• 観光三重トップ
  • 特集記事
  • 海の恵みを贅沢に味わい尽くす! 大盛況の「年末・きいながしま港市」に潜入!!【取材日:2018年12月22日】

取材レポート

海の恵みを贅沢に味わい尽くす! 大盛況の「年末・きいながしま港市」に潜入!!【取材日:2018年12月22日】

掲載日:2019.01.30

高速道路の開通によって、アクセスの利便性が格段に向上した「東紀州エリア」。世界遺産・熊野古道の玄関口の町「紀北町」は、季節ごとに独自のイベントを開催し、地元民はもちろん多くの観光客で賑わっています。今回は、その中でも「特に人気」とウワサの「年末・きいながしま港市」に行ってきました!海の恵みを堪能できるイベントで、見どころ満載!

きいながしま港市

南北に長い三重県の南に位置する、北牟婁郡(きたむろぐん)紀北町。
海に面している紀北町には県下でも有数の水揚高を誇る「紀伊長島港」があり、新鮮な海の幸が食べられるのが魅力です♪

今回は、そんな紀北町で毎年恒例の人気イベント「年末・きいながしま港市」に行ってきました!
伊勢海老や牡蠣などの魚貝類、干物、地元の特産物などの商品をお値打ち価格でゲットできるとあって、期待が高まります♪

※本記事は2018年12月に行われた「年末・きいながしま港市」の取材記事です。
2019年の開催日は2019年12月21日(土)~12月29日(日)です。
2019年の「年末・きいながしま港市」の詳細はこちら!


きいながしま港市

取材日は、あいにくの空模様でしたが、イベント開始と同時に続々とお客さんが来場。

このイベントの人気の高さが、うかがえます。
会場は、想像以上の広さ!新鮮な魚介類や地元の特産品など、どんな商品が並んでいるか、期待が高まります。

きいながしま港市

あ!!早速、食欲をそそる商品を発見!!

「魚匠 海人(かいと)」の「鮭とイクラの親子丼」(写真右)と「海鮮丼」(写真左)です。
食材の色の鮮やかさが、普段見かけるものと全く違うので、見ただけで「新鮮さ」がわかります。

きいながしま港市

「魚匠 海人」のお兄さんは、明るく元気!

活きのいい大きな海老を持ってくれました。港で働く元気な方々とふれあうのも楽しいです!

きいながしま港市

またすぐに、惹かれる商品に遭遇!

「えびすや」の「ちりめんじゃこ」です。「鮭」「梅」「野沢菜」「明太子」の4種類があり、どれもおいしそう!早速お土産に購入。

きいながしま港市

いい匂いに誘われて、「株式会社 皓介」のお店に立ち寄ると、牡蠣と大あさりをちょうど焼いているところでした!

一周してから、ゆっくり食べたいものを決めようと思っていましたが、すぐに食べたいものばかり!!

きいながしま港市

女性スタッフさんが、手際よく牡蠣と大あさりの口を開いていきます。

次々と焼き上がり、売れ行きも好調!!

きいながしま港市

午前中に開催された「味噌作り体験」。子ども連れやカップルで参加されたお客さんも、とても楽しそう!

子どもたちも、初めての体験にのめり込んでいました。

きいながしま港市

「マンボウ串焼き」という気になる看板を見つけ、そのお店へ。紀北町には、マンボウを食べる習慣があるとのこと。その味は想像もつきません。

「ここに来たからには、ご当地グルメを楽しみたい」ということで、購入。ご主人が注文後に焼いてくれます!

きいながしま港市

しっかりとした歯応えがあり、鶏肉に似た味。

少し心配だった「味のクセ」もなく、おいしい!!

きいながしま港市

「マルサ海産」の「さんまの丸干し」。

光沢のあるさんまが重なり合う姿が、きれい。紀州の冬の風物詩ですね。
あっという間に、お昼の時間。

きいながしま港市

買った食材をその場で焼ける「無料七輪コーナー」は大人気です。

子ども連れのお客さんも「バーベキュー気分」で、食事を堪能!

きいながしま港市

ここで取材も一段落。最初に出会った「魚匠 海人」の「海鮮丼」(1,000円/税込)を購入。

一つひとつの食材を食べるごとに、その新鮮さに驚きました。
やっぱり、現地で食べるとおいしさは格別!

