【3/21~24】春のいちご祭り【モクモク手づくりファーム】

(3/21~24ハルノイチゴマツリ モクモクテヅクリファーム)
  • 【3/21~24】収穫最盛期を迎えるモクモクの春いちご!いちごづくしのお祭りを開催します!
  • 新作のスイーツを含む10種類以上が登場!!定番のパフェやパンケーキ、エクレアにブリュレにワッフル、新作ソフトも登場!!
  • 自分で摘んだいちごでつくる大きなタルトづくり教室も開催!定員に限りがありますので、お早めにご予約ください!
  • いちご摘み体験教室も開催中!いちごづくりのことやおいしいいちごの見分け方をお話し、観察の後、試食、おみやげ摘みをしていた
  • 【1日400kg!】収穫最盛期の今、毎日400kgほどのさちのかいちごが完熟しています!!
  • 【3/21~24】収穫最盛期を迎えるモクモクの春いちご!いちごづくしのお祭りを開催します!
  • 新作のスイーツを含む10種類以上が登場!!定番のパフェやパンケーキ、エクレアにブリュレにワッフル、新作ソフトも登場!!
  • 自分で摘んだいちごでつくる大きなタルトづくり教室も開催!定員に限りがありますので、お早めにご予約ください!
  • いちご摘み体験教室も開催中!いちごづくりのことやおいしいいちごの見分け方をお話し、観察の後、試食、おみやげ摘みをしていた
  • 【1日400kg!】収穫最盛期の今、毎日400kgほどのさちのかいちごが完熟しています!!

新作スイーツが10種類登場するいちごづくしの4日間!

■新作スイーツが10種類登場!!

爽やかな酸味を残して完熟する「さちのかいちご」をふんだんに使った新作スイーツが登場します。
日頃「モクモクのとまと」を主役にしたメニューをご紹介している「とまとカフェ」が、おまつり期間中は「いちごカフェ」に変身!朝摘みの完熟さちのかいちごを使った新作スイーツにご期待ください!


■私達の「いちごづくり」

私達のいちごづくりは、健康な株を育てることから始まります。毎年4月に親株から子株を育てはじめ、夏場に太陽熱を利用して熱殺菌をした農場に、9月頃から定植しています。10月中旬頃から花が咲き、11月頃から収穫が始まります。慣行農業において、いちごづくりに使用されている農薬はおよそ40検体と言われます。病気に弱いいちごを農薬を使わずつくるのは大変難しいのですが、できる限り農薬を使わずにいちごを育てる工夫をしています。

■モクモクのいちご「さちのか」という品種

私達のつくる「さちのかいちご」は、甘みと酸味のバランスが良さが特徴の大変おいしい品種です。収穫量よりも味を優先させてつくられた品種ですので、一般的ないちごと比べると、一株あたりの収穫量が半分ほどと少なく、病気になりやすい育てにくい品種です。
が私達は「さちのか」の味に惚れ込み、つくり続けています。

【いちごの体験教室】
■「いちご摘み体験学習」 ※定員制のため、事前予約をおすすめします

いちご農場で「いちごづくり」や「おいしいいちごの見分け方」など、楽しいクイズをおりまぜながら、いちごについてお話させていただきます。食べ放題ではありませんが、いちごのことを知って、試食して、お土産を収穫していただきます。

開催時間:平 日:10:30〜/13:00〜
     土日祝:10:30〜/11:30~/13:00〜/14:30〜
体験時間:約60分
  料金:大人1,600円(税込)小人1,500円(税込)幼児864円(税込)
     ※いちごの試食があります。 
     ※大人・小人のみ1パック(300g)ほどのお土産付き

■特別教室「いちご摘みからはじまる大きなタルトづくり」
 ※定員制のため、事前予約をおすすめします

まずはいちご農場ツアーに出発!いちごハウスでいちごの学習をしながら、タルト用のいちごを摘みとります。教室へ戻ったら、ジャージー牛乳でカスタードクリームをつくります。小麦工房で焼いたタルトに、摘みとったいちごをトッピングして出来上がりです!

開催時間:10/30〜/13:00〜/15:00〜(土日祝のみ)
体験時間:約120分
  料金:タルト1台 4,536円(税込)

■「さちのかいちごで大福づくり」  ※事前予約をおすすめします
できたての「さちのかいちご」を、モクモク和菓子工房の白あんと、しっかり練ってつくるお餅の生地で、やさしく包みこみます。

開催時間:10:30〜/13:00〜/15:00〜(土日祝のみ)
体験時間:約60分
  料金:おふたり 3240円(税込) 1名追加ごとに1,296円(税込)
     ※お子様のみの参加はしていただけません。
     ※おひとり 4〜5個の大福が出来上がります。
 
モクモクショップでは、いちごを使ったモクモクの製品も大集合します!
「春いちご」を楽しんでいただける4日間。園内では、春休みのイベントも開催中です。ぜひ遊びにお越しください!



