• 観光三重トップ
  • 特集記事
  • 春の花の始まりはしだれ梅から。続いて、桜、シャクナゲ、バラ…と赤塚植物園は一年中 花盛り!

取材レポート

春の花の始まりはしだれ梅から。続いて、桜、シャクナゲ、バラ…と赤塚植物園は一年中 花盛り!

掲載日:2020.02.22

春の足音が聞こえてきました。
しだれ梅で有名な「鈴鹿の森庭園」が2020年2月22日(土)にオープン。さらに、桜、シャクナゲ、バラ…、続々と花の見頃が続きます。四季折々の花を育て、様々なかたちで楽しませてくれるのが、津市に本社を構える赤塚植物園。ここでは美しい花の魅力満載の赤塚植物園の施設をレポートします。可憐な花の姿に心が癒されますよ。

赤塚植物園

春の足音が聞こえてきました。
しだれ梅で有名な「鈴鹿の森庭園」が2020年2月22日(土)にオープン。さらに、桜、シャクナゲ、バラ…、続々と花の見頃が続きます。
四季折々の花を育て、様々なかたちで楽しませてくれるのが、津市に本社を構える(株)赤塚植物園。
ここでは美しい花の魅力満載の赤塚植物園の施設をレポートします。
可憐な花の姿に心が癒されますよ。

赤塚植物園

鈴鹿の森庭園

鈴鹿ICのそばにある研究栽培農園「鈴鹿の森庭園」では、「呉服(くれは)しだれ」という品種をメインに、約40種類200本もの梅を栽培しています。
中でも見事なのが「天の龍」、「地の龍」と呼ばれる2本。赤塚植物園の創業者、赤塚充良会長が日本最古の呉服しだれと言われるこの木にほれ込み、手に入れたそうです。
他にも、鹿児島紅、八重寒梅、一本の木に紅白の花が咲く「思いのまま」などを栽培。見晴台からは御在所岳や釈迦ヶ岳など鈴鹿山脈を借景として庭園を一望できます。

赤塚植物園

美しい梅を育てるための日本の伝統園芸技術「仕立て技術」を継承し、普及させるための取り組みも、研究栽培施設の顔を持つ同庭園の役割のひとつ。
どの角度から見ても均等に美しい木にするには日々の手入れが欠かせません。
そこで、昔から続いてきた仕立て技術を広く造園業者などに伝えています。

赤塚植物園

2019年には、花見客の前で見事な剪定の技を披露しました。

赤塚植物園

花の見頃の時期には幻想的な夜間ライトアップも実施されます。
全国から古木や名木が集められており、木の太さや大きさ、高い仕立て技術による幹のかたちなど、荘厳な美しさを見せてくれる「鈴鹿の森庭園」の梅。日本独自の美を感じてください。

※鈴鹿の森庭園の2020年の一般公開は、3月15日で終了しました。

赤塚植物園

赤塚シャクナゲガーデン

しだれ梅の季節が終わると、間もなく見頃を迎えるのが「花木の女王」シャクナゲです。
芸濃ICの近く、赤塚植物園本社のそばにある栽培見本農場「赤塚シャクナゲガーデン」では、開花の時期に合わせて「シャクナゲまつり」を開催し、園内を一般公開。
200品種以上3,000株ものシャクナゲが花を咲かせます。

赤塚植物園

シャクナゲの原種は高山に自生するので日本の暑さに弱かったのですが、赤塚植物園では長年にわたって品種改良を行い、丈夫で、しかもシャクナゲの木一面に花を咲かせる豪華絢爛な品種を開発。
暑さに強く低地での栽培を可能にしました。
園内は平坦な散策路が整備されているので、ゆっくり歩きながら見るのがおすすめです。

赤塚植物園

200品種以上ものシャクナゲがあり、赤、ピンク、紫、白、黄色など、園内は色鮮やか。
品種によって花の咲く時期が異なるため、長期間にわたって花の見頃を楽しめます(2020年の一般公開は4月3日(金)~5月6日(水)を予定)。
また園内には、桜やハナモモ、オオデマリ、ヤマボウシなども植えられているので、シャクナゲとの華やかな共演も見ものです。

