取材レポート

夫婦岩のそびえる禊の浜、お伊勢参りする前に二見興玉神社で心と体を浄化しよう!

掲載日:2018.04.08
夫婦岩・二見興玉神社

夫婦岩(立石)は伊勢市の二見ヶ浦に仲睦まじく寄り添うように立つ2つの岩。
沖合およそ700mの海の中に鎮む「猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)」縁りの霊石「興玉神石」を拝する二見興玉神社は縁結びや夫婦円満のご利益があるということで有名です。
神の使いとされる二見蛙の置物とそこかしこで出会えるだけでなく、無事かえる、貸したものがかえる、若がえるなど縁起のいい御守りもずらり。
伊勢神宮の禊場である立石浜や夫婦岩、二見興玉神社のいわれや魅力を紹介します。

夫婦岩・二見興玉神社

駐車場から歩いて向かうと、大きな鳥居が見えてきます。
潮の飛沫がかかるほど海の近くにある二見興玉神社。雨の降った翌日は、強い海風が吹きますが、天気のよい日には、青空と水平線と鳥居がそろい、とても美しい景観になります。

夫婦岩・二見興玉神社

伊勢神宮をお参りするとき、外宮から内宮を廻るというのはご存知かと思いますが、正式にはその前に、立石浜で禊をするのが古来からの慣わしです。
この立て看板にはそのことが説明されています。

夫婦岩・二見興玉神社

海水に浸かって心身の垢を落とし禊をするのが本来の「垢離(こり)」なのですが、現在はここ二見興玉神社に参拝し、興玉神石から採取した無垢鹽草(むくしおくさ)で身を清めるお祓いを受ける浜参宮が一般的。
社務所で授かることのできるこの無垢鹽草を身につけてお参りしましょう。

夫婦岩・二見興玉神社

最初に迎えてくれるのが手水舎の「満願蛙」。水をかけると願いが叶うと言われています。
手水舎以外にも境内のいたるところに、二見興玉神社を参拝してご利益を受けた人々が次から次へと奉納したという蛙の置き物があります。

夫婦岩・二見興玉神社

鮮やかな緑の蛙。水の中から顔を出して、大きくてまん丸の黒い瞳でこちらを見つめています。
かわいいですね~。

夫婦岩・二見興玉神社

二見興玉神社の本殿。綺麗な緑色の屋根が印象的です。
「二礼、二拍手、一礼。」訪れる人々が次々と眼を瞑って手を合わせます。

夫婦岩・二見興玉神社

縁結びと夫婦円満のご利益で有名なだけあって、御守りがたくさん並んでいます。
夫婦やフィアンセ同士、パートナーと色ちがいのお揃いで身につけてみてはいかがでしょう。
愛について願う人々が数多集まるというだけでも、なんだかパワーが満ちているような気がします。

夫婦岩・二見興玉神社

お財布の中に入れる小蛙と金銀蛙。
無事に「かえる」ための旅行安全、交通安全の御守です。商売繁盛の縁起物でもあるこの蛙たち、お土産にもよさそうですね。

夫婦岩・二見興玉神社

こちらは蛙みくじです。蛙の口に手を入れて、願いをこめて引いてみましょう。
神様からのいいお返事が「かえる」かな?

夫婦岩・二見興玉神社

二見興玉神社の参拝の後には、もう少しだけ足を伸ばして「龍宮社」にも行ってみましょう。
この「みそぎ橋」を渡って向かいます。

夫婦岩・二見興玉神社

晴れた空から、陽の光が降り注ぐ浜辺。清らかな空気に満ちた景色です。
この場所に佇んでいるだけで心身が浄化されそうですね。

夫婦岩・二見興玉神社

こちらが龍宮社。海の守り神である綿津見大神を御祭神とする神社です。
6月下旬には、およそ200年前に起きた津波をきっかけに、供養や海上安全を祈願して龍宮社例祭(郷中施)が行われます。

