取材レポート

三重県うなぎの名店11選!人気メニューをお店ごとにご紹介!

32,095ビュー

三重県は、うなぎ専門店が多く秘伝のタレやこだわりの焼き方など、一度は食べておきたいお店がいっぱい!三重県内各地のうなぎの名店をご紹介します。

三重県観光連盟発行の季刊紙「観光三重」秋号の三重県うなぎ名店特集とのコラボ企画です。

スタミナ満点といわれるうなぎは、皮膚や粘膜に働き、ウイルスの侵入から体を守るビタミン類、DHAやEPAなど多くの栄養を含んでいるスーパーフード!心躍るごちそうとして、元気の源となるスタミナ食として、うなぎを味わってみませんか。

▼目次

※予告なく記載している内容が変更されることがありますので、予めご了承ください。

♦♦ ①三重県はうなぎの消費量や専門店が多いのはなぜ? ♦♦

三重県は南北に長く、東は海に面し、西は山に面した自然の宝庫。
海へとつながる川の恵みをいくつも有しており、海と川を行き来する習性を持つうなぎが漁獲しやすい土地柄でありました。さらに明治時代にはうなぎの養殖が始まり、三重県を含む東海地域は全国有数のうなぎの生産地であったそうです。
身近で良質のうなぎをお値打ちに入手できたことから、古くよりうなぎを食す習慣が根付き、うなぎ専門店も多く、今も日常のささやかな贅沢として、県民の皆さんに親しまれています。

♦♦ ②うなぎの焼き方は、関東風?関西風? ♦♦

うなぎの焼き方は、関東と関西で異なります。関東では、背から裂き、白焼きにしてから蒸し、タレを付けて焼き上げたうなぎをご飯にのせますが、関西では、腹から裂き、蒸さずにそのままタレを付けて直接炭火で焼き上げたうなぎをご飯の上にのせます。
三重県は、関西風のお店がほとんどを占めますが、関東風のお店もあり、両方ご賞味いただけます。      

♦♦ ③おすすめのうなぎの名店をご紹介 ♦♦


炭焼きうなぎ 新城(桑名市)

地元で育てられたうなぎを使用!

安心安全や地産地消にこだわり、地元に流れる木曽三川の清らかな伏流水で育てられる「木曽三川うなぎ」を使用。備長炭を使って焼き上げるうなぎを使った「新城丼」はランチ限定のお得な逸品です。

また、薬味や出汁と合わせてうなぎのおいしさを楽しめる「上まぶし」も人気メニューのひとつ。うなぎの生産地が近く、JAS 認証に基づく生産者情報を開示しているので、生産者の顔が見えて安心感も高まります。

創業より40年以上。使用するたれも開業当初より継ぎ足したものを使用しており、ここだけの味わい。その日に使ううなぎの生産者情報を店内の掲示板で表示しています。


スタッフ 山下さん 地元で育てたうなぎを使用しているため、生産者との距離が近く、お客様の意見をすぐに反映できるのも当店の強みです。


炭焼きうなぎ 新城(しんじょう) の営業情報

  • 住所:〒511-0068 桑名市中央町2丁目21
  • 電話:0594-21-9416
  • 営業時間:11:00 ~ 14:00(13:30LO)、16:30 ~ 20:00(19:15LO)
  • 定休日:火曜日、水曜日
  • 駐車場:あり(15台)
  • 交通アクセス:近鉄「桑名駅」東口より徒歩約7分
  • 料金:新城丼 2,250 円、上まぶし 3,800円    
  • WEBサイト:http://www.unagi-shinjyo.com/

うな勢(四日市市)

身の厚いうなぎを炭火でじっくり

100 年の歴史をもつ秘伝のタレを使用し、職人が一本ずつ炭火でじっくり焼き上げる関西風のうなぎ。備長炭でサクフワに仕上げたうなぎを丸々一本使用した殿様丼がおすすめ。

ご飯の上だけでなく中にもうなぎを入れた「ジャンボ」は2~4人用のシェアメニューです。上段はひつまぶしとして、中段は大阪名物のまむし丼として味わえます。うなぎがもう一段入った「メガジャンボ」もあります。

四日市に店を構えて50年以上。志摩市の「川八」のタレをベースに、甘味が濃いうなぎ用とあっさりとしたご飯用の2種類のうなぎのタレを使い分けています。ご飯はうなぎの濃厚な味に負けない伊賀米コシヒカリを使用。