赤塚植物園

ブルーベリーガーデン

ここで最新情報。
6月上旬には赤塚シャクナゲガーデンの隣に「ブルーベリーガーデン」がオープン。
30品種以上1,150本ものブルーベリーの木が育てられます。
栽培には、赤塚グループが開発した植物にやさしい水「FFCウォーター」を使用し、病気に強く、味の良いブルーベリーを育てています。

【2020年5月28日追記】
※赤塚ブルーベリーガーデンは、新型コロナウイルスの影響により、2020年のオープンを見送ることとなりました。

赤塚植物園

8月中旬までは完熟ブルーベリーの摘み取り体験も実施。摘みたての甘酸っぱいブルーベリーのおいしさにびっくりです!
新たな名物ガーデンの登場をお楽しみに。

赤塚植物園

レッドヒルヒーサーの森

一年を通じて四季折々に植物を楽しめるのが、芸濃ICの近くにある里山庭園「レッドヒルヒーサーの森」。
赤塚植物園本社近くの里山を25年以上前から整備し、シャクナゲの栽培見本農場として利用していたところを、2016年より一般公開しました。
広さ6ヘクタールという広大な土地に、およそ1,000種類1万本を超える草花や樹木が育てられています。
3月から4月にかけて桜やコブシなどの花木が次々と花開き、木々には新緑も芽生え、春の訪れを全身で感じることができますよ。

赤塚植物園

スイレン池を中心とした水辺の散歩道も訪れてほしい場所のひとつ。

赤塚植物園

4月下旬になると、池にかかる橋に作られた藤棚に藤の花が満開に。
現在、レッドヒルヒーサーの森では藤の名木の管理に力を入れており、将来的には藤の名所が誕生するそう。
池の奥には一年草をメインに色鮮やかな花々が咲くお花畑が広がります。

赤塚植物園

5月中旬からはローズガーデンのバラが一斉に開花。
木々に囲まれ、バラの香りが楽しめるローズガーデンには400品種1,500株ものバラが勢ぞろい。
赤塚オリジナルの品種「コリーヌ・ルージュ」もこちらで見ることができますよ。

赤塚植物園

スイレン池では7月~10月ごろに大輪のスイレンが花開きます。
水面に咲く涼しげなスイレンは、暑い夏を忘れさせてくれますよ。

赤塚植物園

園内を散策すると目に付くのが背の高いのっぽの木。
これは「レッドヒル」の名前の由来にもなったセンペルセコイヤ(別名・レッドウッド)です。
センペルセコイヤはアメリカ西海岸に自生する樹木で、世界一背が高くなることで知られています。
ちなみに「ヒーサーの森」の由来は、長年にわたってこの里山を育ててきた赤塚会長の妻、ひさ子夫人のお名前から。

赤塚植物園

眺望ポイントとしておすすめなのがみはらし台です。
スイレン池周辺を見下ろせるよう高台になっており、春には桜、初夏にはシャクナゲ、秋には紅葉と、季節の移ろいを感じられます。ベンチに座ってゆっくり風景を楽しんでください。

「世界一のガーデンセンターを作る」という赤塚会長の思いが詰まった「レッドヒルヒーサーの森」。
コンサート、ガイドツアー、クラフトづくりなどたくさんのイベントが開催されるので、訪れる度に楽しい出合いがありそう。

赤塚植物園

高野尾花街道 朝津味(あさつみ)

レッドヒルヒーサーの森の麓にあるのが、三重県最大級の農産物直売所「高野尾花街道 朝津味(あさつみ)」。
店名のとおり、地元津市を中心とした農家さんによる朝採りの新鮮野菜が集まります。
生産者の顔が見える旬の農作物が手に入ると、遠方からも多くのお客様が訪れるほど。

運営するのは株式会社フューチャー・ファーム・コミュニティ三重。地元の活性化を願う赤塚会長が代表を務めます。

赤塚植物園

農産物だけでなく、地元食材で作るできたてのジェラートが大人気。

また、「味わう里山」をテーマに本格的な料理を気軽に堪能できるレストラン&カフェ「Terroir テロワール」が、2020年3月12日(木)からブッフェスタイルにリニューアルされる予定です。

