取材レポート

なばなの里イルミネーション2019‐2020!期間・料金・アクセス等詳しくご紹介します!

掲載日:2019.10.21

なばなの里イルミネーションは、国内最大級のスケールと最高峰のクオリティで人気のイルミネーション。2019-2020のメインテーマ「さくら」や光のトンネルなど、なばなの里イルミネーションの魅力、期間、料金、割引情報、点灯時間、アクセスを詳しく紹介します。

なばなの里イルミネーション2019-2020「さくら」

2019年-2020年のテーマは「さくら」

三重県桑名市にある「なばなの里」のイルミネーションは、国内最大級のスケールと最高峰のクオリティで、毎年多くの観光客で賑わう人気スポット。

テーマが毎年変わるため、冬の風物詩として毎年楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。

その美しさは、全国の夜景観賞のプロが選ぶ「実際に行ってみてよかった」夜景スポットの「イルミネーション部門」で3年連続1位を獲得したほど。

なばなの里イルミネーションの見どころを詳しくご紹介します。

【2020年は、特別に公開期間を延長!】
新型コロナウイルス感染対策として、この感動を体験できなかった皆様を応援!
2020年は、特別に7月26日(日)まで公開延長。
夏の夜にイルミネーションが見られるのは、今年限りのスペシャルな体験となりますよ♪
※メインテーマの「さくら」の公開延長は、6月21日で終了しました。

なばなの里イルミネーション2019-2020「さくら」

なばなの里の料金はいくら?

なばなの里の入場料金は2,300円(小学生以上)。ただし、2,300円の料金にはなばなの里内で使える1,000円分の金券チケットが含まれています。
園内にはお土産屋さんも飲食店もありますので、イルミネーションを楽しみながら金券チケットを使ってお買い物を楽しむ事ができますよ。

また、公共交通機関を使ってなばなの里へ向かう人には、割引セットきっぷがオトク。
「近鉄電車+三重交通バス」の往復乗車券と、なばなの里入場料金(1,000円金券つき)がセットになった割引きっぷです。
(詳しくは、近鉄公式サイトのなばなの里イルミネーション近鉄電車&バス割引セットきっぷ情報をご覧ください。)

入場券を買って入口のゲートをくぐると、目の前に「55」と書かれたモニュメントが。なばなの里のある「ナガシマリゾート」は今年で55周年!
ちなみにイルミネーションは今年で16周年目。今年はどんな絶景が待っているのかワクワクしてきました!

なばなの里イルミネーション2019-2020「さくら」

なばなの里イルミネーションは、いつからいつまで?

なばなの里イルミネーション期間は、2019年10月19日から、2020年5月6日まで!
※2020年は、特別に7月26日まで公開延長!詳しくは公式サイトでご確認ください。

なんと、ゴールデンウィーク中もイルミネーションが見られるんです。夏の期間は行われていませんが、秋から春にかけて楽しめます。
秋には紅葉のライトアップ、春には桜のライトアップが行われるので、イルミネーションとともに美しい景色を眺めることができますよ。

なお、期間中におけるイルミネーションの点灯時間は、17時頃から営業終了までとなっています。

※点灯時間は、日没の時間によって変動します。
※営業時間の詳細は、ページの最後に記載している基本情報をご確認ください。

なばなの里イルミネーション2019-2020「さくら」

なばなの里イルミネーション見どころその① 「絶景」!光のトンネル

なばなの里イルミネーションを一躍有名にしたのが、全長200mの「光のトンネル」。「可愛い花びら」をかたどり「暖かなあかり」を基調とした最新のLEDによって作られる幻想的な空間は、なばなの里の中でも特に人気の高いスポット。

2013年には、ベストセラーシリーズ「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」(著者は絶景プロデュ―サーの詩歩さん)でも紹介されました!

なばなの里イルミネーション2019-2020「さくら」

こちらの「光のトンネル」では、地面に水たまりがある状態だと、こんなリフレクション写真が撮れることも!

水たまりに光が反射して、足元にも光が広がっているように見えます!カメラ好き・写真好きな方からも人気の高い「光のトンネル」では、フォトジェニックな写真が撮れること間違いなし。

※写真は「第47回観光三重フォトコンテスト」の応募作品です。

なばなの里イルミネーション2019-2020「さくら」

なばなの里イルミネーション見どころその② 毎年変わるテーマエリア!

