特集

松阪は牛だけじゃない!松阪鶏焼き肉・松阪豚特集

松阪は牛だけじゃない!松阪鶏焼き肉・松阪豚特集

松阪の鶏焼き肉について・・・
 三重県松阪市といえば世界のブランド「松阪牛」が有名。松阪牛に比べて安価な鶏肉の「鶏焼き肉」は庶民に親しまれ、TV取材等で全国的に有名になり、松阪市のソウルフードと言われるまでになりました。
 鶏焼き肉のルーツですが、古くから松阪の郊外では採卵鶏を飼っていた農家がたくさんありました。その農家が卵を産まなくなった廃鶏を各家で処分し、七輪で焼いて食べたのが鶏焼き肉の始まりです。現在、お店で食べられる鶏焼き肉は店舗によって種類は異なりますが、やわらかくて食べやすい「若鶏」が各店で一番人気です。
鶏焼き肉は、焼き鳥とは違って串を通さず、甘辛のみそダレをつけるのが特徴です。
美味しい味噌ダレがかかった鶏肉を、焼いて食べる絶品焼肉。松阪牛も良いけれど、ご当地グルメの鶏焼き肉もぜひ一度食べてみませんか。


松阪豚とは・・・
 松阪市の山越畜産が、良質な豚を厳選し出生からじっくり220日間育てられた、LWD三元交配豚(ランドレース、大ヨークシャー、デュロックの3品種をかけ合わせた豚)のこと。豚特有の臭みがほとんど無く、松阪牛を思わせるその上質でやわらかい肉質は、とてもキメ細やかでモモやロースなどの赤身にもサシ(霜降り)が入るほど。
 また、しばしばつきたてのお餅に例えられる脂は、人間の体温で溶けるほど融点が低く、サラッとさっぱりとした味わい。現在は、松阪豚のクオリティも徐々に知れ渡っており、東京の有名フレンチ店やミシュランに掲載されたレストランでも多数、松阪豚を利用されているとのことです。

※掲載されている情報は主に2019年12月時点のものです。
料金・営業時間等の店舗情報は、変更されている可能性がありますので、最新の情報につきましては、公式サイトでご確認ください。

三重県から移動自粛のお願い
<<県外の皆さまへ>>

・緊急事態宣言が発出されている都道府県やまん延防止等重点措置及び飲食店等への営業時間短縮等の要請がなされているエリアにお住まいの方については、生活の維持に必要な場合を除く三重県への移動の自粛についてご協力をお願いします。

・来県される場合は、「新しい旅のエチケット」を十分に御理解いただき、体調管理をしっかりした上で、手洗いやマスクの着用、人と人との距離の確保など基本的な感染防止対策を徹底していただくようお願いします。
前島食堂
若鶏焼肉とりいち本店
トリユウ
精肉・とり焼 新家
松阪豚専門店まつぶた

前島食堂(松阪市) 「若鳥・めす・きも」「とり野菜」

  • 前島食堂(松阪市) 「若鳥・めす・きも」「とり野菜」
  • 前島食堂(松阪市) 「若鳥・めす・きも」「とり野菜」
  • 前島食堂(松阪市) 「若鳥・めす・きも」「とり野菜」
  • 前島食堂(松阪市) 「若鳥・めす・きも」「とり野菜」
  • 前島食堂(松阪市) 「若鳥・めす・きも」「とり野菜」

昭和42年創業鶏焼き肉の有名店 前島食堂

創業は昭和42年と古く、松阪市の鶏焼き肉のお店の中では老舗になります。
過去、何度もTVで取材・放映されており、多くの芸能人も訪れている有名店です。
このお店の一番の人気は『若どり(450円)』。来店されるお客様のほぼ99%は注文されるとのこと。また、『とり野菜(450円)』は創業当時からの人気商品。
週末や祝日のお昼時は、ある程度の待ち時間の覚悟は必要。来店時間を少しずらすのも良いかもしれませんね。

【基本情報】
住所 松阪市大河内町612-1
営業時間 10:30~18:30 18:00LO
定休日  金曜
電話番号 0598-36-0057
前島食堂の公式サイトはコチラ

若鶏焼肉とりいち本店(松阪市) 「若鶏」「くび」「松阪から揚げ」

  • 若鶏焼肉とりいち本店(松阪市) 「若鶏」「くび」「松阪から揚げ」
  • 若鶏焼肉とりいち本店(松阪市) 「若鶏」「くび」「松阪から揚げ」
  • 若鶏焼肉とりいち本店(松阪市) 「若鶏」「くび」「松阪から揚げ」
  • 若鶏焼肉とりいち本店(松阪市) 「若鶏」「くび」「松阪から揚げ」
  • 若鶏焼肉とりいち本店(松阪市) 「若鶏」「くび」「松阪から揚げ」

