• 観光三重トップ
  • 特集記事
  • 具材のボリュームがハンパない! 四日市の「まぐろレストラン」でゴージャスすぎる海鮮丼を味わう

取材レポート

具材のボリュームがハンパない! 四日市の「まぐろレストラン」でゴージャスすぎる海鮮丼を味わう

掲載日:2019.03.22

四日市にある「まぐろレストラン」は、2018年11月にリニューアルオープン。若者や女性にも利用しやすい内装に変わったことで、今まで以上にお客さんが増えています。四日市に本社を構える株式会社ダイエンフーズが運営しており、水産加工会社だからこそ実現する食材の新鮮さとお値打ち価格。また、その料理の豪華さはハンパではありません!新鮮な食材をおいしく提供するために工夫を続けるお店。その人気の秘密に迫ります!

まぐろレストラン

リニューアルオープンしたばかりの「まぐろレストラン」。白を基調とした外観は清潔感があり、その看板は遠くから見ても目立ちます。

まぐろレストラン

入口から見える店内は明るく、あたたかさを感じます。お土産コーナーが設置されていて、お料理以外の楽しみもありそう。

まぐろレストラン

店内はかなり広く、座席もいっぱい!ゆっくり食事を楽しめる雰囲気で、大勢で出かけても安心です。

まぐろレストラン

テーブル席のほかに座敷もあるので、小さい子ども連れで訪れても問題なし。座敷席は4席限定なので、早い者勝ちです!
ところで、先ほどからフロアにスタッフらしき人が見当たりません。オーダーはどうするんだろう?それではここで、まぐろレストラン専用のオーダーの流れをご説明します!

まぐろレストラン

まず、入り口に並ぶ料理の中から、自分の食べたいメニューを選びます。商品サンプルが並んでいるので、どんなメニューなのかわかりやすい。ラーメンやうどんなど海鮮以外のメニューもそろい、全部で20品以上の種類があるので、どれを食べるか迷ってしまいます!

まぐろレストラン

そのまま進むとレジコーナーがあり、スタッフさんが出迎えてくれます。決めたメニューを伝えて、前払いで料金をお支払い。もしオーダー方法に迷っても親切に教えてもらえるので、ご心配なく!

まぐろレストラン

精算が終わると、番号入りの丸札とメニューカードを挟んだ番号入りクリップを渡されます。こちらがメニューの引換券に。

まぐろレストラン

レストラン内の中央にある厨房に、先ほどの番号入りクリップのみをスタッフさんに渡します。メニューができあがると番号を読みあげてくれるので、お渡し口で丸札と料理を引き換えます。大型商業施設のフードコートのセルフシステムのようなイメージですね!

まぐろレストラン

商品のお渡し口の横には単品メニューが並んでいます。ツナサラダやまぐろマリネといったサラダや、唐揚げや白身魚フライなどの揚げ物商品(1品170円/税込)など、こちらの種類も豊富。この単品メニューは単品棚の隣にある食券機で購入して、スタッフさんに渡すという流れで食べることができます。

まぐろレストラン

まぐろレストラン

オーダーしたのは、看板メニュー「まぐろ豪快丼(平日限定)」(1,000円/税込)。その見た目にびっくり!「きはだまぐろ」と「まぐろのたたき」が器からはみ出るほどに盛られています!「こんなに豪勢なのに、この値段でいいの?」と思うくらいリーズナブル。この豪華な丼に小鉢とお味噌汁が付いてきます。

まぐろレストラン

見てくださいこの厚さ!まぐろ一枚一枚、食べ応え十分。これだけまぐろ尽くしの丼は珍しいのではないでしょうか。

まぐろレストラン

もう一つの人気商品が、海鮮丼(1,000円/税込)。きはだまぐろ・びんちょうまぐろ・まぐろのたたき・イカ・ホッキ貝・イタヤ貝・えびと7品も新鮮な海の幸が乗っていて、「まぐろ豪快丼」に負けないくらい、贅沢なメニューです!

まぐろレストラン

彩り豊かで、ビジュアルもGOOD!お米は国産品を使用しているので、ふっくらしていておいしい!ちなみに当日は北海道産の「きらら」でした。さらに各どんぶりのごはんは「白飯」「酢飯」のどちらかを選ぶことも可能。気分に合わせて選んでみて。

まぐろレストラン

「まぐろ豪快丼」は平日のみの販売ですが、土日祝日は「いくらだけ丼」(小鉢・味噌汁付1,980円/税込)、「特上海鮮丼」(中トロ・いくら・うに・ねぎとろ・えび、小鉢・味噌汁付1,980円/税込)、「本まぐろ大トロ丼」(小鉢・味噌汁付1,980円/税込)、「本まぐろ刺身定食」(中トロ・赤み・あぶり・たたき4点盛り・カマの煮つけ・ご飯・味噌汁小鉢2,480円/税込)の4種類の限定メニューがあります。平日と土日祝日、どちらも魅力的!

まぐろレストラン

店内にはお土産コーナーが設置されていて、こちらでお土産を買って帰ることもできます。どんな商品があるのか、早速見ていきましょう!

