• 観光三重トップ
  • 特集記事
  • 名古屋アンパンマンこどもミュージアム&パークには 子どもたちのワクワクを刺激する魅力がいっぱい!

取材レポート

名古屋アンパンマンこどもミュージアム&パークには 子どもたちのワクワクを刺激する魅力がいっぱい!

掲載日:2017.03.31

子どもたちに大人気の、やさしいヒーロー「アンパンマン」。桑名市長島町には、そんなアンパンマンの世界が広がる『名古屋アンパンマンこどもミュージアム&パーク』があります。オープンから7年以上経った今もたくさんの家族連れで賑わうのは、子どもたちを夢中にさせる仕掛けがいっぱいだから!1歳3か月の男の子とママと一緒に、遊びに行ってきました。

©やなせ・F・T・N
ナガシマスパーランド、ジャズドリーム長島に併設しているパーク。チケット売り場の壁一面に大きく描かれた、アンパンマンとその仲間たちがお出迎え!入場ゲートをくぐる前から子どもたちの目は釘付けです。

まずは、入場してすぐにあるパークのシンボル的エリア「積み木の観覧車」へ!大きな観覧車のオブジェの周りには、おなじみの仲間たちが勢揃いしています。好きなキャラクターのオブジェにタッチしたり、写真を撮ったりして遊べます。

続いて、乗り物好きの子どもたちに人気なのがパークの中央部にある「のりものパレード」エリア。「アンパンマン号」や「SLマン」など、アニメに登場するのりものたちを目の前に、子どもたちは大興奮!

操縦席に座ってハンドルを動かせば、アンパンマンのストーリーに飛び込んだような感覚に。

また、歌やダンスが好きな子どもたちにおすすめなのが、「アンパンマンといっしょにおどろう!ミニステージ」。アンパンマンとお姉さんと一緒に、元気いっぱいダンスをしたり、手遊びをして楽しめます。

みんなが知っている「アンパンマンマーチ」に合わせて手拍子をしたりなどの簡単な手遊びで、小さな子どもでもママと一緒に参加できるのがうれしいですね。

《アンパンマンといっしょにおどろう!ミニステージ》
時間(予定) 10:30〜、14:00〜、15:00〜(毎日)
会場 やなせたかし劇場

おなかがすいたら、ランチタイム。パーク内には、アンパンマンのキャラクターたちにちなんだフードがいっぱいです。今日は、中でも人気の「ジャムおじさんのパン工場」へ!ずらりと並んだかわいいキャラクターたちのパン。どれにしようかママも迷ってしまいます!

クリームなどが入った甘いパンから惣菜系まで種類も豊富で、小さな子どももパクパク食べられるのが人気の理由!持ち帰りができるので、お土産にしてもいいですね。

他にも、レストラン「アンパンマン&ペコズキッチン」や、「うどんちゃんのやたい」、「ふっくらごはん工場」などが入るフードコートでも食事が楽しめます。

続いてやってきたのは「ごっこタウン」。小さな町になっていて、いろいろなお店屋さんごっこが楽しめます。

ジャムおじさんやアンパンマンたちが暮らしているパン工場「パンこうじょうの丘」は、生地をこねたり窯で焼いたり…と、パン作りのお手伝いが楽しめるエリアです。子どもたちが自分から触ったり、中に入ったりしたくなるような仕掛けがいっぱいで、小さな子も自分からどんどん先へ進んで遊んでいきます。

元気に身体を動かしたい子どもたちには、「うみとおそらのボールパーク」がぴったり!キャラクターの顔が描かれたふわふわ柔らかいボールを転がしたり、追いかけたりと、夢中になって遊べます。床がクッション性になっていてひざをついても痛くないので、ママにとっても安心ですね。

そして、お楽しみの屋外ショーの時間!SLマンとポッポちゃんが登場する、迫力満点のショーです。「どうなっちゃうの!?」というストーリーにドキドキ、楽しい歌やダンスにワクワク!目の前まで近づいてくれるキャラクターたちも見どころです。

《〜みんなであそぼ!〜 はしれ、SLマン!》※2017年4月28日まで
開催時間 12:30〜、16:00〜(土・日・祝)
会場 パンこうじょうの丘※雨天時は「うみとおそらのボールパーク」にてSLマンとポッポちゃんのごあいさつ

パーク内をパトロールしているキャラクターたちとのグリーティングもお楽しみです。写真を撮ったり、握手したり、憧れのキャラクターたちとのふれあいが楽しめます。

最後はショッピング。お土産から普段使いのアイテムまで、アンパンマンのキャラクターたちのグッズがいっぱいです。新商品やここだけの限定アイテムなどもあるのでお見逃しなく!

『名古屋アンパンマンこどもミュージアム&パーク』には、小さな子どもも自分から積極的に遊んだり、身体を動かしたくなるポイントがたくさんありました。大好きなアンパンマンの世界を見て、聞いて、触って楽しむ子どもたちのキラキラした表情がとても印象的でした!

名古屋アンパンマンこどもミュージアム&パーク
桑名市長島町浦安108-4
営業時間 10:00~17:00(最終入場16:00)※季節により変更あり
駐車場 3000台(有料)
入場料 1500円(税込)※1歳以上(1歳未満無料)※1歳以上、小学生以下のお子様には記念品つき
TEL 0594-45-8877
http://www.nagoya-anpanman.jp/

※掲載されている内容は2017年4月の情報となります

カテゴリー
体験
季節
春(3~5月) 夏(6~8月) 秋(9~11月) 冬(12~2月)
エリア
北勢

PR

バナー広告について

観光三重ピックアップ!