社長 市橋さん 鰻の価格が暴騰している昨今、「非日常」を気軽に味わえる店舗運営を目指しています。創業当時から大切にしているお客様第一主義の伝統を守り、時代のニーズに応えて変化し続けることができるお店作りをしています。


うな勢(うなせい) の営業情報

  • 住所:〒510-0829 四日市市城西町8-15
  • 電話:059-353-0100
  • 営業時間:11:00 ~ 15:00(14:30LO)、17:00 ~ 20:30(20:00LO)
  • 定休日:木曜日
  • 駐車場:あり(45台)
  • 交通アクセス:近鉄「四日市駅」より車で約6分
  • 料金:殿様丼3,400 円、ジャンボ6,200 円    
  • WEBサイト:https://www.unasei.co.jp/

関東風うなぎ 加根古(鈴鹿市)

ふっくら柔らかい関東風うなぎ


三重県では珍しい関東風のうなぎ料理のお店。毎朝、活うなぎを仕入れ、さばきたてを調理することを大切にしています。「上うな重」はうなぎを丸一匹使ったボリュームあるメニューです。

ふんわり色よく焼けたうなぎを薬味や出汁とともに楽しむ「上ひつまぶし」もおすすめ。うなぎを背開きし、白焼きにしてから、蒸すことで余分な脂を落とし、たれを3度つけながら焼く本焼きで仕上げています。

現在の店主の両親が55年前に東京都三鷹市でお店を開いたのがはじまり。関東風のうなぎは手間がかかるが、美味しいものを食べてほしいと強いこだわりを持っています。


店主 兼子さん さばいたうなぎをまずは白焼きし、蒸し器で蒸してから、たれをつけて焼く「関東風」にこだわっています。


関東風うなぎ 加根古(かねこ) の営業情報

  • 住所:〒513-0027 鈴鹿市岡田3-7-20
  • 電話:059-379-3443
  • 営業時間:11:00 ~ 14:00(13:30LO)、17:30 ~ 21:00(20:30LO) ※売り切れ次第終了
  • 定休日:水曜日、月1 ~ 2 回不定休
  • 駐車場:あり(20台)
  • 交通アクセス:近鉄「平田町駅」から徒歩約14分
  • 料金:上うな重3,300円、上ひつまぶし3,350円    
  • WEBサイト:https://www.instagram.com/sushi_unagi_kaneko/

新玉亭(津市)

炭火でパリッと焼き上げる

明治23年創業の老舗うなぎ料理店。その時期一番状態の良いうなぎを各地から取り寄せ、炭火でパリッと焼き上げる。人気の「うな丼特上」は、ご飯の間にもうなぎが挟まれていて、食べ応え満点です。

うなぎそのもののおいしさを味わえる「白長焼」は薬味とポン酢でさっぱりと。うなぎは天然の井戸水で生かしており、ストレスのかからない状況がうなぎの元気さを生み出しています。

津市役所近くに店を構える。創業より100年以上の歴史があり、現在の店主で4代目。広い宴会場も備えており、うなぎ好きの津市民に長年愛されています。


店主 杉本浩也さん 醤油、みりん、氷砂糖などを煮詰め、一週間以上寝かせて作る、伝統を受け継いだたれを使用しています。


新玉亭(しんたまてい) の営業情報

  • 住所:〒514-0036 津市丸之内養正町5-1
  • 電話:059-224-0008
  • 営業時間:11:00 ~ 14:30(14:00LO)、16:00 ~ 20:30(20:00LO)
  • 定休日:月曜日、第1・3 火曜日
  • 駐車場:あり
  • 交通アクセス:近鉄「津新町駅」から徒歩約11 分
  • 料金:うな丼特上3,355円、白長焼3,080円    
  • WEBサイト: https://shintamatei.co.jp/

うなぎのいとう(伊賀市)

店主が調理法を教えてくれる!

さばき方、串の打ち方、焼き方まで詳しく教えてくれる店主が営むお店。三河一色産の大きな活うなぎを備長炭を使ってぱりっと焼き上げたうなぎが4切れ乗った「特丼」がおすすめです。

以前あった場所から移転し、13テーブルから3テーブルまで席数を減らしたのでできるだけ予約をしてから訪れてください。うなぎ料理の名手である店主に、うなぎのさばき方や焼き方を教わりに来るプロの料理人も多いといいます。


店主 杉山久幸さん お客様自身にうなぎ裂きと串焼きを体験していただけます。自分で調理したうなぎは格別ですよ!


