• 観光三重トップ
  • 特集記事
  • サミット開催地の英虞湾が一望できる横山展望台と、志摩市の名所・天の岩戸へ行ってきました

取材レポート

サミット開催地の英虞湾が一望できる横山展望台と、志摩市の名所・天の岩戸へ行ってきました

掲載日:2016.12.12

観光客に大人気の志摩市の名所…G7伊勢志摩サミット会場「志摩観光ホテル」が一望できる「横山展望台」と日本名水百選で有名な「天の岩戸(恵利原の水穴)」に行ってきました。どちらも伊勢志摩ならではの魅力が感じられるスポットでした。

近鉄鵜方駅から車で10分ほど走ると、横山展望台ふもとにある「横山ビジターセンター」に到着。館内には伊勢志摩国立公園の昆虫標本や野鳥の写真などがずらり。

あれっ?「森のエビフライ」って何???施設の人に聞くと「リスがマツボックリの間にある種を食べたあとです。エビフライにそっくりなのでそう呼ばれています」と教えてくれました。クラフト無料体験も面白そう。

春夏秋冬別にある「横山自然観察マップ」をもらって、いざ横山展望台へ。展望台までは550mで高低差80m。歩く途中で「観察してみよう」のカードを発見。「ヤマガラ」の鳴き声は「ピーツツピーツツ」なのですね。なるほど。ほかに「自然ふれあいクイズ」もあり、あっという間に展望台駐車場が見えてきました。

展望台に着くとタクシーやバスでやって来た観光客でいっぱい。リアス海岸と真珠養殖のいかだで有名な英虞湾を一望できる絶景スポットで、あちこちから「きれい」と感嘆の声が。案内板を見ながら「あの建物が志摩観光ホテルかな」とサミット開催当時の熱狂ぶりに思いをはせました。

曇り空で残念でしたが、晴れるとこの景色!入りくんだリアス海岸がくっきり見えて、青空と木々の緑のコントラストが、はっと息をのむほどきれいです!

せっかくなので260m先の「パノラマ展望台」へレッツゴー。途中には航海の安全を守っているといわれる「なごらの浮岩」があります。

「パノラマ展望台」は人が少なく、景色を独り占めできる点がうれしいです。

「天の岩戸」へ向かう途中で、休憩を兼ねて国道167号沿いの「道の駅伊勢志摩」へ。海産物や土産物など並ぶ中、「真珠の塩ソフトクリーム(300円)」の看板が目に入り、即購入。乳脂肪分が多く濃厚で舌触りが滑らか、後味スッキリ。塩が効いていて絶品!

伊勢道路へ向けて車を走らせると「天の岩戸口」と書かれた石碑が。ちゃんと見ていないと通り過ごしてしまいそう。鳥居をくぐり抜け、山道をしばらく走ると駐車場に着きます。

途中で「足形跡遺跡」を発見。何の足形なのかは???

5分くらいで「天の岩戸」に到着。両側に石灯篭が並ぶ参道を歩くと徐々に水の音が聞こえてきます。

ひんやりとした霊気に包まれた空間と、洞穴から湧き出る清水の音がまるで神話の世界みたい。天照大神が隠れ住まわれたとの伝説があるそうです。

みそぎ滝の前に立つと、心が洗われるような厳かな気持ちになります。

世界の真珠王「御木本幸吉」が昭和6年に植樹した「クスノキ」もありました。

「風穴→」の看板を見つけたので、「どこにあるのかな」とキョロキョロしながら起伏のある山道を歩くこと約8分。「あったー」。風穴で耳を澄ませると何か音が聞こえます。

元の場所へ戻ると、大量のペットボトルを持参して水をくむ人の姿が。聞くと愛知県から定期的に来ているとか。「ここの水でコーヒーやお茶を飲むと最高ですよ」と教えてくれました。

施設名 横山ビジターセンター住所  三重県志摩市阿児町鵜方875-24電話番号 0599-44-0567開館時間 午前9時から午後4時30分まで入館料  無料休館日  毎週火曜日(祝日の場合は翌日休館)     年末年始(12月29日~1月3日)駐車場  8台交通案内 近鉄鵜方駅から車で10分施設名 道の駅 伊勢志摩住所  志摩市磯部町穴川511-5電話番号 0599-56-2201営業時間 午前9時から午後6時まで(季節変動あり) 駐車場・トイレ・公衆電話は24時間利用可休業日 年中無休駐車場 19台交通案内 近鉄志摩磯部駅から車で10分※2016年12月現在の情報となりますのでご了承ください

カテゴリー
花・自然・絶景
季節
春(3~5月) 夏(6~8月) 秋(9~11月) 冬(12~2月)
エリア
伊勢志摩

観光三重ピックアップ!

  • カキの美味しい季節到来!焼き牡蠣食べ放題の鳥羽市浦村のお店を地図付きで紹介します!

    カキの美味しい季節到来!焼き牡蠣食べ放題の鳥羽市浦村のお店を地図付きで紹介します!