開催期間
2019年3月23日()~2019年3月24日()
開催時間
10:00~16:00
会場
伊賀の里モクモク手づくりファーム
住所
〒518-1301 伊賀市西湯舟3609
電話番号
0595-43-0909(0595-43-1489)
公式URL
http://www.moku-moku.com/
営業時間
【ファームエリア(有料)】10:00〜16:30
※平日/15:00〜入園無料
※土日祝/16:00〜入園無料
休業日
不定休
料金
入園料 おひとり500円(税込み) ※3歳以上一律
公共交通機関でのアクセス
JR柘植駅より タクシーにて 約15分 
車でのアクセス
名阪国道 壬生野インターより 車で約15分
新名神  甲南インターより  車で約15分
駐車場
500台

※ 2019年3月時点の情報です。日程、料金等が変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

周辺の宿の予約はこちら

観光三重ピックアップ!

  • 夏の楽しみといえばやっぱり水遊び!プール、川遊び、ラフティングなど、三重県で人気の水遊びスポット...

    夏の楽しみといえばやっぱり水遊び!プール、川遊び、ラフティングなど、三重県で人気の水遊びスポット...

    2017.07
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピング、海水浴を一緒に楽しめる場所な...

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピング、海水浴を一緒に楽しめる場所な...

    2017.07
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2016.12
  • 三重県には「恋のパワースポット」がいっぱい!恋愛祈願に出かけましょう♡

    三重県には「恋のパワースポット」がいっぱい!恋愛祈願に出かけましょう♡

    2017.04
  • 世界遺産を歩こう!「初めての熊野古道 伊勢路を歩く」 東紀州のおすすめスポットも

    世界遺産を歩こう!「初めての熊野古道 伊勢路を歩く」 東紀州のおすすめスポットも

    2016.11

オフィシャルSNS

PR

取材レポート

【美し国三重 自転車道中記】飯南・飯高・大台編  清流沿い、上りと走りごたえ満点!地元産グルメと温泉も楽しめる欲張りコース
【美し国三重 自転車道中記】飯南・飯高・大台編  清流沿い、上りと走りごたえ満点!地元産グルメと温泉も楽しめる欲張りコース
掲載日:2019.08.21
【美し国三重 自転車道中記】飯南・飯高・大台編  清流沿い、上りと走りごたえ満点!地元産グルメと温泉も楽しめる欲張りコース

フォトコンテスト

彩雲マジック
彩雲マジック
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

関連エリアおすすめ記事

  • 【山本亜依のみえたび!vol.7】まるで童話の世界!?大自然に囲まれた「メナード青山リゾート」で心も身体も癒されるリフレッシュ旅をしてきました♪

    【山本亜依のみえたび!vol.7】まるで童話の世界!?大自然に囲まれた「メナード青山リゾート」で心も身体も癒されるリフレッシュ旅をしてきました♪

    三重県出身の女優「山本亜依」のみえたび第7回目!今回はメナード青山リゾートへ。あじさい園とハーブガーデンで自然を満喫し、世界で一つだけのコスメ作り体験をしてきました!

    #
  • 語り部と行く伊賀上野城。日本100名城に選ばれた白亜の城の歴史を詳しくご紹介します。

    語り部と行く伊賀上野城。日本100名城に選ばれた白亜の城の歴史を詳しくご紹介します。

    三重県伊賀市上野にある日本100名城の1つ「伊賀上野城」。日本100名城に選ばれたこの城は、白亜三層の端麗な姿で白鳳城ともよばれています。そんな伊賀上野城の歴史や文化を、語り部さんに解説・案内していただきました。

    #
  • 三重県民なら誰もが知っている農場?伊賀の里モクモク手づくりファームの「モクモク ウインナー大好きギフト」【三重のお持ち帰りグルメ紹介レポート】

    三重県民なら誰もが知っている農場?伊賀の里モクモク手づくりファームの「モクモク ウインナー大好きギフト」【三重のお持ち帰りグルメ紹介レポート】

    三重県内に住んでいる人なら一度は耳にしたことがある場所・伊賀の里モクモク手づくりファーム。こだわりの製法で作られているウインナーには驚きの秘話が。物語を聞くと食べたくなるに違いありません。

    #
ページトップ