赤塚植物園

アカツカFFCパビリオン(赤塚植物園)

赤塚植物園本社前にあるのが、三重県内最大級の園芸専門店「アカツカFFCパビリオン」です。
地元の方からは「赤塚植物園」として親しまれています。

赤塚植物園

広い館内には、鉢植えの花、観葉植物、切り花、草花や野菜の苗や種はもちろん、肥料、植木鉢、土など園芸グッズが勢ぞろい。
専門知識を持ったスタッフがいるので、何でも聞いてくださいね。

赤塚植物園

花の寄せ植えや土づくりなどの講習会、ワークショップも随時開催。栽培家、樹木医、ガーデンデザイナーなど、各分野で活躍するプロが丁寧に教えてくれますよ。
参加費無料の講習会もありますので、詳しくはホームページでご確認を。

赤塚植物園

道を挟んだ向かい側にある「FFCミュージアム」では、昭和36年の創業以来の赤塚植物園の歩みがパネルなどでわかりやすく紹介されています。

隣接する巨大温室「FFCユートピアファーム」では、シンボルツリーのトックリキワタをはじめ、バオバブやヒスイカズラ、ベトナムツバキなど、他ではめったに見られない希少植物を栽培。
珍しい花が咲いたときなどは赤塚植物園のSNSなどでお知らせしているので要チェック!

どちらの施設も入場無料です。

赤塚植物園

赤塚充良会長について

昭和36年に赤塚植物園を創業したのが、現在会長を務める赤塚充良さん(86歳)。
三重県をサツキの一大産地にし、大量生産が難しいとされていた洋ランの培養技術を確立するなど、日本の園芸業界で長年活躍を続けてきました。

また、珍しい観葉植物を海外から次々と取り入れ、昭和50年代の観葉植物ブームを牽引。
農林水産省園芸部門で天皇杯を獲得し、国内や海外での園芸事業の功績が認められたほか、黄綬褒章や旭日双光章を受章している、園芸界のトップランナーです。

近年では地元の農業や観光業の活性化に役立ちたいと、鈴鹿の森庭園や赤塚シャクナゲガーデン、レッドヒルヒーサーの森を次々と開園。
愛妻のひさ子夫人とともに、安全安心で豊かな社会の実現を目指して活動してきました。

赤塚植物園

見て、触れて、育てて、毎日の生活を楽しく、元気になれるよう、赤塚植物園では多くの人が植物に親しむための様々な場所と方法を提案しています。
一方、美しい植物を育てるその陰で、品種改良や栽培技術の継承など地道な努力を重ねていることもよくわかりました。

これからの季節、まずは鈴鹿の森庭園で梅を愛でて、さらにほかの施設にも足を運んでみませんか?
植物との素敵な出会いが待っていますよ。

【鈴鹿の森庭園】
住所:鈴鹿市山本町151-2
電話:059-371-1777
https://www.akatsuka.gr.jp/group/suzuka/
営業期間:2020年2月22日~3月下旬
営業時間:9:00~16:00(最終入場は終了時刻の30分前)
※夜間ライトアップ期間中は21:00まで
休業日:期間中はなし
入園料:大人700~1,700円、小学生半額、未就学児無料
※入園料は開花状況により変動
車でのアクセス:東名阪自動車道鈴鹿ICから約3km、新名神高速道路鈴鹿PAスマートIC(ETC専用)から約3km、いずれも車で約5分
公共交通機関でのアクセス:鈴鹿市C-BUSにて椿・平田線「神野神社」下車、徒歩約20分
駐車場:200台(無料)


【赤塚シャクナゲガーデン】
住所:津市高野尾町字西豊久野1902-1
電話:059-230-1234((株)赤塚植物園 代表)
https://www.jp-akatsuka.co.jp/production/farm03/
営業期間:2020年4月3日~5月6日(開花状況や気象条件によって変動)
営業時間:9:00~16:30(最終入場は16:00)
休業日:期間中はなし
入園料:大人700円(植物物販割引券100円付き)、中高生350円、小学生以下無料
車でのアクセス:伊勢自動車道芸濃ICより300m、車で約1分
公共交通機関でのアクセス:津駅より三重交通バス「椋本」行き乗車「新出」下車、徒歩約1分
駐車場:120台(無料)