うなぎのいとう の営業情報

  • 住所:〒518-0008 伊賀市印代246-1
  • 電話:0595-24-2117
  • 営業時間:11:00 ~ 14:00、17:00 ~売り切れ次第終了
  • 定休日:不定休
  • 駐車場:あり(4台)
  • 交通アクセス:名阪国道「伊賀一之宮IC」から車で約3分
  • 料金:特丼2,800円    

鰻伊賀(名張市)

パリッと香ばしいうなぎ

炭火を使った特殊な方法で焼いており、香ばしく、パリッとした食感が特徴。一尾300g弱の大きなうなぎを使った「おひつまぶし」が人気。配膳ロボットを導入し、配膳作業は全て自動化されています。

うなぎが4切れ乗った「うな重」には肝吸いも付いており、定番人気の品です。店主は津市の人気店「はし家」で修行したため、たれははし家のものに継ぎ足し使用し、独自の味を生み出しています。

三重県では珍しいディスプレイ付き配膳ロボット「Ketty Bot」を導入し、店舗内の配膳作業は全て自動化。かわいらしいロボットが店内を走り回るさまを見ているだけで楽しめます。


店主 中森啓之さん ふっくらぱりっと食べ応えのあるうなぎを提供しています。配膳ロボット「Ketty Bot」にも会いに来てください。


鰻伊賀(うなぎいが) の営業情報

  • 住所:〒518-0702 名張市鴻之台2-55
  • 電話:0895-61-3033
  • 営業時間:11:00 ~ 14:30(14:00LO)、16:00 ~ 18:00(テイクアウトのみ)
  • 定休日:月曜日
  • 駐車場:あり
  • 交通アクセス:近鉄「名張駅」から徒歩約18 分
  • 料金:おひつまぶし3,600円、うな重2,800円    
  • WEBサイト:https://unagiiga.business.site/

炭焼きうなぎ わかや本舗(松阪市)

活きの良いうなぎを炭火焼に


三河一色産の大きな活うなぎを仕入れ、井戸水を流しかけたまま生かす独自の方法で味と鮮度を保っています。炭火で直焼きされた香ばしいうなぎをまるまる1 本使った「一本ひつまぶし」はボリューム満点です。

少食の方にはうなぎが2切れ乗った「小丼」も用意されているので、お腹に合わせて選んで。たっぷりと付けられた甘辛のたれがうなぎとご飯によくなじみます。

松阪の人気店なので、お昼ごろには売り切れることが多い。ミシュランガイド2019でビブグルマンにも選ばれ、営業時間中は客足が途絶えることがありません。


 スタッフ 井戸水を使ったわかや独自の「活かし込み」により、臭みをなくし、元気なうなぎを使っています。


炭焼き うなぎ わかや本舗 の営業情報

  • 住所:〒515-0816 松阪市西之庄町243-35
  • 電話:0598-22-1131
  • 営業時間:10:30 ~ 13:00(売り切れ次第終了)
  • 定休日:木曜日、月1 回連休あり
  • 駐車場:あり
  • 交通アクセス:JR・近鉄「松阪駅」より徒歩約13分
  • 料金:一本ひつまぶし4,350円、小丼3,650円    

うなぎ四代目菊川(多気町)

創業90 年の鰻卸問屋が営む

昭和7 年創業の老舗卸問屋の目利きを活かし、自慢の一本鰻に適した大きく良質のうなぎを使用しています。うなぎづくしの会席「百菊」は、うなぎ一匹を余すところなく味わえる。是非一度ご賞味ください。

名物メニューの「一本重」は、見た目のインパクト、食べたボリュームとも大満足の一品。うなぎを一本まるまる盛り付けることにこだわり、特注の信楽焼の器を使用しています。

多気町の「ヴィソン」内の和ヴィソンエリアに店舗を構える。オープンキッチンのため、付近を通るとうなぎの焼ける香ばしくておいしい香りに包まれます。


店長 横谷さん 当日、必要な分だけをさばき、自社ブランドの備長炭で焼き上げます。オープンキッチンで焼きあがるさまをご覧ください。


うなぎ四代目菊川(きくかわ) の営業情報

  • 住所:〒519-2170 多気郡多気町ヴィソン672 番1 旨味10
  • 電話:0598-67-9332
  • 営業時間:11:00 ~ 15:00、17:00 ~ 22:00
  • 定休日:無休
  • 駐車場:あり(VISON 有料駐車場をご利用ください)
  • 交通アクセス:伊勢自動車道「勢和多気IC」より車で約3分
  • 料金:会席「百菊」10,000円、一本重4,950円    
  • WEBサイト: https://vison.jp/shop/detail.php?id=13/

