• 観光三重トップ
  • 特集記事
  • MieMu第25回企画展・開館5周年記念特別展「三重の仏像―白鳳仏から円空まで―」で、三重県内のたくさんの仏像に出会いました!

取材レポート

MieMu第25回企画展・開館5周年記念特別展「三重の仏像―白鳳仏から円空まで―」で、三重県内のたくさんの仏像に出会いました!

掲載日:2019.10.13

2019年12月1日(日)まで開催の、三重県総合博物館(MieMu)第25回企画展・開館5周年記念特別展「三重の仏像~白鳳仏から円空まで~」は、仏像をテーマにした展覧会で、平安・鎌倉期の仏像を中心に、本尊、秘仏を含む三重の仏像を一堂に会し、その魅力を様々な角度から紹介します。

MieMu第25回企画展「三重の仏像―白鳳仏から円空まで―」

ここ三重県に、素晴らしい仏像がたくさん存在していることをご存じですか?
京都や奈良といったかつての都に隣接する三重は、位置的に何かとその影響を受けたようですが、仏様事情も例外ではなかったそうです。都風の仏像が作られたり、仏像そのものが都から運ばれたりしたのだとか。
この仏像展は、あの仏師界のスーパースター・快慶によって作られた新発見の仏像が初公開されるということでも大注目の展覧会なのです!

それでは、いざ、荘厳の世界へ!

MieMu第25回企画展「三重の仏像―白鳳仏から円空まで―」

まずは白鳳・奈良時代から(県内では、飛鳥時代に遡る仏像がまだ確認されていないそうです)。
誕生釈迦仏立像。素朴な味わいの、何ともかわいらしいお姿です。

MieMu第25回企画展「三重の仏像―白鳳仏から円空まで―」

鳥居古墳出土押出仏。
銅板に仏様の姿が浮き出ています。粘土で型をとり焼成した塼仏もあります。
仏像といっても、さまざまな表現があるんですね。
ちなみに、金色は作られた当時のものなのだとか。1,300年(以上前)の輝き…!

MieMu第25回企画展「三重の仏像―白鳳仏から円空まで―」

お次は、平安時代前期の仏像。
展覧会のシンボル的存在の普賢菩薩坐像。曲線がとっても美しいですね。
表情やしなやかな体つきはもちろん、彫り出された細かな装飾から素地の木目まで、ぜひとも実物を見て味わっていただきたいです。

MieMu第25回企画展「三重の仏像―白鳳仏から円空まで―」

こちらは平安時代後期の四天王寺立像。四者四様の勇壮なお姿。
邪鬼もおとなしくノックダウンせざるをえません。

MieMu第25回企画展「三重の仏像―白鳳仏から円空まで―」

さまざまな寺院の仏像が一堂にズラリ。圧巻です。
何と、普段は非公開の秘仏も展示されているそうなので、これは見逃すわけにはいきませんよ!

MieMu第25回企画展「三重の仏像―白鳳仏から円空まで―」

時代を追って展示されているので、仏像初心者でも、作りや技術力の変化といったことを感じ取ることができます。
もちろん、直感的に好みの仏像を選ぶもよし。鑑賞の仕方は十人十色です。

MieMu第25回企画展「三重の仏像―白鳳仏から円空まで―」

伊賀市・新大仏寺の如来坐像は、10月18日からお出ましだそうですよ!
約3メートルのお像が、この空間にドーンと…圧倒されること必至でしょう。

MieMu第25回企画展「三重の仏像―白鳳仏から円空まで―」

そして!
快慶作の新発見で初公開の話題の二体がこちら!

ぐるっと360度、優美な造形や細やかな仕事は、実際にご覧になってお確かめくださいね。

MieMu第25回企画展「三重の仏像―白鳳仏から円空まで―」

素晴らしい仏像を、後世に残すための取り組みも紹介されています。
仏像を作った人々、それを大切に守り続けてこられた寺院や地域の人々、そして、これからも守り伝えていこうとする人々の思いは、100年も1000年もつながっています。

MieMu第25回企画展「三重の仏像―白鳳仏から円空まで―」

PCブラウザ・スマホアプリゲーム「なむあみだ仏っ!-蓮台 UTENA-」とのコラボ企画も展開中!MieMu周辺の専修寺・蓮光院・四天王寺・津観音を巡るスタンプラリーが開催されていますよ。
11月9日からは、登場キャラクターのパネルやゲームの設定資料等の展示もMieMuで行われるそうです。

今回の展覧会、さまざまな仏像の表情に、仏師たちはどんな気持ちでノミを振るったのか、手を合わせた人たちは何を願ったのかと、一体一体足を止めて見入ってしまいました。
そして、仏像のもつ芸術的な美しさや、伝統文化を存分に感じることができました。

三重県内の選りすぐりの仏像を一挙に見られるまたとない機会です。一度と言わず二度三度、三重県総合博物館 MieMuへお出かけください!

