• 観光三重トップ
  • 特集記事
  • お菓子のテーマパーク「おやつタウン」は1日たっぷり遊べるテーマパーク!大人も子どももワクワク間違いなし!

取材レポート

お菓子のテーマパーク「おやつタウン」は1日たっぷり遊べるテーマパーク!大人も子どももワクワク間違いなし!

掲載日:2019.07.16

「ベビースターラーメン」のテーマパークがついに、2019年7月20日オープン! 国内最大級の屋内型アスレチックやオリジナルベビースターラーメン作りなど、さまざまなプログラムが体験できます。子どもだけではなく大人も夢中になれるお菓子のテーマパークに行ってきました!

おやつタウン

大人から子どもまでみんなから愛されているお菓子「ベビースターラーメン」。

そんな「ベビースターラーメン」の工場一体型体験施設が2019年7月20日にオープン!

“お菓子のテーマパーク”という名前からしてワクワクしますね!小学生と幼稚園の子ども達とママ達で体験してきました〜!

おやつタウン

「おやつタウン」があるのは、ベビースターラーメンを製造するおやつカンパニーの久居工場の目の前。

ベビースターが流れ出ているようなオブジェや、ヌードルから飛び出したような写真が撮れるスポットなど入場するまでにもたくさんのフォトスポットに気分が高まります。
入場前にチケットカウンターでチケットを購入します。

料金/        
個人・団体(20名以上)
大人(13才~) 700円・ 600円
小人(4~12才) 450円 ・400円
※学校団体(幼稚園・保育園等)は事前の申請により入園無料。
※障がい者手帳をお持ちの方お1人につき、付き添いの方お1人が入園無料。

入り口と出口に分かれているので、入り口ゲートへ向かいます。

おやつタウン

中に入るとここでもかわいいフォトスポットがお出迎え!
顔出しパネルや、ベビースターラーメンのキャラクター「ホシオくん」と一緒に写真が撮れるスポットがあります。

おやつタウン

写真撮影を楽しんだら、次のスポットへ・・・
カーテンの向こうには、万華鏡の世界を再現した「万華鏡トンネル」!

「ホシオくん」がキラキラと現れる不思議な空間を抜けると・・・アミューズメントエリア「おやつ広場」へ。

おやつタウン

入ってすぐみんなをわっと驚かせてくれたのは、高さ9メートルの巨大な滑り台「ホシオくんドデカイスライダー」。
滑らずにはいられない子どもたちは、大興奮!何度も何度もチャレンジしました!
スライダーの中がどんな造りになっているのかは、滑ってみてのお楽しみです。

おやつタウン

次は、「超ドデカイアスレチック」へ。コース全長は195メートルの3階建て。
国内最大規模の屋内アスレチックなんだそう。3階まで見上げると・・・高〜い!

おやつタウン

安全ベルトを装着し、3階建ての森のようなアスレチックを移動。森の中を探検する気分でクリアしていきます。
1階は120cm未満の小さな子ども向け、2階〜3階は大人でも楽しめるスリル満点のコースです。
まずはスタッフさんに安全ベルトをつけてもらい、準備は完了!

おやつタウン

1階では細い道を渡ったり、ターザンロープをしたり、小さな子どもでも楽しみながらクリアできます。

おやつタウン

2階は空中アスレチック初級編。
グラグラする橋を渡ったりとさまざまな難関が待っていて、自分でコースを選択しながら、クリアしていきます。最後のターザンロープはスリル満点です!