まぐろレストラン

壁面の陳列コーナーには、地場産のお米や、とんてきなどのソース・缶詰や珍味などが並べられています。

まぐろレストラン

冷凍・冷蔵のオープンケースも設置されていて、水産加工会社ならではの商品が充実のラインナップ。

まぐろレストラン

まぐろのカマの煮つけやテールステーキ、そぼろ煮、柔らか煮など、味付け惣菜もお求めやすい価格で買うことができます。おうちの食卓のおかずが増えますね♪

まぐろレストラン

こちらの「冷凍まぐろ」もリーズナブルで、お土産に人気の商品なんだとか。大きくカットされたマグロが豪勢〜!おうちでも味わいたいとお土産に買ってしまいました♪

リニューアルオープンしたことで、より若者や女性にも入りやすい店舗となった「まぐろレストラン」。メニューもお土産コーナーも充実していて、海の恵みをしっかり味わうことができました!思う存分、豪快な食事を楽しんでください♪

【まぐろレストラン】
住所:四日市市富双2丁目1番4号
TEL: 059-365-6064
営業時間:10:00~20:00(LO19:30)
定休日:年中無休(年末年始を除く)
アクセス:東名阪自動車道「四日市東」ICから約15分

※ 2019年3月時点の情報です。料金等の情報が変更されている場合がありますので、お出かけの際は問い合わせ先にご確認ください。

カテゴリー
グルメ・おみやげ
エリア
北勢

観光三重ピックアップ!

  • 泊まって答えてラッキー!みえ旅プレミアムキャンペーン実施中♪

    泊まって答えてラッキー!みえ旅プレミアムキャンペーン実施中♪

    2020.08
  • ULTRA SALE!三重の遊び体験 ぜーんぶっ 半額!

    ULTRA SALE!三重の遊び体験 ぜーんぶっ 半額!

    2020.09
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 「秋の桜」コスモス!<br />
暑さやわらぐ9月下旬頃から見頃を迎えますよ♪<br />

    「秋の桜」コスモス!
    暑さやわらぐ9月下旬頃から見頃を迎えますよ♪

    2020.09
  • 世界遺産を巡って泊まる旅「熊野古道川の参詣道を行く」

    世界遺産を巡って泊まる旅「熊野古道川の参詣道を行く」

    2020.09

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

【自転車ライターが行く!美し国・三重 自転車道中記】津市・青山高原編 青山高原でヒルクライムを楽しみ、麓の温泉宿で温泉とグルメを満喫
【自転車ライターが行く!美し国・三重 自転車道中記】津市・青山高原編 青山高原でヒルクライムを楽しみ、麓の温泉宿で温泉とグルメを満喫
掲載日:2020.09.25
【自転車ライターが行く!美し国・三重 自転車道中記】津市・青山高原編 青山高原でヒルクライムを楽しみ、麓の温泉宿で温泉とグルメを満喫

フォトコンテスト

四日市・いなばポートライン
四日市・いなばポートライン
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • 鳥羽観光にまず訪れたい!車でのアクセスも便利な「鳥羽1番街」はグルメ・お土産・観光情報が満載!

    鳥羽観光にまず訪れたい!車でのアクセスも便利な「鳥羽1番街」はグルメ・お土産・観光情報が満載!

    鳥羽観光に訪れたらまず立ち寄りたいのが、“鳥羽の玄関口”ともいえる「鳥羽1番街」。隣接する市営佐田浜駐車場の優待サービスがあることやJR・近鉄「鳥羽駅」から連絡通路で直結するアクセスの良さに、館内には鳥羽をはじめとする伊勢...

    #
  • 「伊勢夫婦岩めおと横丁」は伊勢ならではのグルメやお土産、体験がいっぱい! 良縁のパワースポット 夫婦岩にも隣接しています!

    「伊勢夫婦岩めおと横丁」は伊勢ならではのグルメやお土産、体験がいっぱい! 良縁のパワースポット 夫婦岩にも隣接しています!

    「伊勢シーパラダイス」や「夫婦岩」への観光の際、お昼ご飯やお土産探しにぴったりな屋内型ショッピ
    ング施設「伊勢めおと横丁」。SNS映えする写真スポットや、伊勢ならではのグルメ・モノづくり体験などが目白押し!ファミリーと一...

    #
  • 千年以上の歴史を誇る日本伝統工芸「伊勢型紙」、 匠の精神と繊細な美しさは、人々に感動を与えます。【台湾人ライターによる三重の魅力紹介レポート】

    千年以上の歴史を誇る日本伝統工芸「伊勢型紙」、 匠の精神と繊細な美しさは、人々に感動を与えます。【台湾人ライターによる三重の魅力紹介レポート】

    【※この記事は、台湾人ライターが現地向けに書いた記事の日本語版です。】
    日本人向けに作られていないので、少し目線が異なるかもしれませんが、そういった点も含めてお楽しみください!

    世界を魅力する、繊細さを極めた着物を制...

    #
ページトップ