MieMu第25回企画展「三重の仏像―白鳳仏から円空まで―」

【展覧会詳細】
第25回企画展・開館5周年記念特別展「三重の仏像~白鳳仏から円空まで~」

平安・鎌倉期の仏像を中心に、本尊、秘仏を含む三重の仏像を一堂に会し、その魅力を様々な角度から紹介します。また、新発見の快慶作 阿弥陀如来像や地蔵菩薩像も初公開します。三重県総合博物館で初めての、県内では16年ぶりの本格的な仏像の展覧会です。
期間中は講演会やギャラリートーク、コラボ企画を開催します。ぜひご家族やお友達とお越しください。

・開催期間:2019年10月5日(土)から12月1日(日)まで
 ※休館日は毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)

・開催時間:9時から17時まで
 ※入場は閉場の30分前までとなります。

・会場:三重県総合博物館(MieMu)3階 企画展示室(津市一身田上津部田3060)

・観覧料:一般1,000円、学生600円、高校生以下無料

ホームページ:http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/MieMu/
Facebook:https://www.facebook.com/mie.pref.museum
Twitter:https://twitter.com/mie_pref_museum

カテゴリー
雨の日
エリア
中南勢

観光三重ピックアップ!

  • 最大半額!お得な「みえ旅プレミアム旅行券」スタート!詳細は記事へ!

    最大半額!お得な「みえ旅プレミアム旅行券」スタート!詳細は記事へ!

    2020.07
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 夏の花といえば…?やっぱりひまわり!

    夏の花といえば…?やっぱりひまわり!

    2020.06
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05
  • 夏といえば海水浴!7月から海開きも少しずつ始まっていますよ♪

    夏といえば海水浴!7月から海開きも少しずつ始まっていますよ♪

    2020.06

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

「みえ旅プレミアム旅行券」スタート!三重県民はもちろん、愛知・岐阜・大阪・奈良・和歌山在住者も対象です!
「みえ旅プレミアム旅行券」スタート!三重県民はもちろん、愛知・岐阜・大阪・奈良・和歌山在住者も対象です!
掲載日:2020.07.07
「みえ旅プレミアム旅行券」スタート!三重県民はもちろん、愛知・岐阜・大阪・奈良・和歌山在住者も対象です!

フォトコンテスト

漆黒紅葉
漆黒紅葉
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • 植物×和歌!「万葉の里公園」へ日本の風情を感じる旅に出かけました!

    植物×和歌!「万葉の里公園」へ日本の風情を感じる旅に出かけました!

    いなべ市北勢町にある「万葉の里公園」は、現存する日本最古の和歌集「万葉集」にちなんだ約140種類もの植物が和歌とともに楽しめる公園。6月には、約3,000株のあじさいが見頃を迎え、色とりどりの花に癒されます!梅雨の時期にぴった...

    #
  • 雨の日でも楽しめて遊べる!三重県のお出かけ観光スポット22ヶ所を特集【2020年版】

    雨の日でも楽しめて遊べる!三重県のお出かけ観光スポット22ヶ所を特集【2020年版】

    せっかくの休日なのに雨模様…それでも楽しめる場所が三重県にはあります。屋内で鑑賞できる水族館や美術館、家族で楽しめる体験メニューなど雨の日でもお出掛けしたくなるスポット22ヵ所をご紹介。梅雨シーズンや雨の日でもOK!三重...

    #
  • 鳥羽・浦村牡蠣が時間無制限で食べ放題のお店「山安水産パールロード店」をご紹介!三重が誇る冬のグルメ 牡蠣を食べつくそう!

    鳥羽・浦村牡蠣が時間無制限で食べ放題のお店「山安水産パールロード店」をご紹介!三重が誇る冬のグルメ 牡蠣を食べつくそう!

    海産物の宝庫として有名な伊勢志摩で冬に特に人気の牡蠣!

    浦村牡蠣で有名な鳥羽市浦村町は、伊勢神宮から車で約40分とアクセスも良く、県外から伊勢神宮参拝と牡蠣をお目当てにやってくる人もたくさんいます。今回はそんな浦村牡蠣を堪能すべく、「時間無制限」(営業時間内)で牡蠣食べ放題...

    #
ページトップ