芳醇な香り。赤味噌ベースのたれで味わう若鶏焼き肉

松阪市で2007年創業。現在は、三重、東京、滋賀、京都に8店舗を展開する松阪鶏焼き肉の有名店。赤味噌ベースの少し甘めのたれが特徴。
とにかくオーナーであるご主人の香りに対するこだわりが半端ではなく、味噌の芳醇な香りがお肉を焼いた後でも消えない「秘伝のタレ」を長年かけて開発されたそうです。

小さな子供連れのファミリーに人気のお店。
鶏焼き肉以外に「松阪から揚げも」リピーター多数の大人気商品。

【基本情報】
住所 松阪市伊勢寺町2640-1
営業時間 (昼)11:00~14:00 (夜)17:00~20:00
定休日  月曜 月曜が祝日の場合は翌日
電話番号 0598-58-4780
とりいち本店の公式サイトはコチラ

トリユウ(松阪市) 「若どりタレ」「とり汁」

  • トリユウ(松阪市) 「若どりタレ」「とり汁」
  • トリユウ(松阪市) 「若どりタレ」「とり汁」
  • トリユウ(松阪市) 「若どりタレ」「とり汁」
  • トリユウ(松阪市) 「若どりタレ」「とり汁」
  • トリユウ(松阪市) 「若どりタレ」「とり汁」
  • トリユウ(松阪市) 「若どりタレ」「とり汁」

ささみ・セセリ・皮・砂肝・手羽先などいろいろ楽しめる鶏の専門店

1979年創業。今年で創業40周年を迎える鶏焼き肉では老舗のお店。
2代目のオーナーの目利きで毎日仕入れる新鮮な鶏肉。そして自家製の特製のみそだれは、創業以来変わらない味。
全国ネットのTVで何度も紹介された事もあり、週末には県外から沢山のファンが訪れる有名店です。

こちらのお店の自慢は、とにかく鶏のいろんな部位が楽しめること。
セセリなどわずかしかとれない貴重な部位もリーズナブルな価格で楽しめます。

【基本情報】
住所 三重県松阪市上川町2194-1
営業時間 11:30~20:00
定休日  月曜 月曜が祝日の場合は翌日
電話番号 0598-28-4889

精肉・とり焼 新家(松阪市) 「若鶏」

  • 精肉・とり焼 新家(松阪市) 「若鶏」
  • 精肉・とり焼 新家(松阪市) 「若鶏」
  • 精肉・とり焼 新家(松阪市) 「若鶏」
  • 精肉・とり焼 新家(松阪市) 「若鶏」
  • 精肉・とり焼 新家(松阪市) 「若鶏」

鶏肉屋さんの鶏焼き肉専門店

2014年創業と新しいお店ですが、現オーナーの祖父の代から鶏の業界に携わってきた鶏に関してはプロのお店。
長年業界に携わってきただけに、豊富なノウハウと目利きで仕入れた鶏肉は、鮮度はモチロン、味も保証付き。

最近リニューアルされた店内は、黒と白を基調にしたモダンで洗練された造り。焼肉屋さんというより、都会のおしゃれなカフェのよう。
キッズコーナーもあり、小さなお子様連れにも人気のお店です。
また、店舗に併設されている精肉販売コーナーでは新鮮な鶏肉を購入することもできます。

【基本情報】
住所 松阪市立野町437-1
営業時間 (昼)11:00~14:00 (夜)17:00~21:00 20:30LO 土曜・祝 11:00~21:00 20:30LO
定休日  日曜
電話番号 0598-20-8929
FAX番号 0598-20-8930

松阪豚専門店まつぶた(松阪市) 「しんたまカツ・メンチカツ」「MBDON」「おかずいろいろ弁当」

  • 松阪豚専門店まつぶた(松阪市) 「しんたまカツ・メンチカツ」「MBDON」「おかずいろいろ弁当」
  • 松阪豚専門店まつぶた(松阪市) 「しんたまカツ・メンチカツ」「MBDON」「おかずいろいろ弁当」
  • 松阪豚専門店まつぶた(松阪市) 「しんたまカツ・メンチカツ」「MBDON」「おかずいろいろ弁当」
  • 松阪豚専門店まつぶた(松阪市) 「しんたまカツ・メンチカツ」「MBDON」「おかずいろいろ弁当」
  • 松阪豚専門店まつぶた(松阪市) 「しんたまカツ・メンチカツ」「MBDON」「おかずいろいろ弁当」
  • 松阪豚専門店まつぶた(松阪市) 「しんたまカツ・メンチカツ」「MBDON」「おかずいろいろ弁当」

お肉の販売だけでなく「健康」もいっしょにお届け。

松阪は牛だけではありません!松阪生まれの良質な豚を厳選し、出生から200~220日間という長期間じっくりと育てられた松阪豚。上質で柔らかく臭みがないのが特徴です。
まつぶたでは、松阪豚精肉の販売、松阪豚を使った数々のお惣菜、そして丼類・お弁当も販売しています。

