• 観光三重トップ
  • 特集記事
  • 飛雪の滝キャンプ場がリニューアルオープン!綺麗で清潔な新築コテージでの宿泊体験をレポートします(三重県紀宝町)

取材レポート

飛雪の滝キャンプ場がリニューアルオープン!綺麗で清潔な新築コテージでの宿泊体験をレポートします(三重県紀宝町)

掲載日:2018.05.09
飛雪の滝キャンプ場がリニューアルオープン!

三重県最南端のキャンプ場をご存じですか?
南牟婁郡紀宝町にある「飛雪(ひせつ)の滝キャンプ場」は、落差30mにもなる「飛雪の滝」を間近で体感できるキャンプ場です。
もともとはテントサイトのみ営業していましたが、コテージと直売・集客交流拠点施設を新たに増設し、平成30年4月27日にリニューアルオープン。
そこで、できたばかりのコテージへ遊びに行ってきました!
豊かな自然と充実した設備が整えられた新しいキャンプ場の魅力をお伝えします。

飛雪の滝キャンプ場がリニューアルオープン!

今回「飛雪の滝キャンプ場」を訪れたのは、三重県津市在住の谷本さんファミリー。
5歳の亘(わたる)くんは初めてのキャンプが嬉しくて、この日は朝5時に目を覚ましてしまったそう。
キャンプ場に到着したら、まずは直売・集客交流拠点施設「飛雪の里」で受付しましょう。
新築されたばかりの建物には地元産の木材がたくさん使われていて、中に入ると優しい木の香りがふわり。

飛雪の滝キャンプ場がリニューアルオープン!

スタッフの方から施設の説明を受けたら、今夜泊まるコテージの鍵を受け取ります。
館内にある売店ではキャンプに必要な装備や食材の他、地元で採れるブランド米「飛雪米」や地元産の野菜、お土産にぴったりの郷土菓子なども販売。
特産品の産地直売所としても利用されています。

飛雪の滝キャンプ場がリニューアルオープン!

それではコテージへ行ってみましょう。
コテージは「滝の宿」と名付けられ、8棟が新設されました。
コテージは全てバリアフリー設計。
玄関までは緩やかなスロープがあり、コテージ内には段差がほとんどなく、トイレには手すりが備え付けられています。

飛雪の滝キャンプ場がリニューアルオープン!

また、IHヒーターを備えたキッチンには冷蔵庫も完備。
広い浴槽があるお風呂、広々とした洗面台、洗浄機能付きのトイレもあり、キャンプ場特有の不自由さは一切感じられません。
何よりも綺麗で清潔なのが嬉しいですね!

飛雪の滝キャンプ場がリニューアルオープン!

家族がくつろぐ和室はゆったり休める充分な広さがあります。
新しい畳で寝っ転がるのは気持ち良いですね!

飛雪の滝キャンプ場がリニューアルオープン!

しかも嬉しいロフト付き!
ロフトがあるだけで、ウキウキしてきますね。
ちなみにコテージでは大人4名まで利用できちゃいます。

飛雪の滝キャンプ場がリニューアルオープン!

荷物を置いたら早速遊びに出かけましょう!
この日は飛雪の滝の上流まで行ける遊歩道を散策します。
キャンプ場がある浅里(あさり)地区の田園風景が一望できる場所からは、田植えされたばかりで満々と水をたたえた田んぼと雄大な熊野川の流れ、そして対岸には和歌山県新宮市が見えます。

飛雪の滝キャンプ場がリニューアルオープン!

さらに遊歩道を進んでいくと、「二の滝」と呼ばれる飛雪の滝の上流にある滝へたどり着きました。
この辺りは木々に囲まれて静けさが広がっており、澄んだ滝壺の水の綺麗さが抜群です。

飛雪の滝キャンプ場がリニューアルオープン!

二の滝を楽しんだら、同じ道を少し戻り、飛雪の滝へと流れる川で川遊び。
この川は大きな一枚岩の上を渓流が流れている珍しい地形です。
冷たい川の水も何のその、亘くんはお父さんと一緒に川遊びで大はしゃぎ。滑って転んでお尻がぬれてしまってもへっちゃらです!

飛雪の滝キャンプ場がリニューアルオープン!

キャンプ場へ戻ってきたらレンタサイクルを借りて浅里地区めぐり。
浅里地区は2011年の台風12号にともなう豪雨で甚大な被害を受けましたが、現在では復旧され、のどかで美しい田園風景が広がります。
「にほんの里100選」にも選ばれており、日本の原風景ともいえる景色に心が和みます。

飛雪の滝キャンプ場がリニューアルオープン!

さて、いっぱい遊んだ後はお待ちかねの夕食です!
コテージの裏でバーベキューが楽しめるのは、何かと便利で嬉しいですね。
バーベキューの食材、木炭、バーベキューセットなどは全てキャンプ場で用意してもらえるので初心者でも楽々(宿泊とは別料金が必要、要予約)。
食材には、地元の紀和牛をはじめ、地元産の野菜、さくらポーク、ウインナーなど盛りだくさん。

飛雪の滝キャンプ場がリニューアルオープン!

