支登山で三重県紀宝町の子ノ泊山へ

子ノ泊山へは、大阪または名古屋から車で約4時間の場所です。日帰りはちょっと大変……という方は、同じく紀宝町に位置する「飛雪の滝キャンプ場」への前後泊がオススメ!
高さ30メートルの美しい「飛雪の滝」を望むキャンプ場は、キャンプサイトの他、2018年4月にコテージが新設され、さらに便利になりました。

飛雪の滝キャンプ場の詳しい取材レポートはコチラ

干支登山で三重県紀宝町の子ノ泊山へ

取材時は前泊での利用でしたが、冬期限定のライトアップが施された滝は大迫力でした!
現在、2020年2月29日までの期間限定でフォトコンテストが開催されています。腕に覚えがある方はぜひ挑戦してみてください。

干支登山で三重県紀宝町の子ノ泊山へ

もちろん、日中の滝も大迫力!
キャンプ場では期間限定で、飛雪の滝の滝つぼでダッキー(空気で膨らませるタイプのカヌー)に乗る体験や、川遊び体験のプログラムが開催されています。子ノ泊山トレッキングとあわせて、充実の時間を過ごすことができますよ。

干支登山で三重県紀宝町の子ノ泊山へ

晴れた日は滝にかかる虹がとっても綺麗!眺めているだけで心が癒されます。

干支登山で三重県紀宝町の子ノ泊山へ

飛雪の滝キャンプ場は、日本で唯一(取材時点)、サウナと滝の体験ができるというユニークなキャンプ場でもあります。フィンランド式テントサウナでしっかりと温まったら、水風呂がわりの滝つぼへ一直線!きっと忘れられない体験になることでしょう。

2020年、ねずみ年はまだ始まったばかり。飛雪の滝キャンプ場と子ノ泊山で滝と山を楽しみ、アクティブで縁起のよい思い出をつくりましょう!

【ライタープロフィール】
竹中雅幸
日本山岳ガイド協会認定登山ガイド。奈良山岳自然ガイド協会所属。大阪から奈良県吉野郡川上村に移住し、現在は紀伊半島を中心に登山やエコツアーのガイドとして活動中。山岳雑誌への寄稿も行っている。
ホームページ:ちくちゅー登山ガイドサービス

飛雪の滝 キャンプ場

住所
南牟婁郡紀宝町浅里1409-1
電話番号
0735-21-1333(飛雪の滝キャンプ場)
公式URL
https://hisetsu.jp
営業時間
通年営業
休業日
年中無休
※お電話の受付時間は9:00~17:00
※施設管理、メンテナンス等で臨時休業をいただく場合もございます。
料金
※コテージ・研修室宿泊利用の場合、施設基本利用料の他に別途お客様一人当たり大人(中学生以上)1,000円、シニア(65歳以上)500円、子ども(3歳から小学生)500円の利用料が必要となります。

■テントサイト
(宿泊)2泊目以降は500円割引
レギュラーサイト 1区画1泊3,000円
ソロサイト    1区画1泊1,100円
(日帰り)
レギュラーサイト 1区画1日1,000円
ソロサイト    1区画1日500円

■コテージ
サマー(7〜8月):1泊14,300円(2泊目以降は1,000円割引)
レギュラー(4〜6月、9〜11月):1泊11,000円(2泊目以降は1,000円割引)
バリュー(12〜3月):1泊7,700円(2泊目以降は1,000円割引)

■研修室(日中利用)
1室1時間500円

■研修室(宿泊利用)
サマー(7〜8月):1泊19,800円(2泊目以降は1,000円割引)
レギュラー(4〜6月、9〜11月):1泊15,400円(2泊目以降は1,000円割引)
バリュー(12〜3月):1泊11,000円(2泊目以降は1,000円割引)

■キッチン
日帰り利用:1台1時間500円
研修室宿泊利用:無料

■炊事棟
無料

■シャワー室
3分100円

■浴室(研修室宿泊利用)
無料

※学校団体活動、障害のある方、紀宝町内にお住まいの方の利用料に関して一人当たりの利用料を減免します。詳しくは、公式ホームページを参照ください。
公共交通機関でのアクセス
JR新宮駅から町民バス浅里神社前下車2分
車でのアクセス
【名古屋方面から】
熊野尾鷲道路熊野大泊ICから国道42号を新宮方面へ約50分(約35㎞)
【大阪方面から】
紀勢自動車道すさみ南ICから国道42号を新宮方面へ約1時間40分(約80㎞)
カテゴリー
花&自然&公園 アクティヴィティー
季節
オールシーズン
エリア
東紀州

PR

バナー広告について

観光三重ピックアップ!