  • カキの美味しい季節到来!焼き牡蠣食べ放題の鳥羽市浦村のお店を地図付きで紹介します!

    カキの美味しい季節到来!焼き牡蠣食べ放題の鳥羽市浦村のお店を地図付きで紹介します!

    2017.10
  • 摘みたてをその場で!三重県のおすすめイチゴ狩りスポット

    摘みたてをその場で!三重県のおすすめイチゴ狩りスポット

    2017.01
  • 三重県には「恋のパワースポット」がいっぱい!恋愛祈願に出かけましょう♡

    三重県には「恋のパワースポット」がいっぱい!恋愛祈願に出かけましょう♡

    2017.04
  • 伊勢神宮や多度大社、椿大神社など、福を呼ぶ神社・お寺特集!21か所をご紹介します。

    伊勢神宮や多度大社、椿大神社など、福を呼ぶ神社・お寺特集!21か所をご紹介します。

    2016.12
  • 日ごろの疲れを癒しに温泉へ行こう!リラックスできる三重県の人気日帰り温泉や天然温泉旅館を紹介

    日ごろの疲れを癒しに温泉へ行こう!リラックスできる三重県の人気日帰り温泉や天然温泉旅館を紹介

    2016.11

オフィシャルSNS

PR

取材レポート

牡蠣食べ放題なら鳥羽市浦村!冬の味覚「牡蠣」をお腹いっぱい食べに行きましょう!
牡蠣食べ放題なら鳥羽市浦村!冬の味覚「牡蠣」をお腹いっぱい食べに行きましょう!
掲載日:2018.01.17
牡蠣食べ放題なら鳥羽市浦村!冬の味覚「牡蠣」をお腹いっぱい食べに行きましょう!

フォトコンテスト

紅葉を見下ろす
紅葉を見下ろす
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • ビアンキの自転車で伊勢神宮や志摩の絶景を巡る、インスタ映え確実のクロスバイク旅!人気のレンタサイクルツアーをご紹介します!

    ビアンキの自転車で伊勢神宮や志摩の絶景を巡る、インスタ映え確実のクロスバイク旅!人気のレンタサイクルツアーをご紹介します!

    PRおしゃれ自転車でお伊勢参り!人気のツアーをご紹介します!

    三重県内の観光地の中でも人気エリアの伊勢志摩で、インスタ映えするクロスバイク旅を体験してみませんか?ビアンキのレンタサイクルで伊勢神宮や志摩の絶景を巡るツアーをカップルに体験してもらいました!

    #
  • 世界遺産を巡って泊まる旅「熊野古道 川の参詣道を行く」

    世界遺産を巡って泊まる旅「熊野古道 川の参詣道を行く」

    PR昔の川舟「三反帆」に乗りにいこう!

    一生に一度はいってみたい「熊野古道」。世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の社寺や景勝地がある、日本有数の聖地・パワースポットです。「川の参詣道」を中心に、おすすめのルートとアクセス、宿泊施設をご紹介します。

    #
  • リニューアルオープンした「伊勢安土桃山城下街」で戦国時代にタイムスリップ!

    リニューアルオープンした「伊勢安土桃山城下街」で戦国時代にタイムスリップ!

    安土桃山時代の街並みが再現された人気テーマパーク安土桃山城下街♪新たに美食街やお風呂が加わりリニューアルオープン!グルメやお土産、人気のショーなど詳しくご紹介します!

    #

季節おすすめ記事

  • 伊賀牛をランチに!「伊賀牛炙り丼」のお店を地図付きでご紹介!

    伊賀牛をランチに!「伊賀牛炙り丼」のお店を地図付きでご紹介!

    伊賀のご当地グルメをご賞味ください♪

    せっかく伊賀に遊びに来たなら、伊賀牛を使った「伊賀牛炙り丼」をランチで食べて行ってはどうでしょう!?ブランド牛の伊賀牛を気軽に味わう事ができますよ!伊賀市内のお店のおススメを地図付きでご紹介します。

    #
  • 牡蠣食べ放題なら鳥羽市浦村!冬の味覚「牡蠣」をお腹いっぱい食べに行きましょう!

    牡蠣食べ放題なら鳥羽市浦村!冬の味覚「牡蠣」をお腹いっぱい食べに行きましょう!

    鳥羽市浦村の牡蠣食べ放題を満喫!アクセス・牡蠣の食べ方など詳しくご紹介。

    鳥羽市浦村で大人気の牡蠣の食べ放題を満喫してきました!今回お邪魔したのは高台にあってお店からの眺めも抜群の「与吉屋」さん。アクセスはもちろん、牡蠣の食べ方、食べ放題の様子を詳しくご紹介します!

    #
  • 片田稲荷神社の絵天井が圧巻!朱い鳥居と青い海が調和する神社をご紹介

    片田稲荷神社の絵天井が圧巻!朱い鳥居と青い海が調和する神社をご紹介

    インスタ映えする神社として最近話題に!絵天井は一見の価値ありです。

    志摩市の海沿いに佇む片田稲荷神社は、絵天井がとても綺麗。朱色の鳥居が連なる様子がインスタ映えすると最近話題になっているので、詳しくご紹介します。

    #
ページトップ