    2017.10
  • 三重県には「恋のパワースポット」がいっぱい!恋愛祈願に出かけましょう♡

    三重県には「恋のパワースポット」がいっぱい!恋愛祈願に出かけましょう♡

    2017.04
  • 日ごろの疲れを癒しに温泉へ行こう!リラックスできる三重県の人気日帰り温泉や天然温泉旅館を紹介

    日ごろの疲れを癒しに温泉へ行こう!リラックスできる三重県の人気日帰り温泉や天然温泉旅館を紹介

    2016.11
  • 世界にも数少ない「川の世界遺産」があるのは三重県の最南端「紀宝町」。川舟に乗る体験がオススメ!

    世界にも数少ない「川の世界遺産」があるのは三重県の最南端「紀宝町」。川舟に乗る体験がオススメ!

    2017.11
  • 三重の体験特集!ものづくり、自然体験、動物とのふれあいなど、いろんな体験にチャレンジしよう!

    三重の体験特集!ものづくり、自然体験、動物とのふれあいなど、いろんな体験にチャレンジしよう!

    2017.05

オフィシャルSNS

PR

取材レポート

赤福で毎月1日にしか買えない「朔日餅(ついたちもち)」とは!?朝粥や朝市など1日のおかげ横丁の魅力をご紹介!
赤福で毎月1日にしか買えない「朔日餅(ついたちもち)」とは!?朝粥や朝市など1日のおかげ横丁の魅力をご紹介!
掲載日:2017.12.12
赤福で毎月1日にしか買えない「朔日餅(ついたちもち)」とは!?朝粥や朝市など1日のおかげ横丁の魅力をご紹介!

フォトコンテスト

獅子、銀河を吸う
獅子、銀河を吸う
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • 片田稲荷神社の絵天井が圧巻!朱い鳥居と青い海が調和する神社をご紹介

    片田稲荷神社の絵天井が圧巻!朱い鳥居と青い海が調和する神社をご紹介

    インスタ映えする神社として最近話題に!絵天井は一見の価値ありです。

    志摩市の海沿いに佇む片田稲荷神社は、絵天井がとても綺麗。朱色の鳥居が連なる様子がインスタ映えすると最近話題になっているので、詳しくご紹介します。

    #
  • ビアンキの自転車で伊勢神宮や志摩の絶景を巡る、インスタ映え確実のクロスバイク旅!人気のレンタサイクルツアーをご紹介します!

    ビアンキの自転車で伊勢神宮や志摩の絶景を巡る、インスタ映え確実のクロスバイク旅!人気のレンタサイクルツアーをご紹介します!

    PRおしゃれ自転車でお伊勢参り!人気のツアーをご紹介します!

    三重県内の観光地の中でも人気エリアの伊勢志摩で、インスタ映えするクロスバイク旅を体験してみませんか?ビアンキのレンタサイクルで伊勢神宮や志摩の絶景を巡るツアーをカップルに体験してもらいました!

    #
  • 三重県のイルミネーション・クリスマスイベント特集 2017-2018 なばなの里や鳥羽水族館などをご紹介

    三重県のイルミネーション・クリスマスイベント特集 2017-2018 なばなの里や鳥羽水族館などをご紹介

    冬の夜を彩るイルミネーションやクリスマスのイベント特集!綺麗に輝くイルミネーションに幻想的なライトアップはこの季節ならではです。毎年テーマが変わり、全国でも非常に評価の高い「なばなの里」のイルミネーションから鈴鹿サー...

    #

季節おすすめ記事

  • 氏郷(うじさと)まつりの武者行列は圧巻!松阪のフォトジェニックな歴史祭りをご紹介!

    氏郷(うじさと)まつりの武者行列は圧巻!松阪のフォトジェニックな歴史祭りをご紹介!

    総勢約300名の武者行列は圧巻!

    毎年11月3日(文化の日)に松阪の武将、蒲生氏郷(がもううじさと)公を偲び、松坂城周辺で行われる「氏郷まつり」。総勢約300名の勇壮な武者行列、迫力溢れる鉄砲隊の実演など、写真映え確実のフォトジェニックなお祭りです。盛りだ...

    #
  • 世界遺産を巡って泊まる旅「熊野古道 川の参詣道を行く」

    世界遺産を巡って泊まる旅「熊野古道 川の参詣道を行く」

    PR昔の川舟「三反帆」に乗りにいこう!

    一生に一度はいってみたい「熊野古道」。世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の社寺や景勝地がある、日本有数の聖地・パワースポットです。「川の参詣道」を中心に、おすすめのルートとアクセス、宿泊施設をご紹介します。

    #
  • 高田本山専修寺が国宝になりました!建築物としては三重県初。御朱印やアクセス情報も合わせ、魅力をたっぷりご紹介

    高田本山専修寺が国宝になりました!建築物としては三重県初。御朱印やアクセス情報も合わせ、魅力をたっぷりご紹介

    PR県内初!高田本山専修寺が国宝になります!

    津市の高田本山専修寺が国宝に!全国でも5本の指に入る大きさの江戸時代の寺院建築のお堂の中は、きらびやかな空間となっており、一見の価値ありです!

    #
ページトップ