取材レポート

高田本山専修寺で特別拝観のチャンス!非公開の重要文化財の広間で会席を味わえます♪

7,313ビュー

普段は見れない国指定重要文化財を、特別に拝観! 津市の高田本山専修寺で、会席料理+特別拝観+呈茶+お琴の演奏+ありがたい法話、という贅沢な時間を過ごすプランが誕生。特別拝観を通じて、心と体が生まれ変わる、美味なる叡智をいただきましょう。

高田本山専修寺の国指定重要文化財 特別拝観限定会席料理

このたび、津市の高田本山 専修寺(たかだほんざん せんじゅじ)にて、一般には公開されていない国指定重要文化財「御対面所(おたいめんしょ)」で会席料理「夢告(むこく)」をいただく、特別拝観ができることになりましたので、ご紹介します。

 

高田本山専修寺の国指定重要文化財 特別拝観限定会席料理

高田本山 専修寺は、全国に600以上ある真宗高田派の総本山です。正式には「真宗高田派本山 専修寺」といい、「高田本山」という愛称で親しまれています。鎌倉時代の僧、親鸞聖人の教えを受け継ぐ寺院であり、親鸞聖人直筆の書などの国指定重要文化財が多数納められています。

高田本山専修寺の国指定重要文化財 特別拝観限定会席料理

こちらは御影堂(みえいどう)。宗祖である親鸞聖人の木像を中央の壇上に安置し、歴代上人の画像を両脇壇および両余間に敬置するお堂となっており、国の重要文化財に指定されています。725枚の畳が敷かれており、全国の現存木造建築の中でも五番目に大きなお堂です。

高田本山専修寺の国指定重要文化財 特別拝観限定会席料理

こちらは通天教(つうてんきょう)。御影堂と、お隣の如来堂(にょらいどう)を結ぶ廊下で、両御堂の縁側にかかっているため高床になっています。板張りで、柱間はすべて吹抜けです。夜になり灯りがともされている光景はとても幻想的です。

高田本山専修寺の国指定重要文化財 特別拝観限定会席料理

そんな高田本山 専修寺の象徴ともいえるのが「蓮」。敷地内では様々な種類の蓮を楽しむことができ、蓮寺としても有名です。今回の会席料理「夢告」でも、食材の主役に選んだのは「蓮」。泥の中から美しい花を咲かせる蓮は清らかさの象徴、心が洗われます。

高田本山専修寺の国指定重要文化財 特別拝観限定会席料理

会席料理「夢告」は、春は花、夏は緑、秋は紅葉に照る月など日本の四季を映し出す料理。三重の豊かな自然の恵みを味わうことができます。食材や季節により選び抜かれた、京都、美濃、織部、瀬戸、有田、信楽、伊賀などの美しい器で食事が頂けるのも魅力の一つ。「ゆっくりと五感で料理を味わう」、贅沢なひとときをお過ごしいただけます。

高田本山専修寺の国指定重要文化財 特別拝観限定会席料理

「夢告」とは、親鸞聖人が悩んだ末、京都の六角堂に籠もられた折、観音様から頂いた夢のお告げのことです。このお告げにより親鸞聖人は迷いを捨て、「お浄土の教え」に出会うことができたと言われています。

高田本山専修寺の国指定重要文化財 特別拝観限定会席料理

こちらが今回会席料理をいただくことができる「御対面所(おたいめんしょ)」。国指定重要文化財であり、一般には公開されていません。御対面所は本来「召見殿(しょうけんでん)」という名前でしたが、大正元年まで御法主が門信徒に対面する場所だったため御対面所と呼ばれています。

高田本山専修寺の国指定重要文化財 特別拝観限定会席料理

御対面所の壁面には見事な松の巨木と、和合する一対の丹頂鶴が描かれています。金箔の美しさは息をのむほどです。

高田本山専修寺の国指定重要文化財 特別拝観限定会席料理

今回の特別拝観で見学できるのは「御対面所」だけではありません!こちらは貴賓接待のための書院「賜春館(ししゅんかん)」。明治11年に貴賓接待用として新築された書院です。この書院が完成したころ、明治天皇行幸の”行在所(あんざいしょ)”にされることが通知されたため、それを祝って「賜春館」と命名されました。

高田本山専修寺の国指定重要文化財 特別拝観限定会席料理

こちらは江戸時代初期の茶室「安楽庵(あんらくあん)」。茶席は本席と略席の二棟からなり、本席である安楽庵は、主人と客席との間に太鼓張の襖を入れるなど、珍しい趣向が凝らされています。ぜひ特別拝観に参加して、間近で見学して下さい。「安楽庵」の名前の由来も興味深いですよ。

高田本山専修寺の国指定重要文化財 特別拝観限定会席料理

他にも、特別拝観の内容として、呈茶やお琴の演奏、高田本山 専修寺ならではの法話も予定されています。歴史と伝統を誇る国指定重要文化財で過ごす悠久の時と触れ合う特別なひとときを、ぜひお楽しみください。

【心揺るがす感動の世界で あなただけに許された たおやかな時間をお過ごしください】
特別拝観限定「蓮」会席料理 夢告―むこく― の詳細はこちら!!

