• 観光三重トップ
  • 特集記事
  • 高校生レストラン「まごの店」は、行列ができるほど大人気!五桂池ふるさと村もご紹介します。

取材レポート

高校生レストラン「まごの店」は、行列ができるほど大人気!五桂池ふるさと村もご紹介します。

掲載日:2016.12.19
高校生レストラン「まごの店」と五桂池ふるさと村

行列ができるほど大人気!
高校生が料理して運営することで話題の"高校生レストラン"「まごの店」と、五桂池ふるさと村を取材してきました。
(取材:2016年12月)

高校生レストラン「まごの店」と五桂池ふるさと村

三重県多気町にある「五桂池(ごかつらいけ)ふるさと村」。ここに高校生たちが運営するレストラン「まごの店」があります。
同じ多気町にある相可(おうか)高校の調理クラブに所属する生徒たちが自ら店を切り盛りし、授業のない土曜・日曜・祝日だけオープンしているんです。

立派なレストランは、平成17年に完成。それ以前もここ五桂池ふるさと村に小規模なお店を運営していましたが、高校生たちをもっと応援しようと多気町が新たにこの建物を建設。設計は地元の工業高校の生徒が手がけ、店の前のカラフルな絵は、地元の小学生たちによって描かれました。

このレストランをモデルにしたドラマが放送されたこともあり、知名度は全国区!地元の方だけでなく、県外からも多くのお客さんが訪れています。

高校生レストラン「まごの店」と五桂池ふるさと村

開店約1時間前、調理服や接客用の制服を着た高校生たちが乗ったマイクロバスが到着。この日使う食材や調理器具を店内へ搬入していきます。
店の前にはウェイティングボードが出され、すでに並んでいるお客さんたちは自分の名前を記入。10時30分の開店前には、10組以上ものお客さんが並んでいました!

高校生レストラン「まごの店」と五桂池ふるさと村

開店前の一場面。それぞれの持ち場についた高校生たちは、テキパキと仕込み作業をこなしていきます。

高校生レストラン「まごの店」と五桂池ふるさと村

あちこちで上級生が下級生の調理を丁寧に指導。味つけはしっかりとチェックされ、出来がよくないとやり直しさせることもあるとのこと。先輩、厳しい!?

高校生レストラン「まごの店」と五桂池ふるさと村

準備を済ませ、開店時間が近づくと全員で朝礼。予定の確認もしっかりしていよいよ開店! 高校生たちのおもてなしスタートです。

高校生レストラン「まごの店」と五桂池ふるさと村

開店すると約70席があっという間に満席に! 広い店内は明るい雰囲気で、それぞれのテーブルで笑顔があふれています。

高校生レストラン「まごの店」と五桂池ふるさと村

名古屋から来た女性3人組。伊勢志摩サミットで相可高校の生徒が各国首脳の夫人たちへ料理をふるまったことを知り、来店されたそう。「素朴な味がしておいしい!」と満足げでした。

高校生レストラン「まごの店」と五桂池ふるさと村

こちらも名古屋から来たご家族。子どもたちもお兄さんやお姉さんたちがつくった料理をおいしそうに食べていました。

高校生レストラン「まごの店」と五桂池ふるさと村

メニューは全部で3種類。こちらは店で一番人気の「花御膳」です。
旬の魚や野菜など、素材の良さを生かした料理が幅広い世代から好評を得ています。

高校生レストラン「まごの店」と五桂池ふるさと村

全メニューにつく名物の「だし巻き卵」。卵の上にのっているのは、松阪牛のしぐれ煮。
ほんのりとだしの効いた卵焼きと、しっかりとした味つけで肉の旨みを引き出しているしぐれ煮は、相性バツグン!

