取材レポート

津市のオアシス「津城跡」は、歴史と自然の魅力あふれるパワースポット!

掲載日:2018.10.11

近鉄の津新町駅から徒歩10分。津市役所の東側にある、津市の歴史と自然の魅力たっぷりのパワースポット「津城跡(つじょうあと)」。公益財団法人 日本城郭協会が選定する、「続・日本100名城」の一つです!
安濃津ガイド会おすすめの津城跡観光スポットをはじめ、津城にゆかりのある藤堂高虎や百五銀行、さらには津市のPRキャラクター「シロモチくん」やスタンプラリー・御朱印帳・ペーパークラフト等を紹介します♪

津城跡

津の街なかに広がる、歴史と自然の魅力が詰まった「津城跡(つじょうあと)」。
公益財団法人 日本城郭協会が選定する、「続 日本100名城」の一つです!その魅力をこれから紹介していきます。

津城跡

津城に行くなら、地元の観光ボランティアガイドさんに案内をお願いするのがオススメ。
こちらは、今回案内してくださった「安濃津(あのつ)ガイド会」の朝倉さん。
現在79歳とのことですが、津城跡のマメ知識+耳より情報をたっぷり教えていただきました!「元気にわかりやすく」がモットーのガイドさんです!

安濃津ガイド会(おもてなし三重観光ボランティアガイド)

津城跡

ここが西之丸の入口。

この日はかわいいハトが一羽出迎えてくれました。

津城跡

中央に広がる噴水!ここは本丸の跡地です。

周囲は緑が豊かで、お昼休みになると近くの会社員さんたちの憩いの場に変わります。
他にも、「ポケモン GO」をしている人もいたりと、市民にもとても愛されている場所です。

津城跡

噴水付近にたたずむ、藤堂高虎(とうどう たかとら)像!

藤堂高虎(以下、高虎)は、江戸時代に初代津藩主となった大名。
伊勢国の一部と伊賀国一円の領主として32万3,950石の大大名まで上り詰める一方、築城の名手としても有名であり、豊臣秀吉や徳川家康からも高い評価を受けていました。
高虎が築城に関わった城は、ここ津城をはじめ全国に20余りあるといわれています。

津城跡

高虎像の前にある、紹介掲示です。

ここに描かれている「つたの葉」は、高虎の使用していた家紋で【藤堂蔦】と呼ばれています。この家紋は近くにある養正(ようせい)小学校の校章にも使われています。

津城跡

高虎の遺訓(いくん)を記した石碑。

高虎が生前に家臣や家族に残した教えは、高山公(こうざんこう)遺訓として二百四ヶ条が残されています。
この石碑に刻まれた遺訓もその一つであり、「寝室を出るときから、今日は死に番であると心に決めよ。そのような覚悟があれば、物事に動じることはないであろう」という意味だそうです。

津城跡

ここはかつて天守があった跡地。

高虎よりも前に、織田信長の弟・信包(のぶかね)が安濃津城として築城した際には、五層の天守がありました。高虎が城主となった際には、富田氏が移築した三層の天守がありましたが、新たに二層の天守も築いています。大小の天守台が残るのはそのためです。

また、京口門のある北側へ拡張して、北東の角に三層の丑寅櫓を、北西の角には三層の戌亥櫓を築きました。

この場所は、秋が深まるとイチョウやモミジの紅葉スポットにも変わります!

津城跡

津城跡の南側にある高山神社(こうざんじんじゃ)。

御祭神は藤堂高虎で、高山とは高虎の諡号(しごう)「寒松院殿前伊州羽林道賢高山権大僧都(かんしょういんでん さきのいしゅううりんどうけん こうざんごんだいそうず」からとったもの。

津城跡

津城跡の、壮大な石垣!

高虎が築いた石垣は、「高く直線的に積み上げる」造りが特徴。
太平洋戦争における空襲にも耐え、改修から400年以上現存している石垣です。
間近で見ると、そのスケールと強度には圧倒されます!

津城跡

石垣の一部をアップで撮影してみました。
実はこの中央の石には、「A」を逆さまにした刻印があります!

他に「Φ」や「キ」などの刻印もあるらしいので是非探してみてくださいね♪
石垣のユニークな刻印探しも津城跡めぐりの魅力のひとつです!

