三重の取材レポート

なばなの里イルミネーション2017 新登場の「大地」 世界の絶景!アクセス・駐車場や料金、期間、点灯時間なども紹介します

掲載日:2017.02.17

(この記事は2016年10月14日に公開されたものに追記しました)

毎年たくさんの方が楽しみにしているなばなの里 イルミネーションが開催!「今年は何のテーマだろう?」と楽しみになばなの里へ向かいました。

まずは写真撮影の定番スポット、200mの光のトンネル(アーチングイルミネーション 華回廊)です。白熱電球で暖かく装飾されるこのトンネルは、今やなばなの里イルミネーションといえばこれ!と言われるほど有名になりました。光のトンネルを抜ける時は気分が高まります!

トンネルを抜けるとテーマエリアがあります。今回のテーマエリアは新登場の「大地」~だいち~。世界四大陸の秘境をはじめ、日本の絶景などを国内最大級のスケールで色鮮やかに表現します。高さ約30m、横幅約155mと超巨大スケールの大パノラマです。

写真は太陽に照らされたキリンやゾウなどの野生生物のシルエットが映る「アフリカ大陸」です。サバンナに生きる野生動物や大自然を舞台にしており圧倒的なスケール感!動物たちが活き活きと動きます。

こちらは美しいオーロラが夜空に輝く「南極大陸」です。オーロラの動きはもちろん綺麗なんですが、大きなLEDの下の部分も連動してます。2階の展望台から見ると全体の動きがわかりやすいのでおすすめです。

同じく南極大陸のシーンで野生動物のペンギンたちが海に飛び込んでいきます。前回の「ハイジ」の時もLEDによる動きを楽しめましたが、今年はさらに進化しています。

アメリカ大陸のモニュメントバレーのシーンです。夜明けから徐々に明るくなる様は圧巻で、青空~雷雲~そして最後に写真の虹のシーンとなります。今回のテーマエリアはとにかく動きが楽しめますので、写真で見るより実物を見ていただきたいと感じました。

こちらはユーラシア大陸の世界遺産「プリトヴィツェ湖群国立公園」がモチーフ。活き活きとした青と緑の光景から秋になり葉が色づき始め、鮮やかさを増していく情景は見ものです。

最後は日本の美しい原風景「棚田」です!壮大なスケールがありながらも、なんとも落ち着く空気が流れる風景ですね。

1月から新しいシーンとして、棚田の夜空に花火が上がるようになりました。さらに月にはお餅をつくかわいいウサギが見えますよ!1月以前にイルミネーションをもう見た、という方も新演出は必見です。

テーマエリアの後に続くのが毎年変わる100mの光のトンネルです。こちらのテーマは今回「秋」となっており、鮮やかな赤色が印象的です。真っ赤な紅葉に包まれるようで、200mの光のトンネルに負けず劣らずの見事さです。色は三色のLEDで緑~橙~赤に変化します。

なばなの里イルミネーションのシンボルツリー「ツインツリー」はLED電球が枝先まで装飾されています。高さ20mの巨木の前では家族連れの方やカップルの方が楽しそうに写真撮影をしていました。ちなみにこのツインツリー、NIKKEIプラス1の「この冬行きたい クリスマスツリー 名所に行こう」で日本第1位を獲得しています!これからの季節に外せないスポットですね。

ツインツリーのすぐ近くにはハートのイルミネーションが!写真を撮影してもらえるフォトスポットになっていますので、カップルで来た方には記念にいかがでしょうか?

なばなの里内の橋からチャペル方向にある水上イルミネーション「光の大河」では、川の流れの美しさを表現。

LEDの光が走り、色のグラデーションが見事で見ていて飽きません。

夕方に撮影した写真ですが、太陽の光が残っておりグラデーションも綺麗です!写真撮影目的の方は早めに行くのも楽しいですよ。

光の雲海では青色LEDが幻想的な雰囲気を作り出しています。低い位置にLEDがありますので、お子さまには視線の近くにあり楽しいかもしれませんね。

360度カメラのシータで撮影してみました。リンク先の画面はマウスのドラッグ、もしくはスマホのスワイプで画像を動かせます。

なばなの里イルミネーション 光の雲海 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

なばなの里はイルミネーションだけではありません。夜のベゴニアガーデンは暖かい色の照明に照らされ、昼と違った雰囲気を楽しめます。見返りの池は撮影スポットに最適!インスタグラムに良いんじゃないでしょうか。

最後に・・・これもなばなの里イルミネーション名物(?) 「美味しくな~れ」の掛け声で作る大鉄板 焼きそばです。スコップで作る焼きそばなんてなかなか見られません。

ちゃんと出汁が入った焼きそばで美味しいですよ。イルミネーションは夜で寒い時もありますので熱い焼きそばを食べて身体を温めてください。なばなの里にはレストランもたくさんありますので食事と一緒にイルミネーションを楽しめます。

今年も期待以上のイルミネーションを楽しめました。初めての方はもちろん、毎年来ている方も楽しめます!

お車で来園される方へなばなの里はイルミネーション期間、大変混雑します。ピークの時間帯をずらすことで快適にアクセスできますので少し遅めの来園をお奨めします。

平日:19時以降 土日祝:20時以降 ※土日祝が特に混雑しますので、平日ですと比較的ゆっくりとみていただけます。イルミネーション期間中、一部の特定日の15時~19時には臨時大駐車場(ナガシマスパーランド)を併用運用し、無料シャトルバスによる現地までの送迎を実施する一部の特定日があります。また、特定日の混雑の緩和する19時以降はお車で直接ご来場いただけます。詳細はこちら
http://www.nagashima-onsen.co.jp/nabana/illumination/busnagashima/info.html/

基本情報 なばなの里イルミネーション期間:2016年10月15日(土)~2017年5月7日(日) 205日間

点灯時間:17時頃(日没時間により変動有り)~営業時間終了まで

営業時間:9時~21時 平日及び年末年始     
     9時~22時 土休日 及び3/1~5/7

料金:2,300円(小学生以上)※なばなの里内で使える金券1,000円分付

住所:三重県桑名市長島町駒江漆畑270

アクセス
公共交通機関:近鉄名古屋線 近鉄長島駅より「なばなの里」行き直通バス約10分 ※近鉄の土休日ダイヤで急行が近鉄長島駅に臨時停車します。>>ダイヤはこちら

車:伊勢湾岸自動車道「湾岸長島IC」より約10分 駐車場は無料、約4000台

※掲載されている内容は2017年2月の情報となります

関連情報

関連スポット

ページトップ