月本追分(常夜灯)

(ツキモトオイワケ(ジョウヤトウ))
  • 月本追分
  • 月本常夜灯
  • 月本追分
  • 月本常夜灯

元来は、単なる街道の分岐点であったが、江戸時代、伊勢参宮が盛んになるに伴って立場茶屋や煮売屋などが軒を連ねるようになり、休憩を取ることの出来る追分となっていったものと考えられる。また、月本という地名は、古くから月読社が勧進されており、月読社の本の集落という意味から生まれたといわれている。
この追分には、道標と向かい会うように、天保13年(1842)に奈良までの宿屋連中の寄進によって道の東側に大型の常夜燈が建立された。
(県指定史跡)

このスポットの関連記事

  • ※お出かけの際は感染防止対策を徹底し、「新しい旅のエチケット」を守っていただき、新型コロナウイルス等の感染リスクを避ける行動を心がけてください。

    #
  • 松阪牛で有名な松阪市。実は、歴史情緒あふれる町並みなどフォトジェニックなスポットがいっぱい!グルメだけじゃない松阪の魅力をたっぷりご紹介します。

    #
住所
〒515-8515 松阪市殿町1340-1
電話番号
0598-53-4393(松阪市文化課)
公式URL
https://www.city.matsusaka.mie.jp/site/culture-info/tsukimotooiwake.html
公共交通機関でのアクセス
・JR・近鉄「津駅」から「天白」行きバス約30分「終点」下車・徒歩で約10分
車でのアクセス
・伊勢自動車道「一志嬉野IC」から車で約10分

※料金等については変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

ここまでスクロールすると地図が表示されます。

周辺の宿の予約はこちら

PR

バナー広告について

観光三重ピックアップ!

  • ココロとカラダを健やかに!三重の自然体験を楽しもう♪

    ココロとカラダを健やかに!三重の自然体験を楽しもう♪

    2021.07
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 紅葉特集【2021年版】 見頃情報とともにお届けします♪

    紅葉特集【2021年版】 見頃情報とともにお届けします♪

    2020.10
  • カキの美味しい季節到来!焼き牡蠣食べ放題の鳥羽市浦村のお店を地図付きで紹介します!

    カキの美味しい季節到来!焼き牡蠣食べ放題の鳥羽市浦村のお店を地図付きで紹介します!

    2020.10
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

「よしお兄さん」が志摩で「かざり」さんと海女小屋体験!
「よしお兄さん」が志摩で「かざり」さんと海女小屋体験!
掲載日:2021.12.01
「よしお兄さん」が志摩で「かざり」さんと海女小屋体験!

フォトコンテスト

秘密の花園
秘密の花園
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

関連エリアおすすめ記事

  • 魅力再発見!安心 ええとこみえの旅(県内旅行商品紹介サイト)

    魅力再発見!安心 ええとこみえの旅(県内旅行商品紹介サイト)

    【対象が東海4県(三重、愛知、岐阜、静岡)、関西2府4県(大阪、京都、兵庫、滋賀、和歌山、奈良)に拡大しました!】 新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、新たな旅行スタイルが求められている昨今。今の時代に適した新...

    #
  • 絶対行きたい秋だけの絶景!香肌峡のおすすめスポット4選

    絶対行きたい秋だけの絶景!香肌峡のおすすめスポット4選

    香肌峡(かはだきょう)は三重県松阪市西部に位置し、県立自然公園にも指定されている峡谷です。今回はこの美しい香肌峡の中でも、自信をもっておすすめしたい「秋だけ」の絶景スポットをご紹介します!

    #
  • 三重県の潜水橋特集 意外と近くに在る秘境?絶景の潜水橋を楽しもう!この暑い夏を快適に過ごす為の「涼」をお届けします!【後編】

    三重県の潜水橋特集 意外と近くに在る秘境?絶景の潜水橋を楽しもう!この暑い夏を快適に過ごす為の「涼」をお届けします!【後編】

    皆さんは潜水橋(せんすいきょう)というものをご存知ですか?三重県内では沈み橋(しずみばし)や潜り橋(もぐりばし)、沈下橋(ちんかばし)とも呼ばれています。以前の記事で「朝明川の洗い越し」を紹介した際に色々と調べる中で...

    #
ページトップ