津城跡

津城跡で唯一存在する建築物、戦後たてられた「模擬櫓」です!

朝倉さんによると、中は空っぽでこれまでほとんど公開されたことがないそうですが、櫓の下にそびえる石垣は復元物ではなく、当時から崩れずに残っております!

津城跡

北側の石垣は、内堀と津市街を見渡す高台になっています。腰を下ろす岩場も用意されており、心地よい風を受けてリフレッシュできます♪

ここから見えるのは、百五(ひゃくご)銀行の本店ビル。ビルの下の部分は石垣をイメージしているとのこと。本店ビルを建てる際に行った調査では、かつて存在した津城の外堀跡が発掘され、その一部がビルの北側に復元されています。津城や外堀跡発見の説明板も設置されています。

この本店ビルには歴史資料館があり、銀行の歴史が紹介されていますよ!(事前予約制)

百五銀行歴史資料館


ここで豆知識!
三重に根づく地銀である百五銀行の初代頭取は、藤堂藩の藤堂高泰(とうどう たかやす)なんです。
ご存じでしたか!?

津城跡

手前に突き出た石垣の水面付近には、松の木で囲まれた狭い足場があります。これは、高虎が水城の石垣の強度を増すためにつけた犬走を模したものです。

内堀の中ではコイやカメが元気に泳いでいて、春は、桜の木とお堀と石垣がコラボした素晴らしい景色を眺められるそうです。次はそのタイミングに来たいな~!

津城跡

津城跡北東の「お城東駐車場」(有料)にある、「津まんなかガイド詰所(つめしょ)」です。お車でお越しの方は、こちらへお停めください。

このガイド詰所は、「続日本100名城スタンプラリー」のスタンプ場所です。その他、津周辺の観光やグルメに関するパンフレットもあります。

※参考:「続日本100名城」スタンプラリー、4月6日(城の日)にスタート

津城跡

津城のスタンプを押してみました。

今回は持ち合わせのメモ帳に押しましたが…、本来は公式ガイドブックのスタンプ帳に押さないと認定されませんのでご注意を!

朝倉さんの楽しい観光ガイドはこれでおしまい。ありがとうございました!

津城跡

さて、ここからは番外編。

津駅東側のアスト津1Fには、津駅前観光案内所があります。右側には、津市PRキャラクターの「シロモチくん」がお待ちかねです。

シロモチくんは、高虎の入府400年記念となる2008年にやってきたキャラクターです。実は、キャラクターに使われている餅も兜も高虎に由来しているんですよ!

三重県津市のPRキャラクター・シロモチくんプロフィール

津城跡

津駅前観光案内所に入ると、県内の城郭をめぐるための「城郭めぐりスタンプラリー」のスタンプ場所が受付近くにあります。
これは、「続日本100名城スタンプラリー」とは別ものですが、三重県内にある伊賀上野城(伊賀市)、伊勢亀山城跡(亀山市)、津城跡(津市)、松坂城跡(松阪市)、鳥羽城跡(鳥羽市)を楽しむのにピッタリなアイテムです!
全てのスタンプを集めると、5つの観光協会から抽選で特産品が当たるので、ぜひチャレンジしてください。

伊賀・亀山・津・松阪・鳥羽 城郭めぐりスタンプラリー

津城跡

津駅前観光案内所では、津城跡の御朱印も販売しております。神社の御朱印は有名ですが、城の御朱印は珍しいですね!

1枚200円で人気の御朱印ですので、津城跡を観光する際はぜひお買い求めください☆

津城跡

津駅前観光案内所には、津城のペーパークラフト(税抜 800円)も販売しています。お城好き・工作好きな方には、たまらない逸品ですね!

以上、歴史と自然の魅力がたっぷりな津城跡の紹介でした!
お城好きはもちろん、津の街なかで自然を楽しみたい方にもおススメです。

四季折々で違った景色が楽しめますので、ぜひ足を運んでみてください!

また、観光三重では三重県内のお城特集がありますので、そちらもぜひご覧ください☆

観光三重:お城特集

津城跡

【2021年2月10日追記】
まるでガイドさんに案内してもらっているような体験!
津城跡の音声ガイドはこちら QRコードからでもご利用いただけます♪


関連スポット

カテゴリー
花&自然&公園 文化&寺社仏閣
季節
オールシーズン
エリア
中南勢

PR

バナー広告について

観光三重ピックアップ!

