取材レポート

語り部と行く伊賀上野城。日本100名城に選ばれた白亜の城の歴史を詳しくご紹介します。

掲載日:2019.06.28
伊賀上野城

三重県伊賀市上野丸之内にある『伊賀上野城』。

伊賀上野城の現在の天守閣は、伊賀地域の文化と産業の振興拠点として川崎克(かわさきかつ)代議士が私財を投じて昭和10年に完成させた昭和の木造模擬天守で、正式名を「伊賀文化産業城」と言う、複合式天守の梯郭式平山城(ていかくしきひらやまじろ)です。

白亜三層の端麗な姿で白鳳城(はくほうじょう)とも呼ばれ、日本100名城にも選ばれています。

伊賀上野城

目指す伊賀上野城は、2019年2月に「忍者市駅」と命名された伊賀鉄道伊賀線上野市駅から徒歩10分のところ。

ということで、『銀河鉄道999』でおなじみの松本零士先生デザインの忍者列車でいざ忍者市駅へ。

伊賀上野城

忍者市駅にはあちらこちらに忍の者が潜んでいます。

伊賀上野市出身の松尾芭蕉の銅像や、忍者列車をデザインした松本零士先生直筆のサインが入った鉄郎とメーテルのブロンズ像も。

伊賀上野城

伊賀上野城へは駅から地下道を通って行くのですが、今回は語り部さんをお願いしたので、待ち合わせ場所の『だんじり会館』に向かいます。

語り部さんとは、伊賀上野の文化や歴史について、低廉な料金で解説しながら案内をしてくれる「観光ボランティア いがうえの語り部の会」の方々。
伊賀上野城だけでなく、コースによっては忍者や松尾芭蕉などについても解説していただけるので、歴史や文化に興味がある方は語り部さんにガイドをお願いするのがおススメ。

語り部さんから様々なお話を聞くのを楽しみに、いざだんじり会館へ。
だんじり会館では忍者衣装に変身が出来たり、屋根の上を歩いているようなトリック写真が撮れる撮影スポットが有ります。(詳しくはだんじり会館「忍者変身処」へ)

伊賀上野城

駅から一番近い入り口は上野公園観光案内所があるところなのですが、語り部さんと合流した我々一向は、だんじり会館から徒歩約5分、西側の石畳の公園入口へ向かいます。

そこから少し上ると「史跡 上野城跡」の石碑と伊賀上野城に関する説明石碑がありました。

伊賀上野城

伊賀上野城は上野盆地のほぼ中央にある上野台地北部の標高184mほどの丘陵の上に築かれている平山城です。ほかのお城と比べると、天守閣までは比較的のんびりとお散歩を楽しめる雰囲気ではないでしょうか。

この場所はもともと城が建てられていたわけでなく、上野山平楽寺という平清盛が造営したと伝えられる真言宗の古刹があったそうです。

中世の伊賀は寺社の勢力が強い土地で、国主はいても力なく、豪族ら伊賀衆の寄り合いで治められていました。

しかし、1581年(天正9年)に天下布武を目指した織田信長による伊賀攻めで、伊賀の国はほぼ全滅。このとき、平楽寺も破壊され焼き尽くされてしまったと言われています。
(この頃の歴史ストーリーは、嵐の大野くんが主演した映画『忍びの国』でも描かれていましたね。)

この天正伊賀の乱の際に、戦国武将である滝川雄利(たきがわ かつとし)は伊賀の豪族に策略をめぐらせ結束力を弱めて勝利に貢献し、平楽寺の跡に砦を築き伊賀上野城の基礎を築いたとのこと。

伊賀上野城

織田信長亡き後に天下統一を目指した豊臣秀吉は、大阪城を中心とした大名配置を行います。
そのときに初代藩主となったのが、大和郡山の領主であった筒井定次(つついさだつぐ)。1585年(天正13年)に伊賀に入国した筒井定次が現在の本丸広場の東側に大坂を守るための城を新しく築きました。
それが伊賀上野城の始まりです。筒井定次は、古くから開けた北側を中心に城下町としました。

しかし、筒井定次は上野城藩主に長く留まることはできませんでした。

1600年(慶長5年)の天下分け目の関ヶ原の戦いで徳川家康側である東軍に味方し、徳川家康から伊賀の所領を安堵されていましたが、お家騒動を起こし改易となり、後に切腹となってしまいます。

※安堵・・・古代末期から近世にかけて日本の土地私有制度において、主君が家臣に対して所領知行(土地権利)や所職の存在・継続・移転などを保証・承認する行為。(Wikipediaより)
※改易・・・江戸時代に侍に科した罰で、身分を平民に落とし、家禄・屋敷を没収するもの。(Wikipediaより)