【ブルーベリーガーデン】
住所:津市高野尾町字西豊久野1902-1
電話:059-230-1234((株)赤塚植物園 代表)
営業期間:6月上旬~8月中旬(予定)
営業時間:9:00~17:00(予定)
休業日:月曜日、木曜日(予定)
入園料:大人1,800円~2,000円、小学生1,200円~1,500円、幼児(4歳以上)500円、3歳以下無料
車でのアクセス:伊勢自動車道芸濃ICより300m、車で約1分
公共交通機関でのアクセス:津駅より三重交通バス「椋本」行き乗車「新出」下車、徒歩約1分
駐車場:120台(無料)


【レッドヒルヒーサーの森】
住所:津市高野尾町2877
電話:059-230-7789
http://www.redhill.co.jp/
営業時間:9:30~17:00(冬季は16:00まで)
休業日:木曜日(臨時休園あり)
入園料:一般11月~3月・7月~9月800円、4月~6月・10月1,200円、中高生半額、小学生以下無料
車でのアクセス:伊勢自動車道芸濃ICから約2km、車で5分
公共交通機関でのアクセス:津駅より三重交通バス「豊が丘」行き乗車「F北山」下車、徒歩約5分、津駅より三重交通バス「椋本」行き乗車「高野尾クラブ前」下車、徒歩約8分
駐車場:朝津味の駐車場を利用(無料)


【高野尾花街道 朝津味】
住所:津市高野尾町5680
電話:059-230-8701
https://takanoo-hanakaido.jp/
営業時間:9:30~17:00
ランチタイム11:00~14:00(土曜日、日曜日、祝日は15:00まで)
※3/12以降 ランチタイム11:00~14:30(オーダーストップ13:30)
軽食コーナー10:00~14:00
ジェラート・カフェ10:00~17:00(オーダーストップ16:30)
休業日:第3木曜日
車でのアクセス:伊勢自動車道芸濃ICから約2km、車で5分
公共交通機関でのアクセス:津駅より三重交通バス「豊が丘」行き乗車「F北山」下車、徒歩約5分、津駅より三重交通バス「椋本」行き乗車「高野尾クラブ前」下車、徒歩約8分
駐車場:323台(無料)


【アカツカFFCパビリオン】
住所:津市高野尾町1868-3
電話:059-230-2121
https://www.jp-akatsuka.co.jp/pavilion/index.html
営業時間:10:00~18:00(1月~2月は17:00まで)
休業日:火曜日
車でのアクセス:伊勢自動車道芸濃ICから約2km、車で約3分
公共交通機関でのアクセス:津駅より三重交通バス「椋本」行き、または「豊が丘」行き乗車「高野尾」下車、徒歩約1分


【FFCミュージアム・FFCユートピアファーム】
住所:津市高野尾町1868-3
電話:059-230-1234(㈱赤塚植物園 代表)
営業時間:FFCミュージアム11:00~15:30
営業日:FFCミュージアム金曜日、土曜日、日曜日
※FFCユートピアファームの営業日と営業時間はお問い合わせください
入場料:無料
車でのアクセス:伊勢自動車道芸濃ICから約2km、車で約3分
公共交通機関でのアクセス:津駅より三重交通バス「椋本」行き、または「豊が丘」行き
乗車「高野尾」下車、徒歩約1分

カテゴリー
花・自然・絶景
季節
春(3~5月) 夏(6~8月) 秋(9~11月)
エリア
北勢 中南勢

観光三重ピックアップ!

  • 泊まって答えてラッキー!みえ旅プレミアムキャンペーン実施中♪

    泊まって答えてラッキー!みえ旅プレミアムキャンペーン実施中♪

    2020.08
  • ULTRA SALE!三重の遊び体験 ぜーんぶっ 半額!

    ULTRA SALE!三重の遊び体験 ぜーんぶっ 半額!