高校生レストラン「まごの店」と五桂池ふるさと村

最高の笑顔を見せてくれた3年生の和田拓巳君。この日はだし巻きの担当で、目標は「地域に貢献しながら料理の腕を上げること」。

高校生レストラン「まごの店」と五桂池ふるさと村

全員が中に着ていたオリジナルTシャツ。
相可高校調理クラブは、昆布と鰹の一番だしを使うこだわりを持っていて、だしのとり方の手順が説明されています。この極意が「まごの店」ならではのやさしい味付けにつながっています。

高校生レストラン「まごの店」と五桂池ふるさと村

取材日に高校生たちを指導していた奥田先生。相可高校調理クラブは、レストランのほかにもスーパーのお弁当をつくったり、料理教室も開講したりとさまざまな活動に取り組んでいるとのこと。
この日も大盛況だった高校生レストラン。200食限定のため、午後1時頃に売り切れになり閉店しました。店を出る時のお客さんの幸せそうな表情が印象的でした。

高校生レストラン「まごの店」

住所
多気郡多気町五桂956 五桂池ふるさと村施設内
電話番号
0598-39-3803(営業日のみ)
公式URL
http://www.mie-c.ed.jp/houka/mago/mago.html
営業時間
【営業日】
土・日曜日・祝日のみ営業
10:30頃~食材がなくなり次第閉店
(学校行事を優先していますので、急な変更等もありますのでご了承ください)
公共交通機関でのアクセス
JR紀勢本線「佐奈」駅下車徒歩20分、JR・近鉄「松阪」駅から「三瀬谷」行きバス23分「五桂口」下車徒歩30分
車でのアクセス
東名阪[名古屋西JCT→勢和多気IC]約1時間30分
西名阪[天理IC→勢和多気IC]約2時間
高校生レストラン「まごの店」と五桂池ふるさと村

まごの店以外にもさまざまな魅力を持つ施設やお店がいっぱいの「五桂池ふるさと村」。
なんと動物園もあるんです!

高校生レストラン「まごの店」と五桂池ふるさと村

この動物は南アメリカのアマゾン流域に生息する「カピバラ」。エサをあげることもできます。

高校生レストラン「まごの店」と五桂池ふるさと村

軽々と首にヘビを巻く飼育スタッフの土屋さん。ほかにも、ウサギやハムスターなどさまざまな動物とふれあえます♪

高校生レストラン「まごの店」と五桂池ふるさと村

子どもから大人まで楽しめるパターゴルフ場。
空気のきれいな大自然の中でプレイするのは気持ちいい!

高校生レストラン「まごの店」と五桂池ふるさと村

地元多気町や近隣の市町でとれた野菜やお米、加工食品など、農産物を直売する「おばあちゃんの店」。
「まごの店」という名前は、この店にちなんでつけられました。

高校生レストラン「まごの店」と五桂池ふるさと村

多気町で採れる新鮮なフルーツでつくられたジャム。販売開始からまもない新商品で、高校生レストランに次ぐ新たな名物になるかも!?
おばあちゃんの店の前には、土曜日の昼からは魚屋さんも出店。伊勢志摩で水揚げされた新鮮な魚介類が販売されます。魚の試食ができるのもうれしい!

高校生レストラン「まごの店」と五桂池ふるさと村

ほかにも宿泊できるロッジや大人数でも利用できるバーベキューエリアなどの施設も充実しています。

桜や紅葉のシーズンもおすすめで、四季折々の表情を見せてくれる五桂池ふるさと村。
「まごの店」で高校生が腕をふるったごちそうを堪能してから、さまざまな施設で楽しいひとときを過ごしてみてはいかがですか。

※掲載されている内容は2016年12月の情報となります

五桂池ふるさと村

住所
多気郡多気町五桂956
電話番号
0598-39-3860(五桂池ふるさと村)
公式URL
https://gokatsura.com/
営業時間
動物ふれあい広場(夏4月~10月)10:00~16:30、(冬11月~3月)10:00~16:00
※くだもの狩りは種類により受付時間が異なりますので詳細は公式HPでご確認ください。
休業日
第2火曜 ※ふるさと食堂、動物園毎週火曜定休
料金
◆ロッジ1棟1泊(14:00~10:00)
30帖30,000~、15帖13,600円、10帖6,800円、8帖3,400円、会議・休憩1,050円~。
※人数・日数により追加料金が発生しますので詳しくはお問い合わせください。
◆花と動物ふれあい広場大人800円、小人400円(3歳以上小学生まで)
◆イチゴ狩り【1月1日~5月上旬】
大人(中学生以上)1,300円、小人(小学生)1,100円、幼児(3歳以上)600円。
◆みかん狩り【10月上旬~11月末日】
大人(中学生以上)1,000円、小人(3歳以上)800円。
◆柿狩り【10月中旬~11月下旬】
大人(中学生以上)1,000円、小人(3歳以上)800円。
◆陶芸教室1人2,100円(送料実費)。
◆バーベキュー コンロ1台2,600円、手ぶらバーベキューセット(4人前)11,400円~
公共交通機関でのアクセス
JR紀勢本線「佐奈」駅下車徒歩20分、JR・近鉄「松阪」駅から「三瀬谷」行きバス23分「五桂口」下車徒歩30分
車でのアクセス
伊勢自動車道勢和多気ICから東へ車で7分
カテゴリー
グルメ・おみやげ 体験
エリア
中南勢

観光三重ピックアップ!