伊賀上野城

そこで徳川家康は 伊予今治の藤堂高虎(とうどうたかとら)を伊賀・伊勢両国の領主とし、西方の大坂城の豊臣方との決戦に備え伊賀上野城を改築させます。

築城の名手として名高い藤堂高虎は、平和な時の居城は安濃津城、非常事態の時の居城はこの伊賀上野城と考えて城の大改修をおこないました。
自然の地盤を利用して濠を深くし、石垣も高く設計し、高さ約30mの高石垣を巡らせ、5層の天守閣を計画。また、城下町を南側へ移動させ、完全に武装した軍備の町へと伊賀上野城を変化させていきました。

ところが1612年(慶長17年)に、建設した天守閣が大暴風で完成寸前に倒壊。

その後、大坂の陣で徳川家康の東軍の勝利となり、大阪の豊臣氏は滅亡。
堅固な城が必要なくなったため天守が再建されなかったものの藤堂氏は筒井氏の城跡に城代屋敷を置き、伊賀一国を治めました。

また、明治6年(1873)の「廃城令」により、石垣の上に築かれていた構造物の多くが取り壊されてしまいました。

現在の天守閣は、1935(昭和10)年に伊賀出身の代議士・川崎克(かわさき かつ)が、” 攻防作戦の城は亡びることもあるが、産業の城は人類生活のあらん限り不滅 ” の信念のもと、私財と支援者の協力を得ながら復興した木造建築による模擬天守なんです。

伊賀上野城

天守閣に登る前に藤堂高虎らしさが残るスポット『高石垣』をのぞいてみましょう。

もう1人の築城の名手・加藤清正の石垣に見られる「扇の勾配」に比べ、藤堂高虎の石垣は直線的な姿をしています。

今でこそ大阪城の高石垣と一二を争う高さですが、築城当時は他に例のない桁外れの高さでした。

危険の注意を喚起する結界が置かれていますが、端まで行ってみると吸い込まれそうです。写真撮影に夢中になりすぎて落ちないように要注意!

伊賀上野城

中央部の石垣より両サイドの石垣が少し前に出ているのがわかるでしょうか? 

これは、侵入者に対して側面から攻撃をする横矢かがりのために作られた場所です。

こんな高石垣、忍者でも登れないのではないだろうかと思ってしまいますが、そこは非常事態の時の為の城。念には念を入れての設計だったのでしょう。

伊賀上野城

こちらは高石垣を下から見上げた写真。

高さ約30m=マンションだと10階建てくらいになります。

見上げる高さですね。

伊賀上野城

それではいよいよ天守閣に登ってみましょう。

藤堂高虎公が築いた天守台に、美しい白壁の大天守と小天守が建てられています。

戦国時代のお城では無いため、天守台ギリギリから天守がそびえ立っているのではなく、外壁と回廊があるのも伊賀上野城の特徴かもしれません。

伊賀上野城

大天守と小天守の間の薬医門から入城し、左の小天守へ。

小天守の中に「忍びの井戸」という井戸が残されています。
この井戸は、家康が「大阪城の攻略が失敗した場合、私は高虎とこの城に籠城する覚悟だから、3年籠城できる城をつくれ」と藤堂高虎に密命を下した際、敵による水脈の断絶対策として90mの深さの井戸を掘り、さらに井戸側から横へ三カ所のトンネルを掘って抜け穴としたと言われています。

また、城が落城した場合は、忍者をこの通路を利用して城内に潜入させて攪乱することも考えたとも言われているため、「忍びの井戸」と呼ばれています。

実際に手を当ててみると、かすかに風が吹き上がってくるのを感じられますので、本当に抜け道があるのかもしれません。

昔の人の技術はすごいですね・・・。

伊賀上野城

また、「忍びの井戸」の横には藤堂高虎が造ろうとした5層の天守と現在の天守のペーパークラフトが並べて展示されています。

伊賀上野城

大天守に入ると、藤堂高虎公とマスコットキャラクターの「た伊賀ーくん」がお出迎え。

伊賀上野城

太い柱に飛びついた黒装束の忍者も。

伊賀上野城

模擬天守1Fには、伊賀の伝統産業で中世から始まったといわれる日本有数の古陶、伊賀焼が。

古い時代のものから最近の作家さんの作品まで、様々な伊賀焼が展示されています。

伊賀上野城

また、藤堂氏にまつわる逸品も展示されています。

こちらは有名な「変わり兜」の1つ、高虎公が太閤秀吉より拝領したという「黒漆塗唐冠形兜(くろうるしぬり とうかんなり かぶと)」。

伊賀上野城

試し打ちに使われたと言う甲冑。くっきりと弾の後が残っています。

伊賀上野城

藤堂家の家紋「藤堂蔦」。語り部さん曰く、代によって微妙に家紋が違っているとのこと。

家紋の入った品も多数展示されていますので、違いを見比べながら見てみるのも楽しいかもしれません。

関連スポット

カテゴリー
花・自然・絶景
季節
夏(6~8月)

観光三重ピックアップ!