    2020.09
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 「秋の桜」コスモス!<br />
暑さやわらぐ9月下旬頃から見頃を迎えますよ♪<br />

    「秋の桜」コスモス!
    暑さやわらぐ9月下旬頃から見頃を迎えますよ♪

    2020.09
  • 世界遺産を巡って泊まる旅「熊野古道川の参詣道を行く」

    世界遺産を巡って泊まる旅「熊野古道川の参詣道を行く」

    2020.09

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

鳥羽観光にまず訪れたい!車でのアクセスも便利な「鳥羽1番街」はグルメ・お土産・観光情報が満載!
鳥羽観光にまず訪れたい!車でのアクセスも便利な「鳥羽1番街」はグルメ・お土産・観光情報が満載!
掲載日:2020.09.14
鳥羽観光にまず訪れたい!車でのアクセスも便利な「鳥羽1番街」はグルメ・お土産・観光情報が満載!

フォトコンテスト

レインボーチューリップ
レインボーチューリップ
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • #くまのフォトラリー2020 Instagram投稿キャンペーン実施中

    #くまのフォトラリー2020 Instagram投稿キャンペーン実施中

    熊野で写真を撮って巡ってインスタに投稿!豪華賞品をゲットしよう♪

    インスタグラムで#くまのフォトラリー2020 実施中!熊野の写真をインスタグラムに投稿して豪華賞品をゲット!今年は公式アカウントをフォローするだけで参加できるフォロー賞もあります。みんなで参加しましょう!

    #
  • 三重県の「コスモスの名所特集」!9月から10月にかけて楽しめるコスモスの名所をご紹介します♪【2020年版】

    三重県の「コスモスの名所特集」!9月から10月にかけて楽しめるコスモスの名所をご紹介します♪【2020年版】

    PR

    漢字で「秋桜」と書くコスモスは、秋のお花の代名詞ともいえます。夏の暑さがやわらぎ行楽シーズンの秋に、コスモスを見にお出かけしてみませんか?三重県には、一面に咲くコスモスを楽しめる場所があります。なばなの里の「ダリア・...

    #
  • 「初夏の絶景」と「美肌の湯」を楽しむ癒しの旅。 人気のスイーツも味わえる菰野町へ

    「初夏の絶景」と「美肌の湯」を楽しむ癒しの旅。 人気のスイーツも味わえる菰野町へ

    2018年7月にリニューアルオープンした「御在所ロープウエイ」で初夏の絶景を満喫して、美肌の湯として知られる「湯の山温泉」でまったり。人気のスイーツも堪能して、おみやげもゲット!心身共に癒される大満足の旅のレポートをご覧く...

    #

季節おすすめ記事

  • 食べられるのは年1度!赤福の朔日餅(ついたちもち)を特集しました♪

    食べられるのは年1度!赤福の朔日餅(ついたちもち)を特集しました♪

    赤福本店では、お正月を除く毎月一日に「朔日餅」が用意されているので、皆様も「朔日参り」と「朔日餅」を楽しんでみてはいかがでしょうか。

    #
  • 【上野天神祭】荘厳!恐ろしく!豪華絢爛!まるでライブのように高揚感が止まらない!【台湾人ライターによる三重の魅力紹介レポート】

    【上野天神祭】荘厳!恐ろしく!豪華絢爛!まるでライブのように高揚感が止まらない!【台湾人ライターによる三重の魅力紹介レポート】

    日本独特なお祭り文化を体感!!400年余の歴史を有し、関西三大祭の一つともいわれる上野天神祭は、ユネスコ無形文化遺産にも日本国の重要無形民俗文化財にも指定されています。
    荘厳な御神輿の巡行から百数十体の鬼行列、豪華絢爛で...

    #
  • 絶叫必至!滝を浴びる豪快アドベンチャー!滝ダッキー で唯一無二の体験をしてみました。(飛雪の滝キャンプ場:三重県紀宝町)

    絶叫必至!滝を浴びる豪快アドベンチャー!滝ダッキー で唯一無二の体験をしてみました。(飛雪の滝キャンプ場:三重県紀宝町)

    ドドドドドッ。約30m(ビル8階相当!)の高さから降り注ぎ滝壺を打つ水の轟音。そして、雪のように舞う飛沫(しぶき)が僕らを歓迎してくれました。歓迎というと、少し生易しかったかもしれません。僕らはこれからダッキーに乗って、...

    #
ページトップ