きいながしま港市

「マルヒ海産」の「とろさんま寿司」(600円/税込)もとてもおいしそうで、追加で購入。

ほどよく脂がのった身は柔らかく、さっぱりとした味わいなので、どんどん箸が進みます。

きいながしま港市

そして、本日の目玉イベント、「ビンチョウマグロの解体ショー&ふるまい」がスタート!

イベントスペースはすでにお客さんでいっぱい。
マグロが運ばれてくると、お客さんから拍手が!!

きいながしま港市

「地元でマグロをさばくのが一番上手い」という「丸政海産」の番頭さんが、大きな包丁で豪快かつ華麗に解体していきます。

きいながしま港市

その職人技で、さまざまな部位が美しく切り分けられていきます。
一つひとつの部位の説明もしてくれるので、勉強になることもたくさんありました!

きいながしま港市

見事なパフォーマンスと、きれいにさばかれたマグロを見たお客さんは、ショーを満喫した様子。

ステージ上の二人のコンビネーションも完璧でした。

きいながしま港市

解体ショーの後は、マグロの「ブロック」や「骨付きの中落ち」などの賞品がかけて、じゃんけん大会。

賞品が豪華なだけに、お客さんも熱が入り、大盛り上がり!

きいながしま港市

じゃんけん大会が行われている間、ステージの後ろでは、スタッフの皆さんが「お客さんへのふるまい」の準備。
こんなに新鮮なマグロを味わえるなんて、うれしいですね。

きいながしま港市

「ふるまい」スタート!「普段食べるマグロと鮮度が違う」「想像以上においしい」と皆さん大喜びで、笑顔があふれていました。

きいながしま港市

イベント会場の漁港には、「海上保安庁巡視艇」が停泊し、一般公開されていました。

海上の安全を守る船はどんな内部になっているのでしょう。

きいながしま港市

海上保安庁の乗組員の方々が、巡視艇の役割や、内部の設備について説明してくださいました。

普段、私たちの暮らしの「安心・安全」が守られているのは、こういう方々の存在があるからだと再認識。

きいながしま港市

会場の入口で行われていたのは、「陸上自衛隊の車両・資器材の展示」。

制服の試着もでき、「自衛隊員さんとのツーショット撮影」は、若い女性にも人気です!

きいながしま港市

お昼過ぎに行われた「もちまき」は、「マグロの解体ショー」に引けをとらない盛況ぶり。

漁師さんたちが、おもちやお菓子を次々にまき、大人も子どもも入り乱れて、みんな大量にゲット!!

きいながしま港市

午後になっても、客足は途絶えることはありません。お客さんは両手に袋を抱え、たくさんお土産を購入されている様子です。

今回で、第13回目を迎えた「年末・きいながしま港市」。
熊野灘の新鮮な魚介類、干物など、この地域ならではの商品をリーズナブルに購入できるだけでなく、さまざまなイベントや体験も用意されていて、大人も子どもも楽しめるイベントでした。

「毎年楽しみにしている」リピーターが多いというのも納得。紀北町の魅力をまるごと堪能できるこのイベントにぜひ足を運んでみてください!

※本記事は2018年12月に行われた「年末・きいながしま港市」の取材記事です。
2019年の開催日等は次の通りです。

【年末・きいながしま港市】

開催期間 2019年12月21日(土)~29 日(日)
会場 長島港特設会場
住所 北牟婁郡紀北町長島
電話番号 090–4865–5303(年末・きいながしま港市実行委員会)
公式URL http://www.minatoichi.com
アクセス 紀勢自動車道「紀伊長島」ICより約5分
駐車場 あり(1,000台)


カテゴリー
グルメ・おみやげ 季節イベント
季節
冬(12~2月)
エリア
東紀州

観光三重ピックアップ!

  • 三重県産品の購入で三重の逸品を総額100万円分あげますキャンペーン

    三重県産品の購入で三重の逸品を総額100万円分あげますキャンペーン

    2020.05
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 夏の花といえば…?やっぱりひまわり!

    夏の花といえば…?やっぱりひまわり!