  • 三重県内での宿泊・日帰り旅行割引「みえ得トラベルクーポン」

    三重県内での宿泊・日帰り旅行割引「みえ得トラベルクーポン」

    2022.05
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 三重県の花火大会特集【2022年版】スケジュール・開催場所など人気の花火大会を紹介

    三重県の花火大会特集【2022年版】スケジュール・開催場所など人気の花火大会を紹介

    2022.06
  • 蓮・睡蓮が見頃です!

    蓮・睡蓮が見頃です!

    2022.06
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

【観光三重】みえ旅グルメ部 部員募集中!!
【観光三重】みえ旅グルメ部 部員募集中!!
掲載日:2022.07.04
【観光三重】みえ旅グルメ部 部員募集中!!

フォトコンテスト

梅雨の朝熊登山
梅雨の朝熊登山
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • 志摩・賢島のおすすめ観光スポット10選!穴場も紹介します

    志摩・賢島のおすすめ観光スポット10選!穴場も紹介します

    三重県の志摩市と賢島駅周辺の観光スポットを10スポット紹介!車でのドライブや電車で巡れる人気・定番・穴場の場所が勢揃いです♫

    #
  • かざはやの里とは?季節の花が楽しめる園内の見どころや駐車場を紹介します

    かざはやの里とは?季節の花が楽しめる園内の見どころや駐車場を紹介します

    三重県津市にある、かっぱのふるさと『かざはやの里』は、障がいのある方と施設職員が力を合わせて園芸福祉に取り組んでいる全国でも初めての『福祉と環境を融合した花園』。初春は「梅」、春は「藤」、夏は「紫陽花」を楽しむことが...

    #
  • 熊野の山深くに鎮座する巨岩・大丹倉と、眺望良好な表丹倉をセットで登る『パワースポット山行』はいかが?

    熊野の山深くに鎮座する巨岩・大丹倉と、眺望良好な表丹倉をセットで登る『パワースポット山行』はいかが?

    熊野市という街に行ってみると気づかれると思いますが、市内のいろんなところにカタチの奇妙な岩であったり、“ある動物” の姿にも見える岩があったりします。

    そんな岩の街(?)熊野の山深くに、高さ約300m、幅約500mはある巨大な岩...

    #

季節おすすめ記事

  • 【観光三重】みえ旅グルメ部 部員募集中!!

    【観光三重】みえ旅グルメ部 部員募集中!!

    三重県の山の魅力を「観光三重」で発信しませんか?
    三重が好き!登山が好き!WEB記事を書くのが得意!という方を募集します。
    ご希望の方は以下をご覧の上、応募ください。

    #
  • 安乗埼灯台でカフェと絶景を満喫!駐車場や料金を解説します

    安乗埼灯台でカフェと絶景を満喫!駐車場や料金を解説します

    安乗埼灯台(あのりさきとうだい)は志摩市の安乗岬に建つ灯台で、展望エリアは絶景のオーシャンビュー!最寄りの「灯台カフェ」では上田商店のきんこ芋を使った絶品グルメを楽しめるなど魅力満載♫ この記事では安乗埼灯台の駐車場や...

    #
  • 三重県で花手水が見られる神社・お寺・花園を紹介します

    三重県で花手水が見られる神社・お寺・花園を紹介します

    三重県内で花手水(はなちょうず)を見られる神社やお寺、花園を厳選してご紹介!6月に紫陽花の花手水が見られる場所も詳しく解説します。

    #
ページトップ