  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2016.12
  • カキの美味しい季節到来!焼き牡蠣食べ放題の鳥羽市浦村のお店を地図付きで紹介します!

    カキの美味しい季節到来!焼き牡蠣食べ放題の鳥羽市浦村のお店を地図付きで紹介します!

    2017.10
  • 世界遺産を歩こう!「初めての熊野古道 伊勢路を歩く」 東紀州のおすすめスポットも

    世界遺産を歩こう!「初めての熊野古道 伊勢路を歩く」 東紀州のおすすめスポットも

    2016.11
  • 日ごろの疲れを癒しに温泉へ行こう!リラックスできる三重県の人気日帰り温泉や天然温泉旅館を紹介

    日ごろの疲れを癒しに温泉へ行こう!リラックスできる三重県の人気日帰り温泉や天然温泉旅館を紹介

    2016.11
  • 子どもと一緒にお出かけ!ファミリーで遊んで楽しめる旅行スポットをまとめて紹介しちゃいます!

    子どもと一緒にお出かけ!ファミリーで遊んで楽しめる旅行スポットをまとめて紹介しちゃいます!

    2017.05

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

地元に息づく歴史や文化を知れる魅力的なスポットがいっぱい! おトクな「おいないさキャンペーン2019秋/冬」を利用して、南伊勢町を楽しもう!
地元に息づく歴史や文化を知れる魅力的なスポットがいっぱい! おトクな「おいないさキャンペーン2019秋/冬」を利用して、南伊勢町を楽しもう!
掲載日:2020.01.14
地元に息づく歴史や文化を知れる魅力的なスポットがいっぱい! おトクな「おいないさキャンペーン2019秋/冬」を利用して、南伊勢町を楽しもう!

フォトコンテスト

真夏の夕暮れ
真夏の夕暮れ
  • 三重のレジャーに役立つ!本・ガイドブック
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • 地元に息づく歴史や文化を知れる魅力的なスポットがいっぱい! おトクな「おいないさキャンペーン2019秋/冬」を利用して、南伊勢町を楽しもう!

    地元に息づく歴史や文化を知れる魅力的なスポットがいっぱい! おトクな「おいないさキャンペーン2019秋/冬」を利用して、南伊勢町を楽しもう!

    PR

    改元を機に改めて注目を集める「伊勢神宮」。令和初の「お伊勢参り」で三重県に訪れた時におすすめしたいのが、「南伊勢町」のまちめぐり。海と山の自然が織りなす風光明媚なまちは、絶景ポイントやおいしい地元のグルメなど、魅力満...

    #
  • 化学農薬節減栽培米・シクラメン・原木しいたけ 朝日町が認定する“特産品”の生産者が想いを語る!

    化学農薬節減栽培米・シクラメン・原木しいたけ 朝日町が認定する“特産品”の生産者が想いを語る!

    生産者のプロフェッショナルなこだわりを感じます。

    三重県内で最も面積が小さい町、朝日町。考古学上、重要とされている遺跡が点在しているなどの歴史と緑が多い町としても知られています。その朝日町では、地元で収穫される食材やその加工品、工芸品などを町の特産品として認定する制...

    #
  • 観光列車「つどい」で行く癒しとくつろぎの旅 足湯でほんわか気分!冬の到来を告げる湯の山温泉へ

    観光列車「つどい」で行く癒しとくつろぎの旅 足湯でほんわか気分!冬の到来を告げる湯の山温泉へ

    電車の中で温泉が楽しめる!?

    近畿日本鉄道の観光列車「つどい」が、2020年3月までの土日祝日を中心に、近鉄名古屋駅~湯の山温泉駅の間を走ります(近鉄四日市駅からでも乗降可能)。この列車の特徴は、何と車内で足湯が楽しめること。それもただのお湯ではなく、...

    #
ページトップ