なばなの里最大の魅力は、なんといっても毎年変わるメイン会場のイルミネーション。

2019年のテーマは「さくら」。「花鳥風月」をモチーフに日本の四季の美しさ、景観や歴史、文化などを表現している、全12シーン、6分40秒の圧巻のイルミネーションです。

高さ約30m、横幅155mという壮大なスケールと、最新LEDによる繊細で色鮮やかな表現は、まさに「絶景」。ここで、全12シーンの一部を少しだけご紹介します。

なばなの里イルミネーション2019-2020「さくら」

こちらは「夏(渓流美)」をモチーフにしたイルミネーション。

新緑輝く夏の里山を表現していて、夏の空に浮かぶ入道雲など爽やかで心地よい風景が目の前に広がります。

なばなの里イルミネーション2019-2020「さくら」

夏の次は秋。
こちらは「秋(錦秋)」をテーマにしたイルミネーション。

イチョウやモミジが山々を美しく染め上げる紅葉の様子が描かれています。
春や夏の華やかな様子から、趣のある色鮮やかな秋の情景への変化。うっとりと見入ってしまいます。

なばなの里イルミネーション2019-2020「さくら」

冬は山が白銀に輝く様子。

白く輝くイルミネーションは何とも幻想的で、青い光とのコラボレーションが魅力です。

なばなの里イルミネーション2019-2020「さくら」

こちらはメインエリアに今年から登場した藤棚のイルミネーション。

約70mの藤棚の中をくぐるよう歩くことができます。紫だけでなく、黄色や白に色が変わります。
藤棚の下から見るイルミネーションもまた素晴らしいです♪

なばなの里イルミネーション2019-2020「さくら」

なばなの里イルミネーション見どころその③ 幻想的な100mの光のトンネル「菜の花」

園内にある「光のトンネル」の2つ目「菜の花」は、明るくきらびやかな1つ目のトンネルとはまた違う雰囲気を味わうことができます。
たくさんの菜の花が咲き並ぶ景色は心が安らぎますね。
ちなみに昨年度は「ラベンダー」だったので、「去年行ったよ!」という人にも新しい感動がありますよ!

なばなの里イルミネーション2019-2020「さくら」

菜の花の花言葉は、「小さな幸せ」、「元気いっぱい」、「活発」などの元気で幸せなイメージ。

小さな花が力いっぱい咲き誇っているようなイルミネーションは、見る人に元気を与えてくれます。

なばなの里イルミネーション2019-2020「さくら」

なばなの里イルミネーション見どころその④ 国内最大規模の水上イルミネーション「光の大河」

「光の大河」は、国内最大規模の水上イルミネーション。
木曽三川をモチーフにしていて、滝の流れなど動静の変化のある演出がポイント。とにかく広大なので、見る場所によって様々な角度からイルミネーションを楽しむ事ができますよ!

写真好きな方は、自分だけの撮影スポットを探しながら鑑賞するのも楽しそうです。

なばなの里イルミネーション2019-2020「さくら」

なばなの里イルミネーション見どころその⑤ ミレニアムガーデン「光の海」

立体的な演出と最新鋭の調光技術で地中海の澄み切った青と緑にそよぐ風を表現しています。
地中海の海が波打つ様子や、広大な緑のオリーブ畑を描いたイルミネーションを楽しむことができます。

なばなの里イルミネーション2019-2020「さくら」

なばなの里イルミネーション見どころその⑥ アツアツ焼きそばをすぐ食べられる!大鉄板焼きそばの実演

なばなの里の地ビール園前 ガーデン席で行われる、大鉄板焼きそばの実演販売!
1.5m×6mの大鉄板で、最大500人分の焼そばを10人のコックさんが「おいしくなあれ~」とかけ声をかけながら作ってくれます!
焼そばを混ぜるのに使われているのは、なんとスコップ。大鉄板で焼きあげられるあつあつの焼きそばは本当に美味しくておススメ♪

実施時間 17:00頃~
場所:なばなの里の地ビール園前

なばなの里イルミネーション2019-2020「さくら」

なばなの里イルミネーション見どころその⑦ 充実したお食事処!

なばなの里の園内には、和食や中華、本格イタリアンから気軽に立ち寄れるカフェまで、計10か所の飲食スポットがあるんです!イルミネーションを観賞しつつお腹も満たされるなんて最高ですよね!

1,000円の金券も利用できますし、コース料理を予約したらなばなの里の入園料が無料になるという特典があるレストランもありますよ!デートや家族の記念日にレストランでディナーを楽しむのもよいですね!!
詳しくは公式サイトでご確認ください。
なばなの里公式サイト(レストラン情報)はこちら

なばなの里イルミネーション2019-2020「さくら」

番外編 なばなの里内でみつけたおみやげ

東海地区を代表するパティシエ 柴田武氏のスイーツ、焼き菓子のお店「シェ・シバタ」の「塩キャラメルチョコレートクランチ」。
家族や職場へのお土産にぴったりです。

12個入り690円(税込)

なばなの里イルミネーション2019-2020「さくら」

年々パワーアップしていくなばなの里イルミネーション。
トリップアドバイザーなどの口コミサイトで高評価を得ているのも納得の充実した内容でした!