    2020.06
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05
  • 夏といえば海水浴!7月から海開きも少しずつ始まっていますよ♪

    夏といえば海水浴!7月から海開きも少しずつ始まっていますよ♪

    2020.06

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

「おいないさキャンペーン2020夏」で南伊勢町への旅をおトクに! 海と山の恵みを受ける逸品を一挙ご紹介!お取り寄せもOK!
「おいないさキャンペーン2020夏」で南伊勢町への旅をおトクに! 海と山の恵みを受ける逸品を一挙ご紹介!お取り寄せもOK!
掲載日:2020.07.03
「おいないさキャンペーン2020夏」で南伊勢町への旅をおトクに! 海と山の恵みを受ける逸品を一挙ご紹介!お取り寄せもOK!

フォトコンテスト

春の訪れ
春の訪れ
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • 松阪牛に引けを取らない味「肉の横綱」伊賀牛をご自宅で【三重のお持ち帰りグルメ紹介レポート】

    松阪牛に引けを取らない味「肉の横綱」伊賀牛をご自宅で【三重のお持ち帰りグルメ紹介レポート】

    四代にわたって優れた血統をもつ伊賀牛をさらに改良し、吟味した最高級の伊賀牛を提る【元祖伊賀肉 金谷】から贈物に最適な伊賀牛をご紹介いたします。

    #
  • 志摩の海の恵み豊富に愛情込めて肥育した「志摩あおさ豚」【三重のお持ち帰りグルメ紹介レポート】

    志摩の海の恵み豊富に愛情込めて肥育した「志摩あおさ豚」【三重のお持ち帰りグルメ紹介レポート】

    志摩市というと海産物のイメージが強いかと思いますが、良質なブランド豚もあるんです。それが今回ご紹介させていただく 肉の喜多家が手がけた【志摩あおさ豚】。

    【志摩あおさ豚】へのこだわりと地元への想い、今後の展望などお...

    #
  • 神宮司庁御用達「老松園」の日本茶で、テレワークの合間のほっと一息はいかが?【三重のお持ち帰りグルメ紹介レポート】

    神宮司庁御用達「老松園」の日本茶で、テレワークの合間のほっと一息はいかが?【三重のお持ち帰りグルメ紹介レポート】

    神宮司庁御用達の名に恥じぬよう、受け継がれてきた想いと伝統の味を守り、新しいことにも挑戦し続ける【老松園】が贈る、飲み物としての味の良さを徹底追求し完成した銘茶セットをご紹介いたします。

    #

季節おすすめ記事

  • 料理になる醤油【はさめず】でお家ごはんをワンランクアップ 【三重のお持ち帰りグルメ紹介レポート】

    料理になる醤油【はさめず】でお家ごはんをワンランクアップ 【三重のお持ち帰りグルメ紹介レポート】

    古くから大和、山城、伊勢を結ぶ交通の要衝として栄えた、三重県伊賀市島ヶ原にある創業125年を超える醤油蔵『福岡醤油店』がお届けする、手間暇惜しまずこだわりを追求した昔変らぬ手作りの味。創業以来の蔵と杉桶から生まれる究極の...

    #
  • 日本画家が創業。独特の染色方法を用いた綿100%の優しいおぼろタオル 【三重のお持ち帰りグルメ紹介レポート】

    日本画家が創業。独特の染色方法を用いた綿100%の優しいおぼろタオル 【三重のお持ち帰りグルメ紹介レポート】

    1908年三重県津市において日本画家でもあった森田庄三郎が朧染タオル製造法の特許を取得し創業した『おぼろタオル』

    ボリューム感がありながら驚くほどの軽量感と高い吸水性・速乾性を持つ『百年の極』と100年以上にわたり愛されて...

    #
  • 玉城町の「玄甲舎」は、 わびさびを感じる歴史的空間で注目の新スポット!2020年6月公開開始です!

    玉城町の「玄甲舎」は、 わびさびを感じる歴史的空間で注目の新スポット!2020年6月公開開始です!

    玉城町の指定文化財「玄甲舎(げんこうしゃ)」が、令和2年6月より一般公開を開始しました!
    江戸時代後期に田丸城主久野家の家老を務めた金森得水の茶室兼別邸で、風格を漂わす日本家屋の空間に、しみじみと心を落ち着けることがで...

    #
ページトップ