取材レポート

完熟ブルーベリーが食べ放題!赤塚植物園にブルーベリーガーデンが新規オープンします♪

掲載日:2021.06.11

三重県津市にある「赤塚植物園」で、6月12日(土)からブルーベリーガーデンが新規オープン♪
広さ約6千平米の農園内には、30品種以上、約1,000株のブルーベリーが育てられていて、70分間食べ放題で満喫できます!
今回は、特別に許可をいただきオープン前に取材出来ましたので、その魅力を紹介するとともに、①開催期間、②入園料、③感染症対策、④アクセスなどの気になる情報もチェックしていきますね♪

赤塚植物園に新しくオープンするブルーベリーガーデンにやってきました!

今回は、元気な男の子とママが初めてのブルーベリー狩りに挑戦です♪

さっそく中に入ると、見渡す限りの鉢、鉢、鉢!
これら全部がブルーベリーを育てている鉢なんです♪

約6千平米の広々とした園内では、30品種以上約1,000株ものブルーベリーが取り揃えられています。

「さっそく食べるぞ~!」といきたいところですが、まずは準備から。

ブルーベリーの実は密集しているものもあり、摘みとる際に他の実に触れてしまうことがあるので、感染症対策は入念に! 手袋をつけて摘み、食べるのは座席についてからです♪

取材をした日(6/9)には、大粒で舌触りの良い「ハイブッシュ系」のブルーベリーが9品種(※)ほどが食べごろでした。
7月に入ると中粒で甘~い「ラビットアイ系」も収穫時期を迎えるので、ぜひ色々な品種を食べ較べてみてくださいね♪


(※)9品種→ジュエル、ウィンザー、TH-605、ガップトン、サミット、バルメット、シャープブルー、ウィンザー、ダップリン

容器いっぱいに摘み終え、待ちきれない!とばかりに美味しそうにブルーベリーをほおばる男の子。
「どれが美味しい?」と聞いてみると、「全部おいしい!」と元気に応えてくれました♪

(甘いものや、酸っぱいもの、深みがあるものまで、品種ごとに全く違う味わいでした。食べ較べ好きにはたまらないかも…!)

食べ放題とはいえ、出来るだけ美味しい実を選んで食べたいもの。
良い見分け方はないのでしょうか?

職員さん曰く「茎が実のところまで赤くなっているものが完熟している証です!」とのこと。

試しに赤くなっているものと、赤くなっていないものを食べ較べてみると、甘みの違いは明確でした!
自分好みの甘さのものを選んでくださいね♪

「おかわりー!」と2周目に挑戦中の男の子が、とっても大きな実を見せてくれました。並べてみると、差が分かりますでしょうか。

職員さん曰く「なかには500円くらいの大きさのものもあり、見つけたら超ラッキー!」とのこと。四葉のクローバーみたいでワクワクしますね♪

現在、オープン記念で嬉しい特典も。
なんと!入園者1名につきブルーベリー1パックをお持ち帰りできます!(※)

「パパへのお土産にするー!」と優しい男の子。パパもきっと大喜びですね♪

※入園無料の4歳未満の幼児は除きます。

その他にも赤塚オリジナル商品として、「ブルーベリー酢(※1)」も販売中!
このブルーベリー酢には、健康成分GABA(ギャバ)が豊富に含まれていて、お土産にもうってつけ。

水割り、ソーダ割だけでなく、ミルク割にしてみたり、各種お料理(※2)にもお使いください♪


(※1)現在、オープン特別価格として1本1,620円(税込)にてご提供。
(※2)お肉を煮込んだり、カルパッチョのソースなどにも◎

6月12日から新しくオープンする赤塚植物園のブリーベリーガーデン、いかがだったでしょうか?
赤塚独自のFFCテクノロジーを活用し、良い水で大切に育てられたブルーベリーはどれも絶品で、品種もたくさんあるので食べ較べにも◎ この機会に、ぜひ皆様もご堪能くださいね♪


ここからは施設の詳細情報となります。
行ってみようかな?とご検討されている方は是非ご覧ください!

【開催期間】
2021年6月12日(土)~2021年8月中旬予定(月・木定休日)

【入園料】
大人      2,000円
小学生     1,500円
4歳以上の幼児     500円

【内容】
完全予約制の70分間食べ放題
オープン記念特典として、入園者1名様につきブルーベリー1パックプレゼント

【駐車場(無料)】
この大きな看板が目印です♪

【車でのアクセス】
伊勢自動車道 芸濃IC出口より右折後300m程度
カーナビ検索 マップコード「213 204 080」

【公共交通機関でのアクセス】
近鉄津駅前(東口)4番乗り場より、三重交通バス 椋本(むくもと)行き乗車後に「新出(しんで)」バス停を下車。徒歩1分。

今回紹介したブルーベリーガーデン以外にも、赤塚植物園にはたくさんの見どころがあります!
せっかく訪れるなら、あわせて周ってみてはいかがでしょうか?


<関連施設取材記事>
赤塚植物園の栽培見本農場「レッドヒルヒーサーの森」がオープン
津市に出来た県下最大級の農産物直売所「朝津味(あさつみ)」へ行ってきました!
レッドヒルヒーサーの森に、藤のガーデンエリアが新規オープン! 見どころを徹底解説します♪
名称

良い水育ちの完熟ブルーベリー狩り 赤塚ブルーベリーガーデン

開催期間(表示用)

2022年6月11日(土)~2022年8月14日(日)

会場名

赤塚ブルーベリーガーデン

住所
〒514-2221 津市高野尾町字西豊久野1902-1 (赤塚シャクナゲガーデンと同じ敷地内)
電話番号

059-230-1235

料金

大人 2,000円
小学生 1,500円
4歳以上の幼児 500円
【2021年6月時点】

営業時間

9:00~16:00

※完全予約制(詳細や申し込みは専用予約サイトにて)
※午前午後 入れ替え制

休日

月・木曜定休 【2022年6月時点】

※今後の情勢や果実の状況等により開園期間内でも閉園となる場合がございます
※荒天の場合、閉園させていただく場合がございます

駐車場

120台 無料(県道10号線沿いに駐車場入り口がございます)

公共交通機関でのアクセス

近鉄津駅前(東口)4番乗り場より、三重交通バス 椋本(むくもと)行き乗車
「新出(しんで)」バス停を下車、道路沿いの青い『のぼり(旗)』を目印にご来園ください(徒歩1分)

車でのアクセス

伊勢自動車道 芸濃IC出口より右折後300m程度
カーナビ検索 マップコード「213 204 080」

記事作成:三重県観光連盟職員
写真撮影:ふがまるちゃん

このページを見ている人はこのページも見ています

AIによるあなたへのおすすめページ