おやつタウン

次は3階。いきなり難易度が上がった!?とびっくりする大人たち。
大人でも足がすくむ程、さまざまな試練が待ち受けています。くるくる回る丸太の上を渡ったり、安全装置に全体重を預け紐だけをつたって進んでいったり、子どもから大人までドキドキのスリルが楽しめます。

おやつタウン

途中で怖くなっても大丈夫!
スタッフさんが助けにきてくれたり、アドバイスをしてくれるので安心です。

〇対象
1階:ひとりで歩ける方から身長120㎝までの方
2・3階:身長120㎝以上の方
〇料金
1階:500円
2階:1500円
2・3階:2500円

おやつタウン

続いては、スポーツが思いっきり楽しめる「スポーツバイキング6」。
ボルダリングや卓球、ゴルフ、バスケットボール、 野球、サッカーと6種類のスポーツに次々とチャレンジできます。

おやつタウン

親子やお友だち同士で、お互い点数を競い合いながら楽しめちゃいますよ。

おやつタウン

こちらは、主に3歳未満の子どもが楽しめるエリア「リトルタウン」。
段ボールをリメイクして作られた遊具は、ベビースターの世界感が全開!ベビースターの滑り台やホシオくんのトンネルなど、小さい子どもたちが夢中になって遊べます。

おやつタウン

安全に遊べるように工夫されているのもうれしいポイント。
兄弟でもファミリーでも楽しめますね。このエリアの中には授乳室もあります。

おやつタウン

続いてやって来たのは、子どもたちだけが入れる「ヒミツのおやつラボ」。
子どもしか入れない秘密の部屋。
このヒミツのラボでは未来のおやつが研究されていて、研究員になって未来のお菓子が作れるそうなんです。外で待つ大人たちも中がとっても気になります。
「中でどんなことがあったかを子どもたちが親に話してもらえれば。」と親子で会話が生まれることにこだわっているそう。

〇対象
ひとりで入れる方から小学6年生までの方

おやつタウン

お次は、オリジナルのベビースターラーメン作り!
体験コーナー「ホシオくんキッチン」では、自分だけのオリジナル味のベビースターラーメン作りや、ベビースターのチョコクランチ作りなど、ここでしか体験できないメニューが用意されています。

おやつタウン

それでは、「ホシオくんキッチン」で体験できるメニューををご紹介。

まずは「Myスペシャルベビースター」。
テーマは、「“ベビースターラーメンといえばこの味”というイメージを一新して、自分だけのベビースターを作ってみて下さい」。
なんと、実際の開発と同じ本格的な味付け体験ができるんです。オーブンに入れて、しばらく待てばスペシャルベビースターの出来上がり!出来立てのお味は作ってみてのお楽しみです。

800円/人※税込
想定所要時間 50分/回

他にも、ベビースターの「作ろうチョコクランチ」やベビースターとシーズニングパウダーをマラカスでシェイクする「フリフリ♪ベビースター」など、家族で楽しめること間違いなし!
季節限定企画もあるそうです♪

「作ろう!チョコクランチ」
700円/人※税込
想定所要時間 30分

「フリフリ♪ベビースター」
500円/人 ※税込
想定所要時間 15分

おやつタウン

たっぷり遊んでお腹が空いたら「ベビースターダイニング」へ。
『おやつタウン』のシェフたちが作るベビースターを使ったユニークな創作メニューがいっぱいです。


おやつタウン

ブタメン豚骨ラーメン
ベビースター誕生のきっかけは、即席めん製造中にこぼれ落ちたカケラ。 ベビースターラーメンの原点から本格派ラーメンが誕生です!麺は自家製麺で、スープもこだわった一品です。

旨味たっぷりベビースターカレー 
ベビースターで炊き上げたチキンライスと、こだわりのカレールーが最高の組み合わせ。

本格石窯ラーメンピザ 
本格石窯で焼き上げています。食べた人だけが分かるベビースターを感じる創作ピザをお試しあれ!「ピザとベビースター、意外だったけど合う!」とママたち。

おやつタウン

好みのトッピングで自分だけのオリジナルスイーツを作れるデコレーションスイーツコーナーもあります。
ベースのソース、トッピングソース、トッピング、トッピングパウダーを選びます。

目の前でスタッフが作ってくれるので、見ている子どもたちもワクワクが止まりません!

おやつタウン

自分だけのデコレーションスイーツが完成!