さし汐(伊勢市)

器にぴっちり詰まったうな重

宮崎県の中村養鰻所をメインに、九州各地から状態の良いうなぎを仕入れています。伊勢地区の農家から仕入れるコシヒカリを少し固めに炊いたご飯がうなぎとの相性抜群。「うな重 松」はお重に隙間なくうなぎがびっちり詰まっています。

うなぎが2切れの「並」はお得な価格で気軽に食べられると、地元の常連に人気の品。夏から秋にかけては、身が柔らかくて上品な脂を持つ「新仔」と呼ばれるうなぎが味わえます。

二見街道と国道23 号線の交わる場所近くにあり、交通の便が良い。水のきれいな場所で育つ九州産のうなぎにこだわり、50年ほど前の創業時から継ぎ足し続ける秘伝のたれがお店の宝となっています。


店主 杉村太さん 創業以来50年近く継ぎ足してきたたれを使っています。上品な脂を持つうなぎを味わってください。


さし汐(さししお) の営業情報

  • 住所:〒516-0012 伊勢市通町193-3
  • 電話:0596-22-3696
  • 営業時間:10:30 ~ 14:30(LO、テイクアウトは15:00まで)、16:00 ~ 20:00(LO)
  • 定休日:火曜日(祝日の場合は翌平日)、元日
  • 駐車場:あり(第一駐車場15台、第二駐車場15台)
  • 交通アクセス:伊勢自動車道「伊勢IC」より車で約6分
  • 料金:うな重 松3,300円、うな重 並1,540円    
  • WEBサイト:https://sasisio.com/

東山物産(志摩市)

炭焼きでサクッとふんわり

新鮮なうなぎを毎朝使う分だけ開き、外はサクッと、内側ふんわりに、備長炭でじっくり焼き上げます。おすすめの「上重」はうな重の他、ミニう巻きやミニうざくも付いたうなぎづくしのお得なメニューです。

重厚な和風建築が目を引くお店は、休日には行列ができる人気店。鵜方駅からほど近く、地元民だけでなく遠方からもうわさを聞きつけ多くの人が足を運びます。


店主 仲野隆行さん 身のふっくらとした大き目の三河一色産のうなぎを仕入れ、備長炭でじっくりおいしさを引き出しています。


東山物産(ひがしやまぶっさん) の営業情報

  • 住所:〒517-0501 志摩市阿児町鵜方4032
  • 電話:0599-43-0539
  • 営業時間:10:00 ~ 19:00(18:00LO) ※売り切れ次第終了
  • 定休日:火曜日(臨時休業あり)
  • 駐車場:あり(20 台)
  • 交通アクセス:近鉄「鵜方駅」より徒歩約5 分
  • 料金:新城丼 2,250円、上まぶし 3,800円    

喜久寿し(紀北町)

災害時も守り抜いた秘伝のタレ

注文を受けてからうなぎを開き、香ばしく焼き上げる。18 年前の水害の際に一番最初に避難させたという秘伝のタレを使った「うな重」は、色が薄めであっさり、最後まで飽きることなく食べられます。

「ひつまぶし」は、一杯目はそのままで、二杯目は薬味を入れて、三杯目はかつお出汁をかけて味の変化を楽しんで。ほかにも、白焼き、うざく、う巻きなど単品料理もそろっています。

国道42 号線沿いのわかりやすい場所に建つ。うなぎだけでなく、東紀州の新鮮な魚介類を使った寿司もおすすめ。「きほくラブめし決定戦」にて2 度のグランプリを受賞した、地元が認める名店です。


店主 浅尾智治さん お店を初めて40年ほど、ずっと継ぎ足してきた秘伝のたれはお店の宝です。渡利かきなども楽しめます。


喜久寿し(きくすし) の営業情報

  • 住所:〒519-3406 北牟婁郡紀北町相賀849-2
  • 電話:0597-32-2036
  • 営業時間:11:00 ~ 14:00(13:30LO)、16:00 ~ 21:00(20:15LO)
  • 定休日:月曜日
  • 駐車場:あり(8台)
  • 交通アクセス:紀勢自動車道「海山IC」より車で約2 分
  • 料金:うな重3,300円、ひつまぶし3,520円    

カテゴリー
食&グルメ
季節
オールシーズン
エリア
北勢 中南勢 伊勢志摩 伊賀 東紀州

PR

バナー広告について

観光三重ピックアップ!

  • 自然豊かな三重県で楽しい想い出をつくろう!

