あなたにおすすめコンテンツ

代々引き継がれる馴染みの味『松阪まるよし 鎌田本店』 時代が変われど、変わらず愛され続ける『松阪牛』を 松阪市出身のインフルエンサーゆめちんさんが堪能!

掲載日:2024.03.15

1961年(昭和36年)松阪肉専門の精肉店と大衆食堂として誕生した『松阪まるよし』は、『美味しく良いものを少しでもお値打ちに』という信念のもと、代々その味を受け継ぎ営んできました。創業から変わらない本格的な松阪牛を楽しめます。 今回いただく松阪牛のすき焼きをはじめ、ステーキ、あみ焼き、しゃぶしゃぶ、牛鍋などさまざまな料理で松阪牛を味わうことができます。 そんな古くから愛される『松阪まるよし 鎌田本店』で松阪市出身のインフルエンサーゆめちんさんが贅沢に松阪牛のすき焼きを堪能しました!

1961年(昭和36年)松阪肉専門の精肉店と大衆食堂として誕生した『松阪まるよし』は、『美味しく良いものを少しでもお値打ちに』という信念のもと、代々その味を受け継ぎ営んできました。創業から変わらない本格的な松阪牛を楽しめます。

今回いただく松阪牛のすき焼きをはじめ、ステーキ、あみ焼き、しゃぶしゃぶ、牛鍋などさまざまな料理で松阪牛を味わうことができます。

そんな古くから愛される『松阪まるよし 鎌田本店』で松阪市出身のインフルエンサーゆめちんさんが贅沢に松阪牛のすき焼きを堪能しました!

1.絶品!口の中でとろける松阪牛のすき焼き

今回、松阪牛牛トロすき焼きを贅沢に二人前ご用意いただきました。(一人前あたり9,350円。150gのロース肉、御飯、味噌汁、香の物、卵、デザート付)

こちらのロースは一頭あたり700kgから14kg程しか取れない希少部位!霜降りが入りやすく、きめ細やかな肉質が特徴で、程よい食感と濃厚な味わいを楽しめます。

早速、初めの一枚を仲居さんに調理していただきました。

ゆめちんさん「よろしくお願いします!仲居さんに目の前で調理していただけるだなんて特別感がありますね。ちゃんと焼いてもらって食べるのは初めてかもしれないです。」

仲居さん「では調理させていただきますね。牛脂をひいたらお肉をさっと焼き、きび砂糖をかけて焼いていきます。すぐにお醤油を入れて、お酒の入った自家製の昆布だしで煮ていきます。」

ゆめちんさん「お醤油とお出汁のいい香りが広がりますね。」

松阪のすき焼きの特徴は割り下を使わないこと。

まず牛肉を焼いてから砂糖と醤油昆布出汁で味付けするのが松阪スタイルのすき焼きです。

仲居さん「初めの一枚はまずこのままお召し上がりください。」

ゆめちんさん「初めはそのままなんですね。いただきます!美味しい!お肉の旨みがじゅわっと広がりました。一枚がすごく大きいのにあっという間にとろけちゃいました!下味もしっかりついていて美味しいです。」

仲居さん「初めはお肉のうま味を堪能していただきたいのでそのままお召し上がりいただいています。トロは脂身が多いので味がぼやけないようにしっかり目に味をつけているんです。」

ゆめちんさん「お出汁は自家製とお伺いしましたが、何か特別なものを使っているのですか?」

仲居さん「お酒に昆布を漬け込んでいるだけなんです。ご自宅でも簡単に再現できますのでぜひお試しください。」

ゆめちんさん「そうなんですね。簡単!まるよしさんの精肉店でお肉を買って帰ったら家でもまるよしさんの味が再現できますね。」

仲居さん「次にお野菜を入れていきます。ここからはお客様に調理をお任せしております。お出汁がたっぷりあるとこにお肉を入れてもらうとしっかり味が染み込むのでオススメです。」

ゆめちんさん「自分たちで調理できると味の調整もできる上に、楽しくていいですね。他に調理方法のコツや食べ方のオススメはありますか?」

 仲居さん「ぜひ卵も絡めてお召し上がりください。卵にたっぷりつけて食べると美味しいですよ。」

ゆめちんさん「卵にしっかり絡めて食べるんですね!早速試してみます。」

ゆめちんさん「またマイルドになっていいですね。霜降りがたっぷりなのに食べやすいです。こんなにパクパク食べられる松阪牛ないです!お野菜にもお肉の旨みが染みていてとっても美味しいです。お米も進んじゃいますね。」

2.松阪まるよしのこだわりについて

 1961年(昭和36年)に松阪肉専門の精肉店とて大衆食堂として誕生しました。現在は生産から加工・販売・直営レストランまで一貫しており、地元の方から海外の観光客まで国内外問わず愛されるお店に!半世紀以上続く実績がその美味しさを物語っています。