夫婦岩・二見興玉神社

本殿には、一対の狛犬ならぬ「狛蛙」が鎮座しています。本当に蛙づくしですね〜。

夫婦岩・二見興玉神社

二見興玉神社では、2種類の御朱印帳を賜ることができます。初穂料は1200円。
「日の出」は鮮やかな朱色とオレンジ色のグラデーションのような朝の空の色味が美しく、「満月」は輝く星たちが散りばめられた深く青い夜空が綺麗です。
選ぶのに少し時間がかかってしまうくらい、どちらもとても魅力的です。

夫婦岩・二見興玉神社

御朱印を頂きました。
迷いに迷って選んだ満月の御朱印帳の背表紙側には、かわいい蛙の刺繍が施されていました。

もともとは、寺社に写経を納めた証としていただくものだったという説もある御朱印。
帰ってから眺めていると、参拝したときの澄んだような気持ちと、お願い事が思い起こされます。

夫婦岩・二見興玉神社

長さ約35mの大注連縄(おおしめなわ)が掛かる夫婦岩。
5月~7月は、夫婦岩の間から昇る朝日を見ることができます。11月~1月、冬の季節に見られるのは、夫婦岩の間から満月の昇る幻想的な景色。
月の満ち欠けを意識して旅するのもオススメです。
夜間は21時までライトアップされていて、日中とはまた別の神秘的な姿に出会えます。

夫婦岩・二見興玉神社

参拝の後に、ひとやすみ。「岩戸の塩」を使ったソフトクリームは神社から駐車場に向かう途中、徒歩でおよそ3分ほどのところにある「食事処まるはま」で味わえます。
ベースはバニラ味、ほんのり塩味でしょっぱすぎるということはありません。「塩風味」といったところで、後味がすっきりとしていてとても美味しかったです。値段は350円。

夫婦岩・二見興玉神社

こちらが「岩戸の塩」。神社から4分ほど歩いたところにある「岩戸館」という宿で購入することができます。
原料は海水のみで、添加物を一切使わずに昔ながらの製法で丁寧に作られた美味しいお塩です。
不足しがちなミネラルを補い、体内のバランスを整えてくれるという優れた逸品。値段は376g(大)2,400円、125g(小)820円。

夫婦岩・二見興玉神社

夫婦岩のそびえる禊のための海岸、どっしりと構える「二見興玉神社」は、澄みきった清らかな空気に満ちていました。
無事かえる、若がえる、そんなご利益たっぷりのかわいい蛙の置き物がそこかしこに座っていて、行き交う人々がシャッターを切る姿も印象的。
お伊勢さんに行くときには、その前にこの場所で心身を浄化する古来からの正式な参拝をしてみませんか?

関連スポット

カテゴリー
花・自然・絶景
季節
春(3~5月) 夏(6~8月) 秋(9~11月) 冬(12~2月)
エリア
伊勢志摩

PR

バナー広告について

観光三重ピックアップ!

  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2016.12
  • 雨でも楽しいおでかけスポット特集!天気が悪くても思いっきり楽しめる施設や体験メニューをご紹介

    雨でも楽しいおでかけスポット特集!天気が悪くても思いっきり楽しめる施設や体験メニューをご紹介

    2017.03
  • 日ごろの疲れを癒しに温泉へ行こう!リラックスできる三重県の人気日帰り温泉や天然温泉旅館を紹介

    日ごろの疲れを癒しに温泉へ行こう!リラックスできる三重県の人気日帰り温泉や天然温泉旅館を紹介

    2016.11
  • 三重県には「恋のパワースポット」がいっぱい!恋愛祈願に出かけましょう♡

    三重県には「恋のパワースポット」がいっぱい!恋愛祈願に出かけましょう♡

    2017.04
  • 子どもと一緒にお出かけ!ファミリーで遊んで楽しめる旅行スポットをまとめて紹介しちゃいます!

    子どもと一緒にお出かけ!ファミリーで遊んで楽しめる旅行スポットをまとめて紹介しちゃいます!

    2017.05

オフィシャルSNS

PR

取材レポート

【自転車ライターが行く!美し国・三重 自転車道中記】東紀州編・七里御浜沿いを走り、熊野の美味に舌鼓!
【自転車ライターが行く!美し国・三重 自転車道中記】東紀州編・七里御浜沿いを走り、熊野の美味に舌鼓!
掲載日:2019.02.14
【自転車ライターが行く!美し国・三重 自転車道中記】東紀州編・七里御浜沿いを走り、熊野の美味に舌鼓!

