取材レポート

伊賀流忍者博物館で体感する本物の忍術! 躍動感あふれる忍者たちに会いに行こう!

掲載日:2018.03.12

11,926ビュー

忍者に会いたいと思ったら、行くべきは「伊賀流忍者博物館」!忍者スタッフが案内する実物の忍者屋敷から、丁寧に保管・展示された歴史的な資料、伝統工芸とコラボしたカラフルなお土産の忍者グッズ、見る者を興奮の渦に巻き込む迫力満点の忍者ショーまで、本格的な忍者の世界を味わえます。

伊賀流忍者博物館で体感する本物の忍術!忍者ショーは必見です

忍者と聞いて何を思い浮かべますか?

手裏剣?
戦い?
漫画のキャラクター?

雇い主に忠義を尽くし、農民として暮らしながらも全国を飛び回り諜報活動をしていたのが伊賀流忍者。忍者が案内してくれる本物の忍者屋敷から、貴重な資料の数々、渋いものからポップなものまで揃うお土産、圧倒的な迫力を誇る忍者ショーまで、「伊賀流忍者博物館」で忍者の魅力をたっぷりと堪能しよう!

伊賀流忍者博物館で体感する本物の忍術!忍者ショーは必見です

伊賀流忍者博物館があるのは、名阪国道の上野東インターチェンジから車でおよそ10分の風光明媚な上野公園内。
秋には色づく紅葉が鮮やかで、到着までの道のりを気持ちよく散策できます。

「伊賀流」は現在でいうところの伊賀市と名張市である「伊賀国」の地に伝わる忍術の流派。
映画「忍びの国」では、嵐の大野智さんが伊賀流忍者を演じて話題となりました。

伊賀流忍者博物館で体感する本物の忍術!忍者ショーは必見です

入場すると、忍者が初めに案内してくれるのがこちらの忍者屋敷。
実際に忍者が暮らしていたものを移築したものなのだそう。太い梁に当時の面影を忍ばせます。

伊賀流忍者博物館で体感する本物の忍術!忍者ショーは必見です

屋敷の仕掛けやからくりにについて説明する途中、
「わたしの仲間がこちらを見ています。どこに隠れているかわかりますか?」と話す案内人の忍者。
視線を感じてそっと上を見ると、屋根裏から覗く忍者が!

光が当たらないと見えないような透かしのつくりになっています。

伊賀流忍者博物館で体感する本物の忍術!忍者ショーは必見です

実演してもらえる「刀隠し」の仕掛け。
一瞬でも目をそらしたら見逃してしまうスピーディな動き、なめらかな身のこなしは圧巻で、日頃から磨き込まれた身体能力の高さにびっくりします。最後の笑顔はとてもフレンドリー。
伊賀流忍者は家族をとても大切にしていた、と語る眼差しも印象的でした。

伊賀流忍者博物館で体感する本物の忍術!忍者ショーは必見です

忍者による屋敷の案内が終わると、順路が示すのは地下へと続く階段です。

なにやら怪しげな雰囲気・・・?

伊賀流忍者博物館で体感する本物の忍術!忍者ショーは必見です

と、思いきや地下にあるのは落ち着いて見学できる展示室、「忍者体験館」。

伊賀流忍者博物館で体感する本物の忍術!忍者ショーは必見です

忍者の作戦が実行されるときに使われた200点以上の忍具が丁寧に保存・展示されています。
忍者たちは、普段は農民として暮らしたり、大道芸人や曲芸人の姿を借りて諜報活動のために遠い土地まで旅したりしながら、これだけ多くの道具を使いこなしたといいます。
3歳くらいから忍術を教え込まれ、一生を忍者として生きたそうです。

三つ子の魂、百までも。

伊賀流忍者博物館で体感する本物の忍術!忍者ショーは必見です

屋外に出たところにあるのは「忍者伝承館」。
ここでも、解読された暗号や、古文書などの興味深い資料を見ることができます。

伊賀流忍者博物館で体感する本物の忍術!忍者ショーは必見です

展示品からは、当時の忍者の暮らしぶりを学べます。
忍術の起源は飛鳥時代の「志能便(しのび)」ともいわれ、時代により様々な呼称があり奈良時代は「伺見(うかみ)」、戦国時代は「間者(かんじゃ)、乱破(らっぱ)」、江戸時代は「隠密(おんみつ)」、大正時代は「忍術者」と続くとされていますが、忍びの者であっただけに、本当のところははっきりとしておらず、伊賀流については、鎌倉時代の寺社勢力に対抗した悪党が発祥とされています。

伊賀流忍者博物館で体感する本物の忍術!忍者ショーは必見です

忍者伝承館の中に併設されたショップ「Ninja坊」で購入できるのは、ここでしか手に入れることのできない忍者グッズの数々。
カラフルでフォトジェニックな手裏剣も売っています。

伊賀流忍者博物館で体感する本物の忍術!忍者ショーは必見です

10色の衣装を来たキューピーちゃんのストラップ。
鮮やかな忍者衣装は、国指定伝統的工芸品で知られる「伊賀組紐」。旅の思い出におひとついかが?