  • 雨でも楽しいおでかけスポット特集!天気が悪くても思いっきり楽しめる施設や体験メニューをご紹介

    雨でも楽しいおでかけスポット特集!天気が悪くても思いっきり楽しめる施設や体験メニューをご紹介

    2017.03
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2016.12
  • 三重県には「恋のパワースポット」がいっぱい!恋愛祈願に出かけましょう♡

    三重県には「恋のパワースポット」がいっぱい!恋愛祈願に出かけましょう♡

    2017.04
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピング、海水浴を一緒に楽しめる場所な...

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピング、海水浴を一緒に楽しめる場所な...

    2017.07
  • 世界遺産を歩こう!「初めての熊野古道 伊勢路を歩く」 東紀州のおすすめスポットも

    世界遺産を歩こう!「初めての熊野古道 伊勢路を歩く」 東紀州のおすすめスポットも

    2016.11

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

滝ガールがキャニオニング体験!夏休みは飛雪の滝キャンプ場発の川遊びへ
滝ガールがキャニオニング体験!夏休みは飛雪の滝キャンプ場発の川遊びへ
掲載日:2019.07.16
滝ガールがキャニオニング体験!夏休みは飛雪の滝キャンプ場発の川遊びへ

フォトコンテスト

鬼ケ城を歩く
鬼ケ城を歩く
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • 滝ガールがキャニオニング体験!夏休みは飛雪の滝キャンプ場発の川遊びへ

    滝ガールがキャニオニング体験!夏休みは飛雪の滝キャンプ場発の川遊びへ

    「滝ガール」坂崎絢子が紀宝町にある飛雪の滝キャンプ場で「滝で川遊び」のアクティビティを体験!エメラルドグリーンの滝壺にジャンプしたり、サラサラ流れる水の音を聞きながらボートでユラユラしてみたり・・子どもはもちろん、大...

    #
  • 【山本亜依のみえたび!vol.7】まるで童話の世界!?大自然に囲まれた「メナード青山リゾート」で心も身体も癒されるリフレッシュ旅をしてきました♪

    【山本亜依のみえたび!vol.7】まるで童話の世界!?大自然に囲まれた「メナード青山リゾート」で心も身体も癒されるリフレッシュ旅をしてきました♪

    三重県出身の女優「山本亜依」のみえたび第7回目!今回はメナード青山リゾートへ。あじさい園とハーブガーデンで自然を満喫し、世界で一つだけのコスメ作り体験をしてきました!

    #
  • 日本の原風景が残る絶景「丸山千枚田(まるやませんまいだ)」。カメラを持って出かけてみませんか?

    日本の原風景が残る絶景「丸山千枚田(まるやませんまいだ)」。カメラを持って出かけてみませんか?

    現在でも1,340枚もの田んぼがあり、日本最大級の規模を誇る棚田「丸山千枚田」。その景観は日本一と称されています。自然と見事に調和したこの風景は、自然に優しく共存共栄してきた日本の伝統的なふるさとの風景。四季折々・日々の時...

    #

季節おすすめ記事

  • 南伊勢の"美しい自然"と"心温まるおもてなし"に癒される。「おいないさキャンペーン2019 夏」に参加する旅館をご紹介!

    南伊勢の"美しい自然"と"心温まるおもてなし"に癒される。「おいないさキャンペーン2019 夏」に参加する旅館をご紹介!

    「奥志摩」として親しまれる南伊勢町は、山から海まで多彩な自然を有し、それらが育んだ「農村・漁村文化」が息づいています。このまちで開催されている「おいないさキャンペーン」が、おトクに旅を楽しめると大好評!今回は、キャン...

    #
  • 伊勢神宮から車で40分!「南伊勢町」には楽しみいっぱい!「おいないさキャンペーン2019夏」でおトクに旅を満喫。

    伊勢神宮から車で40分!「南伊勢町」には楽しみいっぱい!「おいないさキャンペーン2019夏」でおトクに旅を満喫。

    PR大自然!新鮮な魚介類!スカイダイビング!おいないさ~

    町域の約6割が伊勢志摩国立公園に指定され、熊野灘に面したリアス式海岸と深い山で構成される、自然豊かなまち「南伊勢町」。このまちで毎年開催されている「おいないさキャンペーン」が、「おトクに旅を楽しめる」と密かな注目を集め...

    #
  • 世界最大級の「ナガシマ ジャンボ海水プール」オープン!日本初上陸の「超激流プール」に大興奮!

    世界最大級の「ナガシマ ジャンボ海水プール」オープン!日本初上陸の「超激流プール」に大興奮!

    夏といえばやっぱりプール!大人気のスポット、ナガシマジャンボ海水ポールでウォータースライダーや流水プールをたくさん取材してきましたのでご紹介します!

    #
ページトップ