東京や大阪からなばなの里を含む「ナガシマリゾート」を結ぶ直行バスも運行しています!
アクセスも良好ななばなの里のイルミネーション。今年もたくさんの観光客の方で賑わうのではないでしょうか♪

★なばなの里イルミネーションツアー情報★

【なばなの里イルミネーション:割引きっぷ情報】

「近鉄電車+三重交通バス」の往復乗車券と、なばなの里入村券(1,000円分の金券つき)がセットになった割引きっぷを、近鉄で販売中!
詳しくは、近畿日本鉄道公式サイトでご確認ください。
→ なばなの里イルミネーション近鉄電車&バス割引セットきっぷ


【なばなの里イルミネーション:基本情報】

開催期間:2019年10月19日(土)~2020年5月6日(水・休)
※2020年は、特別に7月26日まで公開延長!詳しくは公式サイトでご確認ください。

点灯時間:17時頃(日没時間等により変動あり)~営業時間終了まで

営業時間:
 9時~21時
 →12/31までの平日及び1/1~2/29の全日(12/24、25、27、30、1/2~1/5、11、12、18、25、26、2/22、23は除く)

 9時~22時
 →12/31までの土休日(12/24、25、27、30、1/2~1/5、11、12、18、25、26、2/22、23、3/1~5/6)

料金:2,300円(小学生以上)※なばなの里内で使える1,000円分の金券チケット付き

住所:〒511-1144
 三重県桑名市長島町駒江漆畑270番地

電話番号:0594-41-0787

公式サイト:https://www.nagashima-onsen.co.jp/nabana/index.html

アクセス:
○車
(名古屋・大阪方面)伊勢湾岸自動車道 湾岸長島ICより約10分
※駐車場無料(5700台)

○電車
近鉄名古屋線 近鉄長島駅より「なばなの里」行き直通バスにて10分
※「近鉄電車往復乗車券」+「バス往復乗車券」+なばなの里入園料がセットになったお得な切符販売中

○直通バス
名古屋名鉄バスセンターより「なばなの里」行き直通バスにて約30分

※2018年12月1日より、横浜スカイビル/池袋サンシャインバスセンターよりナガシマリゾート行きの直通バスが運行開始

※アクセスの詳細は公式サイトでご確認ください。http://www.nagashimaresort.jp/nabana/illumination/access/index.html

※掲載している情報は2019年10月時点のものです。


【関連情報】

ナガシマスパーランドを徹底解説!人気の絶叫アトラクションや合わせて行きたい周辺人気施設をご紹介します!

桑名市・木曽岬町の定番スポット・ホテル特集 テーマパークから歴史までおすすめスポットをご紹介

季節
秋(9~11月) 冬(12~2月)
エリア
北勢

観光三重ピックアップ!

  • 三重県産品の購入で三重の逸品を総額100万円分あげますキャンペーン

    三重県産品の購入で三重の逸品を総額100万円分あげますキャンペーン

    2020.05
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 夏の花といえば…?やっぱりひまわり!

    夏の花といえば…?やっぱりひまわり!

    2020.06
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05
  • 夏といえば海水浴!7月から海開きも少しずつ始まっていますよ♪

    夏といえば海水浴!7月から海開きも少しずつ始まっていますよ♪

    2020.06

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

「おいないさキャンペーン2020夏」で南伊勢町への旅をおトクに! 海と山の恵みを受ける逸品を一挙ご紹介!お取り寄せもOK!
「おいないさキャンペーン2020夏」で南伊勢町への旅をおトクに! 海と山の恵みを受ける逸品を一挙ご紹介!お取り寄せもOK!
掲載日:2020.07.03
「おいないさキャンペーン2020夏」で南伊勢町への旅をおトクに! 海と山の恵みを受ける逸品を一挙ご紹介!お取り寄せもOK!

フォトコンテスト

四日市港の竜
四日市港の竜
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

季節おすすめ記事

  • 料理になる醤油【はさめず】でお家ごはんをワンランクアップ 【三重のお持ち帰りグルメ紹介レポート】

    料理になる醤油【はさめず】でお家ごはんをワンランクアップ 【三重のお持ち帰りグルメ紹介レポート】

    古くから大和、山城、伊勢を結ぶ交通の要衝として栄えた、三重県伊賀市島ヶ原にある創業125年を超える醤油蔵『福岡醤油店』がお届けする、手間暇惜しまずこだわりを追求した昔変らぬ手作りの味。創業以来の蔵と杉桶から生まれる究極の...

    #
  • 日本画家が創業。独特の染色方法を用いた綿100%の優しいおぼろタオル 【三重のお持ち帰りグルメ紹介レポート】

    日本画家が創業。独特の染色方法を用いた綿100%の優しいおぼろタオル 【三重のお持ち帰りグルメ紹介レポート】

    1908年三重県津市において日本画家でもあった森田庄三郎が朧染タオル製造法の特許を取得し創業した『おぼろタオル』

    ボリューム感がありながら驚くほどの軽量感と高い吸水性・速乾性を持つ『百年の極』と100年以上にわたり愛されて...

    #
  • 玉城町の「玄甲舎」は、 わびさびを感じる歴史的空間で注目の新スポット!2020年6月公開開始です!

    玉城町の「玄甲舎」は、 わびさびを感じる歴史的空間で注目の新スポット!2020年6月公開開始です!

    玉城町の指定文化財「玄甲舎(げんこうしゃ)」が、令和2年6月より一般公開を開始しました!
    江戸時代後期に田丸城主久野家の家老を務めた金森得水の茶室兼別邸で、風格を漂わす日本家屋の空間に、しみじみと心を落ち着けることがで...

    #
ページトップ