高田本山専修寺:特別拝観限定会席料理「夢告」のご案内

参加費用 25,000円
1日限定20名まで
※国指定重要文化財「御対面所」での会席料理・特別拝観料・お抹茶のおもてなしが含まれています。
※国指定重要文化財「御対面所」の拝観は、特別拝観限定「蓮」会席料理夢告を申し込まれた方限定です。
※夢告は開催日の2週間前までに予約が必要です。

2017年開催日程 
春 5月27日(土)、6月13日(火)、6月23日(金)、7月1日(土)
秋 10月21日(土)、10月27日(金)、11月11日(土)、11月21日(火)

申し込み状況によりご希望に沿えない場合もありますのでご了承ください。

 お問い合わせ
高田本山 専修寺
〒514-0114
三重県津市一身田町2819番地
電話:059-232-4171
FAX:059-232-141

 公共交通機関でのアクセス
JR一身田駅から徒歩5分 
JR・近鉄津駅から「一身田」「三重病院」行きバス15分「本山前」下車すぐ

車でのアクセス
伊勢自動車道 津ICより約15分
伊勢自動車道 芸濃ICより約15分
駐車場 JR一身田駅近くに大駐車場(無料、バス可)有

カテゴリー
イベント&祭り 文化&寺社仏閣
エリア
中南勢

PR

バナー広告について

観光三重ピックアップ!

  • 三重県内での宿泊・日帰り旅行割引「みえ得トラベルクーポン」

    三重県内での宿泊・日帰り旅行割引「みえ得トラベルクーポン」

    2022.05
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 三重県の花火大会特集【2022年版】スケジュール・開催場所など人気の花火大会を紹介

    三重県の花火大会特集【2022年版】スケジュール・開催場所など人気の花火大会を紹介

    2022.06
  • 蓮・睡蓮が見頃です!

    蓮・睡蓮が見頃です!

    2022.06
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

志摩市観光農園のひまわりが2022年も開園!アクセス方法や見所を紹介します
志摩市観光農園のひまわりが2022年も開園!アクセス方法や見所を紹介します
掲載日:2022.07.01
志摩市観光農園のひまわりが2022年も開園!アクセス方法や見所を紹介します

フォトコンテスト

Sunset
Sunset
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • 花手水とは?癒やしの花アートで大注目!おすすめの神社・お寺も紹介します

    花手水とは?癒やしの花アートで大注目!おすすめの神社・お寺も紹介します

    コロナ渦になってから全国の神社やお寺に広がりを見せる花手水。手水舎にプカプカと浮かぶ季節の花がとっても可愛く、SNSでも大人気!そもそも花手水は何のためにあるのか、どこで見られるのか、作り方やどのくらい持つのかを解説しま...

    #
  • 外宮・内宮をお参りしたら、「河崎・勢田川」で伊勢の暮らし・文化を体験しよう!

    外宮・内宮をお参りしたら、「河崎・勢田川」で伊勢の暮らし・文化を体験しよう!

    伊勢まちづくり株式会社は、観光庁の「地域の観光資源の磨き上げを通じた域内連携促進に向けた実証事業」として、下記の実証事業を関連団体、関連事業者等連携して実施します。

    ・伊勢河崎デジタル周遊パス「伊勢の台所河崎蔵まち...

    #
  • 三重県総合博物館(MieMu)第30回企画展「名所発見、再発見!~浮世絵でめぐる三重の魅力~」を観に行ってきました!

    三重県総合博物館(MieMu)第30回企画展「名所発見、再発見!~浮世絵でめぐる三重の魅力~」を観に行ってきました!

    三重県総合博物館(MieMu)では、第30回企画展「名所発見、再発見!~浮世絵でめぐる三重の魅力~」が令和4年4月16日(土)から6月12日(日)まで開催されています。この企画は、令和2年に開催予定であったものがコロナ禍の...

    #
ページトップ