    自然豊かな三重県で楽しい想い出をつくろう!

    2022.07
  • おかげ横丁グルメ・お土産44選!人気のものから穴場まで詳しく紹介します【2022年】<br />

    おかげ横丁グルメ・お土産44選!人気のものから穴場まで詳しく紹介します【2022年】

    2022.09
  • 伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    伊勢神宮参拝方法やおかげ横丁の情報満載 初めてのお伊勢まいり「伊勢志摩を歩く」

    2020.04
  • 「秋の桜」コスモス特集♪<br />
9月から10月にかけて楽しめるコスモスの名所をご紹介します♪<br />

    「秋の桜」コスモス特集♪
    9月から10月にかけて楽しめるコスモスの名所をご紹介します♪

    2020.09
  • 三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    三重県のキャンプ場特集!アメリカンなキャンプ場や話題のグランピングまで!

    2020.05

オフィシャルSNS

  • 三重の逸品百貨店

PR

取材レポート

赤福の限定餅「朔日餅」とは?購入・予約方法や月ごとのお餅を紹介します。
赤福の限定餅「朔日餅」とは?購入・予約方法や月ごとのお餅を紹介します。
掲載日:2022.09.22
赤福の限定餅「朔日餅」とは?購入・予約方法や月ごとのお餅を紹介します。

フォトコンテスト

いのち舞う
いのち舞う
  • 三重県のおすすめグランピング特集
  • 宿の予約

カテゴリーおすすめ記事

  • 赤福の限定餅「朔日餅」とは?購入・予約方法や月ごとのお餅を紹介します。

    赤福の限定餅「朔日餅」とは?購入・予約方法や月ごとのお餅を紹介します。

    三重県の定番土産「赤福」で毎月1日しか販売されていない「朔日餅」の購入・予約方法、朔日餅の種類、人気の朔日餅などを紹介します。

    #
  • 「みえのイマココ旅」モニター体験募集中!

    「みえのイマココ旅」モニター体験募集中!

    PR

    三重県では、旅行者が宿泊施設等を拠点に滞在を楽しむ「拠点滞在型観光」の先進地として新たなブランドを確立するため、「三重ならでは」の体験コンテンツの造成・磨き上げに取り組んでいます。現在、造成・磨き上げ中の体験コンテン...

    #
  • 【2022年】鈴鹿サーキットでF1日本グランプリが3年ぶりに開催! チケット情報やイベントについてご紹介します

    【2022年】鈴鹿サーキットでF1日本グランプリが3年ぶりに開催! チケット情報やイベントについてご紹介します

    F1グランプリが3年ぶりに鈴鹿サーキットで開催!

    日程やチケット情報、気になる当日のイベントについてご紹介します。さらに、あわせて巡りたいスポットやグルメもご紹介!せっかく三重に来たんやから、たっぷり三重を楽しみませんか?

    #

季節おすすめ記事

  • 伊勢観光・河崎まち歩きに便利なデジタルクーポン「 河崎蔵まちへの招待状」アプリでお得に楽しくまち歩き

    伊勢観光・河崎まち歩きに便利なデジタルクーポン「 河崎蔵まちへの招待状」アプリでお得に楽しくまち歩き

    伊勢は「一生に一度はお伊勢参り」と古くから多くの参宮客を魅了してきました。
    中でも「河崎」というまちは、伊勢神宮の門前町として栄えた山田・宇治へ物資を運ぶため、川の港として賑わいをみせ、江戸時代には参宮客へ物資を運ぶ...

    #
  • 伊勢名物 赤福とは?300年以上続く歴史、赤福餅の種類を紹介します

    伊勢名物 赤福とは?300年以上続く歴史、赤福餅の種類を紹介します

    やわらかいお餅に3筋入ったなめらかなこしあんの「赤福」。赤福餅なしで伊勢は語れないと言っても過言ではないほどの、三重県を代表する名物です。赤福が長きにわたってお伊勢さんの参詣客に愛されている理由を、伊勢神宮 内宮のお膝...

    #
  • 天狗倉山に登るなら知っておきたい三つの魅力を解説!おすすめスポットも紹介します

    天狗倉山に登るなら知っておきたい三つの魅力を解説!おすすめスポットも紹介します

    おそらく三重南部で1、2を争うくらい知られている山、それがこの天狗倉山(てんぐらさん)かもしれません。頂上の眺望、紫幹翠葉(しかんすいよう)を感じる登山道など、いま一度この山の魅力を再確認してみませんか?

    #
ページトップ