伊賀流忍者博物館で体感する本物の忍術!忍者ショーは必見です

伊賀焼の箸置き。海外からの観光客にも人気の品なのだそう。
奈良時代から続く伊賀焼も国指定の伝統工芸品。上品に艶めく、淡い緑色が美しいですね。

伊賀流忍者博物館で体感する本物の忍術!忍者ショーは必見です

手裏剣打ちも体験できます。
発泡スチロールで作られた的をめがけて、えいっ!(入館料とは別途有料)

伊賀流忍者博物館で体感する本物の忍術!忍者ショーは必見です

そして、なんといっても見逃せないのが「忍術実演ショー」です。
実際に使われていた忍具の実演は、「ショー」と呼ぶにはもったいないほどの迫力!あまりにも迫力がありすぎて、泣き出す子どもがいるほどらしく、演目はその日のお客さんの顔ぶれによって変えているのだそう。

海外から来た人々にも大人気!
会場は忍者体験広場。忍者ショーは入館料とは別料金。
開催日はホームページでチェックしてくださいね。(http://www.iganinja.jp/showsche/)






呪術「九字護身法」。精神統一して呪文を唱える厳かな雰囲気に満ち、緊張感が漂います。
そこから一転、勇ましい剣術が披露されます。使われているのは本物の刀です!






女性の忍者「くノ一」の戦闘シーンも迫力満点!
俊敏で勇敢で美しく、思わずため息が出るほどです。しかし、伊賀流忍者の任務は生きて情報を持ち帰ることでしたから、他者と交戦するのは最後の手段。
隠れ、逃れ、命を落とさないための護身術として、手裏剣や武器が使われたのだと言われています。

伊賀流忍者博物館で体感する本物の忍術!忍者ショーは必見です

生き延びてこそ伊賀流忍者。格好いい生きざまです!
ショーの最後には、忍術や技を披露してくれた伊賀忍者特殊軍団「阿修羅」のみなさんがポーズを決めてくれます。

伊賀流忍者博物館で体感する本物の忍術!忍者ショーは必見です

博物館を見学したら、上野公園内を少し歩いてみましょう。
白壁がなんとも美しい伊賀上野城があります。

伊賀流忍者博物館で体感する本物の忍術!忍者ショーは必見です

ちなみに、伊賀市内には忍者衣装をレンタルしてくれる「忍者変身処(にんじゃへんしんどころ)」がいくつもあるので、忍者に変身して気分を盛り上げましょう!
大人用、子ども用があるので家族みんなで忍者衣装に身をつつめば、素敵な想い出になること間違いなしです。
中には、犬用の忍者衣装を貸し出してくれるところもありますよ!
http://www.iga-travel.jp/ja/?page_id=83

伊賀流忍者博物館で体感する本物の忍術!忍者ショーは必見です

伊賀の城下町は、日本イコモス国内委員会が平成29年12月に発表した、後世に残したい「日本の20世紀遺産20選」に「伊賀上野城下町の文化的景観」として選定されました。
「旧城下町の都市景観にあわせた近代建築群の代表例」として評価された町並みを、忍者衣装を着て散策しながら、忍者にまつわるスポットや飲食店を巡るのもオススメです。

伊賀流忍者博物館で体感する本物の忍術!忍者ショーは必見です

「忍者市」宣言をしている伊賀市は、忍者の里。忍者が活躍した時代、この高石垣からの眺めはどんなものだったのでしょうか。

伊賀流忍者博物館には、忍者に魅かれて国内外からたくさんの人々が集まります。
本格的な忍術を体感したり、これまでは知らなかった忍者の暮らしを学んだり、躍動感溢れる忍者ショーの迫力を感じたり、周辺の史跡を眺めて散策したり、子どもから年配の方まで楽しめます。
ここにしかないユニークさと、長い歴史のなかで育まれた威厳をたたえる博物館でした。

※2018年3月時点の情報です。

伊賀流忍者博物館(忍者屋敷)