ベビースターソフトクリームチュロ&ミニワッフル 

おやつタウン

ラテアートもかわいい!全部で5種類あり何がでるかはお楽しみだそう。

フードエリアにはお子様イスも用意されています。小さい子どもがいる家族も楽しく過ごすことができますよ。

おやつタウン

お腹いっぱいになった後は、ベビースターラーメンの新商品をはじめ、ここでしか買えない『おやつタウン』限定のベビースターラーメンなどユニークな商品が揃う「おやつマルシェ」へ。

おやつタウン

かわいいブースがズラリと並び、お店をめぐるような感じで、楽しみながら見て回ることができます。
自分用はもちろん、プレゼントとしても喜ばれますね!

おやつタウン

限定商品の「スペシャルパック」を持ってニッコリする子どもたち。

笑顔のわけは・・「ママお願い!これ買って~!」

ここ「おやつマルシェ」でしか入手できないとなると、お財布のひもも緩んでしまいそう♪

おやつタウン

オリジナルグッズコーナーでは、ホシオくんやブタメンのグッズが勢揃い!

おやつタウン

ベビースターのふりかけなどユニークなお土産も発見!ご飯にかけたらどんな味になるか気になる!

おやつタウン

(写真提供:おやつタウン)
隣のおやつカンパニー久居工場では工場見学もできます。大量のベビースターが一度に作られていく様子は圧巻!
おやつタウン開業に伴い、見学通路やご案内の内容をリニューアル!

※ 平日のみ開催(土日祝日、夏季・冬季休業、その他メンテナンス日等を除く)要事前予約

おやつタウン

いかがでしたか?子どもから大人まで思いっきり楽しめる「おやつタウン」。屋内施設なので季節や気候の心配も気にせず楽しめるところもうれしいポイント。
食事もできるので、1日思いっきり楽しめちゃいます!ぜひ家族でお出かけしてみてくださいね!

施設名/おやつタウン
住所/〒514-1254 三重県津市森町1945-11
電話/0570-082-114
営業時間/10:00~18:00
料金/        
個人・団体(20名以上)
大人(13才~) 700円・600円
小人(4~12才) 450円・400円
※学校団体(幼稚園・保育園等)は事前の申請により入園無料。
※各種手帳をお持ちの方お1人につき、付き添いの方お1人が入園無料。
公共交通機関でのアクセス
●電車でお越しの方近鉄名古屋線 / 久居駅からバス約15分 車でのアクセス
●お車でお越しの方大阪(西名阪自動車道・名阪国道・伊勢自動車道)→約120分→久居IC下車→約5分→おやつタウン名古屋(東名阪自動車道・伊勢自動車道)→約60分→久居IC下車→約5分→おやつタウン
駐車場/第一駐車場200台(無料)臨時駐車場200台(無料)バス駐車場10台
HP/https://oyatsu.town/



三重県から移動自粛のお願い
・緊急事態宣言が発出されている都府県及び飲食店等への営業時間短縮等の要請がなされているエリアにお住まいの方については、生活の維持に必要な場合を除く三重県への移動の自粛についてご協力をお願いします。

・来県される場合は、「新しい旅のエチケット」を十分に御理解いただき、体調管理をしっかりした上で、手洗いやマスクの着用、人と人との距離の確保など基本的な感染防止対策を徹底していただくようお願いします。
新しい旅のエチケット

関連スポット

カテゴリー
テーマパーク&レジャーランド ものづくり&自然体験
季節
オールシーズン
エリア
中南勢

PR

バナー広告について

観光三重ピックアップ!

  • 特設サイト:安全・安心 みえの旅

    特設サイト:安全・安心 みえの旅

    2021.02
  • 【三重県民限定】県民が支える!三重県観光キャンペーン実施中!

    【三重県民限定】県民が支える!三重県観光キャンペーン実施中!