  • 三重県内での宿泊・日帰り旅行割引「みえ得トラベルクーポン」

    三重県内での宿泊・日帰り旅行割引「みえ得トラベルクーポン」

    2022.05
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 三重県内のバラ園・ローズガーデン特集!5月から6月にかけて楽しめるバラの名所を紹介!

    三重県内のバラ園・ローズガーデン特集!5月から6月にかけて楽しめるバラの名所を紹介!

    2022.05
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05
  • 松阪牛特集!人気老舗店などオススメ9店舗をご紹介。「肉の芸術品」を本場で堪能しよう!

    松阪牛特集!人気老舗店などオススメ9店舗をご紹介。「肉の芸術品」を本場で堪能しよう!

    2020.08

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

あづり浜は海が綺麗な穴場ビーチ。隣接のカフェやキャンプ場、宿も紹介します
あづり浜は海が綺麗な穴場ビーチ。隣接のカフェやキャンプ場、宿も紹介します
掲載日:2022.05.13
あづり浜は海が綺麗な穴場ビーチ。隣接のカフェやキャンプ場、宿も紹介します

フォトコンテスト

雨のち。。。絶景
雨のち。。。絶景
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • 三重県総合博物館(MieMu)第30回企画展「名所発見、再発見!~浮世絵でめぐる三重の魅力~」を観に行ってきました!

    三重県総合博物館(MieMu)第30回企画展「名所発見、再発見!~浮世絵でめぐる三重の魅力~」を観に行ってきました!

    三重県総合博物館(MieMu)では、第30回企画展「名所発見、再発見!~浮世絵でめぐる三重の魅力~」が令和4年4月16日(土)から6月12日(日)まで開催されています。この企画は、令和2年に開催予定であったものがコロナ禍の...

    #
  • 志摩市観光農園の芝桜が2022年も開園!新設のネモフィラやフォトスポットも紹介します

    志摩市観光農園の芝桜が2022年も開園!新設のネモフィラやフォトスポットも紹介します

    志摩市観光農園は7種類の芝桜が広大な敷地に咲き、2022年からはネモフィラとフォトスポットが新設!この記事では2022年の開園期間や料金、見どころをご紹介!

    #
  • 第61回フォトコンテスト入賞作品をご紹介♪【春に包まれて】

    第61回フォトコンテスト入賞作品をご紹介♪【春に包まれて】

    観光三重 第61回フォトコンテスト結果発表!!
    今回の応募総数はなんと263枚!
    このページでは、その中から選りすぐりの作品をご紹介していきます♪
    素敵な作品盛りだくさんなので、現地に行きたくなること間違いなし!
    撮影...

    #

季節おすすめ記事

  • ともやま公園(桐垣展望台)は夕日が望める絶景スポット。見所を紹介します

    ともやま公園(桐垣展望台)は夕日が望める絶景スポット。見所を紹介します

    志摩市の「ともやま公園」は英虞湾と夕日を望める絶景スポット!園内の桐垣展望台は夕日の名所でもあるんです。夕日の時間帯やアクセス方法、見所を詳しく紹介します。

    #
  • ロケ地の98%が伊勢志摩!!映画『ニワトリ☆フェニックス』ロケ地巡りの旅

    ロケ地の98%が伊勢志摩!!映画『ニワトリ☆フェニックス』ロケ地巡りの旅

    井浦新(いうらあらた)、成田凌(なりたりょう)を主演とし、かなた狼監督が新たにお送りする映画『ニワトリ☆フェニックス』の98%が、三重の伊勢志摩で撮影されました。そのロケ地の中から、気になったポイントをASOBISIAがチョイス...

    #
  • 1日20組限定のお宿「汀渚ばさら邸」で悠々自適に過ごしてみませんか?【あんしんみえリア優秀店】

    1日20組限定のお宿「汀渚ばさら邸」で悠々自適に過ごしてみませんか?【あんしんみえリア優秀店】

    伊勢志摩の英虞湾に面した高台に立つ日本旅館「汀渚ばさら邸」。空間の立体的な広がりを意識してデザインされた客室はすべてしつらえが異なり、全室客室露天風呂付き。
    館内は他の宿泊者となるべく接触がないように設計されており、...

    #
ページトップ