住所
伊賀市上野丸之内117
電話番号
0595-23-0311(伊賀流忍者博物館)
公式URL
http://www.iganinja.jp/
営業時間
平日  10時00分~16時00分(最終入館時間15:30分)
土日祝 10時00分~16時30分(最終入館時間16:00分)
※最新情報はHPをご確認ください。
休業日
年末年始(12月29日~1月1日)
料金
大人:800円(700円)
小人:500円(400円)
※料金の( )内は20人以上の団体料金
※別料金:忍者ショー 1人 500円(400円)
(休演日あり 要事前確認)
    :手裏剣打ち体験 1人6枚 300円
公共交通機関でのアクセス
・伊賀鉄道「上野市駅」から徒歩で約5分
車でのアクセス
・名阪国道「上野東IC」から北へ約5分
・名阪国道「中瀬IC」から西へ約5分
カテゴリー
テーマパーク&レジャーランド 文化&寺社仏閣 雨の日でもOK
季節
オールシーズン
エリア
伊賀

PR

バナー広告について

観光三重ピックアップ!

  • ココロとカラダを健やかに!三重の自然体験を楽しもう♪

    ココロとカラダを健やかに!三重の自然体験を楽しもう♪

    2021.07
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 梅の名所スポット&梅まつり特集

    梅の名所スポット&梅まつり特集

    2021.12
  • カキの美味しい季節到来!焼き牡蠣食べ放題の鳥羽市浦村のお店を地図付きで紹介します!

    カキの美味しい季節到来!焼き牡蠣食べ放題の鳥羽市浦村のお店を地図付きで紹介します!

    2020.10
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

国立公園、国定公園とは?三重県内のおすすめスポットと共に紹介します♪
国立公園、国定公園とは?三重県内のおすすめスポットと共に紹介します♪
掲載日:2022.01.24
国立公園、国定公園とは?三重県内のおすすめスポットと共に紹介します♪

フォトコンテスト

医療従事者へエール贈るジャズカサ
医療従事者へエール贈るジャズカサ
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • 東海道関宿(亀山市)でグルメ・お土産・町歩きを満喫!駐車場や撮影スポットも紹介します

    東海道関宿(亀山市)でグルメ・お土産・町歩きを満喫!駐車場や撮影スポットも紹介します

    東海道関宿は江戸の古い町並みが今も残る場所。そんな歴史を感じる町でグルメ・お土産・町歩きを楽しむ観光モデルコースを紹介!駐車場や撮影スポットも解説!【所要時間:3〜4時間】

    #
  • 北勢地区にまたがる七つのパワースポット!?伊勢七福神を巡ろう!【後編】

    北勢地区にまたがる七つのパワースポット!?伊勢七福神を巡ろう!【後編】

    前編に引き続き、三重県内でも七つある七福神霊場(しちふくじんれいじょう)の内の一つ、「伊勢七福神」を巡ります。伊勢七福神とは桑名市、四日市市、鈴鹿市、亀山市にある七つの寺院で構成された昭和五十八年に開創された霊場です...

    #
  • 外宮・内宮をお参りしたら、「河崎・勢田川」で伊勢の暮らし・文化を体験しよう!

    外宮・内宮をお参りしたら、「河崎・勢田川」で伊勢の暮らし・文化を体験しよう!

    伊勢まちづくり株式会社は、観光庁の「地域の観光資源の磨き上げを通じた域内連携促進に向けた実証事業」として、下記の実証事業を関連団体、関連事業者等連携して実施します。

    ・伊勢河崎デジタル周遊パス「伊勢の台所河崎蔵まち...

    #

季節おすすめ記事

  • 国立公園、国定公園とは?三重県内のおすすめスポットと共に紹介します♪

    国立公園、国定公園とは?三重県内のおすすめスポットと共に紹介します♪

    「国立公園」「国定公園」という言葉を聞くと、漠然と“自然に恵まれた場所”というイメージを抱く方が多いはず。しかし、具体的にはどのような場所のことを指すのか分からない方も多いのではないでしょうか?
    今回は、国立公園と国定...

    #
  • 「三重県×ミジュマル」WEBサイトがオープン!

    「三重県×ミジュマル」WEBサイトがオープン!

    PR

    今後こちらのWEBサイトを通じて、さまざまな情報を随時発信していきますので、ご期待ください!

    #
  • 三重の山がもっと好きになる!「亀山7座トレイル」!!

    三重の山がもっと好きになる!「亀山7座トレイル」!!

    今回はASOBISIAが「亀山7座」を制覇してきましたので紹介します!
    「亀山7座」とは鈴鹿山脈で石水渓付近の700メートル前後の山を7座として選定したものです。「亀山7座」には「鈴鹿セブンマウンテン」の山々とはまた違った魅力の山が...

    #
ページトップ