大好きなお肉やウインナーをいっぱい食べた亘くん、明日への充電もばっちりです。
美しい自然の中で美味しいバーベキューを楽しみ、キャンプ初日は暮れていきます。

飛雪の滝キャンプ場がリニューアルオープン!

夜が更けて空を見上げると、一面に広がる満点の星空!
BGMは、虫の鳴き声。
自然豊かな紀宝町だからこそ味わえる、贅沢な時間が流れていきます。

飛雪の滝キャンプ場がリニューアルオープン!

さて、夜が明けてキャンプ2日目!
今日はキャンプ場のシンボルである「飛雪の滝」で遊びましょう。

「飛雪の滝キャンプ場」では、空気を入れて使用する安全なダッキー(インフレータブルカヤック)を常備しているので、飛雪の滝や熊野川で遊べるアクティビティが楽しめます。
亘くんとお父さんもウェットスーツとライフジャケットをレンタルし、準備運動をしたら、いよいよダッキー初体験。
スタッフの方から指導を受け、二人乗りのダッキーに乗り込み、滝壺へと向かいます。

飛雪の滝キャンプ場がリニューアルオープン!

いよいよ滝の真下まで来ました!
滝から流れ落ちる水をシャワーのように全身に受け止める体験は、なかなか他ではできるものではありません。
暑いときには最高ですね!


ちなみに、実際の動画はこんな感じ。
なかなかの迫力です!ぜひ実際に体験してみてください。

飛雪の滝キャンプ場がリニューアルオープン!

全身ずぶ濡れになりながら、滝遊びを存分に楽しみました!
亘くんも大満足。

「飛雪の里」内にあるシャワーを浴びて着替えたら、そろそろ帰る時間です。

飛雪の滝キャンプ場がリニューアルオープン!

優しいスタッフさんにお別れを告げて、2日間のキャンプは終わりました。
「また遊びに来たいね!」とお父さんとお母さんも名残惜しそう。

飛雪の滝キャンプ場がリニューアルオープン!

「飛雪の滝キャンプ場」には滝の見えるバーベキューサイトや、滝横に広がる芝生のテントサイトもあり、日帰りキャンパーや、キャンプ装備を備えたベテランキャンパーにも楽しんでもらえます。
また、熊野川を渡ったらすぐ新宮市という場所にあるため、世界遺産にも登録されている熊野三山(熊野本宮大社、熊野那智大社、熊野速玉大社)への参拝にも便利。

紀宝町内にはウミガメを飼育している「道の駅紀宝町ウミガメ公園」など見所もいろいろあるので、ぜひ今度の休みはのどかな田園風景と豊かな自然を体感しに「飛雪の滝キャンプ場」へ訪れてみてはいかがでしょうか?
キャンプ道具がなくても、キャンプ未経験者でも安心して過ごせますよ。

 

【飛雪の滝キャンプ場】

住所 三重県南牟婁郡紀宝町浅里1409-1

電話番号 0735-21-1333

公式URL https://hisetsu.jp

営業時間 9:00~17:00(予約受付)

定休日
 4~6月、9~11月火曜日
 12~3月火曜日、水曜日
 12/29~1/3
 ※GW、7~8月は無休

●基本使用料
・コテージ(1棟/1泊)
4~6月10,000円、7~8月13,000円、9~11月10,000円、12~3月7,000円

・研修室(1部屋/1泊)
4~6月14,000円、7~8月18,000円、9~11月14,000円、12~3月10,000円

・テントサイト(1区画/1泊) 2,000円(通年)

●1人あたりの利用料

・コテージ(1棟/1泊)、研修室(1部屋/1泊) 一般(中学生~64才)1,000円、子ども(3才~小学生)500円、シニア(65歳以上)500円、幼児(3才未満)無料

※テントサイトについては基本使用料のみ。

※ダッキー体験、バーベキューなど詳細については直接キャンプ場までお問い合わせ下さい。

アクセス 熊野尾鷲道路熊野大泊ICより国道42号を新宮方面へ約50分

カテゴリー
体験 アウトドア
季節
春(3~5月) 夏(6~8月) 秋(9~11月)
エリア
東紀州

PR

バナー広告について

観光三重ピックアップ!

  • 雨でも楽しいおでかけスポット特集!天気が悪くても思いっきり楽しめる施設や体験メニューをご紹介

    雨でも楽しいおでかけスポット特集!天気が悪くても思いっきり楽しめる施設や体験メニューをご紹介

    2017.03
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2016.12
  • 子どもと一緒にお出かけ!ファミリーで遊んで楽しめる旅行スポットをまとめて紹介しちゃいます!

    子どもと一緒にお出かけ!ファミリーで遊んで楽しめる旅行スポットをまとめて紹介しちゃいます!