フォトコンテスト

上野城と十四夜月
上野城と十四夜月
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • 知る人ぞ知る「秘湯」を求めて、「湯ノ口温泉」へ! トロッコ電車に乗って、レトロな温泉旅

    知る人ぞ知る「秘湯」を求めて、「湯ノ口温泉」へ! トロッコ電車に乗って、レトロな温泉旅

    山奥や大自然の中にひっそりと佇む「秘湯」。熊野市紀和町にある「湯ノ口温泉」は、「三重の秘湯」と呼ぶにふさわしいスポット。レトロなトロッコ電車に乗って行くその場所には、「日本の原風景」ともいえるような景観が広がっていま...

    #
  • 九州・沖縄発の方必見!飛行機なら最寄り空港まで90分・6千円以内も!伊勢志摩の旅 ~Fly to 伊勢志摩~

    九州・沖縄発の方必見!飛行機なら最寄り空港まで90分・6千円以内も!伊勢志摩の旅 ~Fly to 伊勢志摩~

    「伊勢神宮」や伊勢志摩に一度は行ってみたいけど、アクセスが分からないし「なんか遠そう」、と思っている方必見!北海道から伊勢志摩まで、飛行機や高速船を使えば早く、安く、楽に行くことができるんです。とっておきの方法を、伊...

    #
  • 北海道発の方必見!飛行機なら最寄り空港まで2時間・5千円以内も!伊勢志摩の旅 ~Fly to 伊勢志摩~

    北海道発の方必見!飛行機なら最寄り空港まで2時間・5千円以内も!伊勢志摩の旅 ~Fly to 伊勢志摩~

    安く、早く、簡単に伊勢志摩に行く「とっておきの方法」お教えします♪

    「伊勢神宮」や伊勢志摩に一度は行ってみたいけど、アクセスが分からないし「なんか遠そう」、と思っている方必見!北海道から伊勢志摩まで、飛行機や高速船を使えば早く、安く、楽に行くことができるんです。とっておきの方法を、伊...

    #

季節おすすめ記事

  • 海の恵みを贅沢に味わい尽くす! 大盛況の「年末・きいながしま港市」に潜入!!【取材日:2018年12月22日】

    海の恵みを贅沢に味わい尽くす! 大盛況の「年末・きいながしま港市」に潜入!!【取材日:2018年12月22日】

    新鮮な海の幸をお値打ちにゲット!大人気の港市!

    世界遺産・熊野古道の玄関口の町「紀北町」は、県下有数の水揚高を誇る「紀伊長島港」があり、新鮮な海の幸が魅力のまち。今回は紀北町で毎年恒例・大人気の「年末・きいながしま港市」に行ってきました!海の恵みを堪能できるイベン...

    #
  • MieMuの冬の企画展は「くらしの道具~いま・むかし~ 特集“三重の伝統産業”」。冬休みに家族でお出かけすれば、盛り上がること間違いなし!

    MieMuの冬の企画展は「くらしの道具~いま・むかし~ 特集“三重の伝統産業”」。冬休みに家族でお出かけすれば、盛り上がること間違いなし!

    平成30年12月15日(土)から平成31年2月17日(日)まで開催の、三重県総合博物館(MieMu)第22回企画展「くらしの道具~いま・むかし~ 特集“三重の伝統産業”」では、おもに明治時代から平成にかけて身近で使われた道具を紹介すると...

    #
  • 南伊勢の"美しい自然"と"心温まるおもてなし"に癒される。「おいないさキャンペーン2018秋/冬」に参加する旅館を一挙紹介!

    南伊勢の"美しい自然"と"心温まるおもてなし"に癒される。「おいないさキャンペーン2018秋/冬」に参加する旅館を一挙紹介!

    PRおいないさキャンペーンで泊まることができる宿を全て大公開!

    「奥志摩」として親しまれる南伊勢町は、山から海まで多彩な自然を有し、それらが育んだ「農村・漁村文化」が息づいています。このまちで開催されている「おいないさキャンペーン」が、おトクに旅を楽しめると大好評!今回は、キャン...

    #
ページトップ