こちらの名物メンチカツはソースをつけずに、塩だけでも美味しくいただけます。
また、店長イチオシのしんたまカツは、一番人気の商品。
お弁当は、数量限定のためお昼には売り切れになることも。

店内にはイートインコーナーもありますので、お店で買った商品をその場で召し上がっていただくこともできます。

【基本情報】
住所 松阪市高町220-4
営業時間 10:00~19:00
定休日  年中無休 年始1日~3日のみ休業
電話番号 0598-30-8029
FAX番号 0598-30-8030
まつぶたの公式サイトはコチラ

PR

バナー広告について

観光三重ピックアップ!

  • 三重のええとこご紹介!!<br />
みえ旅カメラ部始動しました!

    三重のええとこご紹介!!
    みえ旅カメラ部始動しました!

    2021.03
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05
  • 観光三重の人気記事BEST25♪

    観光三重の人気記事BEST25♪

    2021.01
  • 観光三重の定番特集BEST25♪

    観光三重の定番特集BEST25♪

    2021.01

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

忍者とは?成り立ちや役割、忍者の種類を解説|三重県の忍者体験イベントも紹介!
忍者とは?成り立ちや役割、忍者の種類を解説|三重県の忍者体験イベントも紹介!
掲載日:2021.04.16
忍者とは?成り立ちや役割、忍者の種類を解説|三重県の忍者体験イベントも紹介!

フォトコンテスト

元始祭
元始祭
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • 三重県屈指の桜の名所『三多気の桜』撮影ガイド!

    三重県屈指の桜の名所『三多気の桜』撮影ガイド!

    三重県が誇る桜の名所である三多気の桜を最高に美しく撮影する方法をご紹介!
    これを見ればあなたもすぐに最高の写真が撮れる!?
    三多気の桜の写真でフォトコンテスト入賞を果たした写真家が教える、三多気の桜を撮影するために知...

    #
  • おはらい町通りの老舗 二光堂は、「松阪牛ステーキ丼」が名物!大正時代から変わらぬおもてなしの心で観光客を迎え続けています。

    おはらい町通りの老舗 二光堂は、「松阪牛ステーキ丼」が名物!大正時代から変わらぬおもてなしの心で観光客を迎え続けています。

    伊勢神宮 内宮の宇治橋から徒歩1分、観光客が行き交うおはらい町で大正時代から参拝客をもてなしてきた老舗店「二光堂(にこうどう)」。店内には観光客に人気のお土産が種類豊富に揃っているのはもちろん、店内にある食事処「寶来亭...

    #
  • 「答えてラッキー! スマホでみえ得キャンペーン」で、東紀州の個性的な道の駅をたどれば、地域の魅力をたずねる手軽な旅行が楽しめます。

    「答えてラッキー! スマホでみえ得キャンペーン」で、東紀州の個性的な道の駅をたどれば、地域の魅力をたずねる手軽な旅行が楽しめます。

    「答えてラッキー! スマホでみえ得キャンペーン」は県内の約400施設で、プレゼントや割引などのおもてなしがその場で受けられるとってもお得なキャンペーン!
    各地の『道の駅』でも利用できる施設はたくさん。今回は県内でも特に南...

    #

季節おすすめ記事

  • 忍者とは?成り立ちや役割、忍者の種類を解説|三重県の忍者体験イベントも紹介!

    忍者とは?成り立ちや役割、忍者の種類を解説|三重県の忍者体験イベントも紹介!

    忍者といえば黒装束に身を包み、刀や手裏剣などを使って主君を守るために戦うというイメージが強いかもしれませんが、実際には極力戦うことを避けていました。では忍者とは一体どういう存在だったのでしょうか?今回は忍者とはどうい...

    #
  • 三重県の展望台13選!デートやドライブにもピッタリです♪

    三重県の展望台13選!デートやドライブにもピッタリです♪

    鳥羽展望台や横山展望台などの海が見える展望台、工場夜景が見える垂坂公園の展望台など、三重県には展望台の名所がいっぱい!三重を4年間撮り続けてきた私がオススメする「三重の展望台」を20箇所、お教えします。

    #
  • 初心者からベテランまで楽しめる山遊び「鈴鹿セブンマウンテン」

    初心者からベテランまで楽しめる山遊び「鈴鹿セブンマウンテン」

    三重県の北勢地区にそびえる地元のシンボル「鈴鹿セブンマウンテン」!
    初心者でも気軽に挑戦出来る山から、ベテランこそやみつきになるリピーターが絶えない登山スポットです!
    春は花、夏は新緑、秋は紅葉、冬は樹氷、四季折々の...

    #
ページトップ