    2017.05
  • 日ごろの疲れを癒しに温泉へ行こう!リラックスできる三重県の人気日帰り温泉や天然温泉旅館を紹介

    日ごろの疲れを癒しに温泉へ行こう!リラックスできる三重県の人気日帰り温泉や天然温泉旅館を紹介

    2016.11
  • 三重県には「恋のパワースポット」がいっぱい!恋愛祈願に出かけましょう♡

    三重県には「恋のパワースポット」がいっぱい!恋愛祈願に出かけましょう♡

    2017.04

オフィシャルSNS

PR

取材レポート

四日市のことから宇宙まで?!四日市市立博物館・プラネタリウム・四日市公害と環境未来館の魅力を詳しく紹介します!
四日市のことから宇宙まで?!四日市市立博物館・プラネタリウム・四日市公害と環境未来館の魅力を詳しく紹介します!
掲載日:2018.09.22
四日市のことから宇宙まで?!四日市市立博物館・プラネタリウム・四日市公害と環境未来館の魅力を詳しく紹介します!

フォトコンテスト

マジックアワー
マジックアワー
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • 「宮リバー度会(わたらい)パーク 遊水プール鏡」。子どもの年齢に合わせてたっぷり遊べました♪プールだけでなく公園もお楽しみ満載です!

    「宮リバー度会(わたらい)パーク 遊水プール鏡」。子どもの年齢に合わせてたっぷり遊べました♪プールだけでなく公園もお楽しみ満載です!

    遊水プール「鏡」や、公園の遊具など詳しくご紹介します♪

    清流 宮川沿いに東西に延びる公園「宮リバー度会パーク」。12ヘクタールもの広い公園内には、広い芝生広場に楽しい遊具がいっぱいの公園をはじめ、夏には遊水プール「鏡」、宮川で川遊び、春には川沿いに咲く桜の花見を楽しんだりと、...

    #
  • 志摩市にある「阿児(あご)の松原」海水浴場は、約3kmの美しい白砂浜が続く…サーフィンや海水浴を安心して楽しめる穴場スポット!

    志摩市にある「阿児(あご)の松原」海水浴場は、約3kmの美しい白砂浜が続く…サーフィンや海水浴を安心して楽しめる穴場スポット!

    サーフィンなどのマリンスポーツや海水浴客で賑わう、広~い海水浴場!

    入り組んだリアス海岸が志摩のイメージですが、弓なりに砂浜の海岸が南北約3kmに渡って続くビーチ。夏になると海水浴で賑わい、年間を通してサーフィンなどのマリンスポーツを楽しむスポットとして知られています。地元をはじめ名古...

    #
  • 志摩市の御座白浜海水浴場は海の家や設備も充実の人気スポット!インスタ映え間違いなしの風景は、まるで海外リゾートのよう・・♪

    志摩市の御座白浜海水浴場は海の家や設備も充実の人気スポット!インスタ映え間違いなしの風景は、まるで海外リゾートのよう・・♪

    御座白浜(ござしらはま)は志摩市にある人気海水浴場!

    白い砂浜にエメラルドグリーンの海が輝き、「快水浴場百選」にも選ばれている海水浴場。透明度抜群で遠浅の浜が続き、シーズン中は海水浴を楽しむ人で大賑わい!軽食などが楽しめる海の家やシャワー・更衣室などの設備も整っていて、...

    #

季節おすすめ記事

  • 手ぶらでOK!女子にもうれしい♪津市の「マリーナ河芸」で海とヤシの木が映えるロケーション抜群の海鮮バーベキュー!

    手ぶらでOK!女子にもうれしい♪津市の「マリーナ河芸」で海とヤシの木が映えるロケーション抜群の海鮮バーベキュー!

    津市のマリーナ河芸で簡単BBQ♪

    伊勢湾を望む自然豊かなフィールドを舞台に、釣りやクルージング、ウェイクボードやバナナボートなどマリンレジャーが楽しめる他、レストランでの食事やバーベキューなどが楽しめる「マリーナ河芸」。周辺に広がる海辺の散策など、気...

    #
  • 世界最大級の「ナガシマ ジャンボ海水プール」オープン!日本初上陸の「超激流プール」に大興奮!

    世界最大級の「ナガシマ ジャンボ海水プール」オープン!日本初上陸の「超激流プール」に大興奮!

    夏といえばやっぱりプール!大人気のスポット、ナガシマジャンボ海水ポールでウォータースライダーや流水プールをたくさん取材してきましたのでご紹介します!

    #
  • 三重のビアガーデン・ビアホール特集!熱い夏を楽しもう♪

    三重のビアガーデン・ビアホール特集!熱い夏を楽しもう♪

    熱い夏だからこそ楽しめる!大人のご褒美!

    三重県のビアガーデンの料金や営業時間など詳しくご紹介!なばなの里の長島ビール園では本場ドイツの味にこだわった地ビールが楽しめます♪人気の津駅前ビアガーデンや、丸五水産 海鮮炭火焼ビアガーデンなどもご紹介!

    #
ページトップ