    2021.02
  • 【キャンペーン終了】県内で実施されているキャンペーンのポータルサイトとして継続中

    【キャンペーン終了】県内で実施されているキャンペーンのポータルサイトとして継続中

    2020.08
  • 観光三重の人気記事BEST25♪

    観光三重の人気記事BEST25♪

    2021.01
  • 観光三重の定番特集BEST25♪

    観光三重の定番特集BEST25♪

    2021.01

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

港町の日常に溶け込み、暮らすように働く 自然豊かな尾鷲で体験するワーケーションステイ
港町の日常に溶け込み、暮らすように働く 自然豊かな尾鷲で体験するワーケーションステイ
掲載日:2021.03.05
港町の日常に溶け込み、暮らすように働く 自然豊かな尾鷲で体験するワーケーションステイ

フォトコンテスト

田んぼのアート
田んぼのアート
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • 「スマホでみえ得キャンペーン」大人気施設はどこ!?Part①  「〇〇〇日本一!」 “あの”生き物に会える場所はココだけ! さらに伊勢神宮のお参り前に行っておきたいスポットとは?

    「スマホでみえ得キャンペーン」大人気施設はどこ!?Part①  「〇〇〇日本一!」 “あの”生き物に会える場所はココだけ! さらに伊勢神宮のお参り前に行っておきたいスポットとは?

    「答えてラッキー!スマホでみえ得キャンペーン」は県内の約400施設で、プレゼントや割引などのおもてなしがその場で受けられるとってもお得なキャンペーン!
    では、スマホでみえ得キャンペーンで一番人気のある施設は一体どこで...

    #
  • 都会では味わうことのできない豊かな自然の恵みがここにある!  鳥羽市浦村町の地元漁師と一緒に海の生産現場を体験

    都会では味わうことのできない豊かな自然の恵みがここにある! 鳥羽市浦村町の地元漁師と一緒に海の生産現場を体験

    地元のリアル漁師さんがプロデュースする、多彩な漁村アクティビティを満喫!漁業や海女漁の盛んな漁村、浦村町(うらむらちょう)のワカメ狩りツアー・牡蠣打ち体験をご紹介!

    #
  • 海の博物館は「海と人間」をテーマにした日本でめずらしい博物館!昔の海の暮らしを体験しよう!

    海の博物館は「海と人間」をテーマにした日本でめずらしい博物館!昔の海の暮らしを体験しよう!

    PR

    海は私たちが生きていく上で切っても切り離せない存在です。豊かな海に恵まれ、古くから海と生きる人々の技術と知恵が受け継がれてきた鳥羽市には、海で生きる人々の暮らしや知恵を伝えていきたいという想いから創られた「海の博物館...

    #

季節おすすめ記事

  • 港町の日常に溶け込み、暮らすように働く 自然豊かな尾鷲で体験するワーケーションステイ

    港町の日常に溶け込み、暮らすように働く 自然豊かな尾鷲で体験するワーケーションステイ

    NPO法人おわせ暮らしサポートセンターでは港町に”碇泊する”還流型ワーケーションを推進している。登録有形文化財建築「見世土井住宅」を活用したコワーキングスペース「シェアスペース土井見世」を拠点とし、地域ぐるみでワーケーショ...

    #
  • 森林セラピーで心身ともにリフレッシュ! 里山に佇む美杉リゾートで過ごすワーケーションステイ

    森林セラピーで心身ともにリフレッシュ! 里山に佇む美杉リゾートで過ごすワーケーションステイ

    美杉リゾートがある津市美杉町は、全域が赤目一志峡県立自然公園、西部の山岳地域が室生赤目青山国定公園に指定され、全域の9割を森林が占める。 東海圏で初めて森林セラピー基地に認定され、6つの拠点、特色の異なる12コースのセラピ...

    #
  • 自動運転モビリティによる送迎に、チェックイン不要の顔認証、客室入退室システム、デジタルツールを活用した新しい観光スタイルを素粋居で体感!

    自動運転モビリティによる送迎に、チェックイン不要の顔認証、客室入退室システム、デジタルツールを活用した新しい観光スタイルを素粋居で体感!

    自然素材で作られた12棟のヴィラとレストランを備えたリゾート「湯の山 素粋居(そすいきょ)」では、アフターコロナを見据えた新しい観光スタイルとして自動運転モビリティや非接触の顔認証客室入退室システム等を導入している。随所...

    #
ページトップ