直営レストランでは、希少部位の霜降りロース肉を使用した「松阪牛牛トロすき焼き」や、贅沢にサーロインの中心部分のみをいただく「松阪牛ロース芯だけステーキ」、創業当時より絶大な人気を誇る看板メニューの「肉鍋」が堪能できます。他にもヒレ肉を贅沢に使った「松阪牛あみ焼き」、三重県の名産品、万古焼きの陶板を使用したオリジナルメニューや、しゃぶしゃぶなど、様々な形で楽しむことができます。また、鎌田本店では松阪牛ローストビーフ丼や、松阪牛ステーキ丼も数量限定でご用意いただけます。

隣に構える精肉店では、松阪牛の作り置きはせず、毎日必要な分だけをカットしています。レストランで使用している松阪牛も当日カットされた新鮮なお肉を使用。安心安全の美味しさを提供できるのは直営店の強みです。松阪牛の熟成度、風味を最重視し、美味しさを損なうことなく最高品質を保てるのはまさに職人技!毎日最高品質の松阪牛をお届けしております。お肉の保存方法や美味しい松阪牛のお召し上がり方法もホームページにてご紹介しています。詳しくはこちら!(https://www.matsusakaushi.co.jp/method.php

自社牧場での肥育もこだわりと愛情がたっぷりです。牛の餌は市販の配合飼料ではなく、なんとオリジナルブレンドの餌を使用し、一頭一頭に合った給餌をしている。そうすることにより、一頭一頭の体重や体調によってその牛に合った餌を与えることができ、牛とのスキンシップにもなります。また、牛同士や人との接触、怪我防止のために「除角」と言って角をとってしまうことがありますが、そうした牛にとって多大なストレスとなることも行いません。毎日綺麗に除草や清掃をされた清潔な牛舎でのびのびと、牛本来の姿で肥育をされています。

こうして一頭一頭愛情を込めて育てられた牛は「肉の芸術品」とも呼ばれる、サシがきめ細やかで赤みのバランスも良い最高級の松阪牛へと育ちます。

3.店舗情報

『美味しく良いものを少しでもお値打ちに』という信念のもと、代々その味を受け継ぐ『松阪まるよし』。創業当時から今まで半世紀余り愛される変わらぬ美味しさ。本格的な松阪牛が楽しめます!

鎌田本店

住所:三重県松阪市鎌田町239−2

電話番号:レストラン 0598-51-2249

              _精肉店 0598-51-4529

営業時間:レストラン 11:00~21:30(L.O.20:30)

              _精肉店 9:00~18:00

定休日:水曜日(詳しくは営業カレンダーをご確認ください。)

公式サイト:(https://www.matsusakaushi.co.jp

制作: REP Inc.

文: 庄 陽菜歩

写真: 飯塚 光彩(REP Inc.)

近くのイベント

松阪祇園まつり

開催日:2024年7月13日(土)、14日(日)

直線距離:746m

松阪祇園まつり

松阪公園の藤棚

開催日:4月下旬~5月上旬

直線距離:1.0km

【花】松阪公園(松坂城跡)の藤(開花情報も掲載)

【花】碧川河口のハマボウ

開催日:7月上旬~7月中旬

直線距離:4.9km

【花】碧川河口のハマボウ

イベントチラシ

開催日:2024年5月3日(金・祝)~5月5日(日)

直線距離:5.0km

みえこどもの城フェスティバル2024

ローズフェア ~松阪農業公園ベルファーム~

開催日:2024年05月03日(金)〜2024年05月26日(日)

直線距離:5.0km

ローズフェア ~松阪農業公園ベルファーム~

ベルフェスタチラシ

開催日:2024年5月3日(金・祝)〜5月6日(月・祝) 10...

直線距離:5.0km

GWベルフェスタ 20周年誕生祭

神御衣奉織鎮謝祭 【伊勢神宮 神服織機殿神社・神麻続機殿神社】

開催日:2024年5月13日(月)、2024年10月13日(日)

直線距離:6.3km

神御衣奉織鎮謝祭 【伊勢神宮 神服織機殿神社・神麻続機殿神社】

神御衣奉織始祭 【伊勢神宮 神服織機殿神社・神麻続機殿神社】

開催日:2024年5月1日(水)、2024年10月1日(火)

直線距離:6.5km

神御衣奉織始祭 【伊勢神宮 神服織機殿神社・神麻続機殿神社】

日本酒「神都の祈り」御田植祭 〜酒米田植え体験〜

開催日:2024年05月11日(土) 10:00〜13:00

直線距離:7.9km

日本酒「神都の祈り」御田植祭 〜酒米田植え体験〜

第41回 斎王まつり

開催日:2024年06月01日(土)

直線距離:8.1km

第41回 斎王まつり

【4月限定】竹神社e御朱印

開催日:2024年04月01日(月)〜2024年04月30日(...

直線距離:9.0km

【4月限定】竹神社e御朱印

【竹神社4月限定御朱印】祈る皇女斎王のみやこ 斎宮を巡る御朱印

開催日:2024年04月01日(月)〜2024年04月30日(...

直線距離:9.0km

【竹神社4月限定御朱印】祈る皇女斎王のみやこ 斎宮を巡る御朱印

Page Top