取材レポート

青川峡キャンピングパークでまったりキャンプを楽しんできました!

掲載日:2021.01.13

いなべ市には、雄大な鈴鹿山脈をはじめとする自然や文化、食、アウトドアを満喫できるスポットがたくさんあります。今回は、自然の中で癒しのひとときを過ごしたい人にぴったりの「青川峡キャンピングパーク」をご紹介!その魅力をたっぷりと満喫してきました!

「青川峡キャンピングパーク」は、鈴鹿山脈と清流「青川」に囲まれており、自然の中でゆったりと過ごしたい方にオススメのキャンプ場です。

まずは、センターハウスで受付を済ませましょう。

※HPに掲載されている新型コロナウイルス感染拡大防止のための注意事項を確認の上、共同使用の建物内でのマスクの着用、場内各所に手指消毒液の設置、手洗いうがいを行っての利用となります。

今回は、このキャンプ場をよく利用しているというご夫婦にお願いして準備の様子を見させてもらいました!

さっそく、開放的な空間が魅力の「オープンサイト」で、快適に過ごせる空間づくりをスタート♪

ペグを打つ「カンカンカン」という音が鈴鹿山脈の静寂に響くのも気持ちがいいです。

タープが立ったらテントを組み立てます。

テントが出来上がりました!

最後にくつろげる空間を整えれば…

完成!そしてかんぱーい♪ひと仕事を終えた後の一杯は最高ですね!

キャンプといえば、手の込んだキャンプ飯やバーベキューが定番ですが、今回のキャンプのテーマは“楽”!肩肘張らず、頑張りすぎないキャンプです。

アツアツのニラ饅頭をふぅーふぅーしていただきます!澄んだ空気の中、外で食べるご飯はやっぱり美味しい♪
夕食を終え、日が沈むと、まったりとした時間を過ごします。

夜の澄んだ空気、静寂の中に聞こえる川のせせらぎ。癒しのひと時です。

空を見上げると満点の星空!

この「オープンサイト」では、ソロキャンプを楽しむ人やファミリーなど、様々なユーザーが思い思いの時間を過ごしていました。

夏には、水遊びをする子どもたちで賑わう「水辺サイト」が人気。

10人分の寝具と食器やバーベキューコンロなど充実の設備が整った「アイランドコテージ」もあります。

木の温もりを感じる本格的な「ログハウス」では、ウッドデッキでくつろげます。

他にも、遊ぶ、食す、癒すの3つのテーマに分かれた設備を整えたお洒落な「キャビングサイト」など、パーク内には多様な施設があり、様々なニーズに応えてくれますよ。

また、センターハウスの中にはお洒落なキャンプ用品の販売も!
この品揃えの多さも青川峡キャンピングパークの魅力です。

バリスタチャンピオンがブレンドした「青川峡オリジナルブレンドコーヒー」1Drip Set 150円や

青川峡キャンピングパークオリジナルグッズ

窓際に並べられていた「Coleman」の限定ランタン(非売品)など、見ているだけでも楽しくなります♪

もちろんレンタル用品も充実!

ドームテントやテーブル、チェアなどがまとめて借りられる「キャンプセット」やガスツーバーナー、鍋、包丁、まな板などが揃う「お料理セット」など様々なキャンプ用品が借りることができます。
食材も「バーベキューセット」(5日前までに要予約)、ブランド豚「さくらポーク食べくらべセット」(5日前までに要予約)など、色々なメニューがあるので、手軽にお好みのキャンプが楽しめます。

「青川峡キャンピングパーク」のもうひとつのうれしい特徴は、お風呂、トイレ、キッチンなどの水回りがとっても綺麗なこと!
スタッフさんいわく「女性目線で設備の清掃を徹底しています!」とのことでした。

また、サポート力も高く経験豊富なスタッフさん達が、テントの張り方はもちろん、キャンプのあらゆる疑問に答えてくれます。24時間体制で常駐してくれるのも安心ですね。

キャンプデビューの人からベテランキャンパーさんまで、自然を体感し、キャンプを楽しみたい人全てに人気のキャンプ場「青川峡キャンピングパーク」。あなたも、大切な人とゆったりとした時間を過ごしに訪れてみませんか?
名称

青川峡キャンピングパーク

住所
〒511-0436 いなべ市北勢町新町614番地
電話番号

0594-72-8300

料金

青川峡キャンピングパークホームページをご覧ください。
https://www.aogawa.jp/price/

駐車場

有り(無料)

車でのアクセス

東海環状自動車道「大安IC」から8.4km(約10分)
東名阪自動車道「桑名IC」から20.5km(約30分)
名神高速道路「関ヶ原IC」から34.6km(約40分)
新名神自動車道「菰野IC」から17.3km(約20分)

このページを見ている人はこのページも見ています

AIによるあなたへのおすすめページ